参院 選 2019。 2019 参院選まとめ

注目の当落

参院 選 2019

安倍晋三首相が夏の参院選に合わせた衆参同日選を見送る方針を固めた。 首相は2021年9月の自らの自民党総裁任期満了までに、なお衆院解散・総選挙を仕掛ける構えだが、今後は消費税率10%への引き上げや東京五輪・パラリンピック開催などの重要日程が控える。 首相の解散の選択肢は限られてくる。 首相が同日選を検討した大きな理由は、65議席を獲得して大勝した13年参院選の当選組が改選を迎え、議席減が予想されたためだ。 同日選で組織をフル稼働させれば減少幅を圧縮できると見ていた。 こうした中、自民党が極秘に実施した参院選の情勢調査では、勝敗を左右する改選数1の1人区32のうち、厳しいのは数選挙区にとどまったという。 内閣支持率は堅調で「参院選単独でも政権運営の求心力を確保できる」(首相周辺)と判断したようだ。 とはいえ、首相の残りの党総裁任期を考えると今後の解散のタイミングは多くない。 大きく見ると、 1 年内 2 20年 3 21年の三つに分けられるが、いずれもリスクが付きまとう。 年内を眺めると、10月1日に消費税増税、同22日に天皇陛下の即位を内外に示す国事行為「即位礼正殿の儀」と続く。 消費税増税の際には、公明党が強く推した軽減税率も併せて導入される。 複雑な制度による混乱から消費者の不満が高まることも予想され、公明党内では「批判がうちに向く恐れがある。 しばらく解散は勘弁してほしい」(関係者)との声も漏れる。 年が明けても増税の反動減で景気が落ち込むなどの状況に至れば、20年1月の通常国会の冒頭解散も難しい判断となる。 同年7~9月は東京五輪・パラリンピックが開催されており、解散をぶつけにくい。 21年になると、首相の党総裁任期(9月)、衆院議員の任期満了(10月)まで既に1年を切っている状態。 選択肢が狭まり、「追い込まれ解散」の色彩が濃くなる。 不確定要素が多くなり、内閣支持率が落ち込めば自民党内から首相交代論が出てくる可能性もある。 衆院選準備が遅れていた野党内では安堵(あんど)の声が上がる。 立憲民主党関係者は「ラッキーだ」と話した。 ただ、立憲の枝野幸男代表はツイッターに「86年の同日選は『死んだふり解散』でした」と投稿。 なお警戒を解いていない。

次の

参院選2019 特集: 日本経済新聞

参院 選 2019

参院比例区(改選数50)で、立憲新顔の奥村政佳氏が落選の見込み。 アカペラグルー…• 参院比例区(改選数50)で、芸人で立憲新顔のおしどりマコ氏が落選の見込み。 夫婦…• 参院比例区(改選数50)で、立憲新顔で元東京都北区議の斉藤里恵氏が落選の見込み…• 参院比例区(改選数50)で、立憲新顔でアイドルグループ「モーニング娘。 」元メン…• 参院比例区(改選数50)で、立憲新顔の元格闘家、須藤元気氏が当選確実。 自身のホ…• 参院比例区で、NHKから国民を守る党代表で新顔の立花孝志氏が当選確実。 立花氏は…• 参院比例区(改選数50)で政治団体「れいわ新選組」代表の山本太郎氏が落選の見込…• 参院宮城選挙区(改選数1)で、立憲新顔の石垣のりこ氏が当選確実。 FM仙台アナウ…• 前都議で維新新顔の音喜多駿氏が参院東京選挙区(改選数6)で当選確実。 音喜多氏…• 参院滋賀選挙区(改選数1)で元滋賀県知事・嘉田由紀子氏が当選確実。 立憲民主、…• 立憲新顔の増原裕子氏が参院京都選挙区(改選数2)で落選の見込み。 LGBTら性…• 参院岩手選挙区(改選数1)で自民現職の平野達男氏が落選の見込み。 民主党時代に復…• 参院新潟選挙区(改選数1)で自民現職の塚田一郎氏が落選の見込み。 関門海峡を結ぶ…• 参院大分選挙区(改選数1)で、自民現職の礒崎陽輔氏が落選の見込み。 元首相補佐官…• 参院山形選挙区(改選数1)で、自民現職の大沼瑞穂氏が落選の見込み。 前厚労政務官…• 参院東京選挙区(改選数6)で元都議で立憲新顔の塩村文夏氏が当選確実。 都議1期…• 参院秋田選挙区(改選数1)で、野党統一候補で無所属新顔の寺田静氏が当選確実。 タレントで自民新顔のらくさぶろう(本名・冨永幸伸)氏が参院愛媛選挙区(改選数1…• 参院長野選挙区(改選数1)で、国民民主現職の元国土交通相、羽田雄一郎氏が5回目…• 立憲現職の川田龍平氏が参院比例区(改選数50)で当選確実。 薬害エイズ(HIV)…• 参院静岡選挙区(改選数2)で立憲新顔の政治経済評論家・徳川家広氏が落選の見込み…• 参院愛媛選挙区(改選数1)で、野党統一候補で無所属新顔の永江孝子氏が当選確実に…• 参院沖縄選挙区(改選数1)で、無所属新顔の高良鉄美氏が当選確実。 琉球大名誉教授…• 参院比例区(改選数50)で、立憲新顔で元東京都豊島区議の石川大我氏が当選確実。 参院比例区(改選数50)で、自民現職の和田政宗氏が当選確実になった。 元次世代の…• 参院広島選挙区(改選数2)で、自民現職の溝手顕正氏が落選の見込み。 元防災担当…• 立憲新顔の亀石倫子氏が参院大阪選挙区(改選数4)で落選の見込み。 弁護士としてG…• 参院比例区で、維新新顔の鈴木宗男氏が当選確実。 鈴木氏は新党大地代表で元衆院議…• 参院比例区(改選数50)で、社民前職の吉田忠智氏が当選確実。 2013年に社民党…• 参院東京選挙区(改選数6)で自民現職の丸川珠代氏が3回目の当選確実。 テレビ朝日…• 参院比例区で、れいわ新顔で特定枠2位の木村英子氏が当選確実。 木村氏は重度障害が…• 参院比例区で、れいわ新顔で特定枠1位の舩後靖彦氏が当選確実。 舩後氏は筋萎縮性側….

