青ネギ 炒め。 海老とビーフンのタイ風炒め。 : natureのぱん。

陳建一さんの家庭料理『野菜と肉のオイスターソース炒め』|料理・レシピ・食事・グルメ|おばちゃんDays

青ネギ 炒め

中華の鉄人の優しい味の家庭料理 こんにちは、たき子です。 今回ご紹介するのは、 陳建一さんの中華家庭料理です。 陳建一さん。 言わずと知れた 中華料理の巨匠です。 お父さんの 陳建民 故人 さんは、 麻婆豆腐や エビチリや 担々麺を日本人向けにアレンジして広めた、日本における 四川料理の父と呼ばれる人。 息子の 陳建太郎さんは 若手中華料理人として活躍しておられます。 そして 陳建一さんご本人も、かつて 料理の鉄人で中華料理を担当しておられたカリスマ料理人です。 建民、建一、建太郎さん、三代で NHK「 今日の料理」の講師をつとめておられます。 その、ずいぶん昔の「今日の料理」から、私の好きな献立をご紹介させていただきたいと思います。 adsbygoogle []. タケノコは下茹でしておく。 調味料は全て合わせて混ぜておく。 気取らない家庭料理が魅力 テキストでは豚ロース薄切りとあるのですが、私は安価な 豚こまを使用しています。 また、絹さやと生しいたけのかわりに、私はタケノコと、冷蔵庫に余っていた貝割れ大根を使いました。 個人的にはキャベツと人参ともやしは欲しいですが、あとは冷蔵庫に余っているもので良いと思います。 また、テキストでは野菜は下茹でしていますが、私はそのまま炒めています。 「ボクの奥さんがよく作ってくれる料理。 片栗粉を多めに使ってしっかりまとめるところがいかにも家庭の味って感じだよね。 ご飯がすすむよ」 と 陳建一さんのコメントが添えられていました。 お父さんの 建民さんは四川料理を家庭風にアレンジしてきた人ですし、息子さんの 建太郎さんは、自宅では豆腐の崩れた麻婆豆腐を食べるのだと、おうちの味をテレビで披露してくれたりしています。 皆さん、一流の料理人気取りがなく、家庭料理のお手軽さや、飾り気のない安心感を大事にしてくれる点が素敵だなと思うんです。 陳さんの麻婆豆腐を食べてみたい ところで、ずっと 陳建一さんのお店の 麻婆豆腐を食べたいと思っていたのですが、東京に出向くこともなく、 赤坂四川飯店に行くチャンスはありませんでした。 今回、調べてみると、東京以外にも系列店があるじゃありませんか。 しかも、 名古屋、博多、松山、高松。 ここ数年間の間に訪れたことのある場所ばかりです。 しかも、松山と高松はつい2ヶ月ほど前に行ってきたばかりやん。 ショック~。 それなのに関西にはないんですね。 陳さん、大阪にも店出して下さい 泣。 大阪にも、三代にわたる陳さんファミリーの料理のファンがいてますよ~。

次の

海老とビーフンのタイ風炒め。 : natureのぱん。

青ネギ 炒め

今回も肉と野菜の炒め物ですが、今回の肉?は鶏皮。 そして、それに組み合わせる野菜は、、、 まず、鶏皮を手にとってラフな完成イメージを考えてみたところ、味噌、ネギ、ゴマの組合せが浮かんできました。 そして、冷蔵庫の中をチェック。 味噌、青ネギ、ゴマ、すべてありました。 鶏皮はひと口サイズにカット。 焼き鳥の鶏皮のサイズと同じくらいの大きさです。 これをフライパンで炒めはじめたところまでは良かったのですが、出てくる油の量を計算にいれていませんでした。 でも、油の量のことは無視して5cmほどにカットした青ネギを加え、味噌を加え、ゴマをかけて出来上がり。 調理方法と盛り付けに少し工夫が必要ですが、鶏皮の脂っこさが抜け、ほどよいプリプリ感が残り、味噌と青ネギとゴマの味との組合せも正解。 味としては良い感じでした。 eddie.

次の

白ネギ、青ネギ、調理法別の切り方本当に知ってる?

青ネギ 炒め

中華の鉄人の優しい味の家庭料理 こんにちは、たき子です。 今回ご紹介するのは、 陳建一さんの中華家庭料理です。 陳建一さん。 言わずと知れた 中華料理の巨匠です。 お父さんの 陳建民 故人 さんは、 麻婆豆腐や エビチリや 担々麺を日本人向けにアレンジして広めた、日本における 四川料理の父と呼ばれる人。 息子の 陳建太郎さんは 若手中華料理人として活躍しておられます。 そして 陳建一さんご本人も、かつて 料理の鉄人で中華料理を担当しておられたカリスマ料理人です。 建民、建一、建太郎さん、三代で NHK「 今日の料理」の講師をつとめておられます。 その、ずいぶん昔の「今日の料理」から、私の好きな献立をご紹介させていただきたいと思います。 adsbygoogle []. タケノコは下茹でしておく。 調味料は全て合わせて混ぜておく。 気取らない家庭料理が魅力 テキストでは豚ロース薄切りとあるのですが、私は安価な 豚こまを使用しています。 また、絹さやと生しいたけのかわりに、私はタケノコと、冷蔵庫に余っていた貝割れ大根を使いました。 個人的にはキャベツと人参ともやしは欲しいですが、あとは冷蔵庫に余っているもので良いと思います。 また、テキストでは野菜は下茹でしていますが、私はそのまま炒めています。 「ボクの奥さんがよく作ってくれる料理。 片栗粉を多めに使ってしっかりまとめるところがいかにも家庭の味って感じだよね。 ご飯がすすむよ」 と 陳建一さんのコメントが添えられていました。 お父さんの 建民さんは四川料理を家庭風にアレンジしてきた人ですし、息子さんの 建太郎さんは、自宅では豆腐の崩れた麻婆豆腐を食べるのだと、おうちの味をテレビで披露してくれたりしています。 皆さん、一流の料理人気取りがなく、家庭料理のお手軽さや、飾り気のない安心感を大事にしてくれる点が素敵だなと思うんです。 陳さんの麻婆豆腐を食べてみたい ところで、ずっと 陳建一さんのお店の 麻婆豆腐を食べたいと思っていたのですが、東京に出向くこともなく、 赤坂四川飯店に行くチャンスはありませんでした。 今回、調べてみると、東京以外にも系列店があるじゃありませんか。 しかも、 名古屋、博多、松山、高松。 ここ数年間の間に訪れたことのある場所ばかりです。 しかも、松山と高松はつい2ヶ月ほど前に行ってきたばかりやん。 ショック~。 それなのに関西にはないんですね。 陳さん、大阪にも店出して下さい 泣。 大阪にも、三代にわたる陳さんファミリーの料理のファンがいてますよ~。

次の