ミスター ドーナツ 食べ 放題 大阪。 ミスタードーナツ 伏見ショップ

ミスドを凌駕! 500円でドーナツ13種類食べ放題店が悶絶! インスタ映え最高

ミスター ドーナツ 食べ 放題 大阪

が60分間食べ放題の「ドーナツビュッフェ」が北海道札幌市のミスタードーナツすすきのショップで2016年6月1日〜14日までの期間限定で行われていましたが、北海道だけでなく、東京のミスタードーナツ 大山ショップと大阪の江坂芳野町ショップでも同じくドーナツビュッフェが期間限定で開催されています。 ミスタードーナツだけで胃袋を満たせるまたとない機会なので、実際にお店に行ってどんなものなのか確かめてきました。 ミスタードーナツの江坂芳野町ショップに到着。 江坂芳野町ショップはに併設されたお店で、住所は「芳野町5-32」 店頭にはドーナツビュッフェのポスターが貼り出されていました。 価格設定などは店舗によって異なるようで、大山ショップは60分で大人が税込1000円・子どもが税込500円でしたが、江坂芳野町ショップは大人が税込1200円・子どもが税込600円となっています。 お店に入ると、真ん中にある大きなテーブルに…… 「ドーナツビュッフェご予約席」の札。 ミスタードーナツではレジカウンター下のショーケースにドーナツが並べられているスタイルをよく見かけますが、江坂芳野町ショップはパン屋さんのように商品が陳列されています。 オールドファッション・フレンチクルーラーという定番のドーナツから、6月から提供がスタートしたも置かれています。 2016年1月に販売が開始されたクリームブリュレドーナツも発見。 ドーナツポップは自分で好きなものを取る形でした。 「ミスタードーナツにこんなのあったっけ???」という商品も並んでいます。 ドーナツビュッフェは事前予約が必須ではないのですがオススメされていて、事前に電話で予約すれば、ビュッフェに備えて商品が補充されます。 この時も、お店で予約名を告げると店員さんが空のバスケットに商品を補充してくれました。 ビュッフェの前には以下のようなバインダーを受け取ります。 ドーナツは1回の注文につき3個まで選択可能であること、時間終了の5分前がラストオーダーであること、持ち帰り・食べ残しができないこと、ビュッフェを注文していない人とのシェアは不可であることなどが注意事項として書かれています。 まずはレジにて料金を払うと…… ドーナツビュッフェカードをゲット。 ドーナツを取るごとに、レジに行ってこのカードを提示すればOK。 なお、別途税込324円をプラスすることでドリンク飲み放題にすることも可能。 ドリンクステーションと呼ばれるコーナーがあるので、ここで好きなだけコーヒー・紅茶をゲットすることができます。 ということで、さっそくドーナツを選んで…… 食べ放題がスタート。 まず1人目の編集部員はショコラヴィアナブロートチョコ 税抜160円 、塩ドーナツ・めんたいマヨ 税抜140円 、ドーナツポップを選択。 2人目の編集部員はポン・デ・黒糖 税抜100円 、手作りイーストドーナツストロベリー 税抜140円 、チョコファッション 税抜120円 を選択。 3人目の編集部員はハムと野菜のタルティーヌ 税抜250円 、クリームブリュレドーナツ 税抜160円 、エンゼルフレンチ 税抜120円 を選びました。 ドーナツポップは1つだけ選んでも、複数個選んでもドーナツ1種類としてのカウントです。 ということでさっそく食べていきます。 まずは、6月の発売されたばかりのの塩ドーナツ・めんたいマヨから。 表面がカリッと揚げられていて、まったりした明太マヨとの相性がいいです。 ドーナツは温めをお願いすることも可能。 クリームブリュレドーナツは、なめらかなカスタードクリームから、バニラビーンズの香りがふわっと広がります。 ハムと野菜のタルティーヌはミスタードーナツの店舗の中でも一部のお店でだけ扱われている商品。 こんな感じで、生地の裏面にまでしっかり焼き目がついており、「パン」というよりは「ピザ」に近い食べ物。 中はもっちり、外はカリッとした食感です。 ショコラヴィアナブロートチョコもパクパク食べていきます。 食べ進めるごとに確信を持っていったのは、「いつものミスタードーナツよりもおいしい……!」ということ。 具体的に言うと、「カリッ」「もちっ」「ふわ……」という生地の食感のそれぞれの度合いが通常店舗のドーナツのそれを振り切っており、例えばショコラヴィアナブロートチョコについて言うと生地のサクサク感が非常に軽く、揚げすぎて固くなっていることも、時間がたって湿ったような食感になることもなく、まさに絶妙な食感になっています。 