イオン銀行 ネットフリーローン 審査。 イオン銀行フリーローン(アシストプラン)審査と金利と限度額

銀行のフリーローンは審査が甘い?すでに審査落ちした人も必見!

イオン銀行 ネットフリーローン 審査

記事の目次• 審査難易度は最大金利によって変わる フリーローンの審査基準は一切公表されていませんが、公開されている情報から 推測することができます。 貸付金利が低いほど審査は厳しくなるので、 審査難易度を知りたいときは最大金利をチェックするようにしましょう。 金利を低くすると、「絶対に返済してくれる人」にしか貸すことができず、審査は厳しく行われるということです。 逆に、 最大金利の高いフリーローンは、審査が比較的甘いと言えます。 審査が甘いフリーローンランキング どこの銀行フリーローンの金利が高く設定されているのか、ランキングにしました。 金利だけで決まるわけではありませんが、一つの参考にしてください。 銀行名 商品名 金利 1 ジャパンネット銀行 フリーローン 14. 8% 3 千葉銀行 ちばぎんフリーローン 4. 8% 4 横浜銀行 横浜銀行フリーローン 1. 6% 5 八十二銀行 はちにのフリーローン 7. 5% 6 青森銀行 あおぎんフリーローンゆとり王 6. 5% 7 北日本銀行 フリーローンASUMO 4. 5% 8 りそな銀行 りそなプライベートローンJ 6. 0% 9 イオン銀行 イオンアシストプラン 3. 5% 10 住信SBIネット銀行 ミスターフリーローン 3. 0% ジャパンネット銀行のフリーローンは、 金利がかなり高く設定されていますが、その分審査には通りやすくなっていると予想できます。 日本中どこからでもネットを通して申し込みを受け付けているので、とにかく審査に通りやすい銀行フリーローンが良いという方は利用しましょう。 ただし、 フリーローンのメリットである低金利での借り入れは出来ません。 メガバンクよりも地方銀行の方が通りやすい メガバンクは公共性が高く、健全な経営をしていかなくてはならないため、リスクの高い貸付を行うことができません。 地方銀行がリスクを冒すというわけではありませんが、日本中から申込が集まるメガバンクよりはリスクを取ることができます。 そのため、全体的に見ると、 メガバンクよりも地方銀行の方が審査に通りやすくなっています。 また、地方銀行よりもさらに集客力の少ない信用金庫や信用組合は地方銀行よりも審査に通りやすくなります。 口座を持っている銀行に申し込む 給料の振込先口座がある銀行のフリーローンに申し込むと審査に通る確率が上がります。 銀行側は、毎月きちんと給与が振り込まれていることを把握していますので信用してもらうことができます。 フリーローンの返済口座を給与振込口座にすれば、銀行は真っ先に支払ってもらうこともできますね。 さらに、 定期預金や積立預金をしていると、さらに審査に通りやすくなるでしょう。 フリーローンの審査が通りやすくするポイント 審査に通りやすい銀行に申し込むのも重要ですが、加えて、審査に通るためのポイントも押さえておかなければなりません。 また、既に審査に落ちた人は改善できるポイントがないか確認してみましょう。 フリーローンの審査に通るためには以下のようなポイントがあります。 安定継続的な収入 審査で一番重要なのは収入が安定しているかどうかです。 例えば、年収1,000万円でも、ほとんどがインセンティブ収入の場合は収入の安定度が低いとみなされ、高い評価を得ることができません。 アルバイトの人は、一時的にシフトに入る回数を増やして毎月の変動を少なくすると審査に通りやすくなります。 勤続年数は少なくとも1年以上 フリーローンは返済期間が長いので、長期にわたって返済できるような人にしか貸すことができません。 それを判断するために、 長く同じ勤務先で働いているかということが重要になります。 勤続年数が長ければ長いほど、長期返済が可能な人と評価され、融資審査に通りやすくなります。 勤続年数は少なくとも1年以上あることが望ましいですので、 現在の勤務先に勤めて1年未満の場合には、申し込みをせずに勤続年数が1年を超えるのを待つ方が良いでしょう。 他の支払いで遅延や延滞がない すでに他のローンやクレジットカードを利用している人は、それらの返済状況も信用情報によって確認されます。 ここで 延滞の情報が見つかると審査にはかなり不利になります。 関連記事をチェック! 他社借入件数や借入総額を減らしておく 返済状況と同じように、 借入件数や借入総額も信用情報でチェックされています。 借入件数や借入総額が多いということは、すぐにお金を借りてしまうという印象を与えます。 フリーローンに申し込む前に、借入件数や借入総額をできるだけ減らしておきましょう。 借りる金額を必要最低限にする 同じスペックの人が同じフリーローン審査に申し込んでも、希望融資額によっては審査結果は変わります。 金額が少ないほど審査に通りやすくなるのは言うまでもありません。 審査に通るか不安な人は、希望融資額を必要最低限にしておくようにしましょう。 資金使途 フリーローンでは、お金を何に使用するかも審査の際には重視されます。 具体的には使い道が正当なものか、年収から考えて身の丈に合った買い物かどうかです。 例えば、 株やギャンブルなどのためにお金を借りようとしても、審査通過は難しくなります。 また、年収がそれほど高くないのに100万円もするブランド品を購入するというような場合も審査では厳しく判断されます。 カードローン 実質年率 最短融資 特徴のまとめ 3. 一部金融機関、メンテナンス時間等除く。 30日間無利息、60日間無利息、180日間無利息は併用不可。 「審査が甘い」と言えるほど誰でも通るフリーローンは存在しません。 しかし、一般的には金利が高いほど審査難易度は下がります。 比較的審査に通りやすいフリーローンを見つけたければ金利をチェックしてください。 また、メガバンクよりも申込数の少ない地方銀行の方が審査は通りやすく、給与振込に利用しているメインバンクを選ぶと審査で有利になります。 審査では以下の点を重視されますので、できる限り対策をとってから申し込むようにしましょう。 安定継続的な収入• 勤続年数は少なくとも1年以上• 他の支払いで遅延や延滞がない• 他社借入件数や借入総額を減らしておく• 借りる金額を必要最低限にする• 資金使途• 申込内容に嘘や間違いがないこと•

