高橋 翔子。 【岡田ロビン翔子・高橋愛】バレエダンサー・・・?笑

高崎聖子

高橋 翔子

がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「高橋みなみの『これから、何する?』」。 毎週水曜日は、音楽ジャーナリストの高橋芳朗さんとお届け。 7月15日(水)の放送では、数々の名曲を世に送り出してきた作詞家・松本隆さんの曲を特集しました。 高橋芳朗さん(右)とパーソナリティの高橋みなみ の「硝子(ガラス)の少年」やさんの「赤いスイートピー」、の「風をあつめて」などヒット曲は数知れず。 そんな言葉の魔術師が7月16日(木)に71歳の誕生日を迎えるということで、このたびフォーカスを当てることに。 70〜90年代と名曲満載のなか、この日は比較的新しめの2000年以降に松本さんが作詞した曲に絞り、芳朗さんが選出した曲とは……。 田島さんは松本さんの歌詞について「散文詩のようだが歌ってみると滑らか」とのコメントを残しています。 芳朗さんは「夜の街に繰り出すワクワク感を感じる。 口のなかで言葉を気持ちよく転がしている感じもある」とこの曲を評しました。 歌よし、曲よし、アレンジよし」と大絶賛。 曲を聴いたたかみなは「いい曲」とボソリ。 地面すれすれから宇宙にピントを引いていく歌詞の世界観に感動した様子でした。 ハナレグミ」冨田ラボ 「僕の歌詞と冨田さんの曲は完璧な相性」と、松本さん自身がコメントを残したほど冨田さんとの調和が見事に表現されています。 恋人との何気ない1場面を甘美に描いた歌詞で、恋人を腕枕して寝顔を眺めるロマンチックなシチュエーションに、たかみなは思わず「キュンとする。 いいなー」とはにかみました。 久しぶりの本能的な恋に落ちていくさまを「未知の海」という歌詞で表現しているのかなと、たかみな。 芳朗さんは「歌詞の世界にうっとりしてしまう」と話しました。 美しい歌声で船乗りなどを誘惑する精霊を題材にした曲で、「音楽の魅力に引きずり込むというニュアンスで使われているのでは」と分析しました。 この曲は、作曲を筒美京平さんが担当。 太田裕美さんの「木綿のハンカチーフ」や斉藤由貴さんの「卒業」でもおなじみのコンビです。 たかみなは「『まぶたを閉じ』ではなく、『まぶたを伏せながら』というのがいい」と思いを語りました。 tfm.

次の

オリジナル・ラヴ、ゴスペラーズ、中川翔子…“言葉の魔術師” 作詞家・松本隆2000年以降の名作選

高橋 翔子

女優の高橋ひとみが26日、フジテレビ系「ウチくる!?」に出演し、新婚生活の夜の営みについて、あまりの激しさで近所からクレームを受けたことを明かした。 「向こうが50になったばかりで、私が52。 50代同士でもすごいですよ。 新婚だから。 マンションの下の階の人からクレームがきた」と告白。 管理人から苦情を受けた夫は、「うちだって新婚なんですよ」と開き直ったというが、高橋は夫のその態度に「わぁ、素敵と思った」と振り返っていた。 プライベートの赤裸々告白に、MCを務める中山秀征、中川翔子も思わず、苦笑いを浮かべていた。 高橋は2013年に一般男性と結婚。 結婚については、「50代の独身の会というのがあって、そこで知り合った。 お付き合いして2週間で結婚した」と明かしていた。

次の

高橋ひとみ、激しい夜の営みに近所からクレーム 「50代同士でも新婚だから」/芸能/デイリースポーツ online

高橋 翔子

女優の高橋ひとみが26日、フジテレビ系「ウチくる!?」に出演し、新婚生活の夜の営みについて、あまりの激しさで近所からクレームを受けたことを明かした。 「向こうが50になったばかりで、私が52。 50代同士でもすごいですよ。 新婚だから。 マンションの下の階の人からクレームがきた」と告白。 管理人から苦情を受けた夫は、「うちだって新婚なんですよ」と開き直ったというが、高橋は夫のその態度に「わぁ、素敵と思った」と振り返っていた。 プライベートの赤裸々告白に、MCを務める中山秀征、中川翔子も思わず、苦笑いを浮かべていた。 高橋は2013年に一般男性と結婚。 結婚については、「50代の独身の会というのがあって、そこで知り合った。 お付き合いして2週間で結婚した」と明かしていた。

次の