マンチカン。 マンチカンの特徴や性格、病気や寿命など

マンチカン|里親募集|ジモティー

マンチカン

歴史 [ ] マンチカンという猫種の歴史は他猫種に比すれば浅いものの、としての「短足猫」の存在は古くから確認されてきた。 の記録としては、のある獣医による極めて的なの発見()、のにおける発見()、のにおける発見()、そしてこの品種の直接の起源にあたる、における米国での報告などが挙げられる。 本格的な繁殖が始まったのは、に米国ルイジアナ州で突然変異の短足猫が発見されてからである。 の下で暮らしていたところを保護されるに至ったその猫は、様々な対象とされ、上の検査結果、健康体であることが確かめられた。 以降、通常の脚を有する個体との交配を試みたところ、同様の短い脚を持つ子猫が誕生したのである。 やがて主導による突然変異体を用いたの計画が始まり、これが論争を巻き起こした。 交配を積極的に肯定する陣営と、遺伝的なであるからして公認は避けるべきとする陣営との衝突であった。 1980年代からの地にて繁殖が続けられた末に、、 ()(TICA)から新種として認定された。 特色 [ ] は、「普通の猫と根本的に異なった構造を持つ猫であることは否定できない」とする。 その名の由来は「短縮」を意味するの同一語句にあり 、最も顕著な特色は短い四肢である。 この目立って短いマンチカンの脚は、に的に現出したによって生まれたものである。 脚の短さが日常生活に支障を及ぼすことはない。 普通の猫のように跳躍することができ、木に登ることもできる。 ただ、後ろ脚の短さから跳躍力は制限される。 同様の短脚を持つという犬種はのに問題を抱えているが、マンチカンにおける同様の問題の存在を示唆する証拠は挙がっていない。 初期の頃には研究方面からのの構造的な欠陥を指摘する声もあり、1995年の初公認まで10年以上の時間を要した一因でもあったが、最終的には否定された。 交配の歴史において、ありとあらゆる猫種を相手にしてきたため、頭の形から被毛の色まであらゆる種類のものが存在している。 と交配させたブリーダーもいれば、やとの掛け合わせを行っているブリーダーもおり 、更にはのような縮れ毛や、のような屈曲した耳を持つマンチカンの作出の事例も報告されている。 体長より少しばかり短い、動作豊かな尻尾を持つ。 片足をもう一方の足と同じ直線上に置きつつ、尻尾を直立させたうえで腰を振りながら歩くという、におけるの「キャットウォーク」を想起させるような風変わりな歩き方をする。 雑種認定 [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2010年6月) マンチカンの繁殖が日本でも見られるようになったが、TICAは他の純血種との交配を認めていない。 TICAはマンチカン同士、もしくは雑種との交配を公認している。 これはを広げるためと規定されており、純血種との交配を認めていないのは、雑種に比べ純血種に多い遺伝病の因子の危険を回避し、他の猫種の骨格に関しての遺伝因子と交雑する目的がある。 こういった経緯からTICAは、自らの主催するキャットショー (猫展覧会)において、マンチカンの出場条件に「耳が立っていること」という条項を設けている。 これは折れ耳を特色とするおよびという純血種との交配をそもそも認めていないからである。 日本の一部のペットショップやブリーダーにはスコティッシュフォールドとマンチカンを交配させてスコマンチや耳折れマンチカンなどという名前で販売しているが、そのような品種をTICAは公認しておらず、そういった血統書があったとしても、マンチカンを認定しているTICAが公認していない以上、実質的には意味のない血統書である。 ギャラリー [ ]• は列挙するだけでなく、などを用いてしてください。 記事のにご協力をお願いいたします。 ( 2013年6月)• 『新猫種大図鑑』、2006年。 /山崎哲『世界のネコたち』、2000年。 写真:山崎哲 監修:『日本と世界の猫のカタログ '95』、1994年。 写真:山崎哲 監修:小島正記『日本と世界の猫のカタログ '96』、1995年。 写真:山崎哲 監修:小島正記『日本と世界の猫のカタログ 2002』、2001年。 『猫のすべてがわかる本』、1998年。 キャッツワールド編集部『ベスト猫カタログ』、2009年。 関連項目 [ ]• - 幼児向け番組「」内で放送している。 マンチカンの女の子であるミーニャがメインキャラとして登場。 ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

次の

マンチカンの性格や特徴は?マルチカンのメスはオスより性格がきつい?

