ユリ の 花。 ユリ(百合)の育て方|肥料や水やりの時期は?球根の増やし方は?|🍀GreenSnap(グリーンスナップ)

ユリ(百合)の育て方

ユリ の 花

肥料 季節・日常の手入れ 茎が長く伸びて倒れそうなら支柱を立てます。 枯れた花をそのままにしておくとタネができます。 タネを作るために株はたくさんの栄養を使ってしまいます。 そうすると球根に十分栄養が行かず、球根が十分に太れません。 球根が太れないと、翌年は花が咲かないかもしれません。 ですから、花が咲き終わったら、付け根の部分で摘み取ります。 手で簡単に折りとれます。 日当たり・置き場所 種類によって生育環境が異なります。 主な種類と日当たりは以下を参照にしてください。 水やり・肥料 鉢植えは土の表面が乾いたらたっぷりと与えます。 地植えも乾くようならしっかり水を与えるようにし、乾燥防止のためにわらや腐葉土を敷きます。 肥料は春に芽が出て葉を広げはじめた頃と、花が咲き終わった後に1回ずつ、粒状の化成肥料などを株元に少量ばらまきます。 用土 種によって好む土質がやや異なります。 鉢植えは赤玉土 中粒・小粒 6:腐葉土4の割合で混ぜた用土が適してます。 植え替え・植え付け 基本的に深めに植え付けるのがコツです。 ユリは球根の下から出る「下根」と上から出る「上根」という2種類の根を持っています。 特に上根は水分と養分を吸って茎葉を育てる大切な役割があります。 ですから、植え付けが浅いと、上根が十分に根を張れずに全体の生育が落ちます。 地植えは球根の高さ2コ~3コ分の深さに植え付けます。 鉢植えは深さのある鉢を用いて、球根がちょうど鉢の高さの真ん中にくる深さに植えます。 ふやし方 球根の鱗片を一枚ずつはがして砂にさして発根させる鱗片ざし、花が終わった後に球根の上部につく木子という子供の球根や葉っぱの付け根に付くむかごを外してほかの場所に植える方法などがあります。 いずれも花が咲くまで早くて2~3年かかります。 また、シンテッポウユリのようにタネをまくと半年くらいで開花する種もあります。 かかりやすい病害虫 春になって生長してくると、ケムシなどに葉が食べられることがあります。 また、開花期はつぼみがナメクジに食べられることがあります。 ケムシの場合は殺虫剤を、ナメクジの場合は専用の誘殺剤などを使用して駆除する。 ボトリチス病などの病気は発生してからでは手遅れなので、梅雨前から殺菌剤を散布し予防に努めましょう。 まとめ 球根を乾かさない 土の乾燥と夏の高温を嫌う 植え替えは行わない 関連するページ ヤサシイエンゲイ 京都けえ園芸企画舎 すくーでりあY・A・E 2010 お問い合わせ.

次の

ユリ 花と葉の構造

ユリ の 花

肥料 季節・日常の手入れ 茎が長く伸びて倒れそうなら支柱を立てます。 枯れた花をそのままにしておくとタネができます。 タネを作るために株はたくさんの栄養を使ってしまいます。 そうすると球根に十分栄養が行かず、球根が十分に太れません。 球根が太れないと、翌年は花が咲かないかもしれません。 ですから、花が咲き終わったら、付け根の部分で摘み取ります。 手で簡単に折りとれます。 日当たり・置き場所 種類によって生育環境が異なります。 主な種類と日当たりは以下を参照にしてください。 水やり・肥料 鉢植えは土の表面が乾いたらたっぷりと与えます。 地植えも乾くようならしっかり水を与えるようにし、乾燥防止のためにわらや腐葉土を敷きます。 肥料は春に芽が出て葉を広げはじめた頃と、花が咲き終わった後に1回ずつ、粒状の化成肥料などを株元に少量ばらまきます。 用土 種によって好む土質がやや異なります。 鉢植えは赤玉土 中粒・小粒 6:腐葉土4の割合で混ぜた用土が適してます。 植え替え・植え付け 基本的に深めに植え付けるのがコツです。 ユリは球根の下から出る「下根」と上から出る「上根」という2種類の根を持っています。 特に上根は水分と養分を吸って茎葉を育てる大切な役割があります。 ですから、植え付けが浅いと、上根が十分に根を張れずに全体の生育が落ちます。 地植えは球根の高さ2コ~3コ分の深さに植え付けます。 鉢植えは深さのある鉢を用いて、球根がちょうど鉢の高さの真ん中にくる深さに植えます。 ふやし方 球根の鱗片を一枚ずつはがして砂にさして発根させる鱗片ざし、花が終わった後に球根の上部につく木子という子供の球根や葉っぱの付け根に付くむかごを外してほかの場所に植える方法などがあります。 いずれも花が咲くまで早くて2~3年かかります。 また、シンテッポウユリのようにタネをまくと半年くらいで開花する種もあります。 かかりやすい病害虫 春になって生長してくると、ケムシなどに葉が食べられることがあります。 また、開花期はつぼみがナメクジに食べられることがあります。 ケムシの場合は殺虫剤を、ナメクジの場合は専用の誘殺剤などを使用して駆除する。 ボトリチス病などの病気は発生してからでは手遅れなので、梅雨前から殺菌剤を散布し予防に努めましょう。 まとめ 球根を乾かさない 土の乾燥と夏の高温を嫌う 植え替えは行わない 関連するページ ヤサシイエンゲイ 京都けえ園芸企画舎 すくーでりあY・A・E 2010 お問い合わせ.

