ラブエスカレーター ネタバレ。 【『ただ愛する仲』各話のあらすじ】韓国ドラマ徹底レビュー

『バレット・オブ・ラブ』☆☆☆ 意識高い系スカスカ映画 ネタバレ映画レビューブログ

ラブエスカレーター ネタバレ

通称「ラブエス」。 なお、本項では作『 LOVERS 〜恋に落ちたら…〜』(ラヴァーズ 〜こいにおちたら…〜)についても記述する。 この節は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。 出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2017年12月) 本作は、背徳感を煽る要素を加味されたシナリオ、古美明による、松俊一による本編のセックスシーンにおける豊富な数のパターンを描写するアニメーションがプレイヤーから高い評価を受けたことの他に、延期に延期を重ねた果ての時代末期、同シリーズの専用に発売されたことでも有名である。 発売当時、市場はすでにへの移行を終えており、次期バージョンのの発売すら間近であった。 PC-9800シリーズ向けのゲーム市場に至っては、アダルト一般向けともにほぼ皆無であったため、本作の後にも他社から数作発売されたにもかかわらず、ファンから「PC98最後のエロゲー」と侮蔑の意味を込めた称号が付けられたこともある。 しかし本作は、そのような状況下でも高セールスを記録し、高い評価を受けた。 OS市場にあまり影響されなかったこの結果が、後年のジェリーフィッシュ作品『 LOVERS 〜恋に落ちたら…〜』(以後、『LOVERS』と表記)へ繋がることとなる。 スタッフ(ラブエス) [編集 ]• プロデューサー:bucci• 監督:滝美梨香• シナリオ:MAB、高志奈未希• キャラクターデザイン:古美明• 原画:松俊一• 音楽:Xacs石川、Tee D• プログラム: 不明 あらすじ [編集 ] この節にあるあらすじは作品内容に比して不十分です。 あらすじの書き方を参考にして、 物語全体の流れが理解できるように(ネタバレも含めて)、著作権をしないよう ご自身の言葉で加筆を行なってください。 ( 2017年12月)(使い方) ある日、主人公の 黒崎崇はの 脇谷徹から、ある少女との仲を取り持ってくれるよう頼まれる。 その少女の名は、 河合理恵。 崇の中学時代のであり、かつて想いを寄せていた存在でもあった。 懸命に頭を下げる脇谷に対して頷くしかなかった崇は、親友のために自らの想いを押し殺し、彼の想いを伝えようと理恵に近付く。 ところが、話してみれば理恵も崇のことを中学時代から想っていた。 つまり、2人は両想いの事実を今日まで知らず、過ごしてきたのである。 互いの想いを知った2人は我慢できず、脇谷に内緒で交際を始めてしまう。 再び燃え上がった想いが2人の身体をも交わらせるのに、そう時間は掛からなかった。 脇谷に真実を告げられない背徳感の中、交際を続ける2人。 特に崇は親友との板挟みに苦しみながら、理恵の身体を求め続ける。 そんな彼に理恵もいつしか性の悦びに目覚め、自ら進んで身体を開くように。 