マンチカン

1944年にイギリスのジョーンズ博士によって、初めて報告されたことがマンチカンの始まりだといわれています。 突然変異でそのような姿になったとされていますが、第二次世界大戦の頃には姿を消してしまいました。 さらに1953年にロシアからも同じように足の短い猫の報告があり、1964年にはアメリカのニューヨーク、1970年にはニューイングランドでも短い足の猫の存在が報告されていました。 ブラックベリーは妊娠しており、生まれた子猫の半分は短足猫だったようです。 そのうち、「トゥールーズ」と名付けられたオスの子猫が繁殖家に引き取られ、短足猫の育種が始められました。 近親交配による遺伝子疾患のリスクを減らすために、当初の交配相手は短足猫以外の猫たちと行われていましたといいます。 しかし、短足で小さなマンチカンの姿は様々な立場からの論争を引き起こすことになりました。 一方は遺伝子疾患や免疫力の弱さを懸念する人たち、一方はこの猫の愛くるしい姿に魅了されて健全性を信じようとする人たちで、両者の意見が食い違ったためです。 キャットショーの評判では「結局は単なる突然変異」と結論付けられて終わってしまいました。 のちにこの短足猫はアメリカのいろいろな場所で見つかり、育種のために飼われるようになりました。 こうして近親交配による遺伝子疾患のリスクが低下することで、猫の国際的な血統登録団体であるTICAは、1995年にスタンダードを作成し、新しい猫の品種として認定することになりました。 ただ、マンチカンの育種について愛好家や遺伝学者の間で倫理的見解の違いがあります。 国際的な猫血統登録団体であるCFA・GCCF・FIFeは未だにマンチカンを猫の品種として公認していません。 マンチカンの短足の原因はわかっていませんでしたが、最近では自然発生した遺伝子の常染色体突然変異によるもとのだと分かりました。 特徴的な短い足が障害のようだと言われていた時期もありましたが、障害ではなく、体の機能には何の問題もないことも明らかになっています。 また、小人の一族が「オズの魔法使い」に登場する名前にちなんで名付けられたともいわれています。 マンチカンの体の特徴は? マンチカンの特徴といえば短い足ですよね。 短足で歩く姿マンチカンはとてもかわいく、日本ではとても人気があります。 一方で、マンチカンには短足だけでなく、足長(普通の猫くらい)タイプも多く存在しています。 短足のマンチカンは意外と少なく全体の2~3割ぐらいといわれています。 この短足によって「猫界のダックスフント」ともいわれています。 短足ですが膝もちゃんとあり、膝から上と膝から下の長さがほぼ同じです。 マンチカンは普通にジャンプもしますし、木登りなども大得意です。 マンチカンはこの短足で不便な思いをしているということはないようです。 マンチカンの短足タイプの体高は猫の品種中で最も小さく、2014年3月にはカナダで繁殖された体高13. 6cmのマンチカンが世界一小さな体高の猫としてギネスブックに登録されました。 メス猫はオス猫より少し体の大きさは小さめです。 ボディタイプは小型のセミコビータイプで、体は丸みを帯びており、体長よりやや短めで長い尻尾を持っています。 とてもよく引き締まった筋肉質な体で、骨格がしっかりしています。 大きな耳と丸い頭で全体的にアンバランスなところがマンチカンの特徴です。 被毛は細くて密生しており、とてもシルキーです。 マンチカンには長毛種と短毛種がおり、長毛種の被毛はペルシャなどと違ってからまる毛質ではないので、お手入れはそんなに難しくありません。 短毛種は豊かに密生しています。 普通の猫よりやや長めの被毛で、とても手触りがよくお手入れも簡単です。 毛色は、ホワイト、レッド、ブラック&ホワイト、ルーミンク、シルバーマッカレルタビー&ホワイトなど全ての毛色があります。 マンチカンの性格は? マンチカンの性格は、短足タイプと足長タイプと違いは関係ありません。 探求心も強く、とても陽気で遊ぶことが大好きな性格です。 また、留守番を上手にできる猫とも呼ばれており、とても飼いやすい猫の品種なので外出が多い方や初めて猫を飼う方におすすめです。 飼い主さんのことは心から信頼をするので、他の猫と比べると甘えてくる回数や時間は長いといわれています。 