中医学用語。 中医学(ちゅういがく)とは

中医学大辞典|一般社団法人国際伝統中医学協会

中医学用語

中医学の解説でよく出てくる言葉を、分かりやすく 用語辞典にしました。 でも分からない言葉が出てきたらぜひこちらをご覧下さいね! 【整体観念 (せいたいかんねん)】 人体を部分ごとに分けるのではなく、まるごと見ること。 そして、人間もまた自然界の一部であるという考え。 【弁証論治 (べんしょうろんち)】 四診によって患者から得た情報をもとに、病気の原因を探り、治療方針を立てること。 【黄帝内経 (こうていだいけい)】 中国最古の中医学書。 伝説の黄帝と岐伯の問答形式によって、陰陽五行論にのっとった医学理論と針灸による治療術が述べられている。 【陰陽学説 (いんようがくせつ)】 この世の中は、陰(暗くて冷たく、うるおいをあたえるもの)と陽(明るくて温かく、動かす力)が互いに影響しあい、バランスをとりながら共存しているという考え。 【気 (き)】 すべての基本。 目で見ることはできないが、臓器を動かすのは気の働き。 血も気の流れに乗って体の中を巡る。 気が十分にあることで外からの邪気に対抗することができるので免疫力とも関係するなどさまざまな働きがある。 【血 (けつ)】 食べ物から得られる精を体全体に運ぶ赤い液状のものと考えられていた。 中医学では、体全体を支える「量」が必要であると考える。 【水 (すい)〔津液:しんえき〕】 体にとって必要な水分。 体の中の水分の総称。 水分も体の中で余分になってむくみなどの原因になるがその場合は津液とは言わない。 【五行学説 (ごぎょうがくせつ)】 五行とは木、火、土、金、水の五種類の物質の運動をさしており、世界のすべてはこれらで構成されているという説のこと。 【自然界の五行 (しぜんかいのごぎょう)】 自然界はすべて異なった性質を持つ「木 もく 」「火 か 」「土 (ど 」「金 こん 」「水 すい 」の五つの基本物質で成り立っている。 そしてそれらは支えあったり抑制しあったりして互いに影響しあっている。 性質 木・・・成長繁殖、調達、筋が通る 火・・・温熱、上 土・・・生成、発育、積載、受納 金・・・粛清、収斂、清潔 水・・・寒冷、湿潤、下降 【六淫の邪 (ろくいんのじゃ)】 風、寒、暑、湿、燥、火 自然界に存在する6種類の邪気のこと。 これらが正常な状態で6気といい、人体に入り体に悪影響を与え始めたときに六淫の邪気と呼ぶ。 【内生五邪 (ないせいごじゃ)】 疾病の過程において、臓腑や気・血・水(津液)などの異常によって生じた風・寒・暑・湿・燥の5つの邪気のことを指す。 六淫の邪は自然界にある気が体の中に入り疾病の原因になることを指すのに対して、内生五邪は体の中から生じるものを指すという違いがある。 他の邪気を連れて侵入することが多い。 人体の上部(顔・鼻・喉)などをまず襲撃するが、患部が一定せず、場所がかわりやすい特徴をもつ。 肝との関係が密接。 感情や長患いなどによって、陽を制することができないことにより、震え、ひきつけ、めまい、しびれなどを起こす。 冬に多く発生し、体の冷えやぞくぞくする症状を引き起こす。 体を温める機能である陽が衰えることにより、体の冷えを引き起こす。 【暑 (しょ)】 六淫の邪の一つ。 夏、熱い地域に限定される熱系の邪気。 季節の変わり目に多く発生し、人体に余分な水分を停滞させる。 脾・腎などの機能障害により水分の代謝が悪くなり、余分な水分を停滞させる。 秋になり空気が乾燥し始めたときに、粘膜や肺を乾燥させ、空咳・肌かさつきなどを引き起こす。 慢性病、急な脱水状態、熱性の疾病などで潤い(津液)の消耗が原因。 粘膜の乾燥、空咳、便の乾燥など引き起こす。 【火 (か)〔熱〕】 内生五邪、六淫の邪の一つ。 火は熱を極めたものとされる。 陽性の邪気で、炎上しやすい性質をもつ。 高熱の症状がでるほか、神明を乱し、いらいら・不眠などの症状も引き起こす。 【五臓 (ごぞう)】 自然界の五行を人体に当てはめたもの。 「肝 かん 」「心 しん 」「脾 ひ 」「肺 はい 」「腎 じん 」の五臓がある。 【肝 (かん)】 体がスムーズに動くための働きをする。 ストレスのクッションの役割をし、感情のコントロールをおこなう。 血液の貯蔵庫でもあり、各臓器に送る血液の量を調整する。 【心 (しん)】 血液を送るポンプの役割をする。 思考や、精神活動をつかさどる。 【脾 (ひ)】 消化器系のことを指す。 飲食物の消化吸収をおこない、必要な栄養を全身に運ぶ役割をする。 出血のコントロールをおこなう。 【肺 (はい)】 呼吸をして良い空気を吸い込み、濁気を排出する。 水分の循環と排泄を調整する役割をする。 汗、尿として排泄するための働き 【腎 (じん)】 精の貯蔵庫で、成長、発育、生殖をつかさどる。 水分の輸送と排泄を行なう。 主に尿を生成し、排泄する 肺が吸い込んだ清気を深く留めておく。