場合によっては、 山本のり子や 大沢ひな子も崇とを結びつつ、事態はより混迷の方向へ向かう。 崇と理恵の恋心、崇と脇谷の友情が織り成すの行き着く先は…。 登場人物 [編集 ] 名は全て『LOVERS』のもの。 また、本作での学校表記は「高校」だが、『LOVERS』ではの規定に従って「学園」とされている。 黒崎 崇(くろさき たかし) 本作の主人公。 姓名は変更可能。 中学時代はに勤しむ一方で理恵のことを想っていたが、告白できない内に卒業を迎える。 高校に入ってからは悪友の脇谷達との日々を過ごしていたが、彼に理恵との仲を取り持つよう頼まれたことがきっかけで、彼女への想いが再燃。 脇谷への背徳感を抱えたまま、理恵との交際を始める。 河合 理恵(かわい りえ) 声: 誕生日:() 本作のヒロインで、崇とは中学校が一緒。 高校での所属はテニス部。 脇谷に惚れられるが、実は崇のことをずっと想っていた。 表向きは脇谷に優しく接しながらも、裏では崇と身も心も求め合う関係になる。 母の美奈代はであり、後年のジェリーフィッシュ作品『』にしている。 山本 のり子(やまもと のりこ) 声: 誕生日:() サブヒロインの1人。 志望で、良質なプロポーションとそれに見合った色気を持つ短大生。 崇とのセックスもお手の物。 大沢 ひな子(おおさわ ひなこ) 声: 誕生日:() サブヒロインの1人。 幼顔かつ幼児体型の系だが、精神年齢は高めな小悪魔で、会話の際もセックスの際も常に崇を蔑む。 田代 美紀(たしろ みき) 声: 尻軽な容姿をした茶髪娘だが、根は純情。 あることがきっかけで脇谷に惹かれていく。 佐倉 真由美(さくら まゆみ) 声: 誕生日:() 理恵の友人で、いわゆる優等生。 崇や脇谷のような劣等生を蔑視しているため、崇が理恵と付き合うことも認めていない。 のり子を上回る。 実はであり、理恵に密かに恋愛感情を抱いている。 脇谷 徹(わきや とおる) 崇の悪友。 根は良い人物だが、時として結構な無茶振りも押し付けてくる。 理恵に惚れており、自分との仲を取り持ってくれるよう、崇に頼む。 出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2017年12月) 『 LOVERS 〜恋に落ちたら…〜』(ラヴァーズ 〜こいにおちたら…〜)は、にジェリーフィッシュより発売された18禁恋愛アニメーションアドベンチャーゲーム。 かつてジェリーフィッシュが旧名の海月製作所で発売し高い評価を得た、『ラブ・エスカレーター』(以降、『ラブエス』と表記)のリメイク作である。 以上のことから注目された本作であったが、重ねた延期の果てに発売されてみれば、最大の注目を集めた崇と理恵のセックスシーンは、当初の触れ込みとは違ってフルに描き直されてはおらず、初体験シーンのみが完全新作。 他は、大半がを『ラブエス』から流用してCG化のみをやり直しただけに留まっている。 とはいえ、初体験シーンのアニメーションが当時としては高いクオリティだったのは事実であり、『ラブエス』には実装されていなかったによる音声も加わって、現在、同社作品の『』(以降、『GREEN』と表記)などと共に、高評価を受けている。 