ただ、臆病な一面もあるので、強く怒り過ぎると恐怖心を持ってしまうので注意が必要です。 マンチカンのタイプについて マンチカンと言えば、頭に浮かぶ短足のほか、普通の足の長さの個体もいるマンチカン。 大きく分けると「短足と足長」ですが、そのほかにマンチカンの特徴を受け継ぐミックスタイプも存在しています。 個性豊かなマンチカンのタイプについて見ていきましょう。 マンチカン同士を交配させているので、今回紹介したような見た目の特徴や性格をそのまま受け継いでいます。 短足と足長と2パターンのほか、「長毛or短毛」「多彩な被毛カラー」と、かなりバラエティに富んでいるのが純血種。 ひとことで「純血種のマンチカン」といっても、同じパターンではなく、足や毛の長さ、カラーの違いなど個性的な特徴が表れるでしょう。 掛け合わせの相手の外見からも分かるように、ミヌエットは被毛がゴージャスなのが特徴です。 2015年に「ミヌエット」という呼び名で正式な猫種として認定されましたが、それよりも前には「ナポレオン」と呼ばれていました。 そもそもミヌエットの元祖となった猫が誕生したのが1996年と新しく、まだ世間にもそれほど浸透していないレアな猫ちゃんです。 マンチカンに、折れた耳が特徴の「アメリカンカール」という猫をミックスさせたのが「キンカロー」です。 猫よりも犬っぽい性格で、とても元気いっぱいで人懐っこく、愛嬌のある猫ちゃんですよ。 マンチカンの大きな特徴である「短足」も見事に表れていて、スクーカムは巻き毛で短い足がとても可愛らしいですよ。 ただ、まだまだ新しく珍しい猫なので、外見や体重のデータが少なく、「スクーカムと言えばコレ!」という特徴がしっかり定まっていないのが現状です。 そのため、マンチカンよりもかなり小柄で3㎏未満の個体もいれば、一般的な猫よりも少し大きめの6㎏くらいに成長する個体もいます。 育ってみなければ分からない部分も多いですが、短足で巻き毛の可愛らしい外見に癒されそうですね。 ただし、あたえ過ぎは肥満のもとになるので注意が必要です。 食事量と運動量のバランスを取り、肥満にならないようにしましょう。 毛が長いために毛玉ができやすく、毛玉症という病気になる可能性が高いので、ブラッシングで毛玉症を防いであげましょう。 マンチカンの短毛種タイプは、 1日に1回のブラッシングで問題ありません。 普通の猫より毛の長さが長いので、丁寧にブラッシングをしてあげましょう。 マンチカンのしつけの仕方は? マンチカンは、猫界のなかでも人間や他の動物たちと過ごすのが上手で社交的な性格。 甘えん坊なところがあるので、たくさんコミュニケーションを取れる猫です。 また、マンチカンは、人懐っこさに加え、頭も良いです。 上手にしつければ簡単なことなら覚えてくれるでしょう。 しかし、マンチカンは臆病な部分もあるので、しつけの仕方で注意したいのが 「大きな声で怒らない」ということです。 基本的には、飼い主さんのことが好きで信頼を寄せてくれているマンチカンですが、それはあくまでも一緒に暮らす「パートナー」として。 犬のように、飼い主さんを「リーダー」と思っているわけではないのです。 そのため、大声で怒られると「この人は敵だったのか」と勘違いすることもあるでしょう。 一度、信頼関係が崩れると、いつも怯えるようになってしまいます。 「しつけを頑張りたい」と必要以上に怒ると逆効果となり、今後の同居にも支障をきたすかもしれません。 しつけをするうえでは、「怒る」よりも「褒める」に比重を置くことが大事です。 怒らなければいけない状況がきたら、穏やかな声で短めに怒る程度が理想です。 マンチカンの寿命について 縁あって家族となったマンチカンとは、できるだけ長く「幸せな時間」を過ごしたいと思うでしょう。 そこで気になるのが、マンチカンの寿命について。 一般的な猫は、だいたい15歳前後生きると言われていますが、マンチカンの寿命は少し短め。 だいたい 11~13歳程度までというデータがあります。 実は、この寿命の短さは「足が短い」という特徴にも関係しています。 しかし、この組み合わせというのは遺伝子的な疾患を発生させてしまう確率が高め。 