レインボー シックス シージ えろ。 【R6S初心者向け】シージ初心者を即戦力に!初心者への教え方5つのコツ【レインボーシックスシージ】

レインボーシックス シージ 国内大会始動!

レインボー シックス シージ えろ

それぞれ独自の技術と装備を備えており、チームの1人が入れ替わるだけで戦術はまるっきり変わる。 今回はガジェットの性能から、そのオペレーターがどう立ち回るべきか、誰と組むと相性がいいかを紐解いてみた。 記事を参考に、使いたいオペレーターや理想のチーム編成を探してみてほしい。 ブリーチングハンマーによる破壊音は小さく、壁から室内へ突入するといった意表を突いた攻めができる。 一方、ブリーチングチャージは遠距離から起爆でき、大きな爆発音が発生する。 双方の使い分けで、敵チームをかく乱できるのでは? 相性のよいオペレーターは、ブリーチングハンマーを使っている時の防衛要員としてモンターニュ、突破した先の安全を確保するためのサッチャーが挙げられる。 設置すれば、遠隔起爆または遠隔操作を妨害することが可能だ。 基本的に守りを固めるためのもので効果範囲は狭いため、遠距離攻撃を受けない場所に設置したり、前にシールドを設置したりしてなんらかのフォローがほしい。 弱点となるグレネードへの対策として、イェーガーと組むと鉄壁な防御を見せるに違いない。 これを最大限に生かすには、投げ込める突破口を作ることだ。 自身がブリーチングチャージを装備して使ってもいいし、障害物の破壊が得意なスレッジや遠隔ブリーチングランチャーを使いこなすアッシュなどと組んでもいい。 唯一の天敵ともいえるイェーガーに対し、どう対応するかがカギになりそうだ。 遠隔ガスグレネードとニトロセル、2つの罠を別々に設置&起爆できるため、どちらを本命にするか、あるいはあえて逃げ道を作って敵を特定の場所に追い込むか、といった駆け引きができるだろう。 注意すべきは、ガスの効果が仲間にもおよんでしまうこと。 耐性があるのはスモークだけになるため、近くに仲間がいる、または仲間の進入ルートを阻害するようなケースでは起爆を控えよう。 シールド展開中は防御に徹することになるため、攻撃に長けた別のオペレーターと組む必要があるだろう。 主に狭い場所で活躍しやすいことから、同じく狭い場所が得意だがアーマー値の低いアッシュと組んだり、強襲するための突破口を作りやすいスレッジやテルミットと組んだりするのがよさそうだ。 攻め込む際、安全を確保したい時に活躍するだろう。 ショックドローンは敵に発見されやすいのだが、それを逆手にとる手もある。 近くのトラップを解除したらそのままショックドローンをオトリとして使って、本命は別の方向から素早く強襲するといったことができそうだ。 強みを生かすなら、自分が倒されない立ち回りを心がけるべきだろう。 パートナーとしては、アーマープレートを持つルークがおすすめ。 アーマープレートを身に着けた仲間は被弾しても死亡する前に蘇生できることが多く、粘り強い戦いを展開できる。 ただし、敵にも使用されてしまうため、扱いには注意が必要。 仲間を蘇生できるドクと組み合わせると相乗効果を期待できる。 強固な守りを展開する敵に対して一斉攻撃を仕掛けたい時、人数を固めて守りに徹したい時など、集団戦において攻守ともに活躍しそうだ。 起動から爆破までに時間がかかるので、その間のオトリとしてドローンを使ったり、別の場所で爆音を聞かせたりすれば本命を悟られないで済むかもしれない。 ショックドローンを扱えるトゥイッチ、フラッシュシールドを持つブリッツなどと組むと、多角的な戦術ができそうだ。 設置困難な場所に撃ちこめることを生かし、突破口に投げ込む各種グレネードを所持しておきたいところ。 EMPグレネードを扱うサーチャー、障害物の破壊が得意なスレッジ、壁を突き抜けて攻撃できるフューズなどと組めば、奇襲に次ぐ奇襲で敵を翻弄しやすくなるだろう。 アーマーパネルは通常のバリケードよりも耐久性が高く、出入口や窓をふさいで強固な守りを展開できる。 ミュートの持つシグナルディスラプターやスモークが持つトラップなどを組み合わせると、守りはより強靭になるだろう。 防弾バリケードはあくまで一時的な防衛手段として認識し、撃ち破られた時の対策はあらかじめ用意しておきたい。 起爆型のトラップ持つスモークと組み合わせると起爆タイミングがわかり、トラップの確実性が高まる。 ブリーチングチャージやスレッジのブリーチングハンマー、テルミットのヒートチャージなどを使って部屋に強襲する際も、どれだけの人がどこにいるかを確認できるため有利に事が運ぶ。 トラップを回避したり、ドローンの接近を察知したりすることにかんして特出している。 基本的に設置型の電子機器は守りで使うことが多いため、敵陣に攻め込む際の情報収集を目的として扱うことになるだろう。 設置状況から敵の狙いを読み取り、攻めやすい環境にすることが彼女の役割だ。 前線で活躍するオペレーターだが、近接攻撃を受けると防御態勢が崩れてしまうので注意。 正面のやや離れた位置にいる敵に対して強さを発揮するため、特定の位置を押さえるのに適している。 通路をシャットアウトして裏で別の仲間が工作を行ったり、仲間を逃がすために殿を務めたりと、常に敵と対峙するスタイルになるだろう。 防御用のガジェットを攻撃用に変えられる点と、敵側の電子機器を妨害できる点がウリだ。 有刺鉄線や展開型シールドを攻撃用にする他、ミュートのシグナルディスラプターの代わりとして使うこともできる。 バンディットを生かすなら、スモークやキャッスルなどの設置型機器を扱うオペレーターと組ませたいところ。 防衛時において、グレネードを起点に攻めてくる相手を返り討ちにしやすい。 グレネードの爆発から仲間を守ることを考えると、投げ込まれる可能性の高い入口や窓の付近に設置するのがベター。 ミュートのシグナルディスラプターとあわせて設置し、電子機器に対する守りを強固するなど、その用途はさまざまだ。 この罠にハメるには、敵が迫ってきたら部屋をもぬけの空にして隙を見せたり、別方向から敵を追い込んでトラップを仕掛けた部屋に誘導したりと工夫する必要がありそうだ。 成功率を高めるためにも、敵の接近を見抜くパルス、さまざまな場所にトラップを仕掛けられるスモーク、罠への誘導がしやすいバンディットなどと組み合わせたい。 相手の虚をついた狙撃で戦力を低下させられるため、攻守ともに役に立つ。 防衛時は、長い通路や広い部屋の入口などが見渡せる位置を陣取ることで安々と侵入を許さないだろう。 遠く離れた壁をも破壊することができる、ブリーチング弾を使うアッシュとの相性がよさそうだ。 万が一、近づかれた時のためにシールドを持つモンターニュやブリッツがいると心強い。 ショックドローンで敵を誘導しやすいトゥイッチと組ませたい。 各種グレネードを投げたり、設置したトラップやブリーチングチャージを起爆させたりして敵を部屋に追い込み、クラスターチャージで追撃するといった使い方もできそうだ。 機銃による弾幕は、防衛ラインを固める、または突破する際に活躍するだろう。 、機銃を見た敵が別ルートから侵入してくることを想定し、侵入経路にトラップを置くといった戦術も有効。 トラップの扱いを得意とする、スモークやカプカンと組ませるといいかもしれない。

