アナリティクス コンバージョン 設定。 Googleアナリティクスで到達ページを目標設定して「コンバージョン」計測をする方法

【Googleアナリティクス】目標設定とイベントトラッキングを設定しよう!

アナリティクス コンバージョン 設定

Googleアナリティクスの設定で最も重要な項目の一つである「目標(コンバージョン)設定」。 コンバージョンしたセッション・ユーザーの数・割合をピックアップできたり、コンバージョンしたセッション・ユーザーの参照元・広告、閲覧ページなどを分析できたり、アクセス解析において重要な機能だ。 さらに、「到達ページ」を目標として設定する場合、その目標ページに到達するまでのステップ間の離脱や遷移状況を分析する機能である「目標到達プロセス」「ゴールフロー」を活用することで、ページやフォームのどの部分で離脱させているかを把握しやすくなる。 数値が異常になる訳ではないのだが、レポート画面上では完了ステップの数値が2回繰り返される形になってしまう。 初見の人や慣れてない人に「完了画面が2回あるのか?」といった誤解を招く可能性もある。 また、完了ステップの二重計測だけでなく、他にも「きちんと目標到達プロセスを設定しているはずなのに、データがおかしい」「想定しているよりデータが多い・少ない」といった疑問を感じたり、原因不明のまま放置されていたりすることも多い。 目標設定の設定方法をおさらいして、確実に設定できるようにしよう。 「目標到達プロセス」が使える目標設定 目標設定は下記4種類のタイプが設定可能(ウェブ版の場合)だが、目標到達プロセス機能が使えるのは「到達ページ」タイプのみだ。 到達ページ• 滞在時間• イベント 「到達ページ」タイプは、問い合わせ完了画面・購入完了画面など、ユーザーに到達してほしいポイント=コンバージョンポイントのURL(ページアドレス)を入力し、ユーザーがこのページに到達したらコンバージョンがカウントされることになる。 「到達ページ」の記述条件 「目標到達プロセス」機能を使わずに到達ページだけ設定する場合でも、「目標到達プロセス」機能を使う場合でも、注意しなければならないのは"URLの記述条件"である。 到達ページや目標到達プロセスに登録するURL(ページアドレス)のパターンが1つなのか、複数あるかに拠って、条件や記述方法が異なるので注意しよう。 到達ページを正確に設定しないとそもそもコンバージョン数自体が取得できなくなるので、慎重に確認したい。 条件の種類• 等しい:レポート上の URLと到達ページとして入力するURLが正確に一致した場合にコンバージョンとしてカウント• 先頭が一致:URLの前方が一致している場合にコンバージョンとしてカウント• html」などのように、ディレクトリ名以下を記述する• example. jp」の部分 ただし、Googleアナリティクス管理画面で、下記のような設定をしている場合、設定内容に対応したURLを記述する必要がある• ビュー設定>デフォルトのページ• 「デフォルトのページ」を「index. html」に設定しているとする。 example. html」と表示される。 このページ名を目標設定画面に使う必要がある。 フィルタ• Googleアナリティクスでは何も設定をしないとレポート上で各ページのURLにドメイン名が付かない。 ドメイン名を付けるためにはフィルタの設定をする必要があるが、このフィルタ設定を行っている場合は、目標設定画面内でもドメインを付けて設定する必要がある。 上記2つの設定を両方共行っている場合のサンプル• 実際のURL• example. Googleアナリティクスの目標設定画面で入力するURL• example. html 「到達ページ」で使用した条件の種類は、目標到達プロセスにも適用される。 そのため、条件の種類を到達ページと到達プロセスで混在させることができない• 「到達ページ」の条件で「等しい」を選択すると、「目標到達プロセス」の条件も「等しい」もののみが集計される。 「到達ページ」の条件は「等しい」が、「到達プロセス」の条件は「先頭が一致」など、混在する場合は「到達ページ」の方を「先頭が一致」に指定する必要がある。 この仕様を前提に目標設定を行わないと、目標到達プロセスレポート・ゴールフローレポートで正確にデータが集計されない。 問い合わせフォームが一つのみで、URLも1種類のみの場合• 実際のURL• example. html• 目標設定画面で入力する条件とURL• 等しい example. html• 問い合わせフォームが複数あり、URLの前半が共通している場合• 実際のURL• example. html? example. html? 目標設定画面で入力するURL• 先頭が一致 example. html• 問い合わせフォームが複数あり、URLの後半が共通している場合• 実際のURL• example. html• example. html• 目標設定画面で入力するURL• html 「目標到達プロセス」機能の設定サンプル では実際に「目標到達プロセス」機能を設定してみよう。 既存の目標の修正の場合は、6以降を参考にしてください。 予め、到達ページや到達プロセスのURLを確認しておき、条件を作っておく• Googleアナリティクスにログインし、管理画面内のビューのセクションに移動し、「目標」をクリック• 「到達ページ」を選択し「続行」をクリック• 条件をプルダウンメニューから選択• ページのURLを入力• 「目標到達プロセス」を「オン」にする• ステップ名とURLを入力する• 最初のステップは通過するのが必須であるかどうかを選択できるようになっている• 完了画面は「到達ページ」で既に入力されているので、到達プロセス欄には入力しない。 入力すると冒頭で例を挙げたように、完了画面が2回出現することになる• 任意で「値」を入力する• 「そのコンバージョンが発生したことがいくらの価値があるか」という観点で金額を入力しておく。 分からなければ1円で可。 コンバージョンユーザーが通過したページを金額で可視化できるようになるメリットがあり、設定を推奨。 「この目標を確認」をクリックして、設定が合っているかを確認• ただし、過去7日間以内にページが存在し、Googleアナリティクスのタグが設置されている必要があるため、フォームのアップロードが終わってない場合は確認できない• 問題なければ「保存」をクリックして設定を完了する まとめ 正確な目標設定のためには、Googleアナリティクスの設定方法や仕様だけでなく、WebサイトのURLの把握も必要になる。 そのため、アクセス解析担当が一人の判断で目標設定を行うのではなく、制作担当と共同で設定内容を決めていくのがお勧めだ。 特に、新しいフォームを増やす時は設定が後回しになったり、設定が漏れてしまったりでせっかくの成果を取得できなかった... ということも起こりやすい。 「フォームの作成が決まったらアクセス解析担当と情報共有する」「フォームのURLが決定次第、アクセス解析担当に知らせる」といったことを、他のWeb担当者や制作会社と取り決めておくのがお勧めだ。