それにより、生まれて間もなく亡くなるケースも多いです。 そして、この一方では平均年齢をかなり超えて生きる個体もいます。 平均寿命が短いデータになるのは、このように「早期に亡くなるマンチカン」と「長生きするマンチカン」の平均値を取っているからなのでしょう。 マンチカンの平均寿命は、あくまでも参考程度と考えておくといいかもしれません。 また、飼い主さんの飼い方次第で寿命を延ばすことはもちろん可能。 屋外を自由に行き来できるようにすると、感染症のリスクが高まり短命傾向になります。 完全に室内で飼うというスタイルにすると、少しでも長く生きることができます。 健やかな成長のためにバランスのよい食事を食べさせる、太り過ぎないように運動をさせるなどのように、日常的にも健康管理を行うことも寿命を長くするためには重要なポイントです。 マンチカンの気をつけたい病気は? マンチカンは現在も雑種猫との交配が認められていることもあり、先天性・後天性いずれの疾患も少ない丈夫な傾向があります。 ただし、その特徴的な短足からかかいやすい病気があるといわれています。 これは腰や足に体重がかかり、体を支えきれないためです。 ただし、ダックスフントのように極端に胴長ではないため、マンチカンが椎間板ヘルニアになりやすいかどうかに関しては賛否両論があるようです。 椎間板ヘルニアになると、歩き方がいつもと違っていたり、いきなり失禁してしまうといった症状がありますので、飼い主さんは日頃から様子を見ておきましょう。 老猫になると運動不足による肥満や糖尿病などの病気になりやすくなります。 高齢になるとどうしても運動量は落ちてしまうので、バランスのいいご飯をあたえるように注意しましょう。 また、高齢の猫では慢性腎不全が起こりやすいことが知られています。 水を多量に欲しがり、たくさんおしっこをする多飲多尿の症状があれば、腎不全の可能性があります。 血液検査などでわかるので動物病院で獣医師さんに診てもらいましょう。 マンチカンの値段は? マンチカンの1番の特徴である足の長さによって、マンチカンの値段は変わってきます。 基本的に足が短ければ短いほど値段が高くなります。 キャットショーやチャンピオンの血統書付きのマンチカンが親猫の場合は、さらに高い値段が付くこともあります。 また、マンチカンが足長だったり、ある程度成長していたりすると値段が下がることが多いようです。 マンチカンはとても人気があるため、他の猫と比べて相場よりもかなり高い値段です。 値段の幅が広いのは、マンチカンの特徴である短足を持っているか持っていないかが関係しているようです。 マンチカンの短足タイプの値段は、 15万円~40万円くらい、足長タイプの値段は、 5万円~10万円くらいです。 子猫の場合は、小さくても骨格がしっかりとした体つきなのか、活発に動くのか確認しておきましょう。 気になることがあれば、店員さんやブリーダーに質問し、はっきりと答えられない場合は購入を避けた方がいいかもしれません。 納得いく説明が受けられるところからマンチカンを購入したほうが安心できます。 また、マンチカンを選ぶ時は、短足の子か足長の子かで悩むことがあると思います。 ただ、足の長さは異なっても、好奇心旺盛で甘えん坊な性格にはどちらにも変わりありません。 短足の子か足長の子かによって値段も変わりますので、被毛の色などの飼い主さんの好みや相性が合うマンチカンを選ぶといいでしょう。 ちなみに、特に人気がある毛色はクリーム色やレッド&ホワイトです。 最後に… マンチカンはとても人気がある猫の品種で、特徴の短い足が人気のある理由です。 ですが、マンチカンの短足タイプが産まれてくる確率はとても低く、全体の2割です。 足長タイプのほうが産まれてくる確率のほうが高く、値段も安い傾向にあります。 マンチカンの性格は好奇心旺盛で甘えん坊です。 多頭飼いにも向いており、1匹で留守番ができる猫の品種です。 とても飼いやすく初めて猫を飼う方にはおすすめ。 さらに、様々な猫との交配がされているので、長毛種や短毛種、目の色や被毛の色も様々です。 短足タイプや足長タイプをはじめ、色々なタイプのマンチカンがいるので、飼い主さんがお好みのマンチカンに出会えるでしょう。 — おすすめ記事 —.