次の

『レインボーシックス シージ』全オペレーターの戦術考察。使うならどのキャラ?

レインボー シックス シージ えろ

例に漏れず、BANDITのショックワイヤー、KAIDのエレクトロクロウで設置を防げる。 MUTEのジャマーでも起爆を阻止可能だ。 また、MAESTROのイービルアイのほか、A. なお、起爆途中にBANDITのショックワイヤーで妨害(通称「餅つき」)をされると、3つのペレットをすべて消費しきれないため、壊せる補強壁の範囲が狭くなる。 一方、KAIDのエレクトロクロウを用いた餅つきは、A. Aアクアブリーチャーの起爆による爆風でエレクトロクロウの電流が流れる前に壊されてしまうようだ。 壁全面をブリーチングで破壊しなくとも、殺人孔としてなど、シーンに適したサイズをブリーチングするのもありかもしれない。 よってカウンターとして、近接攻撃かフラググレネード、FUZE、KALI、ASH、ZOFIAの爆発系固有ガジェットで壊せる。 TWITCHのショックドローン、THATCHERのEMPグレネードを使用すると、数秒間動作を停止できる。 また、効果範囲に入ると起動音が発生するので、起動音が接近アラームがわりとしても重宝する。 これにより、起動音により接近していることを気づけなおかつ相手はスプリントができず動作が遅い状況なので、決め撃ちで敵を処理することも容易だろう。 防衛では、重要なポイントをより強固に守りやすくなるだろう。 設置してあとは好きに動き回ればいいし、かなり使い勝手が良い、非常に強力なポテンシャルが秘められているのではないだろうか。 『レインボーシックス シージ』ファミ通. com 特設サイト• Y5S2• Y5S1• Y4S4• esports• インタビュー• ゲーム情報• Y4S2• Y4S1• トピックス• Y4S3• Six Major Raleigh 2019• プロリーグ結果まとめ•