次の

医学用語辞典 [無料]

中医学用語

この記事は主に鍼灸師 はり師きゅう師 を目指す学生さん向けに書いたものです。 とくに東洋医学概論や東洋医学臨床論といった中医学系の教科には見慣れない用語が多く出てきます。 国家試験や学校の試験でも文章問題があると思いますが、「用語が読めない」「用語の意味が分からない」そのため文章問題や弁証トレーニングが苦手だという話をよく耳にします。 ここでは文章問題や弁証トレーニングでよく目にする用語を症状別に分けて記載します。 あ 汗がよく出る…【自汗 じかん 】 虚証でみられやすい 汗を多くかく…【多汗 たかん 】 心の病証でみられる あくび…【欠 けん 同義語:珂欠 かけつ 、欠伸 けっしん 】 寒邪や労倦による脾・腎の損傷でみられやすい 頭が痛い…【頭痛 ずつう 】 部位によって種類が分類される。 前頭部は陽明経、頭頂部は厥陰経、後頭部は太陽経、側頭部は少陽経 頭が重い…【頭重 ずじゅう 同義語:頭冒感 ずぼうかん 】 脾の昇清作用の低下などでみられる いびき…【鼾声 かんせい 】 熱が盛んなときにみられやすい 胃熱など イライラする…【急躁 きゅうそう 】 肝の病証でみられやすい 息が切れる…【短気 たんき 】 虚証でみられる うわごと…虚の場合は声が低く力のない【鄭声 ていせい 】 一方、実の場合は声が高く力のある【譫言 せんご 】 主に高熱時や神が乱れた時にみられる うさぎの便のような大便が出る…【兎糞 とふん 】 血虚でみられる うめく…【呻吟 しんぎん 】 痛みによるものや腎の病証でみられる 怒りっぽい…【恚怒 いど 、易怒 えきど 】 肝の病証でみられやすい お腹が腫る…【腹脹 ふくちょう 】 脾・肝の病証でみられやすい お腹が鳴る…【腹中雷鳴 ふくちゅうらいめい】 腸の冷えや清濁分別ができないときにみられる おくび げっぷ …【噯気、噫気 あいき 】 酸臭のあるものは食滞、ないものは肝や胃の病証でみられる おなら…【下気 かき 、失気 しき 】 実の場合は音が大きく、虚の場合は音が小さい。 臭いがあれば食滞が考えられる おりもの こしけ …【帯下 たいげ 、漏下 ろうげ 】それぞれ色によって寒熱が分類される おこり…【瘧 ぎゃく 、瘧疾 ぎゃくしつ 】 マラリア熱 か かすみ目…【目花 もっか 】肝の蔵血作用の低下などでみられる かわき目…【目乾 もっかん 】 肝の病証や熱などでみられる 身体がだるい…【倦怠感 けんたいかん 】 虚証でみられやすい 身体が重だるい…【身重感 しんじゅうかん 】 脾の病証や湿邪の侵襲でみられやすい 風邪をひきやすい…【易感冒 えきかんぼう 】 肺の病証や気虚でみられる かすれ声…【嗄声 