「ドーナツ食べ放題といっても、油で気持ち悪くなってすぐに限界を迎えてしまうのでは?」と思っていましたが、全体的に仕上がりが軽いので、3つ食べきった段階で油で胃がもたれることはありませんでした。 ブリオッシュトースト・ツナメルト 税抜250円 、ポン・デ・リング 税抜100円 、手作りイーストドーナツ 税抜160円 をさらに追加します。 ブリオッシュトースト・ツナメルトも、一部の店舗でのみ販売されている商品。 ふわふわの生地の中にはたっぷりツナが入っていて、ツナを包みこむチーズはカリカリになるまで焼かれています。 量的には多いのですが、ドーナツで口が甘くなるので、総菜系のパンを間に挟むといい感じにメリハリができました。 別の編集部員は手作りイーストドーナツ・チョコ 税抜140円 、クロワッサンマフィン・チーズクリーム 税抜180円 、えびとアボカドのタルティーヌ 税抜250円 をゲット。 えびとアボカドのタルティーヌは、えびもアボカドもたっぷり入っており、特にえびは身が大きくプリプリの食感が楽しめました。 タルタルはややあっさりした味わいで、ぷりっとしたエビとなめらかな食感のアボカドにタルタルの相性は抜群です。 ただボリュームのあるトーストなので、小食な人であればこれ1つで満足できそうなレベルでした。 クロワッサンマフィン・チーズクリームは、中にたっぷりとチーズクリームが入っています。 生地のサクッとした食感がまろやかなチーズクリームが甘さを引き立てていますが、軽そうな見た目に反してかなりずっしりと食べ応えのある1品なので、食べ終わると急にお腹がふくれます。 ドーナツの注文は1度に3個までなので、お腹に自信があまりない人は少しずつドーナツを追加してもOK。 ということで、今度はソーセージのさくさくデニッシュ 税抜230円 と手作りイーストドーナツ・ハニー 税抜140円 を注文。 ソーセージのさくさくデニッシュは生地からバターの風味が感じられ、内側はしっとりとしているのですが、外側の食感はとても軽く、サクサクです。 ソーセージはぷりっとジューシーで、総菜系のデニッシュですが、ペロリと平らげられました。 見た目がハニーディップなこのドーナツは、「手作りイーストドーナツ・ハニー」という異なる名称です。 シュガーコーティングがしてあるところはハニーディップと同じですが、生地はキメが細かく、高級感さえ感じるほどふわふわのフカフカでした。 さらに、クリームブリュレドーナツ・アップルシナモン 税抜160円 、手作りイーストドーナツ・エンゼルクリーム 税抜140円 、フィナンシェドーナツ・シナモン 税抜120円 などを注文し、ひたすらもぐもぐ食べていきます。 開始から30分をすぎたあたりから急激にお腹がふくれはじめ、しかし食べ残し厳禁なので、ドーナツを1個ずつ追加していくというスタイルにチェンジする編集部員も。 ポン・デ・リングは表面はしっかりとしているのに噛むとふわっとした食感で、食べ進めると後からもちもちさがついてきます。 えびとアボカドのタルティーヌは2個目。 ポン・デ・黒糖も2個目を食べていきます。 手作りイーストドーナツ・シュガー 税抜140円 は食感が軽いので、満腹感を感じている時でも入りやすかったです。 最後はドーナツポップを胃の隙間にまで詰め込んで終了。 ドーナツビュッフェに挑戦した結果、女性編集部員が7個、男性編集部員が8個と10個のドーナツを完食。 価格で言うと、7個で税込1199円、8個で税込1318円、10個で税込1750円だったので、60分税込1200円という価格設定は女性であれば元がとれるかとれないかぐらいで、男性であっても1200円オーバーを目指そうとするとかなり厳しい戦いを求められていました。 いずれのドーナツも油がしつこくなく、軽く仕上がっており普段のドーナツよりは食べやすいので、「手作りイーストドーナツ」などの種類であれば予想以上にお腹に入っていきますが、総菜パンはかなりずっしりと胃にたまるので、食べるタイミングには注意すべきだと感じました。 お店の人によると、18個のドーナツを完食する人もいたそうなので、ドーナツで胃袋をみちみちに満たしたい、という人はぜひチャレンジしてください。 なお、ドーナツビュッフェは2016年7月15日 木 までとなっています。 外部サイト.