次の

【R6S初心者向け】シージ初心者を即戦力に!初心者への教え方5つのコツ【レインボーシックスシージ】

レインボー シックス シージ えろ

当サイトも現地からの熱狂ぶりをお届けした最大の祭典「シックス・インビテーショナル2020」が終わったばかりの『Rainbow Six Siege()』がタチャンカをアイドルから戦士へと強化させるイヤー5とイヤー6の情報を解禁しましたが、なんと今年末に発売を予定しているプレイステーション5と、Xbox Series Xそれぞれの発売日に次世代機版のリリースを計画していると明かしました。 ただし発売日はSONYとMicrosoft次第 このインタビューにて発売時期は2020年のホリデーシーズンを予定していると語っていますが、この 日程はズレる可能性も含まれています。 というのもPlayStation5もXbox Series Xも今年の年末に発売予定という情報は解禁しているものの、正確な発売日はまだ発表されていないため。 結果、新世代機対応版『R6S』も発売日は SONYとMicrosoftの決断に委ねられている状況になっているとのこと。 新世代機と旧世代機間のクロスプレイに対応予定 新世代機の発売に合わせて多くの人が新しいゲーム機を手にすることが予想されますが、それでもコミュニティの大半は現行機のままに残り、新世代機でのマッチングが遅くなることが懸念されます。 しかし、新世代機はこれまでの公式発表によりますと最初から旧世代機との後方互換を有しているので、新世代機版もプレイステーション5ならプレイステーション4と、Xbox シリーズXならXbox Oneとの 縦クロスプレイに対応を予定しているのこと。 これにより新型機版を購入しても全くマッチングしなかったという事態を避けられます。 別プラットフォーム間のクロスプレイも準備は完了済み 同プラットフォーム間のクロスプレイ対応は明言されましたが、そうなってくると気になるのはPlayStationとXboxによる別プラットフォームを繋ぐクロスプレイ。 この事についてもLeroy Athanassof氏は触れており、スタジオとしては いつでも導入できる準備は整っているとのこと。 しかし残念ながら、これはスタジオではなくSONYとMicrosoftの話し合いによって決まることなので、実装できるのかは不明と返事しています。 また、コンソール機とPCのクロスプレイについても語っていますがそちらの方は積極的ではなく、実装するとしてもプレイヤーがクロスプレイを有効化するか選択する『CoD:MW』形式になるようです。 クロスプレイ導入にあわせた進捗システムの変更 インタビューの最後に、クロスプレイを実装する場合はアカウントの進捗状況も統合できるようにしたい(『CoD:MW』や『』の形式)という展望も語っています。 これがうまくいけば、現在はPlayStation4版をプレイしているものの、次世代機はXbox Series XやPCをメイン機にするというプレイヤーも、これまでのゲームの進捗状況を持ち越せるようになり、プラットフォーム移行の敷居がグッと下がります。 2015年末に発売された『レインボーシックス シージ』は、もはやユービーアイソフトの大黒柱と言っても過言ではないコンテンツへと成長を遂げました。 この成長の波は新型機が発売されてもすぐに新型機ユーザーをも飲み込む準備ができているようです。 なお、当サイトEAAが現地で追い続けた祭典「シックス・インビテーショナル2020」や、実際に新オペレーターのIANAとORYXを先行プレイした動画のリンクを用意しておきますので、そちらもご参照ください。 R6S レインボーシックスシージ「IANA・ORYX」プレイ映像 新オペレーター解説 — EAA 『レインボーシックス シージ』の発売日は2015年12月10日で、対象機種はPS4、Xbox One、PC。

次の