スター リンク 衛星。 【動画】夜空を一列で飛ぶイーロン・マスクの60基のスターリンク衛星、オランダの天文学者が撮影

【スターリンク】SpaceXが 目指す社会とその弊害

スター リンク 衛星

アメリカの実業家イーロン・マスクが率いる民間宇宙企業スペースXでは、小型通信衛星を高度540~570キロメートルの低軌道に送り込み、次世代型衛星ネットワークを構築する「スターリンク」計画をすすめている。 2020年6月3日、8回目のミッションで米ケネディ宇宙センターから約60基を打ち上げたのに続き、13日にも、9回目のミッションとして約60基を低軌道に送り込んだ。 これにより軌道上で稼働可能な衛星は530基を超える。 また6回目までに打ち上げられた衛星、合計360基の位置は「starlink satellite map」に示されている。 スターリンクは、低軌道に多数の通信衛星を配置して大規模なネットワークを構築し、通信衛星の間で情報をやりとりさせる仕組みで、地上のインフラに制約を受けず、世界中に高速ブロードバンドインターネットを提供できるのが特徴だ。 2020年末までに北米でサービスを開始し、2021年以降、世界で展開する計画となっている。 スターリンクのような低軌道通信衛星によるインターネットは、気象に影響を受けやすく、高価な既存の衛星インターネットに比べて、レイテンシ(通信の応答時間)が低いとされている。 同様の衛星ネットワークの構築に取り組むスタートアップ企業ワンウェブでは平均レイテンシが32ミリ秒を記録した。 しかし、この数値は、平均レイテンシが12~20ミリ秒の光通信に比べると劣っている。 スターリンクのレイテンシは現時点で明らかになっていないが、米国のブロードバンド市場への参入を目指すならば、「平均レイテンシは20ミリ秒未満とする」という既存の基準を下回る必要があるだろう。 今後10年にわたって、地方部での高速ブロードバンドネットワークの構築に総額204億ドル(約2兆1800億円)を投じる。 この基金は、低軌道通信衛星を活用したブロードバンドインターネットも対象となっており、スペースXはその応札に関心を示している。 これに対し、連邦通信委員会は、6月9日、「スペースXを含め、衛星インターネット・プロバイダーにも応札する権利はある」と述べる一方で、「『レイテンシは100ミリ秒を下回らなければならない』とする応札基準をスペースXが満たすかどうかについて判断する必要がある」との見解を示している。 松岡由希子.