させい 、嘶嗄 せいさ 、嘶唖 せいあ 、失音 しつおん 】 津液の不足などでみられる 風に当たるのを嫌がる…【悪風 おふう 】 風邪の侵襲でみられやすい 気分が落ち込む…【抑鬱感 よくうつかん 】 気鬱でみられやすい 口の中が苦い…【口苦 こうく 】 肝胆の病証でみられる 口の中が粘る…【口甜 こうてん 】 脾胃の病証でみられる くしゃみ…【噴嚔 ふんてい 】 鼻から外邪を追い出す行為であり、風寒などの侵襲でみられやすい 下痢…【洩 せつ 、泄瀉 せっしゃ 】 型により症状が異なる。 脾の病証でみられやすい 筋の痙攣 こむら返り …【転筋 てんきん 、抽筋 ちゅうきん 】 肝の病証でみられやすい 腰や膝の軟弱化…【腰膝酸軟 ようしつさんなん 】 腎の病証でみられる さ 刺すような痛み…【刺痛 しつう 】 瘀血でみられる さめはだ…【肌膚甲錯 きふこうさく 】 瘀血でみられる 寒がり…【畏寒 いかん 】 暖めると緩解するという特徴がある。 陽虚でみられる しびれ…【痲木 まもく 】 しびれと運動障害 筋弛緩 があるものは【痿 い 】、しびれと疼痛があるものは【痹証 ひしょう 】 しぶり腹 テネスムス …【裏急後重 りきゅうこうじゅう 】 便排泄前に腹が引きつり痛むこと。 大腸湿熱などでみられる しもやけ…【凍瘡 とうそう 】 瘀血体質の人によくみられる しゃっくり…【吃逆 きつぎゃく 、噦 えつ 、呃逆 あくぎゃく 】 実熱が原因となるものは声が大きくて強く、虚寒が原因となるものは声が小さく弱い 小便が近い…【小便自利 しょうべんじり 】1日10回以上 小便が出ない…【小便不利 しょうべんふり 】 1日2〜3回 腎の病証に多い 小便が点滴して尽きない…【淋瀝 りんれき 】 酸っぱいゲップ すいおくび …【呑酸 どんさん 、咽酸 いんさん 、吐酸 とさん 、返酸 へんさん 】 胃の病証でみられる 咳が出る…【咳嗽 がいそう 】 風邪の侵襲や肺・腎の病証でみられやすい た 大便を漏らす…【遺屎 いし 、遺失 いし 、大便失禁 だいべんしっきん 、大便自利 だいべんじり 、不随意便 ふずいいべん 】 大腸の病証でみられやすい ため息…【太息 たいそく 】 情志の鬱滞や気滞でみられやすい 食べてもお腹が空く…【消穀善飢 しょうこくぜんき 】 胃実熱でみられる 乳房が張って痛い…【乳房脹痛 にゅうぼうちょうつう 】 肝鬱気滞でみられる 手足のほてり…【五心煩熱 ごしんはんねつ 】 陰虚でみられる 動悸…【心悸 しんき 】 心の病証でみられる な 臭いがわからない…【失齅 しつきゅう 】 鼻炎や鼻出血時にみられる 尿漏れ…【遺溺 いにょう 】 腎・膀胱の病証でみられる。 