次の

ユリ(百合)の育て方|肥料や水やりの時期は?球根の増やし方は?|🍀GreenSnap(グリーンスナップ)

ユリ の 花

栽培環境・日当たり・置き場 一般に、テッポウユリ系やスカシユリ系、そのほかヒメユリなど葉の細いユリは日当たりを好み、オリエンタル系やヒメサユリなど葉の広いユリは明るい半日陰を好みます。 球根が埋まっている地中の温度が高くなるのを嫌うため、梅雨明け以降は、地面に強い直射日光が当たらない場所や建物の東側など、できるだけ涼しい環境で育てるとよいでしょう。 あるいは株元を覆うような下草を植えておきます。 さらに、風通しのよい場所が適しています。 水はけのよい土壌を好むので、排水の悪い庭では盛り土をしてレイズドベッドをつくるとよいでしょう。 鉢植えであれば、梅雨と春秋の長雨に当てないよう、鉢を軒下などへ移動させましょう。 水やり 球根植えつけ時に水やりをしたあとは、庭植えの場合は雨にまかせますが、鉢植えの場合は鉢土の表面がよく乾いたときにたっぷりと水やりします。 花後も葉が枯れるまでは、土が乾かないように水やりを続けます。 肥料 庭植えの場合は緩効性化成肥料を1㎡当たり100g、鉢植えの場合は緩効性化成肥料を用土1リットル当たり2gを元肥として施します。 生育期間中は、2週間に1回程度液体肥料を施します。 病気と害虫 病気:球根腐敗病、青かび病、葉枯病、ウイルス病 球根腐敗病は、葉の緑色が薄くなり、その後暗紫色に変色して株が枯れます。 青かび病は、貯蔵中の球根に茶色の斑点が現れ、やがて腐ります。 葉枯病は、長雨が続くような湿度が高い時期に、葉や蕾に白っぽい小さな斑点が現れ、やがて茶色に変色して広がり、株が枯れます。 降雨などによる泥のはね返りが葉に付着しないように、マルチングなどをしておきましょう。 ウイルス病は、葉に緑色の濃淡の筋が現れたり、葉が縮れたり、株が萎縮したりします。 最も厄介な病気で、発病した株は抜き取り処分します。 害虫:ワタアブラムシ ワタアブラムシは、茎が伸び始めるころから発生し、若い葉や蕾の周辺に多くつきます。 発生予防として、植えつけ時に浸透移行性の殺虫剤の粒剤を施用しておくとよいでしょう。 用土(鉢植え) 水はけがよく、通気性に富み、適度な保水性のある土が適しています。 ユリの種類によって、砂質土壌と腐植質を多く含んだ粘土質土壌を調合しますが、特に球根が腐りやすい野生種などを植える場合は、鹿沼土や日向砂、桐生砂を多めに混ぜます。 園芸品種であれば、市販の草花用培養土でかまいません。 植えつけ、 植え替え 植えつけ適期は10月から11月です。 庭植えの場合は、土壌を深さ30cm以上よく耕し、球根の高さの1. 5~2倍の深さに植えつけます。 2~3年は植え替え不要です。 鉢植えの場合は、球根直径の約3倍の直径で、深さのある鉢を選びます。 鉢底石を多めに敷いて、球根1個分の深さに植えつけます。 上根を十分に張らせることがとても重要です。 毎年植え替えます。 ふやし方 大きい球根を植えた場合は、掘り上げると球根が2つに分球していることがあるので、これを分割してふやします。 そのほか、種類によって、木子やムカゴができるので、それでふやします。 主な作業 花がら摘み:終わった花だけを摘み、葉を残します。 特徴 ユリは花姿や草姿、開花期などがさまざまで、多くの園芸品種があります。 減少したとはいえ、日本には、ヤマユリやササユリ、テッポウユリなどが野山に自生しており、古くから愛されてきました。 庭植え、鉢植え、切り花に加え、ゆり根を食用にするなど、さまざ...

次の