次の

衛星群「スターリンク」を観察しました: ほんのり光房 blog

スター リンク 衛星

スターリンク 60基の衛星の打ち上げ(母機分離前)wikipedia 画期的な人工衛星でのインターネット通信システムは、このサイトで何度も登場しているあの「スペースX」が主導している「スターリンク」という名前で、今年2020年に北アメリカで運用がスタートするそうです。 そして来年2021年にはグローバル展開を目指しており、そこには日本も含まれるそうです。 スペースX社はすでに「国際電気通信連合」に許可をもらい、主な通信バンドを確保したそうで、スターリンク向けの人工衛星を50基以上宇宙に投入、1ヶ月に2回衛星を打ち上げ、将来的に1万2千基することを目指しているそうです。 このような人工衛星のブロードバンドを使うことで、まず世界のファイナンス業とフィンテック業界に変革をもたらします。 たとえば、オンライン投資の地域タイムラグがほとんど無くなれば投資先が広がって市場参加者が増加、アジアのマーケットは特に活発になると予想されます。 また、アカウントをひとつ持つことで「Wi-Fi」につなぐ必要もなくなり、なんと密林やシベリアなどでも大都市と同じような通信が可能になるそうです! ただし、問題点もけっこうある!? しかし、問題は役目を終えた衛星が「スペースデブリ」になってしまうということですが、これについても対策をしているそうです。 衛星には燃えやすい素材を採用し、利用後に大気圏に再突入させて燃やすという作戦です。 ほかにも、この構想はほかのスペースデブリと衝突する、天文観測で悪影響が起きるかもしれないという問題があります。 科学雑誌「ネイチャー」によれば、スターリンクの衛星が光学的影響を与えるのは日没後・夜明け前という時間の各1時間で、1584機が打ち上げられたときは6機〜9機の衛星がその時間に光って見えるとされています。 また、今後予定の2万7000機という衛星が打ち上げられた場合、欧州南天天文台は0. 8パーセントの観測時間が犠牲になるかもしれないそうです。 ただ、光学観測の場合は日没後・夜明け前に長い時間露出を伴った観測をすることはほとんどないので、軽い影響ですむ可能性もあるそうです。 それ以外にも問題なのが、「電波干渉」です。 スターリンク衛星が今後使用するとしている「ミリ波の帯域」は、電波天文学で使われている帯域なので、これにより干渉が懸念されています。 アメリカ連邦通信委員会にスペースXが出した文書には、電波天文学を尊重して必要な調整をするということが明記されていました。 とはいえ、打ち上げ後に問題が表面化することもあり、過去には「イリジウム衛星」が電波天文と干渉を起こし、通信衛星の影響を取り除いた「イリジウムフィルター」という処理を観測データが強いられたケースもありました。 スペースXの社長兼最高執行責任者、グウィン・ショットウェル社長は「トライ・アンド・エラーでベストな解決方法を探る」と話しています。 いよいよ宇宙ビジネスがスタートした!? あのスペースXが主導している衛星を使ったインターネットの新システム「スターリンク」についてでした。 スターリンクは、先進国で今使われているものより高度な5Gのインターネット接続を、安い価格で提供してくれるそうです。 デジタル・デバイド 情報格差 を解消するため、低所得層も利用できる極めて安価の設定になると言われています。 ただ、地球のどんな場所でも高速でインターネットができるのはいいのですが、上記のようにさまざまな問題があるようですね。 これだけ多くの衛星がインターネットの高速通信のために使われるというのも、個人的にはちょっと引くかな…感じもしますかね。 天体観測が好きな人からすれば、これはちょっと嫌だなあと感じる人もいるかもしれません。 さらに、運用が開始すれば安全保障上の問題が起きる可能性もあります。 しかし、「人類最後フロンティア」と呼ばれる宇宙でのビジネスがいよいよ本格的にスタートしたというのも事実でしょう。

