デートプラン。 【デートプランの立て方】彼女が喜ぶ5つのポイントと注意点

デートプランの立て方やコースの決め方

デートプラン

デートプランは悩んで当然。 それだけ相手の事が大切だと思っている証拠ですし、とことん悩んで決めても何の問題もありません。 しかし、多くの人がデートプランの作り方を間違えています。 大切なのは「どこに行くか」ではなく、「どうやってデートプランを作るのか」です。 その作り方を知っていれば、相手にも満足してもらえて、余計な時間も使わない。 2人で思いっきり楽しい時間を過ごせると考えています。 ここではデートプラン作りに困ったあなたの為に、失敗しないデートプランの考え方とその作り方、そして成功例を紹介していきます。 デートプランの考え方• デートプランの作り方• 大切なデートを控えたプランニング• 成功例とその内容• まとめ 以上のメニューで順番に紹介していきます。 冒頭でもお伝えしましたが、大切なのは「まずどこに行くか」ではなく「まずどうやって決めるか」です。 この部分を最も2人で話し合うべきだと考えています。 デートプランはどちらかが全てを決めても構いませんし、2人で行きたい場所を提案し合うのもいいでしょう。 でも、相手が勝手に決められてしまう事が嫌だったら?または2人で行きたい場所を提案し合うのが嫌だったら? 大切なのはプランを決める段階なのです。 あらかじめその段階で話し合っておけば、その後に「めんどくさい」や「失敗した」といった感覚も無くなります。 そもそも、楽しいデートの為に必要な事って、そんなに多くはないんです。 ほとんどの人がその考え方が違う為に「相手とぶつかったり」「楽しくなかった」といった結果になる。 大切な人と心から同じ時間を楽しむ為に何度も読み返し、2人だけの正しいデートプランの考え方を身に付けてください。 デートプランの考え方 デートプランはお互いが満足出来るレベルまで話し合う、または突き詰める必要があります。 とは言っても、細かく行く場所を決めたり、分刻みで移動時間まで決定する訳ではありません。 人によっては「何もしない事が好き」「一緒にぼーっとしていたい」と思う事もあるのですから。 では、何をお互いの満足レベルとするのか? もともと他人ですから譲れない部分もありますし、一緒に行きたい場所も、感じ方も違うのが当たり前です。 この時に話し合うのは、デートで行く場所や行きたい場所ではありません。 「今回はどうやってデートプランを決めるか?」 です。 例えば、• 行きたい場所を6個出してサイコロで決める• 地図にダーツを投げて決める• 前から行きたかった場所を2人で一つずつ言う• 今回は彼女が行きたいところに行くけど次は彼氏が行きたいところに行く• 過去に行って楽しかった場所にもう一度行く• 彼氏が考えたデートプランに身を任せる デートプランを立てる方法からすでにデートは始まっています。 もしサプライズ演出を用意する場合でも同じです。 無理やりサプライズに向かわせるのではなく、まずはどうやってデートプランを決めるのかを話し合ってください。 その後に決めたプランの中でサプライズを仕掛ければ効果は何倍にもなり、心から喜んでくれる事でしょう。 価値観を共有し、2人が満足のいくレベルの行動や場所を見つけていく事が大切。 それがデートプランなのです。 自己満足で完成させたデートプランでは、始まりから相手にストレスを与えてしまう可能性もあるんです。 ここで伝えたいのは、あなたの満足が相手の満足とは限らず、お互いが満足のいくデートプランを作るには「どうやってデートプランを決めるのか?」から決めていく必要があるという事。 お互いが満足のいくデートプランは、2人の心の距離を急激に近づける効果があるのです。 では、大切なデートプランの具体的な作り方を説明していきます。 デートプランの作り方 先の説明でデートプランがある程度決まり、場合によってはどこに行くかも決まっていると思います。 ここで説明するのは、ある程度ぼんやりと決まったデートプランを具体的に形にしていく作業になります。 形にしていく為に必要なのは「目的」「場所」「行動」の3つです。 「大体わかっているならわざわざ考える必要もないんじゃない?」 そう思うかもしれませんが、2人が満足出来るデートプランにするためには、「わざわざ考えること」が必要不可欠。 紙に書いてしおりにするくらいの気持ちでもいいのかもしれません。 そこまで考える理由はただ一つ。 