ハルマゲドン。 ハルマゲドンの大峠 ノストラダムス予言研究家ザール隊長

空前絶後の異色RPG『ラストハルマゲドン』攻略レビュー 〜ヤダ、こんなRPG見たことない・・・〜

ハルマゲドン

ハルマゲドンが最終戦争という勘違い こんにちは、カトリック小鹿です。 多くの人が誤解している事柄で ハルマゲドン=人類最終戦争 ~というのがあります。 ハルマゲドンだけで大決戦があるわけではない イスラエルとシリアの間にある丘陵地帯 ハルマゲドン(=メギド)で 世界最終戦争が行われる。 …という 勘違いも広まってますね。 あの狭い場所でそのような大戦争をするのは かなり無理があります。 ゼカリヤ書のほうが詳しい ヨハネの黙示録第16章に出てくる ハルマゲドンの記述は あまりにも短いのですが 実は旧約聖書の ゼカリヤ書に ハルマゲドン(=メギド)の ことが詳しく書かれています。 今日はその ゼカリヤ書を使って 黙示録のハルマゲドンを 解説しますね。 反イスラエルの枢軸軍が イスラエルを滅ぼそうと ハルマゲドン周辺に終結したあと、 イスラエル領の奥深くに侵入、 この反イスラエル枢軸軍は 数々の破壊活動・略奪・乱暴を働きます。 「主の日」について語られています。 聞きなれぬ言葉かと思いますが 聖書の中で 「主の日」と言えば、 地球に特大の変化をもたらす 神の裁きの日…という意味です。 つまり人類史からみても ノアの大洪水と匹敵するほどの 巨大な変化を指します。 見よ、主の日が来る。 その日、略奪されたお前の物が お前たちの前で分配される。 わたしは全ての国々を集め、 エルサレムを攻めさせる。 ゼカリヤ書:14-1 この部分を読んだだけでは 「どの時代の戦争? 西暦70年のエルサレム陥落のこと?」 ~と思ってしまいそうですね。 「全ての国々を集め」と言ってます。 西暦70年のエルサレム陥落は ローマ帝国という一国だけで イスラエルは滅ぼされました。 ですから 西暦70年の分は、完全に除外されます。 この地図は1947年、 国連が暫定的に 決定していた領土配分。 オレンジ色がイスラエル領ですが 実際にはユダヤ人は15万人ほどしか 住んでいませんでした。 第一次~四次中東戦争では 逆にイスラエルが 敵領の奥深くに侵入しました。 そして、その5行後ろには こんな記述があります。 主は出てこられ、 かつて合戦の日に戦われたように その国々と戦われる。 (中略) 主は全地の王となられる。 「主が来る」と言ってますよね。 これは天の父でしょうか? それともイエス様のことでしょうか? しかも興味深いことに 「主は全地の王となられる」 と言ってます。 イスラエルの王だけでなく全地の王、 すなわち地球の王という意味です。 これはヨハネの黙示録にも書かれ、 後に来られるイエス様のことです。 更に… 人々はそこに住み 破滅が再び臨むことはもはやなく、 エルサレムは安住の地となる。 もう金輪際、 二度とエルサレムが陥落することはない …と言ってます。 イスラエルを侵略しようとした国々に対し 神が積極的に介入され、 完全なイスラエル勝利となったわけです。 神が完全に介入されていますが さて、どんな方法で 反イスラエル枢軸軍を全滅させたのか? 中性子爆弾の使用なのか? 枢軸軍にはこういう運命が 訪れると書かれています。 彼らの肉は まだその足で立っているうちに腐り、 彼らの目はまぶたの中で腐り、 その舌は口の中で腐る。 ゼカリヤ書:14-12 立ったまま腐る…とは 一体どういうことが起きるんでしょう? ゼカリヤ書14章のこの部分について ネットでは 「中性子爆弾によるものだ」 とささやかれていますが、 いくら中性子を大量に浴びようと、 立ったまま腐る…ということはありません。 なのでゼカリヤ書に書かれている死に方は 中性子爆弾によるものではなく、 化学兵器の可能性が高いと考えます。 例えば 硫酸や塩酸・硝酸などは 高濃度のものが皮膚に着けば すぐに皮膚が溶けます。 おそらくそのような 危険な化学物質を高濃度に使った爆弾 ではないかと思うのです。 この2月にはシリア領内で飛んでいた イランの無人機がイスラエル領に侵入し そのためイスラエル軍が撃墜、 そしてイスラエルの戦闘機が シリア軍に 撃墜される… という事件も起きました。 携挙はここです 今後、こうして枢軸側が シリア領内でたむろしたあと、 数年後~15年以内には イスラエルに侵入する可能性があります。 つまり終末論者の中で話題の 「ハルマゲドン」ですね。 しかしハルマゲドンで 反イスラエル枢軸国は全滅します。 そしてもう二度と、 未来永劫イスラエルは侵略されません。 そして イエス・キリストが再臨し そこで クリスチャンの携挙があるわけです。 そう、プロテスタント福音派の人々が 「大患難前に携挙がある」 とおっしゃっているのは勘違いであり、 7年患難の最後にハルマゲドンがあり、 そこでイエス・キリストが 2,000年ぶりに地球に再臨する、 ここで携挙があるのです そして死んだクリスチャンが復活し、 いっぽう、生きているクリスチャンは 一瞬にして永遠の命を持った体に変えられ 空に引きあげられ、イエス様をお迎えする。 それが本当の携挙なのです。 そのあとすぐに千年王国が始まります。 次の記事: を読む.