次の

Googleアナリティクスの見方をポイントでご紹介

アナリティクス コンバージョン 設定

1.コンバージョン(Conversion)とは コンバージョンとは、ホームページ上で何らかの商品や資料請求、問い合わせを獲得した際のカウント時に「コンバージョン」という言葉をよくwebの世界では使います。 CVRと英語で訳す場合もあります。 呼び方としては、コンバージョンやコンバージョンレート、成約率など呼び方は様々です。 コンバージョンといっても、ホームページによってそれぞれ何をコンバージョンとするかは分かれます。 例えば、企業サイトの場合、ホームページから問い合わせを獲得するのが目的であれば、問い合わせを1件獲得すれば、コンバージョン数は1となります。 ECサイト(ネットショップ)でサイトから商品の購入を獲得するのが目的であれば、ユーザーがサイトから商品を買えば、コンバージョン数は1となります。 また、コンバージョンをコンバージョン率と言うこともあり、コンバージョン率の指標を出す際の計算式は以下のようになります。 要するに、ユーザーがwebサイトで特定のアクションを取ることによって、発生する際にコンバージョン(CVR)という指標を用いることで、webマーケティングの指標において数字として洗い出し、明確にすることでサイトの改善や施策に活用することが可能になります。 2.Googleアナリティクスからコンバージョンの目標設定をする方法 ホームページのコンバージョンを測定するには、予め目標設定をしておく必要があります。 目標設定をするには、Googleアナリティクスの「目標設定」にて予めコンバージョン指標を設定しくおく必要があります。 Googleアナリティクスに登録をしていない場合はコンバージョンを測定することが出来ないので、注意が必要です。 では、早速目標設定までの手順を紹介していきます。 ここでは、問い合わせがあった場合のコンバージョンの目標設定をすると仮定して、任意の名前を「問い合わせ」とします。 次にタイプという項目があるので、一番上の「到達ページ」を選択しましょう。 これで、例えば問い合わせページからユーザーが送信ボタンを押した際に、コンバージョンが計測できるようになります。 そして最後に「続行」をクリックしてください。 html を入力します。 次にオプション設定としてコンバージョン1件につき任意で金額を設定することが可能ですが、こちらは任意で構いません。 コンバージョンの設定をする際に、1件につき金額の価値を設定しておくことで指標を見る際によりわかりやすくなります。 目標設定到達プロセスに関しての設定も同様で、オプション(任意)での設定になりますが、ECサイトなどは目標到達プロセスを設定しておくことで、コンバージョンに至るまでのユーザーの流れを確認することが出来るので、分析に役立てることが出来ます。 この時に記録中の箇所がオン(青色)になっているかを確認しましょう。 オンになっていなければ計測ができないので注意が必要です。 また、目標は最大で20個まで設定できます。 ECサイトなどの場合で、細かく色々なコンバージョンの設定をしたい場合は、今回ご紹介した手順を参考にして、複数目標を設定してみましょう。 慣れれば一つの目標につき5分程度で設定できるはずです。 ホームページから売上を上げたい法人・個人の方へ ホームページ集客やwebを軸に売上アップを実現したい方へ ・半年間、売上0の状態からコンサルティング後、たった3か月で月商100万円を達成したコンサルタント ・コンサルティング後、1ヶ月で月商350万円から月商500万円突破を実現したカフェインを販売している通販サイト ・コンサルティング後、1年で年商1. 5倍アップを実現した女性化粧品を販売する通販サイト ・ホームページ開設後、1年以上問い合わせのなかったサイトをコンサルティング後、翌月に月間で3件の問い合わせを獲得、その後400万円の受注獲得に成功した製造会社など 実際に短期間で成功事例を出しているwebコンサルタントの柿崎が、あなたのホームページを無料診断・個別相談にてお悩みを解決致します。

