寝台 特急。 寝台特急いなば号◆トレインマーク&データファイル!

寝台特急「北陸」

寝台 特急

個室がずらっと並ぶ廊下を歩くだけで、ワクワクしちゃいますね! 「サンライズ出雲」「サンライズ瀬戸」には、さまざまなタイプの部屋があります。 車内は基本的に2階建てになっていて、1階、2階ともに大きく造られた窓が旅の気分を盛り上げます。 今回、私が選んだのは「シングル」と呼ばれる1人用個室の2階。 「シングル」は、もっとも部屋数が多く、値段も比較的リーズナブルなため、いわば「スタンダードなお部屋」といったところでしょうか。 なお、東京~出雲市間の利用だと、「シングル」の寝台料金7,560円に、乗車券11,990円、特急券3,240円(乗車券、特急券は他の個室寝台でも同額)を加え、お値段は22,790円になります。 その名も「シングルデラックス」です! 2階にあって、1人用の室内には広いベッドと洗面台やデスクが設置され、一晩だけ利用するにはもったいないぐらいの贅沢な造りになっています。 「サンライズ出雲」「サンライズ瀬戸」それぞれに6室ずつしかなく、寝台料金は13,730円もしますが、大変人気がある部屋です。 実は、今回の取材では、この個室を取ろうとしたのですが、寝台券が手に入らなかったんですよ! 利用してみたい方は、くれぐれも早めにきっぷを購入してくださいね!いつかは私も乗ってみたいです。 季節によって内容が変わるこちらの弁当は、岡山の味覚がたっぷり詰まっており、根強い人気があります。 写真は秋・冬バージョンのお弁当で、鰆の白醤油焼きや舞茸とさつま芋のかき揚げ、岡山県の豚肉を使った焼豚スライスなどが入っています。 さらには、岡山名物の「祭ずし」も楽しめる豪華なお弁当です! なお、「サンライズ瀬戸・出雲」への配達は、ほとんどすべての弁当で1個から可能です。 出発の3日前まで、ファックス、電話、公式ホームページの問い合わせフォームで受け付けてもらえます。 受け渡しは事前に指定した号車の乗降ドア付近にて。 配達料は無料ですが、事前に、お釣りがないよう弁当代金を用意しておきましょう。 土屋武之(鉄道ライター) 鉄道を専門分野として執筆活動を行っている、フリーランスのライター・ジャーナリスト。 硬派の鉄道雑誌「鉄道ジャーナル」メイン記事を毎号担当する一方で、幅広い知識に基づく、初心者向けのわかりやすい解説記事にも定評がある。 2004年12月29日に広島電鉄の広島港駅で、日本の私鉄のすべてに乗車するという「全線完乗」を達成。 2011年8月9日にはJR北海道の富良野駅にてJRも完乗し、日本の全鉄道路線に乗車したという記録を持つ、「鉄道旅行」の第一人者でもある。 著書は「鉄道のしくみ・基礎篇/新技術篇」(ネコ・パブリッシング)、「鉄道の未来予想図」(実業之日本社)、「きっぷのルール ハンドブック」(実業之日本社)、「鉄道員になるには」(ぺりかん社)など。