本作はオリジナルの『ラブエス』や『GREEN』同様に何度も発売日延期を繰り返し当初の秋予定から約2年も延びたために、一時期はなどの検索サイトにおいて「延期」でキーワード検索を行うと、本作の発売日延期の発表ページが1件目に表示されてしまうほどの話題になった。 また、『GREEN』の時に頻発したプレイヤー間でのセーブデータ転用が、本作ではできないようになっている。 には、メディアをに変更してへの対応や豪華特典の収録などを施した『 LOVERS 〜恋に落ちたら…〜 PREMIUM PACK』が発売された。 には、を皮切りに上の各ショップでのが開始された。 には、 PSP 向けに一部仕様を変更した版『 LOVERS UMDPG Edition』が発売された。 スタッフ LOVERS [編集 ]• プロデューサー:bucci• 監督:滝美梨香• シナリオ:MAB、高志奈未希• キャラクターデザイン:古美明• 作画監督:十重五重、松俊一• 作画監督協力:• 原画:十重五重• 原画協力: 他• 音楽:ham、TeeD• プログラム:Production Starhole• 販売:シューティングスター 関連商品 [編集 ] 音楽CD [編集 ] キャラクターミニアルバム 全てレーベルはCANDYPOP。 LOVERS featuring 河合理恵 2000年10月19日発売 OMCP-14• LOVERS featuring 佐倉真由美 2000年10月19日発売 OMCP-15• LOVERS featuring 大沢ひな子 2000年11月21日発売 OMCP-17• LOVERS featuring 山本のり子 2000年11月21日発売 OMCP-18• LOVERS featuring 田代美紀 2000年12月21日発売 OMCP-21 LOVERS 〜恋に落ちたら…〜 ドラマCD 2002年11月30日発売 OMCP-20 2002年10月にのa-FANFAN3にて放送されたラジオドラマのCD化 LOVERS 〜恋に落ちたら…〜 サウンドトラック 2002年7月20日発売 OMCP-10 LOVERS・その後 LOVERS 〜恋に落ちたら…〜 オリジナルサウンドトラック2 2004年1月28日発売 OMCP-29 書籍 [編集 ] ラブ・エスカレーター 2000年7月発売、刊 CaRROT NOVELS ISBN 9784847032974 LOVERS 〜恋に落ちたら…〜 2003年11月発売、刊 ISBN 9784829657164 LOVERS 〜恋に落ちたら…〜 REVERSE 2004年11月25日発売、高橋ショウ 著、刊 ISBN 9784877347802 LOVERS 〜恋に落ちたら…〜 アンソロジーコミック 2004年2月25日発売 刊 ISBN 9784757717688 外部リンク [編集 ] 全て18歳未満閲覧禁止。 この項目は、に関連した 書きかけの項目です。