「楽しむ為」 学生時代、あなたも修学旅行や遠足に行った事があるのではないでしょうか? その時に少なからず「旅のしおり」を見て「わくわく」する気持ちがあったはずです。 運動会でも同じ事が言えます。 競技の順番や見どころが書いてあると応援する親も楽しみになりますよね。 フランス料理などのコース料理でも、次に出てくる料理が書いてあるとわくわくするものです。 それによって会話が弾む事もあるでしょう。 わざわざ考えたりするその作業自体が楽しみとなり、満足感を増すきっかけになるんです。 では、「目的」「場所」「行動」について詳しく説明をしていきます。 「目的」 簡単に説明すると、2人もしくはどちらかが「何をしたいか」です。 例えば、• テニスがしたい• ジェットコースターに乗りたい• 映画が観たい• 動物と触れ合いたい• 自然などの景色が見たい このように「やりたい事」を決める作業が「目的」にあたります。 「場所」 場所は「目的」により決めます。 例えば、• テニスをやるなら公園、またはテニスコートがある場所• ジェットコースターが乗りたいのであれば遊園地• 映画が観たいなら映画館、またはDVDを借りてくる• 動物と触れ合いたいなら動物園、またはペットショップ• 自然などの景色であれば山、川、海に行く 「目的」により決まる行き先が「場所」になります。 「行動」 「目的」「場所」に応じて決まる行動の事です。 例えば、• 公園でテニスをやるなら何時から何時までで、何が必要でどうやってやるのか?• 遊園地が何時から何時までやっていて、車で、または電車で行くのか? 映画でも動物園でも海に行く場合でも…それぞれ行動が変わります。 ここまで決める事で具多的な「行動」が見えてきます。 ここまでの3つを決める事が出来れば、デートプランの大部分は完成していると言えるでしょう。 「まだあるの?」 ここまででもデートプランとしては十分成立しているのですが、もし、初めてのデートだったら?もし、告白をする大切な勝負デートだったら?プロポーズするなら? 本当にこれだけのプランで良いのでしょうか? 答えはNOです。 大切なデートを控えている方は応用が必要になります。 あくまで先に決めた3つを基準としますが、ここからがデートプラン作成の神髄です。 では、次の項目で詳しく説明していきましょう。 大切なデートを控えたプランニング ここまで来ると具体的にどんなデートをするか、その全体象が見えてきたのではないでしょうか? さて、ここからが大切なプランニングです。 初めてのデート編 もしあなたが決めた、もしくは2人で決めたデートプランが初めてのデートの場合、必要なのは「共有」です。 それは「時間」「経験」「感動」。 前の項目で決めたプランの中に必ず入れておかなくてはいけないもの、それは「何を共有するのか?」です。 例えば、• 会話をする時間を共有するのであれば食事の時間と場所を詳しく考える• 経験を共有するのであれば、お互いが初めてで新鮮さを味わう事が出来る場所やそれが可能な事の準備• 感動を共有するのであれば、季節ごとの旬なイベントや心で感じる景色や場所 とにかく意識するのは「共有」の部分です。 それが初デートで最も大切な事です。 共有するものが多くなればなる程、相手はあなたを必要と感じ、失う事を恐れ、独り占めしたいと思い始める…。 それが恋です。 一目惚れとは過程が異なりますが、独り占めしたいと思う感覚そのものが「恋」なのです。 初デートで「なぜ共有が必要なのか?」はで詳しく説明していますので合わせてご覧ください。 告白編 告白することが目的のプランでも、まず初めに紹介した3つの項目は決めておくことを推奨します。 「あなたが本当に告白出来る状況であるか」がデートプランの流れや雰囲気に左右されるからです。 たとえあなたが告白しようと心に決めていても、デートプランの完成度が低ければ断られる可能性も高くなりますし、雰囲気によっては告白するタイミングやムードが訪れない場合もあるからです。 臨機応変に対応するためにも、先に紹介した3つの項目はしっかりと決めておき、一連の流れを完結出来るようにしておく。 そしてここからが重要です。 告白するのは絶対に帰り際、デートの最後と決めてください。 あえて初めにお伝えしますが、ここで紹介しているのは、相手から必ずOKをもらえる方法ではありません。 あくまでデートプランを作る事です。 