次の

ミスドが1200円で食べ放題!ミスタードーナツの「ドーナツビュッフェ」に行ってみた

ミスター ドーナツ 食べ 放題 大阪

2016年6月1日~14日までの期間限定で、北海道札幌市のミスタードーナツすすきのショップで、超うらやましいイベントが開催されていた。 それは、「ドーナツビュッフェ」である。 ビュッフェ、つまり食べ放題だ。 料金はなんと大人1000円! 子ども500円!! コスパ良すぎるだろ! 札幌の人、マジでうらやましい!! そう思っていたら、実は東京都内で1店舗だけ実施していたことが、独自の調査で判明した。 6月後半は他の商品のフェアで中断していたのだが、7月1日から復活! 15日まで開催しているぞ!! 実際に体験してみたら、お得すぎてめっちゃ笑った!! ・完全予約制 都内唯一の実施店舗に関する情報は、文末に記載しているので、そちらを参考にして頂きたい。 ちなみに完全予約制なので、フラリとお店に行っても、ビュッフェに参加できないぞ。 ドーナツビュッフェは1000円で、陳列してある商品をどれでも食べ放題だ。 これに指定のドリンク飲み放題をつけると、プラス200円となる。 食べ放題 + 飲み放題で1200円は安い! ・一度に3個ずつ 参加するに当たっていくつかルールがある。 まず、一度に取れるドーナツは3個ずつ。 食べ終わった段階で、おかわりを取りに行くことができる。 実施時間は、最初の3個を取って着席してから60分間。 ラストオーダーは終了10分前。 持ち帰り、シェアは禁止。 食べ残しにペナルティーはないのだが、「ご遠慮ください」と注意書きしてある。 飲み物は、コーヒーやコーラ、バレンシアオレンジ100%ジュースなど、全14種だ。 おかわりする際は、レジでビュッフェカードの提示をしなければならない。 さ~て、何を食べようか! この日、陳列してあった商品はすべてが対象だったので、何から取ったらいいのかわからない。 チョコファッションもいいし、フレンチクルーラーもいい。 ・どれから食べれば良いのか? ポン・デ・リングも気になるし、新しいところではクロワッサンマフィンも、フィナンシェドーナツも気になる。 え~い! 決められない。 全部食うつもりで行くか!! ・クロワッサンマフィンは注意 ということで、まずは私(佐藤)が一番好きなチョコファッションとポン・デ・リング、クロワッサンマフィンのチョコアーモンドをチョイスした。 最近のヒット商品、クロワッサンマフィンをはじめに選んだのは、ちょっと失敗だった。 というのも、結構食べづらい。 スピード感を出そうとしても、勢いよく食べることができないのだ。 美味しいのはたしかだけど、数食いたいと思ったら、ちょっと負担になってしまう。 ・フィナンシェドーナツは結構重いぞ 次にポン・デ・エンゼル、チョコチュロ、フィナンシェドーナツの3種。 ここでまたしても、ちょっとした選択ミス。 フィナンシェドーナツはウマいのだが、意外と脂っぽく、これまた数を食べるとなると、結構重い……。 このままでは10個も行かないかも、マズイ! ・救世主塩ドーナツ ここで意外な救世主があることを発見! それは塩ドーナツだ。 甘い商品が続いたあとで食べる塩ドーナツはめっちゃウマい! 3皿目は、ポン・デ・黒糖、抹茶黒みつスティック、塩ドーナツだ。 ここまでで9皿、時間は残り30分。 とりあえず10個はクリアしたいと思い、次は2個おかわり。 オールドファッション抹茶とポン・デ・リングだ。 ポン・デ・リングは重さがないので、食べ放題後半でも負担にならない。 ポン・デ・リングを繰り返しおかわりするのもアリかもしれない。 ・約1600円もお特に! 最後の最後に、オールドファッションシナモンをおかわりして、終了時間を迎えた。 最終的に60分で12個のドーナツを食べた。 通常価格の場合、ドーナツだけで1756円分。 これにカフェオレ2杯(604円)にオレンジジュース(259円)とウーロン茶(194円)1杯ずつを飲んだので、そのドリンク代を加えると、 通常価格だった場合の合計金額は2813円! それが1200円!! ・最高記録は60分で30個!! 約1600円分も得したじゃないか!! このイベント、コスパ高すぎるだろ、マジで! ちなみにこれまでの食べ放題最高記録は、60分で30個なのだとか。 そんなに食えるのか!? ドーナツビュッフェに参戦したい人は、要予約なので注意して欲しい。