次の

寝台特急「北陸」

寝台 特急

寝台特急に乗るには、乗車券+特急券+寝台券が必要だと、前回の「」の紹介でご説明しました。 東京~札幌間を結ぶ人気のブルートレイン、「北斗星」の場合も同じです。 駅できっぷを購入すれば、これらが合計されて発券されますので、金額の内訳をとくに意識することもないかと思いますが、今回は特急券についてちょっとした豆知識をお届けしましょう。 JRの特急列車に乗るためには、乗車券のほかに特急券が必要です。 特急券は乗車券と同じように乗車する区間の距離によって料金が変わります。 種類は大きく分けて、指定席特急券と自由席特急券の2つ。 また、地域によってA特急料金とB特急料金があって、首都圏や関西圏、九州などの地域ではA特急料金よりも若干お安いB特急料金が適用されています(指定席・自由席とも)。 このほか、区間によってはさらにお得な料金が設定されていたり、その日のうちに新幹線などと乗り継ぐと特急料金が半額になる乗継割引など、多彩なパターンがあります。 さて、「北斗星」の特急料金を見てみましょう。 たとえば、上野~札幌間を10月1日に利用するとします。 上野~札幌間のJR線の運賃計算キロは1023. 3キロで、「北斗星」は盛岡~青森間で第三セクター鉄道のIGRいわて銀河鉄道と青い森鉄道(合計203. 9キロ)を通ります。 このため、この区間を通る「北斗星」と「カシオペア」では、専用の特急料金(JR線内)が設定されていて、601キロ以上は1710円となっています。 これにIGRいわて銀河鉄道の490円と青い森鉄道の740円の特急料金が加算されて、合計は2940円となり、これが上野~札幌間の「北斗星」の特急料金になります。 さらに詳細に見ると、乗車日の10月1日は通常期にあたりますが、寝台特急の場合は特例として繁忙期・閑散期とも通常期の料金が適用されて料金の増減はありません。 また、特急料金は寝台車・グリーン車利用時では、通常期の指定席特急料金から510円を割り引く規則もあって、上野~札幌間の合計2940円は510円が引かれた後の金額となっています。 このように特急料金の計算は、色々な規則や特例があってやけに複雑に見えますが、いまではトレたびののような経路・料金検索を利用すれば、こうした規則を全く知らなくても正しく計算してくれますので便利です。 まあ、1枚のきっぷにもこうした仕組みがあるのだな、ということで……。 詳しく知りたい人は『』のピンクのページをご覧ください。 単純に東京~札幌間の移動として考えれば、飛行機を使った方が便利なのは明白ですが、「北斗星」に乗るのにそれをいうのは野暮というものです。 「北斗星」には夜汽車の旅を素敵に演出してくれる魅力がいっぱいです。 まずは運行経路。 下り列車でいえば、上野を出ると東北本線を一路北上し、住宅が密集する東京の下町から、だんだんと町の灯りもまばらになっていきます。 乗っていても気づくことではありませんが、黒磯駅を通過すると電化方式が直流から交流に変わってこれは函館まで続きます。 23時30分発の仙台を過ぎれば、次の停車駅は北海道の函館。 翌朝の5時過ぎには世界一長い海底トンネルである青函トンネルへと突入しますので、ちょっと眠いですが6号車のロビーでその瞬間を眺めてみるのもいいかもしれません。 函館を出れば、列車の先頭に立っていた電気機関車は、2両連ねたディーゼル機関車へとかわって終点の札幌を目指します。 明るくなった広大な大地の緑は、明らかに本州のそれとは色合いが違い、北海道へ来たことを実感できるでしょう。 車内に目を向ければ、多彩な寝台プランはもちろん、6号車にはシャワールーム(シャワーカード:310円)がありますし、飲み物の自動販売機も完備です。 そして、「北斗星」の一番の魅力といえば、7号車の食堂車「グランシャリオ」です。 ここでは、ディナータイムにフランス料理コース(7800円)と懐石御膳(北斗星風)(5500円)を味わうことができます。 どちらも予約制ですが、駅できっぷを購入するときに一緒に予約できます。 グランシャリオでのディナーは人気ですので、ご予約はお早めに! また、予約をしていなくても、ディナータイムの終了時(21時頃~)からはパブタイムとして営業され、軽食やお酒を楽しむこともOK。 翌朝(6時30分~)はモーニングタイムとして和・洋朝食(1600円)も予約なしで楽しめます。 独特の煙突がある家並みが続いてくると、終点の札幌ももうすぐ。 さあ、さわやかな北海道の旅の始まりです。

次の

リベンジ!寝台特急「なは」B寝台車両、同時輸送を叶えたい(岸井 正樹(岸井うどん店主) 2020/03/31 公開)