途中に告白ポイントを入れてしまえば、その後のデートが台無しになりかねませんので、帰り際に告白する事を約束してください。 今、不安になっていませんか? 「必ずOKをもらえるわけではない」と感じれば誰でも不安になりますよね? 大丈夫です。 あなたが告白を成功させるポイントは「初めてのデート編」でも紹介した「共有」です。 告白するまでの間にあなたは相手とどれだけの時間、経験、感動を共有してきましたか? 今あなたが「そんなに共有していないな」と思ったのであれば告白はまだです。 今あなたが「たくさん共有した!」と思ったのであれば告白は成功するかもしれません。 大切なのは、あなたが相手と共有出来るものがどれだけあるか。 それが多ければ多い程、お互いを「特別な存在」だと感じているはず。 あなたが相手にとって「特別な存在」になれている自覚と自信があれば、告白はいとも簡単に成功する。 今回のデートプランの最後に堂々と「告白」を入れてしまいましょう。 しかし、それまでのデートの雰囲気や時間、相手の都合、色々な理由が重なり、うまく告白出来ないケースも考えられます。 デートの目的は、まずあなた達2人がめいっぱい楽しめるデートプランを作り、実行する事をメインに考えてください。 たくさんの「共有」が生まれていれば、告白は自然に出来ます。 そんなに心配しなくても大丈夫です。 プロポーズ編 がっかりするかもしれませんが、すでにプロポーズをするだけの共有が出来ている2人に伝える事はほとんどありません。 それはすでにあなた達のデートプランは完成しているからです。 「せめてプロポーズする場所はどこがいいの?」 と聞きたくなるかもしれません。 しかし、それだけの時間や経験、そして感動を共有した2人にしかわからない特別な場所があるはずです。 自信を持ってください。 あなた達は、もう誰よりも2人だけの特別なデートを知っていて、それだけの時間を一緒に過ごしているんです。 さらには、これから先もずっとその時間や経験を積み重ねていくのです。 先程決めたデートプランがあれば、もうどのタイミングでも構わないと考えています。 あなたのタイミングで、あなたが最高だと思うプロポーズを相手は最も喜んでくれるのではないでしょうか? 以上です。 それぞれの状況に合わせたプランニングで楽しい時間を過ごす。 2人が楽しめる時間を少しでも多く作る為に、デートプランを考えて、考えて、考えて、考える事は決して無駄ではないんです。 実験で少し試してみてからでもその大切さを実感してほしいと思っています。 では、最後に成功例とその内容について説明していきたいと思います。 2人のデートプランがまだ決まっていない、またはこれから決めるのであればそのきっかけとしてご活用ください。 成功例とその内容 ここで紹介する成功例は、無限にある2人のデートプランの中でもほんの一握りです。 2人だけの特別なデートプランを作る過程で活躍してくれると願い、紹介させて頂きます。 あくまで「きっかけ」程度に考えながら読み進めてください。 「過去に楽しかったデートプランの良かった部分をリピート」 初めて行った時は気が付かなかったポイントで、新しい発見や思い出話が尽きない。 喧嘩した事すら懐かしく感じ、さらに楽しいデートになった。 「一人で考えてばかりだったデートプランを初めて一緒に考えた」 初めは面倒だと投げ出したが、実際に一緒に考え出すと「あれもしたい」「これもしたい」と案を出し合って自分が一番熱心に考えていた。 「雑誌やデート情報を忠実に再現」 全てプラン通りに実行する事もそれなりに楽しめるが、結局最後には2人独自のプランに変わっていくのが楽しい。 途中で起こったイレギュラーが後になって最も楽しいと感じた瞬間だった。 「友達のデートに強制的に参加してダブルデートに」 2人揃ってデートプランを考えるのが苦手だったので、友達のデートに着いて行く事に。 気が付いたら次のデートは自分達だけで考えていた。 「行く場所がない・・・からとりあえずドライブ」 お互い意見が合わない事が多いが、とりあえずドライブ。 喧嘩になる事もあるが、知らない場所を見つけたり、気が付いたら話に夢中になり遠いところまで行ってしまったりと、楽しい思い出ばかりになる。 紹介させてもらったのはほんの一部で、実際には無限のプランが存在します。 それでも2人だけに合ったプランはいくつも存在しないはず。 是非、2人にとって最高のデートプランを見つけて欲しい。 そのお手伝いがこのページを通して出来る事を願っています。 まとめ.