次の

【動画】夜空を一列で飛ぶイーロン・マスクの60基のスターリンク衛星、オランダの天文学者が撮影

スター リンク 衛星

増え続ける人工衛星 天気予報でおなじみの「ひまわり」、カーナビやスマートフォンで使っているGPSやみちびき、通信衛星、科学調査衛星、軍事衛星いわゆるスパイ衛星、などなど 多くの人工衛星が宇宙空間で活動しています。 現代社会では、これらの人工衛星は、すでになくてはならないものとなっています。 その数は、増え続けていて、約4,000以上もあると言われてます。 衛生の起動は、一箇所ではなく、100Km~40000Kmという広範囲の高さで地球の周りを回っています。 その人工影響は、永遠に動いているものではなく、寿命があります。 寿命が尽きたら、そのままの場合もあるし、最近では、地上に落下させて燃え尽きさせせ消去するものもあります。 今でもたくさん地球のまわりを回っている人工衛星が、これから数年で42,000機以上一気に増加するという計画が進んでいます。 スターリンク Starlink)計画 テスラ(電気自動車)で有名になったイーロン・マスク(Elon Reeve Musk)は、宇宙開発に進出しています。 スペースX(SpaceX)は、ロケット・宇宙船の開発・打ち上げといった宇宙輸送(商業軌道輸送サービス)を業務とする、アメリカ合衆国の企業、イーロン・マスクにより設立された。 ウィキペディア イーロン・マスクの目的は、宇宙ビジネス、大きな目標は、火星移住計画とも言われています。 宇宙ビジネスのひとつに「スターリンク Starlink)」という計画があります。 スターリンク Starlink)は、アメリカ合衆国の民間企業スペースX社が開発を進めている衛星コンステレーション計画。 低コスト・高性能な衛星バスと地上の送受信機により、衛星インターネットアクセスサービスを提供することを目的とする。 ウィキペディア 衛星インターネットアクセスサービスの提供には、最大で42,000機もの小型衛星を打ち上げる計画になっていて実現すれば、世界のあらゆる場所でインターネットへのアクセスを可能にするという計画です。 計画進行中 世界中にインターネットを張り巡らせるという計画は、当ブログでも取り上げていて、Googleが主体となって進められています。 しかし、Googleの計画は、インターネットの空白地点を埋めるというものであって、宇宙空間の通信衛星を使うという派手なものではない。 すでに、2019年5月に最初の打ち上げが実施されていて、2020年1月29日にも打ち上げが成功している。 これまでに2020年2月3日現在 5回の打ち上げが実施され地球起動で稼働しています。 高度550km 約1,600基の衛星• 高度340km Vバンドを用いる約7,500基の衛星 現在の計画では、2019年10月に当局に提出された書類によると追加で30,000機が許可されていて、2週間似一度のスケジュールで打ち上げが予定されているという。 コストは。 設計・製造・打ち上げなど100億ドル近くに達すると推定されている。 Amazonも計画中 衛星を利用した通信サービスは、モトローラの「イリジウム計画」があるが、衛星の数はわずか66基 対して、数千の小型衛星を打ち上げるスターリンク Starlink)計画が以下に規模が大きいものかわかると思います。 衛星の主目的は、低コスト・高性能な衛星バスと地上の送受信機を使い、衛星インターネットアクセスサービスを提供することを主な目的としています。 さらに AmazonやOneWebも同様のプロジェクトを計画しているということで地球軌道上に数千~数万に近い衛星がひしめき合うことになりそうです。 スターリンク Starlink)計画だけで、2年間で約180基の衛星が増えたわけですがその影響を訴えている人たちがいます。 このようなネット接続インフラは、気球を使ったり、無人飛行機を飛ばす計画もありますが、人工衛星を使ったネット接続の場合、その衛星の数が多いため、いろいろな懸念があると言われています。 天文台 チリ中部コキンボ州のセロ・トロロ汎米天文台(CTIO)で働くクリフ・ジョンソンとクララ・マルチネス=ヴァスケスは、19年11月のある火曜日の早朝、異常なまでに明るく光る何かを目撃した。 わずか180基の衛星で影響が出ている以上、この十倍以上の衛星が増えるということになると、夜空に光る衛星がひっきりなしに通過する可能性もあります。 2019年5月25日21時52分の通信衛星「Starlink」の様子(クレジット:平塚市博物館) 国際天文学連合(IAU)は2019年6月に大規模な衛星計画に対して一定の規制を求める提言している。 ゴミ問題 宇宙でもゴミ問題が懸念されている。 古い衛星やロケットの破片など 宇宙軌道上には多くのゴミ(デブリ)が浮いている。 映画「ゼロ・グラビティ」でもデブリに宇宙衛星に被害が出ることが描かれている。 ここに数千もの新しい衛星が飛び交うことになるため、衛星同士の、デブリの影響が心配さえている。 まとめ 国際天文学連合(IAU)の意見は、経済優先の前に押しつぶされるかも知れません。 「宇宙空間は誰のもの?」という論議も始まるかも知れません。 夜空には、多くの星が瞬いています。 東京では、明るすぎてよく見えないかも知れませんが、 何年か前にアフリカに旅をしたとき、星で埋め尽くされた夜空を体験しました。 その夜空は、プラネタリウムよりも星が多く瞬いていました。 しかし、何年か後に、その夜空を人工衛星が埋め尽くすかも知れません。 スポンサーリンク.

次の