排尿後にも尿漏れするものは【余歴 よれき 】 抜け毛が多い…【抜髪 ばつはつ 】 腎の病証でみられる。 脱毛症は【髪堕 はつだ 】など 寝汗をかく…【盗汗 とうかん 】陰虚に多くみられる 寝つきが悪い…【不寐 ふび 、不眠 ふみん 、不得眠 ふとくみん 】 心や血の病証でみられやすい 熱っぽい…【身熱 しんねつ 】 熱はあるが汗はない。 一定の時間帯にみられる熱は【潮熱 ちょうねつ 】 寝違い…【頸部硬直 けいぶこうちょく 】 喉が渇く…【口渇 こうかつ 】熱や痰飲の病証でみられる 喉がつまる…【梅核気 ばいかくき 】 気滞でみられる は 張ったような痛み…【脹痛 ちょうつう 】 気滞でみられる 鼻血…【衄血 じくけつ 】 熱邪の侵襲でみられる 吐き気…【厭食 えんしょく 、悪食 おしょく、あくしょく 】 脾・胃の病証でみられやすい。 妊娠中の吐き気はつわり【悪阻 おそ 】 歯ぎしり…【齘歯 がいし 、軋歯 あつし 】 肝鬱気滞や胃熱でみられやすい 鼻水…【鼻淵 びえん 、脳滲 のうしん 、脳漏 のうろう 】 肺の病証でみられやすい 話すのが億劫…【懶言 らんげん 】 虚証にみられやすい 白内障…【白そこひ】 独り言を言う…【独語 どくご 】 心の病証でみられる 皮膚の痒み…【掻痒感 そうようかん 】 肺の病証でみられる 皮膚がかさつく…【枯燥 こそう 】 陰虚や血虚でみられる 不正出血…【崩漏 ほうろう 、崩中漏下 ほうちゅうろうげ 、婦人血崩 ふじんけつほう 】 肝・脾の病証でみられやすい 便秘…【大便秘結 だいべんひけつ 】 熱や肺・大腸の病証でみられやすい ま まぶしく感じる…【羞明 しゅうめい 】 耳が聴こえにくい…【耳聾 じろう 】腎の病証でみられる 耳鳴り…【耳鳴 じめい 】 腎・肝の病証でみられやすい むかつき…【悪心 おしん 】 胃の病証でみられやすい むくみ…【浮腫 ふしゅ 】 脾の病証や湿邪の侵襲でみられやすい 胸部や脇部の張り…【胸脇苦満 きょうきょうくまん 】 肝の病証や気滞でみられる 胸のつかえ…【痞満 ひまん 】 心の病証でみられやすい 胸焼け…【嘈雑 そうざつ 】 胃の病証でみられやすい 目の疲れ…【眼精疲労 がんせいひろう 】 血や肝の病証でみられる めまい…【眩暈 げんうん 】 肝・脾の病証でみられやすい や 夜に痛みが強い…【夜間痛 やかんつう 】 瘀血でみられる 夢を多くみる…【多夢 たむ 】 心の病証でみられる ら 緑内障…【青そこひ】 ろれつがまわらない…【中風 ちゅうふう 、卒中 そっちゅう 】 脳卒中を指す。 その他、突然の昏倒や意識不明、半身不随や言語障害などもみられる わ 忘れっぽい…【健忘 けんぼう 】 心・腎の病証でみられやすい.