次の

本当は教えたくない初デートのプラン!男の高校生・大学生・社会人は必見!

デートプラン

デートプランの考え方 具体的なコースの決め方をご紹介する前に、まずは「デートプランの考え方」についてです。 デートプランの基本的な考えを理解しておけば、コースもスムーズに作れますよ。 デートプランは男性が考えるもの これは基本中の基本ですが、「デートプランは男性が考えるもの」です。 もちろん、女性側に「どこか行きたいところある?」と、意見を求めるのは必要。 ですが、当日のコースや移動手段、目的地にいる以外の時間はどう過ごすか?などはすべて男性が決めましょう。 中には、ごく稀にデートコースを考えるのが好きな女性もいます。 しかし、 基本的には女性は「受け身」だと思っておいたほうがいいです。 細かく考えすぎない デートコースは「細かく考えすぎない」ことが大事です。 中には、15分単位で細かくデートコースを決めてしまう男性もいますが、あれはNG。 「2時15分に店を出て、2時38分の電車に乗って…」こんな具合に緻密すぎるスケジューリングをすると、いざという時に対応ができません。 時には、女性が突然「トイレに行きたい」と言い出すこともあります。 そこで、「次の電車が乗るから我慢して」とは言えませんよね。 そういう事態を防ぐためにも、 スケジュールは1〜2時間スパンで、大雑把に考えておきましょう。 その方が臨機応変な対応ができますし、自分にも余裕がでます。 候補は複数 「候補は複数用意しておく」これはとても大事な考え方です。 デートでは常に想定外の事態が起こるもの。 例えば、「行きたかったお店が閉まっていた」、「電車が止まっていた」、なんていうことだってあります。 そんな時のために、 デートコースの代案は、複数考えておくのがおすすめ。 その方が、もしもの時に慌てずに済みます。 「お店が閉まってたから今日のデートはもうお終い」というわけにはいきませんからね。 デートプランの立て方 続いては、具体的なデートプランの立て方についてです。 「付き合う前の初デート」、「2回目、3回目」などと状況によって若干立て方が異なります。 それぞれについて見ていきましょう。 デートの時間はどれくらい?何時から? まずは、デート時間の長さです。 「初めてのデート」や「2回目・3回目のデート」では、時間設定が変わってくるので、以下の表にまとめてみます。 女性との関係 時間の長さ 開始時間 初デート 付き合う前 2〜3時間 昼から 夕方でもOK 2回目・3回目 付き合う前 半日 6時間くらい 朝から 昼からでもOK カップル 付きあってる 1日 朝から夜 朝から 付き合う前の初デート時間は「2〜3時間」がベストです。 「それじゃ短いんじゃないの?」と思われた方もいるでしょうが、初デートは短いほうがおすすめ。 付き合ってもいない、お互いのこともまだ知らないのに長い時間一緒にいると、「会話が続かず間が持たなくなってしまうから」です。 そうなると、相手からの印象も悪くなってしまいますよね? 2〜3時間なら、そういう心配もありません。 開始時間は朝か夕方がいいです。 付き合う前の 2回目、3回目のデートをする場合は、半日(6時間くらい)がいいです。 初デートでお互いのことはある程度わかっていますから、半日くらいなら会話が続くはず。 開始時間は昼間で、夜には解散という流れですね。 カップルになれば、当然デートは1日です。 まぁ、カップルですから「間が持たない」みたいな心配もありません。 朝から出かけて、夜に解散する感じです。 移動手段はどうする? 移動手段は目的地によって決めます。 車なのか、バスや電車で行ったほうが近いのかなど、事前にリサーチをしておきましょう。 今はスマホで簡単に路線検索できるので、これに関しては問題ないはずです。 できれば、大雑把で良いので時刻も把握しておくのがおすすめ。 