寝台 特急

寝台特急のシンボルマーク。 寝台急行は「JTB時刻表」では白黒が反転して表記された。 1960年代に発行されたの『』では、「寝台車を主体にして、全部の車両が指定制の列車」と定義していた。 同時刻表は1963年7月号まで「寝台専用列車」の表記を用い、8月号から「寝台列車」に変更されている。 したがって、を含むが主体で、編成内に少数の寝台車が含まれる「」などは「寝台列車」とされなかった。 ただしその後、急行「十和田」 常磐線 や「狩勝」 根室本線 のそれぞれ一部列車や、臨時列車に格下げ後の急行「きたぐに」 北陸本線 のように、寝台車主体で座席車は1〜3両程度でありかつ全車指定制の列車であっても同時刻表で「寝台列車」として扱われなかった例もあり 一方で、寝台特急「明星」や「彗星」の一部は一時期、普通車指定席4両、グリーン車1両の計5両座席車連結で運転していたが、こちらは「寝台列車」の扱いを受けている 、その理由は不明である。 「寝台特急」は、「寝台列車」のうちのであり、以降のによる「」や、による寝台列車がある。 歴史 [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2011年3月) 前史 [ ] かつて大量の寝台車が存在し、"all-"と呼ばれる寝台専用列車が多数存在したを例外とすれば、でを運行する夜行列車は、優等客と乗客のいずれのニーズにも応じることを目的として、寝台車と一般の混結編成を組むことが普通だった。 もその例に漏れず、にが日本初の寝台車を運行開始して以来、 寝台専用列車というものは長らく存在しなかった。 たとえ優等客専用の列車であっても、寝台車と座席車の双方が連結されていた。 ただし、例外的な存在として、中まで - 間を運転していた夜行1往復には、1両の他は、・二等寝台車とのみで編成された時期がある。 この列車には長期にわたり「17列車・18列車」のが与えられ、貴顕の乗る列車として、「 」の俗称で知られた。 この列車を、日本最初の「寝台列車」とする考え方もあるが、「一・二等の優等客専用の夜行列車」という性格で、を連結した戦後の「寝台列車」とは、やや方向性が異なる。 なお、この列車はが激しさを増す(昭和18年)に廃止されている。 寝台列車の出現 [ ] の以降、日本国内の鉄道では全体の輸送量が著しく増大した。 また、に一時廃止されていた三等寝台車がに復活。 比較的低廉なで寝台利用が可能になったことで、寝台車そのものへの需要も高まった。 なお三等寝台車は、より二等寝台車、よりとなった。 全線に伴う1956年のでは、 - 間「」が新設される。 10両編成中に寝台車が5両を占め 、当時としては寝台車の比率が高かった。 これは好成績を収めた。 更にからは、東京 - 間夜行急行の「」の組成を変更。 14両編成(うち1両は)中、座席車は最後尾の三等座席指定車1両のみで、残り12両はなど二等寝台車となどの三等寝台車が半数ずつだった。 この列車は、列車番号が戦前の「」と謳われた17・18列車と同じで、二等寝台車の割合が他の列車に比べて高かったことから「名士列車の再来」と言われた。 この「彗星」を、「(本格的な)寝台専用列車の嚆矢」と見る考え方もある [ ]。 には日本初のとしてが登場、特急「あさかぜ」に投入された。 13両編成中旅客車は座席車が3両のみで、他はすべて寝台車だった。 なお、編成には食堂車・荷物車各1両が含まれた。 翌には、経由の - 間夜行急行「」が寝台列車化された。 12両編成中、食堂車1両、荷物車2両のほか、二等寝台車2両、三等寝台車6両で、座席車はやはり三等座席指定車1両のみだった。 あぶれた座席利用客は、同じ区間を雁行する急行「」を全車座席車編成として救済している。 なお、「彗星」・「北斗」に1両だけ座席車が連結されていたのは、1950年代より初頭の寝台車にがほとんど存在しなかったためである。 夜行急行列車の寝台列車化措置は、当初は列車全体の居住性改善や保守・点検の合理化などの目的があったとされる [ ]。 増加 [ ] 1956年以降、の優等旅客列車には・が盛んに用いられるようになった。 当時の電車・気動車には寝台車が存在せず、夜行列車として運転される場合にも全車一般座席列車とならざるを得なかった。 そこで寝台需要に対しては、ほとんど寝台車のみで構成された寝台・を運行し、一般座席需要については昼行急行用の電車・気動車を夜行列車にも共用、これらを別便の急行列車として雁行させるという手法が採られるようになった。 こうすれば、無動力の寝台車だけを新規製造することで輸送力増強が実現できた。 この傾向は10月のから顕著となった。 