次の

#参院選2019 の全政党公約を一覧で比較!政策・マニフェストから投票先を選ぼう|第25回参議院選挙 政党公約比較表 | 日本最大の選挙・政治情報サイトの選挙ドットコム

参院 選 2019

安倍晋三首相が夏の参院選に合わせた衆参同日選を見送る方針を固めた。 首相は2021年9月の自らの自民党総裁任期満了までに、なお衆院解散・総選挙を仕掛ける構えだが、今後は消費税率10%への引き上げや東京五輪・パラリンピック開催などの重要日程が控える。 首相の解散の選択肢は限られてくる。 首相が同日選を検討した大きな理由は、65議席を獲得して大勝した13年参院選の当選組が改選を迎え、議席減が予想されたためだ。 同日選で組織をフル稼働させれば減少幅を圧縮できると見ていた。 こうした中、自民党が極秘に実施した参院選の情勢調査では、勝敗を左右する改選数1の1人区32のうち、厳しいのは数選挙区にとどまったという。 内閣支持率は堅調で「参院選単独でも政権運営の求心力を確保できる」(首相周辺)と判断したようだ。 とはいえ、首相の残りの党総裁任期を考えると今後の解散のタイミングは多くない。 大きく見ると、 1 年内 2 20年 3 21年の三つに分けられるが、いずれもリスクが付きまとう。 年内を眺めると、10月1日に消費税増税、同22日に天皇陛下の即位を内外に示す国事行為「即位礼正殿の儀」と続く。 消費税増税の際には、公明党が強く推した軽減税率も併せて導入される。 複雑な制度による混乱から消費者の不満が高まることも予想され、公明党内では「批判がうちに向く恐れがある。 しばらく解散は勘弁してほしい」(関係者)との声も漏れる。 年が明けても増税の反動減で景気が落ち込むなどの状況に至れば、20年1月の通常国会の冒頭解散も難しい判断となる。 同年7~9月は東京五輪・パラリンピックが開催されており、解散をぶつけにくい。 21年になると、首相の党総裁任期(9月)、衆院議員の任期満了(10月)まで既に1年を切っている状態。 選択肢が狭まり、「追い込まれ解散」の色彩が濃くなる。 不確定要素が多くなり、内閣支持率が落ち込めば自民党内から首相交代論が出てくる可能性もある。 衆院選準備が遅れていた野党内では安堵(あんど)の声が上がる。 立憲民主党関係者は「ラッキーだ」と話した。 ただ、立憲の枝野幸男代表はツイッターに「86年の同日選は『死んだふり解散』でした」と投稿。 なお警戒を解いていない。

次の