バサラ 意味。 南北朝時代・婆娑羅な武士たちとバサラなファッション

バサラ

バサラ 意味

バサラな武士たち 戦国時代もバサラな武士たちが活躍しますが、バサラな武士は南北朝時代に出現します。 その中でも、高師直・土岐頼遠・佐々木道誉がよく知られていますので、彼らのバサラをご紹介しましょう。 高師直 まずは、足利家執事の高師直。 師直の家来が、恩賞にもらった所領が小さい、何とかしてほしいと師直に嘆願すると、 「何を嘆くことがあるか。 その近辺の寺社本所領を勝手に切り取れ」と命じ、 罪を犯して、所領を没収されることになった武士が助けてほしいと頼んでくると、 「わしは知らん顔していよう。 幕府からどんな命令がでてもかまうものか。 そのまま座っておれ」と答えたといいます。 さらに、『太平記』の作者が「あさましき限り」と呆れさせたのは、 「もし王が必要ならば、木で造るか、金で鋳るかして、生きている院や国主は、何処へでも流してしまえ」と言い放ちました。 天皇・院・幕府といった従来の権威を徹底的に否定しようとしたのでした。 土岐頼遠 次に、土岐頼遠。 彼は北畠顕家との青野原の戦いで活躍した美濃の有力武士です。 土岐氏は、鎌倉時代に守護に任ぜられるような家格ではありませんでしたが、六波羅探題に奉仕し、北条氏とも婚姻関係にありました。 のちに色んな意味で歴史に名を残す「明智光秀」は土岐一族です。 上洛した頼遠が笠懸に出かけた帰り道、光厳上皇の行列に遭遇しました。 ともに出かけた二階堂行春は「下馬の礼」を取りますが、頼遠は馬を下りません。 上皇に随身する者たちが「院の御幸ですぞ」と声をあげると、「院というか、犬というか、犬ならば射落としてやる」と言って、院の車を取り囲み、犬追物のように犬を射かけさせたといいます。 その上、問題が大ごとになると幕府の許可なく勝手に美濃に引き上げます。 幕政を主導する直義は事件を重大視して、頼遠を呼び戻し、六条河原で斬首に処しました。 佐々木道誉 また、近江守護として室町幕府の政治に重きをなしたの佐々木道誉も、高師直や土岐頼遠と同じ精神構造を持っていました。 1340年(暦応三年・興国元年)10月、道誉とその子秀綱は鷹狩りの帰りに妙法院の前を通りかかりました。 南庭に美しく色づいた紅葉があったので、道誉が家臣にを折り取ることを命じます。 ところが、門主が折り取ることを拒否したところ、喧嘩になって家臣は打たれて追い出されます。 それを聞いた道誉は激怒して、300騎を率いて妙法院を焼き討ちにしてしまうのです。 妙法院は、比叡山延暦寺の門跡寺院で三大門跡(妙法院・三千院・青蓮院)の一つです。 ですから、延暦寺は大いに怒って幕府に道誉父子を死罪に処すべしと、訴え出てきます。 結局、道誉は出羽、子の秀綱は陸奥に配流されることになりました。 しかし、その際にも道誉は「常の流人とは異なる派手で美しい姿」をし、東海道の道々で酒宴をしながら配流先に向かったといわれています。 この姿は「公家の成敗を軽んじ、延暦寺の怒りを嘲弄する振舞い」とされました。 道誉にとっては、当時みなが恐れる宗教的権威でさえも、否定し嘲弄する対象たったのです。 佐々木道誉も名門武士です。 源頼朝に従った近江源氏の佐々木京極家の家督を継ぐ者であり、鎌倉幕府では得宗北条高時に近侍していました。 佐々木道誉の出家前の名は高氏で、「高」の字は北条高時の「高」の一字を与えられています。 したがって、体制に抵抗するといった「悪党の精神」は、南北朝時代の武士の精神として、受け継がれていったと言えます。 このような精神を「バサラ(婆佐羅・婆沙羅)」といいます。 「バサラ」の語源は、サンスクリット語のバアジャラから派生した言葉で、本来は魔や鬼を打ち砕く強い力を意味していました。 