の昼行急行列車がの大量投入で電車化・大増発され、夜行列車に関しても棲み分けが図られた。 列車の増発に対して、1961年からにかけて旧形客車の台枠を利用して製造された軽量二等寝台(従前の三等寝台)車合計302両が国鉄工場で製造、増備された。 それでも不足する分は、戦前の旧三等寝台車であり、戦時中に三等座席車オハ34形に改造されたスハネ30形ほかを数十両、寝台車に復活改造して充当したほどである。 また、戦後初の三等寝台車として製造されたナハネ10形については、に緩急車化されてナハネフ10形となり、寝台列車の全車寝台化がさらに図られた。 さらに寝台需要の高い東海道本線では、電車による座席夜行急行の客車寝台列車への置き換えも行われた。 [ ] の開業で東海道本線の夜行急行列車が衰退した後も、や、などでは、寝台急行列車と座席夜行急行列車の雁行が行われた。 一方、・など別仕立てするほどの需要がない亜幹線級の線区では、従来通り寝台車と座席車を併結した客車急行列車が引き続き運転された。 一般化 [ ] 寝台特別急行列車の場合、当初の主な設定区間であった東海道・山陽・九州線、つまり東京対山陽・九州各都市が主な利用客であることや、顕著な寝台車利用も勘案され、東海道新幹線開業前であるより座席車連結を当初より減少する編成 が現れ、同新幹線開業から4年後のまでには「あさかぜ」1往復の一等車ナロ20形1両を除き座席車の連結を終了した。 1964年に初の東京駅以外の発着寝台特急として設定された「」には二等車が2両連結され、翌に最初の関西発着で東海道新幹線接続寝台特急としても設定された「」にも二等車1両が設定された。 しかし、「あかつき」は1968年に連結を廃止。 前者でも「はくつる」の客車を常磐線経由に変更した「」に連結された2両がに廃されている。 このため、20系客車のうち、座席車のほとんどは寝台車へと改造され、座席車として全うした車両は「あさかぜ」用ナロ20形3両のみであった。 なお、に運行を開始した寝台電車であるでは、二等車は昼は座席で夜は寝台での使用を目的とした構造を用いており、登場当初こそ暫定的な運用もあり一等車は座席・寝台ともに製造されなかった。 しかし、本格的な運用となったまでに寝台兼用の座席の開発が間に合わなかったことから、一等車(翌より等級制度廃止に伴いと名称変更)については一等寝台(後年の)ではなく座席車として製造された。 そのため、昼行列車との兼ね合いで常時1両連結していることが多く、夜行運転時でも座席車を連結する状態になっていた。 衰退 [ ] 1975年以降は、運賃・各種料金の大幅な値上げに加え、や網、など高速交通網の整備が進んだ結果、寝台列車を含む夜行列車全体の利用客(特に社用・公用での出張などビジネス目的の利用客)が激減し、最盛期の1960年代に比べ、利用客は大幅に減少した。 なお、後半以降、客車寝台特急では、への対抗を目的として座席車を1両のみ連結するケースが出てきた。 純粋な座席車という点では、「あかつき」・「」の「レガートシート」があったが、「あかつき」が付けで廃止になって以降、該当例はなくなった。 また、「」には、寝台車を使用しながら毛布や浴衣を備え付けずに座席車扱いとした、「ゴロンとシート」という車両(簡易寝台)が連結されていた。 さらに「・」にも、座席車扱いではあるが毛布が備え付けられて横になることが可能な「ノビノビ座席」という車両(簡易寝台)が連結されている。 開通以降に登場した首都圏・京阪神と北海道を結ぶ寝台特急「」「」は、他の寝台列車がほぼ壊滅状態となった2013年当時でも、依然として根強い人気を保っていた。 しかし、航空機との競争により利用客が減少していることや、車両の老朽化が進行していることなどを理由に、「」が2014年3月15日のダイヤ改正で廃止(定期運行終了・臨時列車化)され、「トワイライトエクスプレス」も2015年3月14日のダイヤ改正で廃止された。 同時に「北斗星」も定期運行も終了し、同年8月22日には「北斗星」の臨時運行も終了した。 旅行目的への特化 [ ] 移動手段としての競争力を失った2010年代以後、夜間の非活動時間を有効利用した移動手段ではなく、純粋にを楽しむ事に役割が変わりつつあり、そうしたコンセプトを持つ列車(「クルーズトレイン」)が計画・登場している。 JR九州は、九州を一周する豪華寝台列車「」を2013年10月15日から運行を開始した。 同様の列車はJR東日本でも「(トランスイート しきしま)」が2017年5月1日に運行を開始したほか 、JR西日本でも「(トワイライトエクスプレス みずかぜ)」が2017年6月17日に運行を開始した。 