仙台 桃太郎 クリニック。 大腸肛門科 仙台桃太郎クリニック

大腸肛門科 仙台桃太郎クリニック(仙台市泉区明石南)|エキテン

仙台 桃太郎 クリニック

肛門と大腸のための病院「大腸肛門科仙台桃太郎クリニック」 日本大腸肛門病学会認定大腸肛門病専門医、及び、日本臨床肛門病学会認定臨床肛門病技能専門医が2名常勤。 土曜・日曜終日診療。 『大腸肛門科 仙台桃太郎クリニック』は、 日本大腸肛門病学会認定の大腸肛門病専門医が2名常勤し、 土・日曜も終日診療で、平日お仕事でお忙しい方や、 遠方からご来院の患者様も受診しやすい診療環境を提供しております。 また、肛門外科専門のクリニックですので、年間804例の入院・外来手術と、 700件を超える大腸内視鏡検査を実施しています。 (平成29年実績) 大腸と肛門に関するお悩みやはっきりしない症状など、 不安なことはなんでも聞けるような雰囲気づくりを大切にしております。 また、受付から診察、会計まで受付番号でお呼びし、 プライバシーの保持にも注意しております。 大腸内視鏡検査や手術前には、医師・看護師からそれぞれ説明の時間を十分に取り、 安心して検査や手術に臨めるように配慮しておりますので、心配なことや不安なことがあればご相談ください。 入院中は、管理栄養士による食事相談や健康教室(ヨーグルト試食会、発酵食品試食会)がありますので、健康意識の高い方はどうぞご利用ください。 本日の営業時間:• 9:00~11:30• 14:00~16:00 お問い合わせの際は「エキテンを見た」とお伝えください。 URL• (ホームページ) 駐車場 あり(無料)• 再診から診察券番号を用いて、専用電話番号・インターネットで予約診療も受けることが可能になります。 医師2名常勤 日本大腸肛門病学会認定大腸肛門病専門医、及び、日本臨床肛門病学会認定肛門病技能専門医が2名常勤でおり、専門医の適切な診断のもと、症状に応じて外来手術や入院手術を行っています。 アクセス 地下鉄泉中央駅からバスで10分(明石南4丁目下車徒歩2分)、国道4号線バイパス・将監トンネル入口交差点より成田方面へ(2つ目の信号左折) 土・日曜終日診療 平日は17:30までの受付、土・日曜日は16:00まで受付。 水曜・祝日休診。 GW・お盆・年末年始はホームページをご参照ください。 大腸内視鏡検査実施 大腸がん2次検診も行っております。 大腸内視鏡検査ご希望の方は予約制になります。 その他 初めて診察を受けられる方は、予約診療は行っておりませんので直接ご来院ください。 2回目以降の診察より予約が可能になります。 大腸肛門科 仙台桃太郎クリニック関連キーワード:医療その他by.

次の

仙台桃太郎クリニック

仙台 桃太郎 クリニック

あん摩マッサージ指圧師をはじめとする、国家資格を有する施術者が在籍する店舗においては、その旨を記載させていただいております。 また、体の悩みを示す「肩こり」「腰痛」「頭痛」といった言葉は、分かりやすさを考慮して一般に浸透している表現を採用したものであり、特定の症状やその改善を意味するものではありません。 個々のサロンページを含め、文言の使用には細心の注意を払っておりますが、お気づきの点がございましたらご一報くださいますようお願い申し上げます。 皆様には、日々の健康維持の一助として当サイトをご活用いただければ幸いでございます。 当サイト内で使用している「マッサージ」という言葉は、もみほぐし・整体・鍼灸・リンパ・アロマ・足ツボなど、広く一般に行われている、主にリラクゼーションを目的とした施術全般を指しています。 あん摩マッサージ指圧師をはじめとする、国家資格を有する施術者が在籍する店舗においては、その旨を記載させていただいております。 また、体の悩みを示す「肩こり」「腰痛」「頭痛」といった言葉は、分かりやすさを考慮して一般に浸透している表現を採用したものであり、特定の症状やその改善を意味するものではありません。 個々のサロンページを含め、文言の使用には細心の注意を払っておりますが、お気づきの点がございましたらご一報くださいますようお願い申し上げます。 皆様には、日々の健康維持の一助として当サイトをご活用いただければ幸いでございます。 "一回のお客様を、一生のお客様に。

次の

大腸肛門科 仙台桃太郎クリニックの医師・スタッフ(仙台市泉中央駅/肛門科)