それが次第に変化し、「派手な」「無遠慮な」「贅沢な」「遠慮会釈のない」「放埓な」という意味になり使われるようになったのでした。 「バサラ」は、この時代におけるいわば流行語です。 そして、師直や頼遠・道誉は、このバサラを体現した大名だったのです。 バサラ禁止令 「バサラは、一部の武士で広まった流行か?」といえばそうではなく、社会的な流行となっていました。 バサラの風体 「二条河原落書」には、そのころ流行したバサラ風の姿について、「鉛作ノオホ大刀、太刀ヨリオホキニコシラヘテ、前サカリニソ指ホラス、ハサラ扇ノ五骨」と記しています。 「鉛でつくった大きな刀を前下がりに目立つように腰に差し、人目をひく、はでな絵柄の扇をみせびらかし」ながら武士たちは、京都市中を闊歩していました。 このようなバサラの流行に対して、幕府も対応せざるを得なくなります。 建武式目の第一条は「倹約を行わるべき事」であり、「近日婆佐羅と号して、専ら過差を好み、綾羅錦繍(りょうらきんしゅう)、精好銀剣(せいごうぎんけん)、風流服飾、目を驚かさないものはない。 すこぶる物狂いというべきである」と述べられています。 「綾羅錦繍(りょうらきんしゅう)」というのは、錦などの贅沢な布を使った衣服を示し、「精好銀剣(せいごうぎんけん)」とは、高価な銀でこしらえた剣、「風流服飾」とは奇異で派手なデザインの服や装身具のことです。 これらを身につけるのが、バサラ風で、その姿を「過差」、つまり分不相応なぜいたくであるとし、「物狂い」つまり狂気の沙汰であるとして、厳しく取り締まるというのです。 室町幕府の基本法令ともいえる建武式目の第一条は「倹約」を掲げていますが、それはバサラを取り締まることを示していたのです。 当時、バサラの流行がすさまじかったということを物語っていると言えるでしょう。 その後も幕府は、バサラ風の姿を禁止する法令をいくつか発布しています。 時代は少し下がりますが、1367年(貞治六年・正平二十二年)12月に、「精好大口、織物小袖」の着用を禁じ、金で装飾した鞍の使用を禁止しました。 「精好大口」とは、精好織りという精密で美しい特別な絹織物で仕立てた、袖の広い大口袴のことです。 現在では、能装束にその名残があると言われています。 「二条河原落書」にも、「下衆上臈ノキハモナク、大口ニキル美精好」とあり、 貴賤に関わらない流行のファッションだったようです。 1369年(応安二年・正平二十四年)にも、ほぼ同じ内容の法が発布されていますが、そこでは「精好大口」とともに、「色皮の下沓(しとうず)」が禁じられています。 下沓は、沓の下に用いる履物で、 現在の靴下にあたります。 この時期の人々は下沓でファッションセンスを競ったのです。 ファッションリーダーの中間な者たち バサラ禁止令では、 中間(ちゅうげん)以下の輩が金銀や梅花皮等の腰刀を用いることや、直垂の絹裏や絹の腰当てをすることも禁じています。 中間とは、有力武士に仕えて雑務を行った小者と、侍との中間にあたる者たちのことです。 日常的には武士の周辺に仕えて屋敷を守り、合戦では、歩兵集団として戦場を走り回って戦いました。 もとは悪党や野伏で、傭兵になって侍に仕えたといわれています。 幕府が、特に中間をバサラ禁止令の対象とし、派手でぜいたくな姿をすることを禁止していることから、この中間がバサラ風の流行の中心で、バサラ者として当時のファッションリーダーだったと考えられています。 しかし、このような度々の禁止令にも関わらず、この時代の人々はバサラを支持していたようです。 バサラは、同じ戦争時代である戦国時代から織豊期にも流行し、「カブキ(傾き・歌舞伎)」という新しい文化の創造につながっていきます。 参考文献 佐藤進一『日本の歴史9~南北朝の動乱』中公文庫。 小林一岳『日本中世の歴史4~元寇と南北朝の動乱』吉川弘文館。

