いたち やま が くいん。 《オリーヴ》 菊田一平30

石倉町の延命地蔵の水

いたち やま が くいん

この記事はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2018年9月) 伊太地山伝兵衛(いたちやま でんべい、 - )は日本の歌手、ギタリスト。 生まれ 水瓶座AB型。 活動の主をライブとし全国で展開する。 その数は毎年200本を越えるツアーミュージシャン。 慶應大卒、もと銀行員の経歴を経て1994年東芝EMIから『Wesが聴こえる』でメジャーデビュー。 既成概念にとらわれず自由なスタイルで多数のアーティストと共演。 熟した大人の魅力溢れる歌声で、全国に熱狂的な幅広い層のファンが存在している。 2013年11月15日、胆嚢炎から引き起こされた敗血症で死去。 56歳没。 音楽基盤~SOUND STYLE [ ] 、を好んで弾いていた1970年代の思春期、の複雑なコードテンションの響きに魅了され、このボサをきっかけにや等、次第にの世界へとのめり込んでいく。 それらの思春期に触れてきた各ジャンルの要素はその後何一つ削られることなく彼の音楽基盤となり、結果的に伝兵衛ならではの「ジャズフレーバー溢れるサウンドで楽曲を包み込み、親しみのある日本語の歌詞を耳に入りやすいポップな音にのせ、温かくて深いブルージーな声で心に届ける」という、バランスよく実に繊細で多彩な要素を含んだサウンドスタイルとなる。 活動の軌跡~STAGE STYLE [ ] 1985年に上京しギターデュオからのライブ活動が後にメンバーを加え、1987年バンド「」となる。 、、、、 、等と全国各地で共演し、1993年初アルバム「」をリリース。 翌1994年から「WESが聴こえる」でメジャーデビューを果たす。 ディスコグラフィ [ ] Album• 1993 伊太地山伝兵衛商会「Wesが聴こえる」• 1994 伊太地山伝兵衛「Wesが聴こえる」東芝EMI• 1997 伊太地山伝兵衛商会「The Third Period」• 1999 DUST「DUST」• 2000 DUST「西風」• 2001 DUST-PONTA「DUST-PONTA LIVE」• 2002 伊太地山弦楽団「たびのつづき」• 2004 伊太地山伝兵衛「猫にジャズ」• 2004 伊太地山伝兵衛「続たびのつづき」• 2006 伊太地山伝兵衛「伝兵衛、佐山を唄う」• 2008 伊太地山伝兵衛&村上PONTA秀一「伝PON楽団」• 2009 伊太地山伝兵衛「ENCORE」• 2010 伊太地山伝兵衛&石井康二DUO「薄利多売」• 2011 DUST「DUST4」• 2012 伊太地山伝兵衛「続々たびのつづき」• 2012 伊太地山伝兵衛「唄伝兵衛」• 2013 DEPONATION「#1」 Single•