次の

マンチカン|里親募集|ジモティー

マンチカン

短い足でちょこちょこ歩く姿が愛らしいマンチカンは大人気。 でも、実は足長のマンチカンもいるんです。 足長のマンチカンは短足のマンチカンとどう違うのでしょうか?比較しながら、足長マンチカンさんの魅力を語っていきます。 マンチカンの基本情報。 足長も短足も性格はかわらず人懐っこい 短い足で一所懸命歩く姿がかわいらしいマンチカン。 アニコム「猫の人気の品種ランキング2017」でマンチカンは第三位。 日本で大人気の品種です。 短足のマンチカンは、マンチカン全体の2割程度。 実は足長のマンチカンの方が多いんです! 1983年に足の短いねこがアメリカのトレーラーの下で発見されました。 この「ブラックベリー」と呼ばれるねこがマンチカンのはじまり。 マンチカンの語源は「小さい人」。 足が短く、愛らしい姿から名付けられました。 1995年、TICA The International Cat Association、国際猫協会 で新種として認定されました。 足は短いですが、健康上の問題はありません。 むしろ活発に動く方で、低い姿勢で走り回る様子は「猫のスポーツカー」とも呼ばれます。 マンチカンの種類• マンチカール・・アメリカンカールとのミックスで耳が外側にカールしている• ロングヘア・・・マンチカンの長毛種• メヌエット・・・ペルシャ、ヒマラヤンなどをミックス• ジェネッタ・・・ベンガルとのミックス、野性的なスポット柄がオシャレ• バンビーノ・・・無毛スフィンクスとのミックス マンチカンは他品種との交配が活発に行われていて、新しいマンチカンが生まれています。 それぞれ、生まれる仔猫の8割は足長さんなので、マンチカールの足長さんや、ロングヘアの足長さんなど、お好みの足長さんを選べるのが魅力ですね。 さらに短足のマンチカンは、その足の短さのレベルに応じて、3つに分類されます。 スタンダード・・・・一番足が長い• スーパーショート・・スタンダードとラグハガーの間• ラグハガー・・・・・一番足が短い マンチカンと言えば、この様に足の短さが特徴ですが、実は足長のマンチカンの方が多いんです。 マンチカンの性格• 好奇心旺盛• 人懐こい• やさしい• こわがり マンチカンは好奇心旺盛で遊ぶのが大好きです。 また人懐こいので、ねこちゃんといっぱいふれあいたい方にぴったりのねこちゃんです。 社交的でやさしいマンチカンの性格は多頭飼いにも適しています。 先住ねこさんの相棒を探していたら、マンチカンも候補にあげてみてくださいね。 また、やさしい反面、マンチカンは繊細でこわがりでもあるので、叱るときは強く叱らないことが大切。 この様な性格は、短足のマンチカンも足長のマンチカンも変わりありません。 足長マンチカンがかかりやすい病気 マンチカンの短足は病気でも障害でもありません。 ただ、足が短いという構造上の問題から腰に負担がかかりやすいと言われています。 肥満により負荷がかかると、更に腰に負担がかかり、椎間板ヘルニアになりやすくなります。 そのことから、短足のマンチカンは体重が増え過ぎないように、食事管理や運動量の調節をしてあげることが大切です。 足長のマンチカンは腰への負担が軽減されることから、短足のマンチカンより健康的で、食事や運動量の管理は楽になると言えるでしょう。 短足のマンチカンに比べ腰に負担がかかりにくい• 短足のマンチカンに比べ食事と運動の管理が楽• 値段が安い 足長のマンチカンはその構造上、短足のマンチカンより腰に負担がかかりにくいと言えるので、飼い主さんの体重管理や運動量管理を軽減できます。 かわいらしい性格は変わらず、より健康的で、お値段も短足さんの半分程度でおうちへ迎えることができます。

次の