次の

イオン銀行フリーローン(アシストプラン)審査と金利と限度額

イオン銀行 ネットフリーローン 審査

フリーローンは、まとまったお金を借りることが出来る個人受けの融資サービスです。 借りたお金の使い道は原則自由なので、住宅ローンや自動車ローンのように利用目的を考える心配はありません。 パソコンなどの高額家電を購入したり、引っ越し費用に使ったり、用途はあなた次第、という利便性の高いサービスとなっています。 とはいえ、フリーローンを取り扱う銀行の審査を通過しなければ、ローンを組むことは出来ません。 巷では 「フリーローンの審査は甘い」と言われていますが、実際のところどうなのでしょうか? 甘い審査を行う銀行はありません 結論から申し上げますと、 甘い審査を行うような銀行はありません。 申し込めば誰でも通過できるような審査をしても、銀行側にとって何の意味もないのです。 スムーズに審査を通過できた人が「甘かった」「楽勝」などと言っていても、すべての方が同じ結果になる保証はどこにもありません。 まとまった金額を融資する以上、銀行側もきちんと審査していると考えるべきでしょう。 審査が気になる方は金利を基準に選ぶのもアリ フリーローンを利用したいけれど、審査を通過できるのか不安…そんな方は、各銀行の取り扱うフリーローンの 「金利」に注目してみてください。 必ずしも審査を通過できる訳ではありませんが、フリーローンを選ぶ際の指標のひとつになるかもしれません。 金利が低いローンは銀行側のリスクが大きい 単純な話ですが、金利が低いフリーローンほど、取扱先の銀行が抱えるリスクは増してしまいます。 金利が低いということは、借入する側にとっては大きなメリットです。 しかし、融資する銀行側としては、それだけ 受け取れる利息が少なくなってしまうことになります。 仮に、利用者が何らかの理由で返済できなくなってしまい、債権を回収することもできない状況になれば、銀行側が受ける損失は大きいものでしょう。 反対に、金利が高ければ上記のような貸し倒れが起こっても、多少のマイナスは全体の利息でカバーできるのです。 金利を見て審査の甘さを判断するのも選択肢のひとつ 上記のポイントを踏まえると、銀行側としては「貸し倒れのリスクが極力少ない人」に融資したいはずです。 つまり、 金利が低いフリーローンほど、よりシビアに審査していると推測できます。 あくまでも、フリーローンを選ぶ際の指標のひとつとして考えるようにしておきましょう。 審査が気になる方は大手フリーローンを金利で比較 「金利を比較してみたい」と考える方に向けて、今回は メガバンクや大手ネット銀行のフリーローンに絞って、編集部がリサーチしていきました。 どうしても審査が気になる方は、全国展開している以下のフリーローンを検討してみてはいかがでしょうか? 銀行名 商品名 金利 ジャパンネット銀行 フリーローン 年14. 8~年13. 0~年9. 例えば、お住まいの地域にある地方銀行やろうきんなども、フリーローンを取り扱っている場合があります。 実際に金利を比較してみると、 身近なところに手頃なフリーローンがあるかもしれません。 審査に不安を感じている方は、このような比較・検討をしっかりと行いましょう。 フリーローンの審査を通過できない人もいる フリーローンは、まとまったお金を一括融資してもらえる便利なサービスですが、中には審査落ちしてしまう方もいます。 「なぜ自分が審査を通過できなかったのか分からない…」と悩む方も多いのではないでしょうか? このような方は、他のフリーローンに申し込みする前に、きちんと原因を究明しておくことが大切です。 でなければ、再度審査落ちしてしまうかもしれません。 もちろん、これから申し込みする方も、審査落ち防止のために確認しておくことをおすすめします。 審査に不安や疑問を抱えている方は、ぜひ参考にしてみてください。 通過できない人には何らかの理由がある 「銀行の審査基準が厳しすぎるんじゃないか?」と考える人もいるかと思いますが、一概にそうとは言い切れません。 実際に多くの方がフリーローンを使ってるのも事実なので、銀行の通過基準が高すぎる訳ではないのです。 仮に審査を通過できなかった人は、 自身が気付いていない何らかの原因があったのでは?