地方の場合、バスの本数などが極端に少ないこともあります。 「バス待ちで1時間女性に退屈させてしまう」こんな失敗をしないためにも、時間確認は必要です。 また、 1日デートの場合、「終電」の時間もチェックしなければいけません。 終電に間に合わず、女性が帰れなくなったらそれは男性の責任。 明日仕事がある場合なんかは、死活問題ですよ。 加えて、もし車を使う場合は、 「目的地に駐車場があるかどうか」は事前に調べましょう。 駐車場を探し回って、目的地付近を何分もウロウロ…これでは、女性が退屈してしまいますからね。 どんな移動手段を使うにしても、事前にリサーチが必要ということです。 メインで行く場所を決める メインで行く場所の決定方法ですが、もし付き合っている場合は「彼女に行きたいところを聞く」のがベスト。 メインの場所はそれでだいたい決まるので、あとはそれ以外のコースを順番に作っていくという感じです。 付き合う前のデートの場合は、必ず男性側がメインの場所を決めてください。 先も触れたように、ほとんどの女性は「デートコースは男性が決めるもの」という認識がありますからね。 男性が決めると言っても、もちろん 「独断」はNG。 当日にいきなり「動物園行くから!」と言われても、女性は困ります。 本当は動物が好きじゃない場合もありますし、女性にも準備があります。 女性に他の行きたい場所があれば、そこで聞き出せるはずです。 女性のリアクションを見ながら、メインの場所を決めてください。 メインの場所ですが、「お互いが楽しめる場所」をモットーに決めるのがおすすめ。 あまり無理して女性に合わせる必要はありません。 こちらが楽しめなければ、その気持は相手に伝わってしまいます。 定番ですが、初デートは「喫茶店でお茶屋ランチ」、2〜3回目のデートは「動物園」か「水族館」、もしくは「映画」なんかがいいですね。 メイン以外の「サブ目的」を考える メインの場所を決めたら、それ以外「サブ目的」を考えていきましょう。 例えば、「半日デートで映画に行く」となった場合。 映画を見ている時間や移動時間を考慮すると、3時間くらいは余計な時間が出来てしまいます。 その間、手持ち無沙汰では女性が退屈しますよね? その時間を潰すために、サブ目的を考える必要があるわけです。 2〜3時間のデートならサブ目的は不要ですが、半日デートからは必要になります。 半日デートなら、「メインの場所に行った後、もしくは行く前にカフェでお茶」という形になるはずです。 ですので、そのためのお店はある程度目星を付けておきましょう。 このお店選びについても、候補は必ず複数用意しておくことです。 満席や定休日などでお店に入れなかったときのことを考慮に入れてください。 食事の場所を考える デートのメイン目的が食事ではない時は、食事の場所も決める必要があります。 その場合は、 女性に「何食べたい?」と聞くのはNG。 基本的に女性は受け身ですから、「なんでもいい!」と答えるパターンが多いです。 それに、心の中では「女に聞かないでよ…」と思っている場合もあります。 その方が女性も答えやすいです。 また、繰り返しになりますが、 候補は複数用意しておくこと。 決めているお店が一つだけだと、定休日などのトラブル、彼女から嫌って言われた場合に対処できませんからね。 もちろん、2〜3時間全てをメイン目的に使ってもいいですが、その前後に「買い物」などをプラスしてもOK。 例えば、• 初デートの場合は、あまり時間が長いのはリスキーなのでこれくらいがベストです。 しかし、時には「思ったより会話が盛り上がったし、このままデートを続けたい」という場合もありますよね。 そういう時のために、 一応その後のコースも考えておきましょう。 考え方は、以下でご紹介する「半日デートコース」の組み立て方を参考にしてください。 