次の

A.スフィンクスの詳細情報・進化と合体 ─ ラストハルマゲドン攻略・全マップ完備/FM TOWNS版:Last Armageddon攻略 ─ ピドリオ.com

ハルマゲドン

ハルマゲドンの戦いとは,人間の諸政府と神との間の最終的な戦争のことです。 それらの政府と支持者たちは現在でも神に敵対しており,神の支配権に服することを拒んでいます。 ()ハルマゲドンの戦いでは,人間の支配に終わりがもたらされます。 「ハルマゲドン」(アルマゲドン)という語は,聖書の中で1回だけ,に登場します。 「啓示」の書つまり黙示録の預言によると,「人の住む全地の王たち」が「全能者なる神の大いなる日の戦争」のために「ヘブライ語でハルマゲドンと呼ばれる場所」に集められます。 ハルマゲドンで戦うのはだれですか。 イエス・キリストが神の敵たちに対して勝利を収めるため,天の軍勢を率いて戦います。 ()それらの敵には,神の権威に敵対する者や神を侮る者が含まれます。 ハルマゲドンの戦いは中東地域で行なわれるのですか。 そうではありません。 ハルマゲドンの戦いは,1つの地域ではなく地球全体を巻き込みます。 ハルマゲドン(ヘブライ語「ハル メギッドーン」)という表現には,「メギドの山」という意味があります。 メギドとは,かつて古代イスラエルの領地にあった都市のことです。 歴史によると,その付近では幾つもの決戦が行なわれました。 その中には,聖書に記録されている戦いもあります。 ()しかし,ハルマゲドンという語は,古代メギド周辺の実際の地域を指しているのではありません。 その地域に大きな山はありませんし,隣接しているエズレルの低地平原全体でも,神の敵すべてが集まるには狭すぎるからです。 むしろハルマゲドンとは,諸国家が結集して神の支配に最後の抵抗をする世界情勢のことです。 ハルマゲドンの戦いの間,どのような状況が見られるのでしょうか。 神がご自分の力をどのように用いられるのかは分かりません。 とはいえ神は,過去になさったように,雹(ひょう),地震,豪雨,火,硫黄,稲妻,疫病といった武器を意のままにお用いになるでしょう。 ()神の敵たちは混乱に陥り,互いに殺し合う者も出てくるでしょう。 それでも,彼らは最終的には,自分たちの戦っている相手が神ご自身であることに気づきます。 ハルマゲドンは世の終わりを意味していますか。 地球が滅びることはありません。 人類の永遠の住まいだからです。 ()ハルマゲドンは人類を滅亡させるのではなく,むしろ救出します。 神の僕(しもべ)から成る「大群衆」が生き残るからです。 一方,聖書の中の「世」という語は地球だけでなく,神に敵対する邪悪な人間社会を指すこともあります。 ()それで,ハルマゲドンは邪悪な人間社会を滅ぼすという意味で「世の終わり」をもたらします。 ハルマゲドンはいつ起きるのですか。 イエスは,ハルマゲドンの戦いでクライマックスを迎える「大患難」について話していた時,こう語りました。 「その日と時刻についてはだれも知りません。 天のみ使いたちも子も知らず,ただ父だけが知っておられます」。 ()とはいえ聖書は,ハルマゲドンが,目に見えないイエスの臨在期間中に起きることをはっきり示しています。

次の

ハルマゲドン(ライブ・ア・ライブ)とは (ハルマゲドンとは) [単語記事]

