血液 酸素 濃度 計。 【パルスオキシメーター】自宅で手軽に血中酸素濃度を測定でき、喘息・肺炎などの予兆がわかる!15キロ以上の子供も使えます。

酸素濃度計の販売特集【通販モノタロウ】

血液 酸素 濃度 計

スポンサーリンク 血中酸素濃度の基準値について解説していきます。 血液検査で異常が出てしまった場合のその意味や対策についてです。 血中酸素濃度(SpO2)は 血液中に酸素がどれだけあるかの指標です。 血中酸素濃度の数値はパーセントで表され、基準値は健康な人であれば95から99%と90%台後半が目安です。 これは医療分野にといてはメジャーな指標であり 入院している際には血圧や体温と共に毎日確認の対象となるものです。 ただ、聞いたことがない人にとっては結構多いんだなと思われるかもしれませんね。 この数値が下がっていると、体内に酸素を取り込むまでの過程に異常が発生しているという事であり 心機能や肺機能、もしくは血行障害、気道の詰まりなど 生命の危機となる障害が発生している事が考えられ、早急な対応と処置が必要となります。 スポンサーリンク 血中酸素濃度の基準値は90%台の後半ですが 必ずしもこの基準値を外れたから異常であり早急な処置が必要という訳ではありません。 通常は80%台以下となると自覚症状として息切れや胸苦感が出現します。 特に運動をしている場面で顕著となり 通常の生活動作である歩行や階段昇降など 軽い運動をしているだけでもこのような症状が出現します。 この時に通常は血中酸素濃度が通常値に戻るように 酸素吸引を行ったり、運動を中断するなどの対応と処置を行いますが 人によっては自覚症状の訴えが無い場合もあるので 経過観察をしながら随時必要な対応をすることが求められます。 どんな病気でも自覚症状がないのは怖いですね。 スポンサーリンク.

次の

血中酸素濃度数値が87%は危ないですか?教えてください。ベストアン...

血液 酸素 濃度 計

新コスモス電機 1台 レビュー: 1 【特長】作業者をまもるポケットサイズの酸素計。 厚さ22mm、重さ75gの超薄型軽量タイプ。 単4形アルカリ電池1本で約5,000時間の連続使用可能。 ピーク値メモリ機能、ピークホールド機能搭載。 お手元でのセンサ交換が簡単。 本質安全防爆構造 Exib II BT3 【用途】タンク内、マンホール内、トンネル等地下工事現場、作業員が身につけて作業環境の安全確認と作業員の安全確保に。 酸欠事故防止にお役立てください。 重さ約250gで超小型。 作業者の胸ポケットにも入ます。 5メートルのセンサー延長ケーブルが標準装備のセンサー分離タイプ。 測定濃度はデジタル数字で大画面表示。 ブザーで警報をお知らせ。 電池電圧低下をブザーでお知らせ。 本質安全防爆構造 i3aG4。 日本海事協会 NK 型式承認品 No. 04T613 指定要。 日本舶用品検定協会 HK 検定合格品 指定要。 【用途】タンク内、マンホール内、トンネルなど地下工事現場または、船倉・船底などで、作業員が身につけて作業環境の安全確認と作業員の安全確保に。

次の

酸素濃度計はどこで売ってる?通販サイトや店舗で購入できる場所を調査してみた!

血液 酸素 濃度 計

血中酸素濃度の正常値とは? ある日突然立ちくらみがして倒れた時に、大げさにも救急車で病院に運ばれてしまった事がありました。 その時血中酸素濃度を測定されたのですが、どうやらその時の私の血中酸素濃度は正常値を下回った酸素濃度だったらしく、病院にそのまま搬送されてしまいました。 もちろん本人は気を失っているわけですから、病院で血中酸素濃度を測定して正常値以下だった事などは、後になって教えていただいた事なのですが、血中酸素濃度が正常値を下回ったら、どうして倒れてしまったりするのかとても疑問に思っていたのです。 病院では血中酸素濃度が正常値以下だと、血液中の酸素が薄いために脳や身体が酸素不足になってしまうので、うまく身体が動かせなくなってしまったり、ひどい時には命の危険がある場合もあるのだそうで、それを聞いてちょっと怖くなってしまったのを覚えています。 さて、私の場合は立ちくらみで失神した時に病院に搬送されたのですが、結局原因は極度の貧血が原因だったみたいでした。 実はこれ以外でも血中酸素濃度が正常値以下になる可能性がある場合があるそうです。 それは呼吸困難になってしまった時などにも起こります。 普段学校などで運動をした後に苦しくなったり、具合が悪くなったりする事もありますよね。 実はこの時も血中酸素濃度を測ってみると、正常値以下になっている事が多いのだそうです。 例えば無呼吸症候群などの時にも起こる事があるので注意した方がいいそうです。 血中酸素濃度の正常値と危険な値 入院をした時などに血中酸素濃度を測定する事がありますよね。 特に呼吸が苦しくて酸素を吸っても吸った感じがしないなどと訴えた時などに測定されます。 ちなみに正常な血中酸素濃度はどのくらいなのかというと、96%~99%の間が血中酸素濃度の正常値なのだそうです。 つまりそれ以下だった場合には血中酸素濃度が正常値ではないという事になるそうです。 ただし、私の場合のように普段からそれほど血中酸素濃度が高くないという人の場合には、それ以下であったとしても問題が無い場合もあるそうです。 なので一概に96%以下だからやばいという事もないみたいです。 なのでできれば普段通っているかかりつけの病院で、定期的に血中酸素濃度を測定してもらって、自分の血中酸素濃度の正常値がどのくらいなのかをしっかりと把握しておく必要があるそうです。 なのでたまたま搬送された病院で酸素濃度が低かったりすると、病気の可能性があると言われてしまうわけです。 ただし普段から血中酸素濃度の正常値が低かったとしても、90%を下回る事はほとんど無いと言ってもいいそうなので、もしも血中酸素濃度が90%以下になるようであれば、何か病気が潜んでいる可能性があるので、検査を受けてみた方がいいでしょう。 おそらくですが、誰もが一度くらいは血中酸素濃度を測定してもらった事があると思うのですが、指に洗濯バサミみたいな装置を装着して測定するもので、かかりつけの病院で言えば測定してもらえます。 普段から血中酸素濃度の正常値を測定しておくと、いざという時に速やかに治療ができるのでおすすめです。

次の