半日デートコース(付き合う前の2回目、3回目のデートなど) 半日デートコースの場合、開始時刻によって組み立て方が異なります。 朝〜夕方開始の場合• これはあくまで参考なので、ある程度は自分の好きなように組み替えて問題ありません。 昼から夜にかけての 半日デートの場合は、食事が2回必要な場合もあるので注意しましょう。 女性がお昼ごはんを食べずに来る場合もありますからね。 そういう時のためにも、コースの組み合わせ方も一つではなく、複数候補を作っておくことをおすすめします。 もし、 「デートの後で告白したい、手をつなぎたい」という場合、最後にサブ目的(周辺散策など)を持ってくるといいです。 食事が最後だと、「食べ終わってすぐ解散」になってしまいます。 駅のホームで告白はロマンチックさに欠けますから、公園や眺めのいい場所を選びましょう。 1日コース(カップル向け) 最後は、1日デートの場合についてです。 例えば、• 1日デートの場合は、 サブ目的、食事共に2回以上入ることがほとんどなので、お店選びは入念に行ってください。 また、食事がメインでない場合、「事前にお店の予約は取らない」のがポイント。 予約を取ったお店が、女性の好みではない可能性もありますからね。 予約は取らず、すぐに変更できるようにしておくことです。 時間の長さに関係なく、デートコースの組み立ては、とにかくリスクヘッジが重要。 候補をたくさん用意して、入念な事前調査を繰り返しましょう! 女子が選ぶ夏のおすすめデート服 私が彼氏に着てほしいファッションはカジュアル系ファッションです。 清潔感があって落ち着いているイメージがあるからです。 カジュアル系の服装はデートにピッタリだと思いますし、私が服選びの時に彼氏の服装に合わせやすいと感じました。 デート中に彼氏にリードされたり、頼りたくなる気持ちになります。 靴は清潔で、汚れていない物をはいてほしいです。 ガッカリだった彼氏の服装は黒のTシャツにグレーのスウェット、傷有りのスニーカーです。 スウェットが少し汚れているのを見て、デートなのに、「パジャマを着てきたの?」と思いました。 着てほしくないファッションはハードコア系です。 私の彼氏はパンクロックが好きですが、ハードコア系ファッションだと、彼女の私もパンクロックが好きだと思われてしまう可能性があります。 そういう勘違いはされたくないので、ハードコア系は止めてほしいです。

次の

【デートプランの立て方】彼女が喜ぶ5つのポイントと注意点

デートプラン

スポンサーリンク 付き合う前のデートプラン 付き合う前は定番デートプラン デートコースを考える際、なんとか気の利いたデートをしたい、ちょっと変わったデートをしたい!と思う方は多いでしょう。 しかし、考え過ぎることが結果的に良くない方に繋がることもあるのです。 ですので初めのうちは、よほどの自信がない限り、変に凝りすぎないことです。 デートコース選びには、定番のコースというのがあります。 こういった定番のデートを自然にできる男性に女性は魅力を感じるもの。 出典 デートコースの定番 やっぱり好きな人とデートするなら感動させたり、喜ばせたりしたいものですよね。 だからこそ「他の人とは違うデートをしてやる!」なんて意気込んでしまいがちですが、それをやると大きな失敗につながる可能性が高まります。 付き合う前のデートで大切なことは、どこにいくかよりも、デートを通して二人がどう仲良くなるかということです。 それを勘違いして、デート内容で勝負すると結果的に二度目のデートはなくなるので、基本は王道を狙っていきましょう。 付き合う前のデートは楽しむことが前提 二人っきりのデートだと、恋人の雰囲気を出したくなる気持ちはわかりますがまだここでは抑えましょう。 一応二人の肩書きはまだ「友達」ですから、勘違いしないことが大切です。 