次の

ミスドが1200円で食べ放題!ミスタードーナツの「ドーナツビュッフェ」に行ってみた

ミスター ドーナツ 食べ 放題 大阪

2016. 訪問したのは、静岡県の浜松鍛冶町ショップ。 おかわりは、終了時間の書かれたカードをレジに持って行き注文するシステム。 ドーナツは1回に3つ選べます。 見てください。 この素晴らしいディスプレイ! 美味しいドーナツがさらに美味しく見えます。 食べ放題のドーナツはこのショーケースの中のドーナツ全部が対象でした。 ドーナツポップの6種類も入れると全部で40種類くらい。 (食べ放題のメニューは店舗や時期によって変わります) あれ!? 私が一番食べたかった塩ドーナツがない! クロワッサンマフィンも! ショックを隠せないままスタート! 憧れのドーナツ食べ放題、いくつ食べれる? 前日から、一番始めは塩ドーナツ(めんたいマヨ)とメープルリングとポンデエンゼルって決めたのに、塩ドーナツもメープルリングもない…(泣) とりあえず食べたいのを選んだ。 1皿目• ポン・デ・黒糖• チョコリング• カスタード&エンゼルクリーム(夢のドーナツ) 塩ドーナツなどの変わりに 「夢のドーナツ」があったのは嬉しい。 カスタード&エンゼルクリームは2日前に食べたばかりだけど、常温でも美味しかった。 順番なので仕方ないけど、60分のうちの5分は大きい。 手をベタベタにしながら必死で食べたのに…もっとゆっくり食べれば良かったなと、さすがの私もイライラした。 2皿目• ポン・デ・エンゼル• ハニーディップ• ストロベリーチュロ 3皿目からは順調におかわりできた。 ここの店舗はショーケースなので、セルフと思うと店員さんに取ってもらう時間はかかる。 けど、店員さんはとても手際が良く、皆さん感じが良かった。 ポン・デ・シュガー• ダブルクリームフレンチ(夢のドーナツ)• エビグラタンパイ そろそろ塩気が欲しくなってきたのでエビグラタンパイが美味しかった。 ポン・デ・シュガーもあまり見かけないので久しぶりに食べて美味しかった。 4皿目 まだ行けそう。 ダブルチョコレート• フランクパイ• ポン・デ・リングプレーン(夢のドーナツ) ここで大好きなダブルチョコレート。 まだまだ行けそうだと思っていたけど、このチョコ生地が思ってたより重かった。 フランクパイとポン・デ・リングプレーンも甘さ控えめなので、味変に美味しかった。 ドリンクは注文すると、作ってテーブルまで持ってきてくれる。 待ち時間を少しでもなくす配慮が嬉しい。 塩味が欲しかったけど、スープは対象外。 5皿目 ラスト15分前。 きなこリング• チョコ&ストロベリーファッション(夢のドーナツ)• ドーナツポップ(8個入り) 口の中が甘くてなかなか口に入らない。 お腹いっぱいというより口が甘くて受け付けない感じ。 もうムリだと思って、ドーナツ15個で終了。 オールドファッション系は水分がないと食べれないので、最後は水をもらって食べた。 塩ドーナツがあればもしかしたら6皿目行けたかもしれないけど分からない。 もっとメニューに塩っぽいのがあると嬉しいけどね。 ケーキバイキングのように、からあげとかフライドポテトとか… 飲茶や麺類も対象になると最高だけど(笑) あと思ったのは、オーダーが3つづつというのが面倒だった。 