と考えるべきでしょう。 フリーローンの審査に落ちる5つの原因 では、実際にどのような理由で審査落ちしてしまうのか。 現実的に考えられる要因をいくつか紹介していきます。 銀行から審査内容が公表されることはないので、 正確な判断基準を提示することは難しいものです。 しかし、フリーローンの申し込みフォームに記載されている内容や、サービスの利用条件などから、 審査で重要視されやすいポイントはある程度絞り込めます。 原因1|申し込み条件を満たしていない 銀行のフリーローンには、各商品ごとに定められた申し込み基準があります。 一般的には、年齢制限や安定収入の有無、といったところでしょう。 年齢制限に関しては、日本の法律上、 20歳以上でなければ基本的に申し込みできません。 上限も設定されている場合も多く、60~75歳が平均値となります。 安定収入の有無は、継続的に返済していけるだけの収入が毎月きちんと確保できているかどうか判断されると考えておきましょう。 例えば、「大手企業で正社員として長年働いている」といった方であれば、安定収入に関して特に大きな問題はありません。 !年収の基準は200万円が相場のようです 知名度のあるフリーローンの申し込みフォームを実際に確認してみたところ、年収に関する記述がある場合は、 200万円がひとつの基準になっているようです。 金利の低い銀行のフリーローンを希望する場合は、念のため年収をチェックしておくようにしてください。 原因2|故意に嘘の情報を提出した フリーローンに申し込みする際、明らかな虚偽が確認された場合も審査落ちとなるでしょう。 軽度のミスは訂正・再提出程度の対応で済みますが、 年収や勤続年数などの収入面に直結するような項目で嘘の情報を記載した場合は注意が必要です。 例えば、年収が150万円なのに200万円と記入する等、「これくらいなら大丈夫だろう…」といった内容でも虚偽行為として判断されてしまう可能性はあります。 申込先の銀行で、今後様々な申し込みをする際にも悪影響があるかもしれませんので、絶対に辞めましょう。 原因3|勤務先と電話連絡が取れない フリーローンのような無担保でも借入できるサービスは、審査中に 「在籍確認」という手続きが行われます。 在籍確認を簡単に説明すると、申込者が本当に勤務しているかどうかの裏付けを取るための手続きです。 収入源を確認できなければ、審査を通過することは出来ません。 基本的には、勤務先へ電話で連絡されることになります。 電話対応した社員には、借入に関する内容を伝えることはまずないので、安心して在籍確認を受けてください。 ちなみに、 在籍確認が取れるまでは審査が終わりません。 会社との電話連絡が取れないまま一定期間を過ぎると、申し込みがキャンセルされてしまうので注意しておきましょう。 !電話連絡が難しい場合は担当者に相談してください 申込者の中には、夜間帯の仕事に従事しているため、平日の昼間だと在籍確認の電話連絡が取れない場合もあるでしょう。 他にも、長期休暇中などで職場に誰もいないケースも考えられます。 このような場合は、フリーローンの担当者に相談してみてください。 場合によっては、 別の確認方法を検討してくれるかもしれません。 銀行としても、審査を通過できるだけのステータスがある人であれば融資したいものですから、他の確認方法を提案してれる可能性もあるでしょう。 原因4|他社からの借入額や利用件数が多すぎる 現在、申込先の銀行以外からもお金を借りている場合は、借入総額もチェックしておく必要がります。 銀行に関わらず、どのような金融機関も過度な貸付けとならないよう、申込者の借入総額を審査でチェックしていると考えておいてください。 判断基準は公表されていませんが、今の収入だけで返済していくのが精一杯の方は、審査落ちとなるでしょう。 また、借入額自体はそこまで多くはなかったとしても、同時に3~4社からお金を借りているような人は 「多重債務状態にある」と判断されかねません。 こちらも併せて注意しておくようにしてください。 !複数社から借入している場合は1社でも減らしておく 前述したような状態にある方は、借金総額を借入件数を少しでも減らすことに専念しておきましょう。 