相手があなたのことをただの「友達」としか見ていなかった場合、あまり恋人のような雰囲気を出してしまうと困ってしまいます。 出典 いくら王道のデートが良いと言っても、いかにも恋人がいくようなところは少し注意が必要です。 まだ、手をつなぐかどうかもわからない状態なのに、ロマンチックな場所や、ムードなところにいくのは我慢しましょう。 初めのうちは遊園地や映画を見て食事をするようなデートで十分です。 ウインドウショッピングなどはまだまだお互いが気を使いがちなので、それほど楽しめないことになりがちなので、こちらも避けたほうが無難です。 スポンサーリンク 距離を縮めるデート 薄暗い場所には、2人の心の距離を縮める効果があるからです。 また、薄暗い場所では人間の瞳孔は大きくなるんです。 瞳孔が大きくなった目で見つめることで何も言わずして、相手に好意があることを伝えることができるのです。 出典 付き合う前のオススメのデートプランは? 女性側が「少し怖い」と感じるところであれば、男性はそれをサポートしてあげる事が出来ます。 本気で怖いところや嫌悪感のある場所では楽しむことが出来ません。 「少し怖い」ところで、彼女は彼氏を頼り、彼氏は彼女を守ってあげる。 そんなシチュエーションを作り出すことで、二人の距離はぐっと縮まります。 遊園地には「絶叫系」「ホラー系」などそういった場所が沢山ありますが、少し足場の悪いアウトドアなどもオススメ。 出典 せっかくデートをするからにはやっぱり距離を縮めたいものですよね。 そんな時に効果的なのは一緒に過ごす場所を考慮することです。 定番のデートをした後の食事は少し薄暗い場所をチョイスするのがいいでしょう。 また、遊園地に行ったときはかなりの距離を縮めるチャンスが訪れるはずです。 何も考えずに「このあたりが無難かな」というデートプランでも失敗はしないかもしれませんが、 もう一歩踏み込むのであればこのあたりは意識しておきましょう。 スポンサーリンク 成功するデートは女性の希望するプラン 男性側が勝手にここならいいかな?それともここにも行こうかな? とあれこれ決めて自分本位で相手目線にも立たないで考えてはいけないのです。 女性目線の立場に立って一緒に考える方法がベストなのです。 いや、俺が考えるデートのプランだから最高に違いない!とか勘違いしないでプライドとかそういうのを捨てて相手に聞かなきゃいけません。 それが成功するデートプランを練る方法です。 出典 「王道ってどんなデート?」「うーん、思いつかない・・・」と悩むことでしょう。 そんなときは相手にストレートに聞きましょう。 それも立派なコミュニケーションにつながります。 最初は「どこでもいい」「好きなところでいいよ」なんて答えが出てくるかもしれませんが、話をしていると必ず相手の行きたいところへのヒントをつかむことできるはずです。 そうしたら後はその話題で話を広げつつ、相手の行きたいところを聞き出しましょう。 「自分も行きたかった!」というひと言を付け加えれば、相手もあなたに対して身近な存在に思うことになります。 スポンサーリンク 食べる前にテンションが上がるバイキングランチやディナー デートに欠かせないのが、食事でしょう。 どんなスタイルのデートをするにしても、飲食を抜きにしたデートは考えられません。 けれど、まだ付き合う前のデートの場合、ふつうのレストランなどでの食事では、話題に困るということもあるでしょう。 そこでおすすめしたいのが、バイキング形式の食事。 好きなものを好きなだけ取って食べるバイキング料理は、セレクトする楽しみがあり、だれしもテンションが上がるものです。 食事をする前にテンションが上がっているため、食事中にシラケた雰囲気になってしまうことはありません。 また、お互いが選んだ料理を話題にできますし、料理を勧めあったりしながら、自然に打ち解けた関係にもなれるはずです。 