次の

富山市 洪水ハザードマップ

いたち やま が くいん

洪水ハザードマップとは 富山市洪水ハザードマップは、大雨によって対象河川で洪水が発生し、堤防からあふれたり、堤防が決壊したりして、河川の水が流れ出した場合を想定しています。 (このように河川からあふれ出した洪水のことを『外水』と呼んでいます。 ) その時に想定される最大の浸水の範囲や深さを色別に表示し、さらに、皆さんが避難する避難場所などを地図上に記載したものとなっており、水害に対する備えの強化や災害時の自主的な避難行動に役立てていただくために作成したものです。 「洪水ハザードマップ」の地区詳細図を見ると、洪水時に想定される浸水の状況や避難場所の位置を確認することができます。 地域やご家族の皆さんで、洪水時の避難について考えてみましょう。 洪水氾濫予測の対象となっている河川一覧(富山市内) 河川名称 作成主体 浸水想定区域 指定年月日 想定した大雨の 頻度等 想定した計画降雨 (想定雨量) 常願寺川 国土交通省 富山河川国道 事務所 平成14年9月20日 150年に1回程度 常願寺川流域の 2日間総雨量498mm 神通川 平成14年9月20日 150年に1回程度 神通川流域の 2日間総雨量264mm 西派川 平成14年9月20日 150年に1回程度 神通川流域の 2日間総雨量264mm 井田川 平成18年7月25日 100年に1回程度 井田川流域の 2日間総雨量254mm 熊野川 平成18年7月25日 100年に1回程度 熊野川流域の 2日間総雨量276mm いたち川 富山県土木部 河川課 平成18年3月29日 50年に1回程度 流域全体に24時間総雨量208mm, ピーク時の1時間に66mmの降雨 土川 平成18年3月29日 大正3年8月降雨 流域全体に24時間総雨量217. 5mm (大正3年8月)の降雨 熊野川 (県管理) 平成18年3月29日 50年に1回程度 流域全体に24時間総雨量210mm, ピーク時の1時間に45. 9mmの降雨 山田川 平成19年6月22日 50年に1回程度 流域全体に24時間総雨量237mm 上市川 平成19年6月22日 昭和44年8月10日降雨 上市川流域の24時間総雨量273. 8mm (山地391mm,平地235mm) 白岩川 平成19年6月22日 50年に1回程度 流域全体に24時間総雨量232. 周囲の状況に十分に注意してください。 洪水ハザードマップの種類について 洪水ハザードマップは、「河川別図」、「全体図」、「地区詳細図」の3種類の地図で構成されています。 平成30年8月現在の情報を掲載した「避難場所一覧」、「避難場所新旧対照表」も併せて確認し、洪水時の避難場所を把握しておきましょう。 河川別図 洪水氾濫予測を行った、常願寺川、神通川、西派川、井田川、熊野川、いたち川、土川、山田川、上市川、白岩川および坪野川において、浸水が想定される地域を河川別に表示した地図です。 地図名称 ハザードマップの基となる浸水想定区域図の公示図書が閲覧できるサイト 対象河川 ハザードマップ 【作成時期】 河川別図 下記以外の7河川 【平成18年6月】 白岩川、上市川 【平成21年3月】 山田川、坪野川 【平成21年3月】 国管理河川:常願寺川、神通川、西派川、井田川、熊野川(国管理区間) 県管理河川:いたち川、土川、熊野川(県管理区間)、白岩川、上市川、山田川、坪野川 全体図 洪水氾濫予測を行った上記11河川ごとに浸水が想定される地域を重ね合わせ、各河川ごとに想定される浸水深さが最も深くなるものを「想定浸水深さ」として表示し、市域全体を1枚にまとめたものです。 富山市が避難場所として指定した施設(平成30年8月現在)の位置と浸水想定区域を図示したものは、「一覧・全体図」から確認できます。 また、平成18年6月作成時の避難場所情報で変更が生じたものを、平成30年8月現在の避難場所情報と対比した「避難場所新旧対照表」は下表で確認できます。 対象河川の浸水想定区域を1つに重ね合わせ、河川ごとに想定される浸水深さがもっとも深くなるものを「想定浸水深さ」として表示しています。 富山市が避難場所として指定した施設(平成30年8月現在)の位置と浸水想定区域を図示したものは、「避難場所一覧」から確認できます。 また、平成18年6月作成時の避難場所情報で変更が生じたものを、平成30年8月現在の避難場所情報と対比した「避難場所新旧対照表」は下表で確認できます。 「Get ADOBE READER」ボタンをクリックしてください。