仙台 桃太郎 クリニック

医師紹介 ごあいさつ 大腸肛門科 仙台桃太郎クリニックは、平成19年5月1日に開業した肛門と大腸の専門のクリニックです。 近年の肛門手術は「いぼをとる」「あなを切りひらく」ものではありません。 昨今の確立した肛門治療では機能的に破綻した静脈瘤組織を血管外科的に処理し、さらに形成外科的に肛門の機能を温存しながら再発をさせない、そしてきれいな肛門に治す括約筋温存の低侵襲手術が行われます。 この手術の優劣は繊細な技術と論理的な知識、そして豊富な経験の積み重ねに左右されるところでもあります。 また、正確な「みたて」により薬物療法、注射療法の適応を適切に選択することも大切です。 もともと痔のほとんどは薬物治療で症状をなくすことができるものです。 仙台桃太郎ではこれまでの基礎医学と臨床医学の知識と経験をもとに、さまざまな治療法の利点・欠点をわかりやすくご説明しながら、正確な診断と丁寧な治療に努めてまいります。 また最近、日本人のメタボリック症候群がホットな話題になっています。 これは食事の欧米化によるものと考えられておりますが、これは肥満、高血圧、糖尿病などの慢性疾患を引き起こすだけではありません。 食生活の欧米化により日本人の大腸がんは徐々に増加してきており、近い将来にはがん統計のがん罹患率で男女ともに大腸がんが第一位になるとも推測されています。 これは、脂質の取り過ぎ・食物繊維の摂取不足の食生活が腸内環境を悪化させて(腸内細菌の悪玉化)、大腸がんの発生を助長していると最近の研究では考えられております。 さらに昨今では大腸がんだけではなく、ストレス性の過敏性腸症候群、慢性便秘症、炎症性腸疾患などさまざまな腸疾患も若年者を中心に増加してきております。 当院では日頃の大腸の検診だけではなく、大腸がんの予防のために運動療法や管理栄養士による食事指導なども交えながら、日頃の健康サポーターとして皆様のお役に立てるよう職員一同、力を合わせて工夫と努力を積み重ねてまいります。 仙台桃太郎クリニックは適切かつ最善の大腸肛門病の専門治療をおこないながら、急増しつつある大腸がんの早期発見と予防にも力を尽くしてまいります。 理念 私達は、 大腸と肛門の専門施設として 最善で最適な治療によって 治すことにこだわり 東北の医療の発展に尽力し 関わる人々の健康と 笑顔の未来を作ります 東北の大腸と肛門の専門施設として、私たちが最善と考える医療が患者さんにとって最も満足できる治療になることにこだわり、組織にかかわるすべての人々の笑顔とともに、次世代にもその精神と技術を伝え、使命感をもってみんなの健康を守り続けます。 行動指針・共通価値観 健全な成長 自分にも相手にも正直に、心身ともに健康であり続けます。 自分と仲間のプラスになる言動を心がけ、共に向上心をもって臨みます。 思いやりとおもてなし 困っている人、弱い立場の人に寄り添う気持ちを忘れません。 言葉と距離感を大切にし信頼関係を構築します。 人を喜ばせたり、ワクワクさせたりするおもてなしの心を持ちます。 チャレンジ精神 リスクがあっても他がやらないことに挑み、最高・最善・最適を追求します。 医師紹介 院長:木村 光宏 平成元年、東北大学医学部を卒業後仙台医療センターで3年間、消化器外科をはじめ、心臓外科、血管外科、麻酔科、ICU、救急センターなどで医療最前線の外科臨床に携わり研鑽を積んでまいりました。 平成4年、東北大学医学部第一外科(現消化器外科学講座)に入局、難治性消化器がんにおける集約的治療法の臨床と研究に従事しました。 平成8年、父が急逝したのち東北大学医学部第一外科の松野正紀教授と所沢肛門病院の金井忠男院長に教えをいただきながら、あらためて大腸肛門病の臨床の道に進むことを決意しました。 東北大学病院を辞した後、全国でも屈指の症例数を誇る所沢肛門病院で大腸肛門病の臨床に従事してきました。 これまでに肛門手術10,000件以上、大腸内視鏡20,000件以上の症例を大腸肛門病治療の最前線で経験してまいりました。 技術的にも理論的にも洗練された大腸肛門診療を心がけてまいります。 日本大腸肛門病学会認定 大腸肛門病専門医・指導医• 日本臨床肛門病学会認定 臨床肛門病技能指導医• 日本外科学会認定 外科専門医• 日本消化器病学会認定 消化器病専門医 医師:阿部 忠義 子どもの頃に怪我をしたネコに遭遇し、何もできない自分にいらだち、治せる人になりたいと思ったことが私の仕事の原点です。 手術の現場に感動し、外傷や救急、がんの手術を学んでまいりました。 また、適切な診断のために消化管内視鏡検査も積極的に行ってまいりました。 がんの撲滅にはがん研究が必要と感じ、東北大学で遺伝子研究を行い、2年間の渡米ではアメリカの最先端の医療システムを学びました。 がん研究の指導を受けたのが後に当院の院長となる木村光宏先生という運命の出会いでした。 肛門外科の前にがんや消化器外科を学んだことが私の強みと思って日々工夫しながら診療しています。 おしりは恥ずかしさからか受診をためらう方が多いようですが、簡単な診察と検査により適切に診断できます。 異常がなければ不必要な不安からすぐに解放されます。 さらに治療によって日々の生活が快適になります。 皆様からの喜びの言葉をいただくことが生きがいとなっております。

次の