次の

Googleアナリティクス|コンバージョン経路の確認方法 | シーズ・クリエイト

アナリティクス コンバージョン 設定

18%(CVR) コンバージョン率平均は以下計算式となります。 26% 上記より、コンバージョン率の平均として、1. 26% が一つの目安と言えそうです。 Googleアナリティクスコンバージョンタグ設定方法 Googleアナリティクスコンバージョンタグは、専用のタグは無く、初めに設定するトラッキングコードのタグをサイト内に埋めておけば大丈夫です。 あとは、アナリティクス管理画面で、以下のよう目標(コンバージョン)設定することが可能です。 「名前」「目標スロットID」「タイプ」を入力・選択し、「続行」をクリックします。 名前 ・任意の目標の名前(コンバージョン名)を入力します。 初めに選択されてるデフォルトの目標IDで問題ありません。 最大20個まで目標(コンバージョン)設定が可能です。 それぞれのタイプに応じて、設定する指標が変わります。 (今回は、タイプ「到達ページ」を選択した場合です。 ) 到達ページ ・申込完了ページのURLパスを入力します。 パスのタイプは、「等しい」「先頭が一致」「正規表現」から選択可能です。 値 ・必須ではありません。 「オン」にし、商品の金額を入力しておくとわかりやすいです。 目標到達プロセス ・必須ではありません。 「オン」にし、到達ページまでのURLパスを入力設定すれば、閲覧開始・離脱ページの分析ができます。 コンバージョンレートについて コンバージョンレートは、コンバージョンした数の割合をさします。 コンバージョンレートは、英語表記で「ConVersion Rate」、「CVR」と略されることが多いです。 コンバージョンレートは、別名「コンバージョン率」とも言われます。 ビュースルーコンバージョンについて ビュースルーコンバージョンは、Googleの広告サービス「アドワーズ」で確認できる広告効果の指標の一つです。 ビュースルーコンバージョンは、広告を目にし、スルーしたユーザー(広告をクリックするなどのアクションをしなかったユーザー)が、後コンバージョンに至った場合にカウントされる指標です。 コンバージョン単価は、Googleアドワーズ広告やYahooプロモーション広告などの広告サービスを活用し、運用した場合、重要になります。 使った広告費に対し、どのくらいコンバージョン獲得できたか計算し、コンバージョン単価を出すことが可能です。 コンバージョン単価を改善し、1コンバージョンあたりの費用を安くすることがミソとなります。 コンバージョントラッキングについて コンバージョントラッキングを設定し、申し込みや問い合わせ、ダウンロードといったwebページからのコンバージョンを計測することが可能です。 コンバージョントラッキングは、主に、GoogleアドワーズやYahooプローモーション広告などの広告サービス利用時に必要な設定となります。 コンバージョントラッキングは、専用のタグを「申込完了webページ」に設定し、そのページにユーザーが至れば、コンバージョンカウントされる仕組みです。 ちなみに、「」では、Googleアドワーズのコンバージョントラッキング設定手順が確認できます。 コンバージョンボタンの色・デザイン コンバージョンボタンの色やデザインを調整し、以下のようコンバージョン率を最適化する方法があります。 ・コンバージョンボタンの色を変更する コンバージョンボタンの色を緑にし、ユーザーがアクションを起こしやすい色にすることで、コンバージョン率最適化する方法 ・コンバージョンボタンのサイズを調整する コンバージョンボタンを大きくし、ユーザーが目につきやすく、クリックしやすくすることで、コンバージョン率最適化する方法 ・コンバージョンボタンの文言を変更する コンバージョンボタンの文言を調整し、ユーザーに魅力的な内容を伝えることで、コンバージョン率最適化する方法 コンバージョンオプティマイザーについて コンバージョンオプティマイザーは、広告サービス「Googleアドワーズ」の入札戦略の一つです。 変更点は名称だけで、予算内でコンバージョン数を最大化できるように入札単価を自動的に設定する入札戦略機能となります。 「コンバージョンに至ったクリック」廃止について 「コンバージョンに至ったクリック」は、広告サービス「Googleアドワーズ」で確認できる広告効果測定のコンバージョン指標の一つです。 「コンバージョンに至ったクリック」は2016年9月以降廃止され、サポート終了予定となり、「コンバージョン」という新たな指標に一本化されるようです。 まとめ コンバージョンを最適化し、申込や問い合わせを増やしましょう。 広告、ランディングページ、SEOを活用し、コンバージョンを増やすことが大切です。 そのために、良質な広告・良質なコンテンツ・良質なリンクを増やし、サイトへのアクセスを高めることが重要です。

次の