次の

ホリデイラブのネタバレと原作マンガのあらすじ。杏寿と純平の結末は?

ラブエスカレーター ネタバレ

通称「ラブエス」。 なお、本項では作『 LOVERS 〜恋に落ちたら…〜』(ラヴァーズ 〜こいにおちたら…〜)についても記述する。 この節は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。 出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2017年12月) 本作は、背徳感を煽る要素を加味されたシナリオ、古美明による、松俊一による本編のセックスシーンにおける豊富な数のパターンを描写するアニメーションがプレイヤーから高い評価を受けたことの他に、延期に延期を重ねた果ての時代末期、同シリーズの専用に発売されたことでも有名である。 発売当時、市場はすでにへの移行を終えており、次期バージョンのの発売すら間近であった。 PC-9800シリーズ向けのゲーム市場に至っては、アダルト一般向けともにほぼ皆無であったため、本作の後にも他社から数作発売されたにもかかわらず、ファンから「PC98最後のエロゲー」と侮蔑の意味を込めた称号が付けられたこともある。 しかし本作は、そのような状況下でも高セールスを記録し、高い評価を受けた。 OS市場にあまり影響されなかったこの結果が、後年のジェリーフィッシュ作品『 LOVERS 〜恋に落ちたら…〜』(以後、『LOVERS』と表記)へ繋がることとなる。 スタッフ(ラブエス) [編集 ]• プロデューサー:bucci• 監督:滝美梨香• シナリオ:MAB、高志奈未希• キャラクターデザイン:古美明• 原画:松俊一• 音楽:Xacs石川、Tee D• プログラム: 不明 あらすじ [編集 ] この節にあるあらすじは作品内容に比して不十分です。 あらすじの書き方を参考にして、 物語全体の流れが理解できるように(ネタバレも含めて)、著作権をしないよう ご自身の言葉で加筆を行なってください。 ( 2017年12月)(使い方) ある日、主人公の 黒崎崇はの 脇谷徹から、ある少女との仲を取り持ってくれるよう頼まれる。 その少女の名は、 河合理恵。 崇の中学時代のであり、かつて想いを寄せていた存在でもあった。 懸命に頭を下げる脇谷に対して頷くしかなかった崇は、親友のために自らの想いを押し殺し、彼の想いを伝えようと理恵に近付く。 ところが、話してみれば理恵も崇のことを中学時代から想っていた。 つまり、2人は両想いの事実を今日まで知らず、過ごしてきたのである。 互いの想いを知った2人は我慢できず、脇谷に内緒で交際を始めてしまう。 再び燃え上がった想いが2人の身体をも交わらせるのに、そう時間は掛からなかった。 脇谷に真実を告げられない背徳感の中、交際を続ける2人。 特に崇は親友との板挟みに苦しみながら、理恵の身体を求め続ける。 そんな彼に理恵もいつしか性の悦びに目覚め、自ら進んで身体を開くように。 場合によっては、 山本のり子や 大沢ひな子も崇とを結びつつ、事態はより混迷の方向へ向かう。 崇と理恵の恋心、崇と脇谷の友情が織り成すの行き着く先は…。 登場人物 [編集 ] 名は全て『LOVERS』のもの。 また、本作での学校表記は「高校」だが、『LOVERS』ではの規定に従って「学園」とされている。 黒崎 崇(くろさき たかし) 本作の主人公。 姓名は変更可能。 中学時代はに勤しむ一方で理恵のことを想っていたが、告白できない内に卒業を迎える。 高校に入ってからは悪友の脇谷達との日々を過ごしていたが、彼に理恵との仲を取り持つよう頼まれたことがきっかけで、彼女への想いが再燃。 脇谷への背徳感を抱えたまま、理恵との交際を始める。 河合 理恵(かわい りえ) 声: 誕生日:() 本作のヒロインで、崇とは中学校が一緒。 高校での所属はテニス部。 脇谷に惚れられるが、実は崇のことをずっと想っていた。 表向きは脇谷に優しく接しながらも、裏では崇と身も心も求め合う関係になる。 母の美奈代はであり、後年のジェリーフィッシュ作品『』にしている。 山本 のり子(やまもと のりこ) 声: 誕生日:() サブヒロインの1人。 志望で、良質なプロポーションとそれに見合った色気を持つ短大生。 崇とのセックスもお手の物。 大沢 ひな子(おおさわ ひなこ) 声: 誕生日:() サブヒロインの1人。 幼顔かつ幼児体型の系だが、精神年齢は高めな小悪魔で、会話の際もセックスの際も常に崇を蔑む。 田代 美紀(たしろ みき) 声: 尻軽な容姿をした茶髪娘だが、根は純情。 