ブルックス ブラザーズ 福岡。 株式会社ブルックスブラザーズジャパンの評判・口コミ|転職・求人・採用情報|エン ライトハウス (9504)

ブルックス ブラザーズ

ブルックス ブラザーズ 福岡

ブルックス・ブラザーズ は、アメリカのファッションブランド。 紳士服を中心に婦人服、キッズなども展開。 スーツから、ベーシックなシャツやネクタイなどが人気。 アイビールックの伝説的ブランドで、アメトラ アメリカン・トラディショナル の代表的なブランドとカテゴライズされているが、ブルックス ブラザーズ自体は「トラッド」という表現はせず、「アメリカンクラシック」という表現を打ち出している。 アメリカでは初となる既製服 レディ・トゥ・ウェア のファッションの大規模販売店と呼ばれている。 創業者の孫のジョン・ブルックスがポロ選手のシャツの襟が風にゆれるのを見て、安定させることを考えてボタンダウン・シャツ ブルックス・ブラザーズではポロカラーシャツと呼ぶ を初めて商品化したと言われている。 ブルックス ブラザーズ Brooks Brothers は1818年、ヘンリー・サンズ・ブルックスがニューヨークで創業、当事の名前はHSブルックス商会だった。 1845年、既製服としてはアメリカ初となるスーツを発売。 1850年にブルックス・ブラザーズに改名。 リボンが巻かれた子羊・ゴールデンフリースがブランドのシンボルとなったのもこの頃。 1896年、ボタンダウンのポロカラーシャツを発表。 1902年、斜め縞模様のレップタイを発売。 このデザインはアイビー・ルックの代表と呼べるものとなった。 30年代から40年代にかけて、シアサッカー素材のジャケットやアーガイル柄のソックスをアメリカに紹介。 1979年、ブルックス ブラザーズが日本に上陸。 2007年秋冬コレクションからデザイナーのトムブランとコラボレーションで新ライン「 Black Fleece by Brooks Brothers 」を発表。 トムブラウンはメンズ、レディースともにデザインを担当。 これはブルックスブラザーズにとって歴史上初めて外部のデザイナーとのコラボレーションで記念すべきものだった。 2008年、との契約更新を発表、このコラボレーションは2015年まで続いた。 2011年、「フラットアイアンショップ」ニューヨークのフラットアイアン地区にオープン。 これはブルックス ブラザーズの新しいコンセプトの店舗で、ブランドの200年近い歴史の中からメンズ・ウイメンズの象徴的なアイテムをカジュアルにアップデートしたアイテムを提案。 2012年月には日本初のフラットアイアンショップを伊勢丹新宿店にオープンする。 これはアメリカ ニューヨーク 、カナダ トロント に続く世界第3店舗目となる。 2015年、ブルックス ブラザースが野球日本代表「侍ジャパン」に対するオフィシャルスーツの提供をスタート。

次の

ブルックスブラザーズ福岡店(福岡市中央区今泉)|エキテン

ブルックス ブラザーズ 福岡

米紙ニューヨーク・タイムズは先ごろ、 紳士服ブランドの老舗、米ブルックス ブラザーズの3工場が操業停止の危機に直面していると報じた。 最近の経済情勢の影響だという。 同紙によれば、ブルックス ブラザーズは今年、6900万ドル(約74億円)の損失を計上する見込みだ。 さらに、2022年まで利益(EBITDA:利息、税金、減価償却前利益)を出せない見通しだという(同社は反論している)。 同紙はまた、経営陣は破産申請の可能性を「排除していない」と伝えている。 ブルックス ブラザーズの売上高は過去3年間、横ばいが続いている。 そして、同社は先ごろ、投資会社ゴードン・ブラザーズから2000万ドルを借り入れたところだ。 記事は主に、ブルックス ブラザーズが「メイド・イン・アメリカ」にこだわってきた方針を転換することついて書いている。 だが、この記事が想像させるのは、同社の今後の見通しがいかに暗いかということだ。 そう考える理由は、いくつかある。 まず、同社が店舗の閉鎖や破綻処理、企業の清算に関する専門知識・経験が豊富なことで知られるゴードン・ブラザーズから融資を受けたということだ。 ゴードン・ブラザーズが融資するということは、一般的な銀行からは融資を受けられなかったと考えられる。 また、ゴードン・ブラザーズとしては、融資をしていればその企業の清算手続きを担当できる可能性が高まる。 経済が悪化しているとき、ブルックス ブラザーズほど損失を出している小売業者には、出資する人も、融資する人もほとんどいない。 向こう2年は収益が出ないとの見通しも、その後に採算が取れるようになる可能性について、貸し手が持つ疑念や懸念をあまりに大きなものにしている。 だが、現時点では、そうした買い手が出現する可能性も低い。 ブルックス ブラザーズのような状態にある小売業者が買い手を見つけるチャンスを得る唯一の方法は、まずは破産を申請することだ。 「ストーキング・ホース」が出現するかもしれない。

次の

ブルックスブラザーズ福岡店(福岡市中央区今泉)|エキテン

ブルックス ブラザーズ 福岡

米紙ニューヨーク・タイムズは先ごろ、 紳士服ブランドの老舗、米ブルックス ブラザーズの3工場が操業停止の危機に直面していると報じた。 最近の経済情勢の影響だという。 同紙によれば、ブルックス ブラザーズは今年、6900万ドル(約74億円)の損失を計上する見込みだ。 さらに、2022年まで利益(EBITDA:利息、税金、減価償却前利益)を出せない見通しだという(同社は反論している)。 同紙はまた、経営陣は破産申請の可能性を「排除していない」と伝えている。 ブルックス ブラザーズの売上高は過去3年間、横ばいが続いている。 そして、同社は先ごろ、投資会社ゴードン・ブラザーズから2000万ドルを借り入れたところだ。 記事は主に、ブルックス ブラザーズが「メイド・イン・アメリカ」にこだわってきた方針を転換することついて書いている。 だが、この記事が想像させるのは、同社の今後の見通しがいかに暗いかということだ。 そう考える理由は、いくつかある。 まず、同社が店舗の閉鎖や破綻処理、企業の清算に関する専門知識・経験が豊富なことで知られるゴードン・ブラザーズから融資を受けたということだ。 ゴードン・ブラザーズが融資するということは、一般的な銀行からは融資を受けられなかったと考えられる。 また、ゴードン・ブラザーズとしては、融資をしていればその企業の清算手続きを担当できる可能性が高まる。 経済が悪化しているとき、ブルックス ブラザーズほど損失を出している小売業者には、出資する人も、融資する人もほとんどいない。 向こう2年は収益が出ないとの見通しも、その後に採算が取れるようになる可能性について、貸し手が持つ疑念や懸念をあまりに大きなものにしている。 だが、現時点では、そうした買い手が出現する可能性も低い。 ブルックス ブラザーズのような状態にある小売業者が買い手を見つけるチャンスを得る唯一の方法は、まずは破産を申請することだ。 「ストーキング・ホース」が出現するかもしれない。

次の