次の

ばさら

バサラ 意味

梵字(ぼんじ)とは? 梵字とは、日本では 「悉曇文字」という書体のことを主に指します。 本記事でも同様に悉曇文字の梵字について解説します。 つまり幸せになれる力があるってことですね。 実際に日本でも、密教では悉曇文字によって仏の教えを説く「悉曇学」という学問や、文法・文字の意義を記した書物などが古くから伝承されています。 (梵字の歴史を遡ると、なんと平安時代から続いているようです。 種字(種子)とは? 種子とは、梵字の一文字をあてて、その本像を象徴する文字のことです。 ちなみに大半のケースで、ひとつの梵字に対して象徴する仏様は複数います。 真言とは? また種字(梵字)は、それぞれに 「真言」という言葉を宿しています。 御本尊をお祈りするときの唱える呪文のようなもので、その音には呪力があるとされています。 真言を言葉に出して念じると、その仏様がご利益を授けてくれると言われています。 ネット上では、平仮名・カタカナで読み方のみが紹介されることが多いです。 しかし、実際に、画像のように音に対応する梵字が存在します。 それぞれの干支に対応した 「種字」「本尊」「ご利益」「真言(代表的なもの)」の4点を画像付きでまとめました。 また本記事で掲載している画像と真言は、複数ある中の代表的な1つのみです。 予めご了承くださいませ。 画像は後者のものですが、これは筆書か刷毛書かの違いなのでどちらでも問題ありません。 キリーク:子(ね) 梵字(種字)のデザイン 本尊と真言• お守り本尊:千手観世音菩薩(せんじゅかんぜおんぼさつ)• 真言:オン・バザラ・タラマ・キリク・ソワカ ご利益(意味) 千の慈眼と千の慈手をもつ観音様。 ひとつひとつの手にご利益があるとされ、 金運、 滅罪、 除病、 厄除け、 子宝など、功徳をもってあらゆる悩みを救い、願いを叶えてくれます。 タラーク:丑(うし)・寅(とら) 梵字(種字)のデザイン 本尊と真言• お守り本尊:虚空蔵菩薩(こくうぞうぼさつ)• 真言:オン・バザラ・アラタンナウ・ウン ご利益(意味) 計り知れない知恵と福徳、そして慈悲の心で、衆生の諸願を成就させてくれる菩薩です。 記憶力UPなど 学業や仕事に関するご利益があるだけでなく、 厄除け・ 疾病・ 金運などにも縁起の良い仏さまです。 マン:卯(う) 梵字(種字)のデザイン 本尊と真言• お守り本尊:文殊菩薩(もんじゅぼさつ)• 真言::オン・アラハシャノウ ご利益(意味) 「三人寄れば文殊の知恵」の由来にもなっている文殊菩薩。 知恵を司る菩薩です。 困難を解決する知恵、悟り、学問を授けると言われています。 五智の剣で苦労や災難を断ち幸せを招き、 学業だけでなく仕事運にも縁起が良いです。 アン:辰(たつ)・巳(み) 梵字(種字)のデザイン 本尊と真言• お守り本尊:普賢菩薩(ふげんぼさつ)• 真言:オン・サンマヤ・サトバン ご利益(意味) 悟りの心を象徴する仏様。 白像に乗り、衆生を生死の苦海から救い、悟りの境地(彼岸)に導くとされる。 一部では諸仏諸尊の中でもっとも美しい顔立ちをした仏様と言われており、その慈悲から罪人でも心を悔い改めれば救済する力があります。 厄除け、長寿、増益などのご利益があります。 サク:午(うま) 梵字(種字)のデザイン 本尊と真言• お守り本尊:勢至菩薩(せいしぼさつ)• 真言: オン・サン・ザン・ザン・サク・ソワカ ご利益(意味) 勢至菩薩(せいしぼさつ)は、 阿弥陀如来の脇侍の菩薩です。 智慧の光をもって万物を照らし、迷っている人々に進路を指し示します。 苦難の救済、厄除け、判断力のご利益があると言われています。 バン:未(ひつじ)・申(さる) 梵字(種字)のデザイン 本尊と真言• お守り本尊:大日如来(だいにちにょらい)• 宇宙の万物の智慧と慈悲の象徴です。 全ての災厄苦難を除き、あらゆる願いに対して将来への道が明るく開くよう、福徳と長寿を授けてくれます。 カーン:酉(とり) 梵字(種字)のデザイン 本尊と真言• お守り本尊:不動明王(ふどうみょうおう)• 真言:ノウマク・サマンダ・バザラダン・カン ご利益(意味) 五大明王、八大明王の主尊である不動明王。 あらゆる災難苦難を除き、事故や災いから身を守ってくれる仏様です。 キリーク:戌(いぬ)・亥(い) 梵字(種字)のデザイン 本尊と真言• お守り本尊:阿弥陀如来(あみだにょらい)• 真言:オン・アミリタ・テイセイ・カラ・ウン ご利益(意味) あらゆる生命を救うため、四十八の誓いを立てた仏様です。 無限の慈悲の心で、あらゆる苦難厄難を除きますが、その中でも滅罪や敬愛のご利益にたけています。 この仏を信じ、「南無阿弥陀仏(なむあみだぶつ)」と唱えれば、どんな罪人でも極楽浄土に導かれると言われています。 ワンポイントでも、彫りやすいのも嬉しいですよね。 芸能人でも、 山本KID徳郁さん、 小森純さん、 漢 a. GAMIさんなどが梵字のタトゥーを入れてるとの噂です。 耳の後ろ(耳裏).

次の

快獣ブースカのブースカ語の意味を教えてください!

バサラ 意味

右:朱理 8月6日生まれのB型。 17歳(作中で18歳になる)。 日本国王である鬱金王の末子であり、西の砂漠の土地を預かる赤の王である。 生まれたときに予言者から「王家に災いをなす、運命の子供」と言われたことが原因で、背中に奴隷印を押されてしまう。 その後は、四道と共に柊の教えを請いながら剣の腕を上げていく。 性格は当初傍若無人であり、自分の意にそぐわない兵をためらい無く切り捨てるような描写もある。 しかしそれにより王の座を追われ、自分が王としてあぐらをかいていただけだと反省し、後に兵にねぎらいの言葉をかけることもある。 革命後は、更紗と共に世界を回り、グリーン商会という会社を立ち上げ、双子の父になる。 揚羽(あげは) 5月13日生まれのAB型。 偽の蒼の王の新鋭隊隊長。 その実は、真実の蒼の王。 銀子より幼い頃から浅葱に伝えられていたのは日本国王鬱金王の子供であるということだが、最後の方で銀子より捨て子であったとも伝えられている。 美意識が高く潔癖性。 それ故、汚いもの、醜いものを嫌う。 白の王である銀子は姉であり、育ての親のような存在だった。 そのため銀子にはずっと逆らえずにいた。 そして銀子の命令によりタタラ軍のスパイになって、逐一報告をしていた。 しかし徐々にその中にいることの居心地の良さや更紗に対する恋心に戸惑いを覚える。 革命後は人に寄生する今までの生き方を見直し、自分の生き方を模索するため自分の部下である群竹と共に日本各国を旅する。

次の