相手の好みもわかりますから、それを次回のデートに生かすこともできるでしょう。 最初はランチからでもいいですし、ちょっと奮発して、ホテルのバイキングディナーというのもおすすめ。 二人ともスイーツ好きなら、スイーツバイキングも盛り上がること請け合いです。 相手の好きなアーチストのライブ 付き合う前のデートで、多くの人が気にするのが、「沈黙の時間問題」でしょう。 お互い、まだ相手のことをよく知らないので、緊張もしますし、何を話したらいいのかわからないため、どうしても沈黙してしまう時間が多くなってしまうものです。 そんな沈黙問題をかんたんに解決できる、最適なデートプランがあります。 それは、アーチストのライブ。 ライブ中は、沈黙問題をまったく気にすることはありませんし、また、ライブ後はテンションが上がっているため、自然に話ができるはず。 今楽しんだライブそのものを話題にすればいいのですから、話題に困るようなことにはならないでしょう。 ポイントは、相手が好きなアーチストを選ぶこと。 好きなアーチストのライブを鑑賞して、テンションの上がらない人はいません。 二人共通の、好きなアーチストがいるなら、そのライブがベストです。 スポンサーリンク ムーディで笑いも生まれる水族館デート 人気の定番デートスポットに水族館がありますが。 特に付き合う前に行くスポットとしておすすめです。 視覚的にムーディですから、二人の心の距離を一気に縮めることができます。 たとえば、動物園だと、「匂いが苦手」という人もいるでしょうし、不潔に感じる人も少なくありません。 その点、水族館は、不潔感を与えることはありませんから、誰でも安心して楽しむことができます。 また、次々に目に入っていくる魚たちを話題にすることができますから、会話に困るということもないでしょう。 中には、思わず笑ってしまうような変わった魚や、海洋生物もいますから、和やかな雰囲気にもなるはずです。 最近は展示に工夫を凝らした水族館が増えましたし、イルカなどのショーを楽しめるところも少なくありません。 ですから、かなり長時間、二人の楽しい時間を過ごすことが無理なくできてしまうのです。 サービスエリアやアウトレットモールを巡るドライブデート ドライブも定番のデートですが、付き合う前のデートの場合、「どこへ行ったらいいのかわからない」と悩む人も少なくないでしょう。 そこでおすすめしたいのが、「話題のサービスエリアや、アウトレットモールを目的地にする」というやり方です。 最近は、ユニークなサービスエリアが増えてきましたから、いくつかのサービスエリアを巡ることを目的にすれば、いろいろな楽しみ方をすることができるでしょう。 また、アウトレットモールなどの大型商業施設へ行けば、ショッピングや飲食などを、ゆっくり楽しむことができます。 車で行くのですから、買い物をしても荷物になって困るというような心配はありません。 「衝動買いの楽しみ」を二人で味わうこともできるでしょう。 手ごろなものを二人お揃いで買えば、またとない記念になりますし、二人の距離が縮まることは間違いありません。 付き合う前のデートは王道で攻めよう いかがでしょうか。 とにかく付き合う前のデートプランはそんなに難しく考えすぎないで、楽しむことを最優先にするべきでしょう。 余計な下心は相手に見透かされるものです。 そしてどうしても良い案が出てこなければ、二人で決めるのも仲を縮めるにはとても有効なので積極的に話を聞くべきでしょう。 一度相手の好みをつかめば2回め、3回めのデートはどんどん深い仲になっていくはずですよ。 また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「」もあわせて読んでみましょう。 きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

次の