ハルマゲドン

日月神示:春マケ、夏マケ、秋マケ、冬マケてハルマゲドンとなるのざぞ、早う改心せんとハルマゲドンの大峠越せんことになるぞ。 日月神示を参考にノストラダムスの予言を研究しています。 2016年から2025年までは正念場のときです。 2023年、北海道の長雨から日本はいよいよ厳しい状況となります。 2024年は北日本と首都直下の大地震があるようです。 北海道・東北・関東はほぼ間違いなく住めなくなくなりますね。 国民は淘汰され、3500万人ほどになるようです。 日月神示では掃除・洗濯・身魂磨き・改心という言葉が頻繁に使われています。 カルマの浄化が大切です。 日月神示に関しては中矢伸一さんの著書などから転載した記事もあるので読んでいただければ幸いです。 イナゴの大群は、パキスタン各地から「中国に侵入する可能性」が出てきています。 イナゴの繁殖が本格化するのはこれからですが、どういうことになるでしょうかね。 もはや、東アフリカからパキスタンなどの多くの国や地域で農作物の大半が食い尽くされているところもあるようで、それが中国に拡大すると、厄介ではありそうです。 皮肉なのは、水不足でアヒル部隊がパキスタンから撤収したと伝えられていますけれど、 パキスタンでイナゴが大発生した理由は、そもそも、「ふだんはないような大雨と洪水がパキスタンで繰り返されたから」なのです。 アフリカや中東でイナゴが大発生している理由も同じです。 砂漠のアフリカの国々で、昨年から今年はどこでも大雨と大洪水が続いていまして、それにより土地が一時的に肥沃になり、イナゴの繁殖条件が整ったことによるものでした。 本来なら砂漠のサウジアラビアなどでは、そうイナゴの大繁殖などは起きないものですが、今はもうかつてと気候が違っておりまして、イナゴの大群が中東の砂漠を繰り返して襲っています。 安徽省でダム300基が放水 下流の村が水没 2020. 26 中国南部では連日大雨が続き、が氾濫しています。 6月23日、安徽省でも連日の降雨で、300基のが放水を行い、下流の複数の村が深刻な被害を受けています。 また、長江上流のや葛洲ダムが全力で放水しており、長江の水位は2メートルも上昇しています。 中共の官制メディアは、安徽省大別山(だいべつざん)地域で連日の豪雨により、河川とダムの水位が上昇を続け、23日午後4時までに、安徽省全体で300基のダムが規定に基づいて放水を行ったと伝えました。 連日の大雨とダムの放水によって、6月22日午後から、安徽省六安市(ろくあん-し)西河口鄉(せいがこう ごう)の複数の村が洪水に見舞われました。 うち5つの村は深刻な被害に遭っています。 被害が最も深刻な河口村(かこうそん)の村民は、東淠河(ひがし へいが)の堤防が決壊したため、村が水没し、全ての物が水に浸かり、また多くは流されたと述べています。 被害は甚大で、停水停電が続いているといいます。 関東の空で「」が相次いで目撃されました。 白い雲の隙間に現れた虹色の雲。 東京・町田市で撮影されました。 虹色の雲の目撃情報は神奈川県の各地からも。 不思議な色を放つ虹色の雲に多くの人が目を奪われたようです。 これは「」。 太陽が高くなる春から夏の昼間に現れる現象です。 なぜこのような虹色の雲が現れたのでしょうか。 気象予報士・:「環水平アークが見える条件としては、太陽が見えていて、かつ、上空高い所に薄い雲がある時。 上空高い所の雲の中には氷の粒が含まれている。 この氷の粒に太陽の光がある角度で差し込むと氷の粒がプリズムの役割をして光が屈折する。 そうすると、地上には虹色のようになって見える」 条件がそろえば見える現象ですが、今村さんによりますと、26日に目撃されたこの雲は通常のものとは少し違うといいます。 気象予報士・今村涼子:「通常の環水平アークというのは巻雲や巻層雲のような薄いベール状の雲で発生することが多いが、26日の環水平アークは、たまたま飛行機雲が薄くなった所にできた。 青空の中に虹が浮かんでいるように見えて、とても珍しいパターンの環水平アークと言える」 もうさ、6月15日にもなってからこんなこと言う訳。 下品だけど『バカ』と言わせてもらうよ!!わたしは。 2月9日頃収録のパトリオットTVで、この新型コロナウイルス感染は3月下旬ごろがピークで、遅くとも4月上旬には新型コロナウイルスは終息開始するといった。 実際にその通りだった。 その後も、繰り返し繰り返し、政府の専門者会議の発表はウソであり、そのウソを疫学データを使って証明した。 実際、ほぼ完璧なロックダウンをしたイギリスとイスラエルより、なにもしなかったスウェーデンや台湾の方が、単位人口当たりの感染者数も死亡数も大きく少ない。 そんなことは、医学部・歯学部・薬学部の学生でウイルス学を学んだレベルで十分に知っている、本当にレベルの低い話だ。 つまり、発症から70日後とは5月6日。 連休後の自粛は経済を破壊する効果はあっても、ウイルスを抑制する効果はゼロだ。 東京アラートも全く意味はない。 もう、数百回この話はしているから、エビデンスを出せ!とかいうヤツは、吉野敏明・新型コロナウイルスで自分で検索しろ。

次の