次の

富山市 洪水ハザードマップ

いたち やま が くいん

洪水ハザードマップとは 富山市洪水ハザードマップは、大雨によって対象河川で洪水が発生し、堤防からあふれたり、堤防が決壊したりして、河川の水が流れ出した場合を想定しています。 (このように河川からあふれ出した洪水のことを『外水』と呼んでいます。 ) その時に想定される最大の浸水の範囲や深さを色別に表示し、さらに、皆さんが避難する避難場所などを地図上に記載したものとなっており、水害に対する備えの強化や災害時の自主的な避難行動に役立てていただくために作成したものです。 「洪水ハザードマップ」の地区詳細図を見ると、洪水時に想定される浸水の状況や避難場所の位置を確認することができます。 地域やご家族の皆さんで、洪水時の避難について考えてみましょう。 洪水氾濫予測の対象となっている河川一覧(富山市内) 河川名称 作成主体 浸水想定区域 指定年月日 想定した大雨の 頻度等 想定した計画降雨 (想定雨量) 常願寺川 国土交通省 富山河川国道 事務所 平成14年9月20日 150年に1回程度 常願寺川流域の 2日間総雨量498mm 神通川 平成14年9月20日 150年に1回程度 神通川流域の 2日間総雨量264mm 西派川 平成14年9月20日 150年に1回程度 神通川流域の 2日間総雨量264mm 井田川 平成18年7月25日 100年に1回程度 井田川流域の 2日間総雨量254mm 熊野川 平成18年7月25日 100年に1回程度 熊野川流域の 2日間総雨量276mm いたち川 富山県土木部 河川課 平成18年3月29日 50年に1回程度 流域全体に24時間総雨量208mm, ピーク時の1時間に66mmの降雨 土川 平成18年3月29日 大正3年8月降雨 流域全体に24時間総雨量217. 5mm (大正3年8月)の降雨 熊野川 (県管理) 平成18年3月29日 50年に1回程度 流域全体に24時間総雨量210mm, ピーク時の1時間に45. 9mmの降雨 山田川 平成19年6月22日 50年に1回程度 流域全体に24時間総雨量237mm 上市川 平成19年6月22日 昭和44年8月10日降雨 上市川流域の24時間総雨量273. 8mm (山地391mm,平地235mm) 白岩川 平成19年6月22日 50年に1回程度 流域全体に24時間総雨量232. 周囲の状況に十分に注意してください。 洪水ハザードマップの種類について 洪水ハザードマップは、「河川別図」、「全体図」、「地区詳細図」の3種類の地図で構成されています。 平成30年8月現在の情報を掲載した「避難場所一覧」、「避難場所新旧対照表」も併せて確認し、洪水時の避難場所を把握しておきましょう。 河川別図 洪水氾濫予測を行った、常願寺川、神通川、西派川、井田川、熊野川、いたち川、土川、山田川、上市川、白岩川および坪野川において、浸水が想定される地域を河川別に表示した地図です。 地図名称 ハザードマップの基となる浸水想定区域図の公示図書が閲覧できるサイト 対象河川 ハザードマップ 【作成時期】 河川別図 下記以外の7河川 【平成18年6月】 白岩川、上市川 【平成21年3月】 山田川、坪野川 【平成21年3月】 国管理河川:常願寺川、神通川、西派川、井田川、熊野川(国管理区間) 県管理河川:いたち川、土川、熊野川(県管理区間)、白岩川、上市川、山田川、坪野川 全体図 洪水氾濫予測を行った上記11河川ごとに浸水が想定される地域を重ね合わせ、各河川ごとに想定される浸水深さが最も深くなるものを「想定浸水深さ」として表示し、市域全体を1枚にまとめたものです。 富山市が避難場所として指定した施設(平成30年8月現在)の位置と浸水想定区域を図示したものは、「一覧・全体図」から確認できます。 また、平成18年6月作成時の避難場所情報で変更が生じたものを、平成30年8月現在の避難場所情報と対比した「避難場所新旧対照表」は下表で確認できます。 対象河川の浸水想定区域を1つに重ね合わせ、河川ごとに想定される浸水深さがもっとも深くなるものを「想定浸水深さ」として表示しています。 富山市が避難場所として指定した施設(平成30年8月現在)の位置と浸水想定区域を図示したものは、「避難場所一覧」から確認できます。 また、平成18年6月作成時の避難場所情報で変更が生じたものを、平成30年8月現在の避難場所情報と対比した「避難場所新旧対照表」は下表で確認できます。 「Get ADOBE READER」ボタンをクリックしてください。

次の