最初は3つで、2回目以降は好きな数をオーダーできるようになるといいな。 (食べ残しできないことは分かっているので) ケンタッキーの食べ放題も2回目以降は好きな数でした。 初めての ひとりドーナツ食べ放題を終えた感想としては、とても満足しています。 食べたかったドーナツがなかったのは本当に残念だったけど、美味しいドーナツを好きなだけ思いっきり食べられる喜びは、なかなか味わえるものではないです。 ひとり¥1,200だけど、ドーナツ好きな人なら元は取れると思います。 ドーナツポップの24個入りと、ドリンクばかりおかわりしてた部活帰りの少年がいたけど、そうゆう楽しみ方もいいね。 好きなドーナツだけ食べまくるとか、ドリンクだけ飲みまくるとか(笑) 私も機会があれば、また参加したいなと思います。 隣の席の方が同じおひとりさまだったので、たまに話をしながら食べました。 友達とガヤガヤ食べるのもいいし、カップルでいちゃいちゃしながらもいいし、おひとりさまでもたっぷり楽しめます。 やっぱりドーナツの後は〆ラーだね。 食べ放題の単品金額と総カロリー 本日のラインナップ• ポン・デ・黒糖 ¥140(215Kcal)• チョコリング ¥140(273Kcal)• カスタード&エンゼルクリーム ¥151(213Kcal)• ポン・デ・エンゼル ¥162(263Kcal)• ハニーディップ ¥129(234Kcal)• ストロベリーチュロ ¥140(283Kcal• ポン・デ・シュガー ¥140(231Kcal• ダブルクリームフレンチ ¥162(212Kcal)• エビグラタンパイ ¥172(219Kcal)• ダブルチョコレート ¥129(267Kcal)• フランクパイ ¥172(273Kcal)• ポン・デ・リングプレーン ¥140(207Kcal)• きなこリング ¥129(229Kcal)• チョコ&ストロベリーファッション ¥162(408Kcal)• ポン・デ・ストロベリーボール (47kcal)• ココナツチョコレートボール (49kcal)• ゴールデンチョコレートボール (50kcal)• オールドファッションボール (61kcal)• アイスコーヒー¥270• 公開されている店舗以外にも、食べ放題を実施する店舗があるかもしれませんね。 ドーナツ食べ放題攻略法 分かってはいたけど、オールドファッション系は普段の5倍重くなります。 あとはチョコ生地もかなり重い。 始めはふわふわのイースト系、ポンデ系を食べる。 口の中が甘くなってきたら、中盤で塩気のあるエビブラタンパイとフランクパイをうまく挟む。 夢のドーナツのポン・デ・リングプレーンも甘くないのでおすすめ。 オールドファッション系とチョコ生地系は終盤で食べる。 ドーナツポップは重いのが多いので食べるなら終盤が良い。 良かったら参考にしてください。 またユニバーサル・スタジオ・ジャパン1デイパス、キャンペーンGET 食べ放題は¥1,200なので、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン1デイパス、キャンペーンの応募シールがもらえました(2回目) さてさて、結果は・・・ あ~またハズレた~ またチャレンジしよう。

次の