次の

医学用語辞典 [無料]

中医学用語

「薬剤師の仕事に加えて、漢方相談をプラスしたい」 「漢方相談で、悩んでいるひとの力になりたい!」 「どこで漢方相談について学べますか?」 「漢方の資格が取れるところはありますか?」 「漢方相談ができるようになるにはどうしたらいいですか?」 株 まつもと漢方堂 代表取締役で、国際中医主治医師の私、まつもと(松本比菜)のもとには、たくさんの方が相談に来られます。 「漢方相談をするための資格」というのはありません。 民間の機関で資格を発行しているところもあるようですが、「漢方相談士」という国家資格があるわけではないので、独学で学び、活動を始めることもできます。 が、やはり自己流では、漢方相談を仕事にするのは難しく、あっという間にいきづまってしまうでしょう。 やはり「どこかで学んで実践する」ことが必要になります。 漢方薬局や漢方を扱っている店舗で実践をつむ 2. 中医学の大学へ入学する 3. 漢方相談について学べるスクールや通信講座などで学ぶ この3つの選択肢について順に説明します。 漢方薬局で実務経験を積む(アルバイト、契約社員など)方法 漢方薬局で下積みをしようと思う方もいらっしゃることでしょう。 それが可能でしたらこの方法が一番確実に力はつきます。 ただし、それはなかなか狭き門。 誰もが漢方薬局で下積みができるわけではありません。 店舗で実践を積むには、転職をするか、今の仕事と掛け持ちでアルバイトをしないといけません。 よっぽどのコネクションでもない限り、全く知識も経験もない人を採用するところは少ないでしょう。 中医学の大学へ入学する 大学は3年間で、カリキュラムは膨大です。 大学に通うなら、今の仕事を辞めないといけません。 学費も200万円ほどかかります。 決意が固い方にはこの選択肢もありだと思いますが、実際は「なかなかそこまでは難しい・・」という方が多いのではないでしょうか。 民間の講座やスクールに通う方法 そこで多くの方が選択されるのが、「漢方相談について学べるスクールや通信講座で学ぶ」という方法です。 1)本当にその内容で実力がつくのか?カリキュラムは? 2)講師陣は現役で活動しているか? 3)ただ知識を得ただけで終わってしまわないか? 4)実践の場が用意されているか? 5)卒業後のサポートがあるか? 最近では、製薬会社が実施する講座が流行っていて、短い時間でサクッと学べるものも少なくないようですが、プロとして漢方相談ができるようになるには、やはり1日、2日では研修が足りないと思います。 漢方の相談にのるには、それ相応の準備とスキルが必要なのです。 「知識を得るだけ」「学ぶだけ」なら簡単です。 講座やスクールに通えば、たいてい誰でも知識を得ることはできるでしょう。 ただ、その知識を生かす場があるかどうかの方がその何倍も重要なのです。 漢方相談をするには、知識はもちろん必須ですが、 医薬品登録販売者、国際中医主治医師。 弘前大学人文学部人文学科(哲学)を卒業後、北海道旭川市にて大手ドラッグストアに入社。 以降、函館、札幌と、健康アドバイザーとして18年間勤務する。 1998年薬種商(現登録販売者)資格取得。 1年間皮膚科通院で治らなかった弟の皮膚病を漢方薬で治したことから漢方(中医学)にハマる。 2007年5月国際中医師、中国大学病院研修を経て同11月国際中医主治医師取得。 漢方相談で地域の健康に貢献しようとした矢先、勤務先のドラッグストアから「漢方相談を止め」るよう言われ、一念発起して独立。 2011年4月札幌市西区二十四軒で漢方相談薬店「まつもと漢方堂」を開業する。 皮膚やメンタル、婦人科など幅広い相談を受けると同時に、健康を維持したいひとのために中医学講座・薬膳講座を開講。 延べ200人を越す受講生に中医学の知識を伝える。 「これだけ知っておけば、相談の現場に立てる!」という、スタート地点に必要な疾患の弁証(タイプ分け)と、選択すべき漢方処方を理解します。 どんな疾患にも、「虚」と「実」があり、同じ病気・同じひとでも、そのときによって起こる仕組みが異なります。 その不調の「起こる仕組み」を、どう見分け、どう治すかを組み立て、どの処方を選択するかを徹底的に学びます(「弁証論治トレーニング」実習あり)。 