あることがきっかけで脇谷に惹かれていく。 佐倉 真由美(さくら まゆみ) 声: 誕生日:() 理恵の友人で、いわゆる優等生。 崇や脇谷のような劣等生を蔑視しているため、崇が理恵と付き合うことも認めていない。 のり子を上回る。 実はであり、理恵に密かに恋愛感情を抱いている。 脇谷 徹(わきや とおる) 崇の悪友。 根は良い人物だが、時として結構な無茶振りも押し付けてくる。 理恵に惚れており、自分との仲を取り持ってくれるよう、崇に頼む。 出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2017年12月) 『 LOVERS 〜恋に落ちたら…〜』(ラヴァーズ 〜こいにおちたら…〜)は、にジェリーフィッシュより発売された18禁恋愛アニメーションアドベンチャーゲーム。 かつてジェリーフィッシュが旧名の海月製作所で発売し高い評価を得た、『ラブ・エスカレーター』(以降、『ラブエス』と表記)のリメイク作である。 以上のことから注目された本作であったが、重ねた延期の果てに発売されてみれば、最大の注目を集めた崇と理恵のセックスシーンは、当初の触れ込みとは違ってフルに描き直されてはおらず、初体験シーンのみが完全新作。 他は、大半がを『ラブエス』から流用してCG化のみをやり直しただけに留まっている。 とはいえ、初体験シーンのアニメーションが当時としては高いクオリティだったのは事実であり、『ラブエス』には実装されていなかったによる音声も加わって、現在、同社作品の『』(以降、『GREEN』と表記)などと共に、高評価を受けている。 本作はオリジナルの『ラブエス』や『GREEN』同様に何度も発売日延期を繰り返し当初の秋予定から約2年も延びたために、一時期はなどの検索サイトにおいて「延期」でキーワード検索を行うと、本作の発売日延期の発表ページが1件目に表示されてしまうほどの話題になった。 また、『GREEN』の時に頻発したプレイヤー間でのセーブデータ転用が、本作ではできないようになっている。 には、メディアをに変更してへの対応や豪華特典の収録などを施した『 LOVERS 〜恋に落ちたら…〜 PREMIUM PACK』が発売された。 には、を皮切りに上の各ショップでのが開始された。 には、 PSP 向けに一部仕様を変更した版『 LOVERS UMDPG Edition』が発売された。 スタッフ LOVERS [編集 ]• プロデューサー:bucci• 監督:滝美梨香• シナリオ:MAB、高志奈未希• キャラクターデザイン:古美明• 作画監督:十重五重、松俊一• 作画監督協力:• 原画:十重五重• 原画協力: 他• 音楽:ham、TeeD• プログラム:Production Starhole• 販売:シューティングスター 関連商品 [編集 ] 音楽CD [編集 ] キャラクターミニアルバム 全てレーベルはCANDYPOP。 LOVERS featuring 河合理恵 2000年10月19日発売 OMCP-14• LOVERS featuring 佐倉真由美 2000年10月19日発売 OMCP-15• LOVERS featuring 大沢ひな子 2000年11月21日発売 OMCP-17• LOVERS featuring 山本のり子 2000年11月21日発売 OMCP-18• LOVERS featuring 田代美紀 2000年12月21日発売 OMCP-21 LOVERS 〜恋に落ちたら…〜 ドラマCD 2002年11月30日発売 OMCP-20 2002年10月にのa-FANFAN3にて放送されたラジオドラマのCD化 LOVERS 〜恋に落ちたら…〜 サウンドトラック 2002年7月20日発売 OMCP-10 LOVERS・その後 LOVERS 〜恋に落ちたら…〜 オリジナルサウンドトラック2 2004年1月28日発売 OMCP-29 書籍 [編集 ] ラブ・エスカレーター 2000年7月発売、刊 CaRROT NOVELS ISBN 9784847032974 LOVERS 〜恋に落ちたら…〜 2003年11月発売、刊 ISBN 9784829657164 LOVERS 〜恋に落ちたら…〜 REVERSE 2004年11月25日発売、高橋ショウ 著、刊 ISBN 9784877347802 LOVERS 〜恋に落ちたら…〜 アンソロジーコミック 2004年2月25日発売 刊 ISBN 9784757717688 外部リンク [編集 ] 全て18歳未満閲覧禁止。 この項目は、に関連した 書きかけの項目です。