また、2016年6月以降に、「」の上野 - 札幌間について「カシオペア紀行」の名称でのツアー専用列車として運行の再開が決定した。 JR西日本は、2020年5月8日より「WEST EXPRESS銀河」の運行を開始する 実際には新型コロナウイルスの感染拡大防止のため運行開始延期中。 ただしこれは、寝台に近い設備は有するものの座席車扱いであり、「寝台列車」ではない。 アメリカ合衆国 [ ] 「」も参照 の末からの中ごろにかけてのでは、旅客の移動における鉄道輸送の占める割合が非常に高かった。 国土の広さゆえ、数日を要するは当たり前で、経済水準が比較的高かった事から寝台車への需要も高く、鉄道会社はなどの寝台車保有会社と提携して、寝台車を連結した旅客列車の運行を盛んに行った。 中でも、需要の高かった東海岸の路線や、とを結ぶ路線などでは、19世紀の終わりごろから、座席車を連結しないのみの旅客列車"all-Pullman"を運行する事が常態化していた。 寝台専用列車として有名な列車としては、とシカゴを結んだ「 The 20th Century Limited 」、「 Broadway Limited 」、とシカゴを結んだ「 Capitol Limited 」、ニューヨークとを結んだ「 Crescent Limited 」、シカゴとを結んだ、「」、シカゴとを結んだ「 California Limited 」、「 Super Chief 」、ロサンゼルスとサンフランシスコを結んだ「」などが挙げられる。 プルマン寝台車の利用には通常、ファーストクラス運賃が必要で、優等旅客のみを相手にし、フルコースを提供する食堂車や豪華なラウンジ車を売り物にしていた。 いくつかの列車については以降、全車の個室寝台化も行われた。 これらの列車は座席車のみならず、主に西部に向かう列車に連結されていた、通常運賃と安価な寝台料金で利用できる「ツーリスト寝台」すら連結されていなかった。 後の飛行機の普及はアメリカの鉄道旅客輸送に大打撃を与えた。 旅客列車は激減し、従来寝台専用列車だった列車にも座席車が連結されるようになった。 、最後まで"all-Pullman"として残っていた「ブロードウェイ特急」に座席車が連結され、アメリカから寝台専用列車は消滅した。 現在のアムトラックの夜行列車はすべて寝台・座席併結列車である。 ヨーロッパ諸国 [ ] 「」も参照 観光列車を別にすれば、寝台専用列車が盛んに運行され、現在ホテルトレインといわれる。 各小部屋にシャワー、トイレ、洗面台まで備えられており移動するホテルである。 代表的な鉄道にマドリッド・バルセロナとパリ・ミラノ・チューリッヒを結ぶエリプソスがある。 のジョルジュ・ナエルマーケス Georges Nagelmackers, 1845 - 1905 がに発足させた(Compagnie Internationale des Wagons-Lits、日本での通称ワゴン・リ社)は、個室寝台車を欧州各国の鉄道で運行して成功を収めた。 同社の車両による「 L'Orient-Express 」、「 Train Bleu 」といった列車は、寝台車を中心に編成され、豪華で利便性の高い列車として世界的な名声を得た。 その後、オリエント急行は廃止され、トラン・ブルーをはじめとしたフランス国内の寝台列車も、クシェットと二等リクライニング座席車からなるに置き換えられた。 他の列車も座席車を連結するものが増え、現在も寝台専用列車として残っているのは、の(フランス - イタリア間)、"Berlin Night Express"( - 間)、"Aurora"( - 間)など、ごく一部となっている。 インド [ ]• 日本交通公社『時刻表』各号参照。 1963年8月号で56頁増の組み換えが行なわれた際に変更。 「これでいいのか、夜行列車」p. を参照されたいが、従前より運行しているに比べ、一等座席車がなく代わりに二等寝台車が連結されている。 なお、「あさかぜ」の一等車の後身となる連結は全通となる3月に終了した。 PDF プレスリリース , 東日本旅客鉄道, 2014年10月7日 , 2014年10月7日閲覧。 PDF プレスリリース , 東日本旅客鉄道, 2016年5月10日 , 2016年5月10日閲覧。 【鉄道】豪華寝台列車で巡る世界遺産…JR西日本が計画 読売新聞 2013年5月4日• プレスリリース , 西日本旅客鉄道, 2015年2月19日 , 2015年2月19日閲覧。 日本語 PDF プレスリリース , 東日本旅客鉄道, 2012年7月24日 , 2015年11月22日閲覧。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

次の