中には、日本ではあまり知られておらず、エキス剤が存在しない処方も出てきます。 そんなときには、日本で手に入るエキス剤をどう組み合わせると効果を出せるかといった、実践的な内容を含みます。 また、第4部最終日出席の受講生に限り、卒業試験受験を実施します(達成レベルにより、薬局・薬店に推薦することがあります)。 わたしは勤めている調剤薬局で、ドクターの処方で漢方薬を投薬することがあります。 受講前は知識があやふやで、うまく説明できませんでしたが、今では「患者さんが納得できるように話せたかも……」と感じる瞬間が増えてきました! 職場で同僚に中医学を語っている自分に、自分で驚いているほどです。 このスクールは、内容・進行がとにかく面白いです! わたしもいろんな講習を受けてきましたが、松本先生の深い知識、軽い口調での話術の巧みさ、オリジナリティあふれる講座内容は、他に類を見ません。 仕事もあり、また、主婦として家庭生活もありと、時間が限られた中で学ぶのに、とても良かったです。 いずれは開業を考えています。 今後は、まつもと漢方堂で研修を続けて、さらに学びを深めます。 この講座を知ったきっかけは、東洋医学を学びたくていろいろ情報を集めていたときに、知人からまつもと先生のブログを紹介してもらったことでした。 わたしは美容師で、ヘアスタイルを中心に、お客さまをいかにキレイにするかが仕事なのですが、経験を積むにつれ、ヘアカットやカラーリング以前に、健康でないとキレイな髪や肌を維持できないことを痛感していました。 信頼関係ができると、薄毛や抜け毛、円形脱毛症などの悩みを打ち明けてくださるお客さまに、「こうしたらいいよ!」とアドバイスできないのがとても歯がゆくて…… これはもう、東洋医学、漢方しかない!と飛び込んだ次第です。 講座では、教科書に出てくる漢方薬の名前も知らず、ついていくのが大変でした。 でも、まつもと先生のフランクな中医学の世界を教わることができて、とてもよかったと思っています。 これからは中医学を学びながら、自分にはどんな働き方ができるか、お客さまにどんなことを提供できるか、ビジネスのあり方を考えていきます。 「漢方相談を仕事にしたい」……そう思って、土台となる知識を持とうと受講を決めました。 受講してよかったことは、まつもと先生が、ジャンルにこだわらず、人生相談から起業から、靴の話まで、何でも相談にのってくれたことです! 医学に関しても、教科書に留まらず、日常の疑問や、自分や知人の体調に関することも相談にのってくれました。 その、何でも質問できる雰囲気が、とてもよかったです。 受講前は、弁証ができておらず、自分が使っている漢方薬うが合わなくなってきたなと思っても、どうしたらよいか分かりませんでした。 8ヶ月しっかり勉強して、丁寧に弁証できるようになった結果、手元に残っている薬を組み合わせて、自分の体調を自分で立て直せるようになったのが嬉しいです。 一旦ここでこの講座は卒業しますが、今後、薬膳や食養生、たとえば「糖尿病の食養生」など、詳しく知りたいと思っています。 また、まつもと先生やみんなと学べる機会があったら、ぜひ参加します! わたしが今回再受講を決めたのは、「第0期」を受講したときに、初めて見る言葉が多く、講義の内容を理解するまでに至らなかったからです。 同じ内容の講義を2回目に聴いて、1回目で戸惑った言葉の問題がクリアになり、自分に足りないもの、まだ理解していないところが明確になりました。 受講前の自分を振り返って、今の自分と比べてみると、「自分から行動できるようになったなあ」と感じます。 自分から行動できるようになった結果、勤務先のドラッグストアではずっと断っていた店長を引き受けることにしたり、漢方相談を取り入れるようにもなりました。 講座でも、自分から質問できるようになったところが、大きく変わったと思います。 今後は、いずれ漢方相談で独立開業したいので、そこまでどのような道順を立てて進むか、自分で考えて行動していきます。 この講座を受講しようとする後輩のみなさんには、「ヤル気さえあれば、知識は伸びる」と伝えたいです! 知らないことを覚えることは、楽しいです。 仲間ができて、励みになる講座ですので、受講しようか迷っているならチャレンジしてくださいね。

次の