次の

ホリデイラブのネタバレと原作マンガのあらすじ。杏寿と純平の結末は?

ラブエスカレーター ネタバレ

あんまり関口に無理させんなよ。 お前さ、永遠に自分のものにならない相手、好きになった気持ち考えたことあんのか? と告げ、その場を去った。 カンチはリカから、今週の日曜日「ギャラリーのレセプションパーティー」に一緒に行こうと誘われる。 そんなパーティーは行ったことないから苦手だと怖気づくカンチに、リカはすでに恋人を連れてくると先方に伝えていた…。 一方、サトミは三上との同棲生活がスタートした。 住む世界が違う人 レセプションパーティーに向かったカンチは、ニューヨークの知人やアーティストたちと流暢に英語で会話するリカを見て圧倒されていた。 その後、店でご飯を食べていたカンチは改めて 「リカとは生きる世界が違う」と告げると、真顔になるリカ。 カンチは、いかにリカが凄いかを熱弁し自分との違いを伝えると、リカは 私はそういうカンチを好きになった。 愛なんていらない。 ベッドで先に寝たカンチを、リカは微笑ましい笑顔で見つめ抱きついた。 ホテルのレシート 同棲していた三上とサトミ。 三上は母親から帰ってこいと連絡があり、サトミも一緒に愛媛に帰ろうと言ったものの、 「一度も愛情くれなかった父親に、今さら会う必要ある?」 と、三上は行かないの一点張りだった。 「君のためなら親の葬式が入らない限り、いつでも」という三上。。 その夜、サトミの手料理を食べていた三上は、医大生たちとの飲み会が入ったと尚子からの誘いを誤魔化し、帰り遅くなるから先に寝ててと報告。 サトミは心の中で、相手は尚子だと思っていた。 その後、サトミが三上の服を洗濯しようとポケットを確認すると、中からホテルのレシートが出てきた。 ごゆっくりお過ごしください。 レイガーデンホテル渋谷 三上は先日「結婚したくない!」と泣きじゃくる尚子を介抱したあと、ホテルで一夜を過ごしていた。 Hなし 翌日、サトミはトキコに相談。 尚子の婚約者 尚子とディナーに来ていた、三上。 結婚を止める覚悟は出来たの?と聞く三上に、 止めるわけないでしょと話す尚子。 するとそこへ男性が来て味を尋ねてきた。 その男性は尚子の婚約者で、このレストランのオーナーだと紹介された。 今日のディナーは彼のおごりだと言われ、結婚式の二次会もここでやるので、よかったらサトミと来てと言われる。 三上はテーブルの上に2万円を放り投げ「ごちそうさま」と告げると、帰っていった。 三上の自宅で1人夕飯を食べようとしていたサトミの元に、三上が帰ってきた。 早い帰宅に驚くサトミ。 その後、久しぶりに2人で飲もうと提案したサトミは、お酒を買いにコンビニへ出たが部屋には戻ってこなかった。 捌け口 カンチの誕生日当日。 現場が終わったら直帰して先に晩ごはんの準備をしとくというリカに、カンチは部屋の鍵を渡した。 一方、医大の授業を終えた三上が自宅へ戻ると、サトミの荷物は無くなっており、ベッドの上に部屋の合鍵が置いてあった。 三上はすぐにサトミの保育園を訪れたが、代わりにトキコが対応し 「こういうの迷惑だから、二度と来ないでくれる?」と追い返されてしまう。 物陰からその様子を見ていたサトミは、とても苦しい表情をしていた。 仕事を早々に終えたカンチはリカに帰るコールしたところ、現場でトラブって超遅くなるので先帰っててと言われてしまう。 ルンルンなカンチは凹んだが、リカはすでにカンチの自宅にいて、誕生日の飾り付けや料理・ケーキの準備をしていた。 電車から降りたカンチ。 するとベストタイミングで、サトミから誕生日おめでとうのメッセージが。 さらに「サトミが3日前から帰ってない」と三上からもメッセージが。。 心配になったカンチがサトミに電話をすると、サトミは東京タワーにいると言う。 カンチは降りた電車に飛び乗り、東京タワーへ向かった。。 リカはその間にも、お祝いの準備を進めていた。 サトミはここ最近の三上との出来事を話しはじめた。 三上から押し倒されたのはきっとフラれたからだと言い、 Sponsored Search 東京ラブストーリー 次回のあらすじ 東京ラブストーリー「7話」のあらすじです。 「それぞれの覚悟」 完治(伊藤健太郎)が家に帰ると部屋が飾り付けられていた。 リカ(石橋静河)は完治の帰りを待ったままソファーで眠ってしまっていた。 完治はリカに謝り、仲直りした二人は誕生日を祝う。 一方、さとみ(石井杏奈)は、数日前の三上(清原翔)からの仕打ちを許すことが出来ず、三上の家を出て、自分の家に帰ってきていた。 三上はさとみと話をしようとするが、取り合ってもらえない。 そして、完治はリカが突然辞表を出したと和賀(眞島秀和)に聞き、一番に相談してもらえなかったことにショックを受け、気持ちをリカにぶつけるのだが…。 引用:公式サイト 以上、最後までご視聴いただき有難うございました。 関連記事.

次の