例えば、複数社から借入している場合、借入額の少ないローンだけでも完済しておくことで、フリーローンを利用できる可能性が見えてきます。 資金繰りが苦しい場合は、ローンの専門家から判断を仰ぐなどして、借入以外での解決を目指すようにしましょう。 お金が無いと本当に困るのに、フリーローンは審査落ちして利用できない。 そんな状況でも、お金を用意できないリスクは無視できませんよね? とはいえ、審査はどうしても不安。 そういった方は、 フリーローン以外の商品にも目を向けてみてください。 カードローンという選択肢もある 例えば、フリーローンと同じように、様々な用途で借入できる 「カードローン」を利用する選択肢もあります。 カードローンは、保証人を立てたり、担保を入れたりする必要は基本的にありません。 専用のローンカードを発行して、ATMから現金を借入するのが一般的です。 最近では、指定口座に振り込んでもらえるカードローンも多くなっています。 銀行以外のカードローンを検討すべき 銀行の審査を通過できなかった方は、銀行以外のカードローンに申し込んでみるのをおすすめします。 例えば、消費者金融等の金融機関が取り扱うカードローンなどです。 銀行とは異なる基準で審査を行っているので、フリーローンで審査落ちしてしまった方も利用できる可能性は少なからずあるでしょう。 フリーローンとカードローンの違い カードローンが気になるものの、フリーローンとの違いが掴めていない人もいるのではないでしょうか? 確かに、どちらも自由な用途で借入できるサービスなので、 混同されてしまうケースも多いものです。 フリーローンは金利が低い、カードローンは金利が高い、といった漠然としたイメージしかない方のために、2つのサービスの違いを確認してみましょう。 フリーローンは指定口座に一括融資 フリーローンを使って借入した場合は、申し込み時に登録した口座へ 一括融資してもらうことになります。 申込後の審査で決定した融資金を一度に全額受け取る仕組みなので、 高額融資を希望する人に向いているサービスと言えるでしょう。 まとまったお金が必要な方は、金利の低いフリーローンを検討するのがおすすめです。 【注意】追加融資には対応していません とはいえ、追加融資してもらえないのがフリーローンの難点と言えます。 例えば、「とりあえず10万円融資してもらったけど、あともう1万円借りたい」といった状況になった場合、利便性は低くなってしまうのです。 銀行から一括融資してもらったあとは、毎月決められた金額を返済していくことになるので、仮に追加借入を希望する際は、 再度新規申し込みしなければいけません。 このようなデメリットもあるので、フリーローンを利用する際は、 余分に金額申請しておくなどの対策を講じておくようにしてください。 カードローンは少額ずつ借入できる 続いてカードローンの場合は、一回に借入できる金額を自由に決めることが出来ます。 いくらでも借入できる訳ではありませんが、申込後の審査で決められた限度額までなら、 いつでも何度でも借入できるのが特徴です。 例えば、「10万円まで借入できるけど、とりあえず1万円だけ」といった使い方でも構いません。 必要なときに必要な分だけ借入したい、そんな 少額融資を希望する人に、カードローンはおすすめのサービスと言えるでしょう。 【注意】必要以上に借入しないようにする フリーローンは一括融資してもらうので過度な借入を行うリスクはありません。 それに対してカードローンは、必要以上の金額を限度額に設定された場合、追加借入してしまいやすい傾向にあります。 一般的なフリーローンと比べて金利も高めに設定されているので、 無計画な借入は避けましょう。 「本当は10万円で良かったけれど、限度額は50万円まであるからもう少しだけ…」といったことにならないよう、 収入と返済のバランスを考えて借入するようにしてください。 大手消費者金融は成約率を公開している ちなみに、大手消費者金融の中には投資家向けのIR情報で 成約率を発表している企業もあります。 例えば、大手消費者金融のひとつであるプロミスの成約率は、 44. 審査落ちしている人もいますが、 お金を借りられている人がいるのも事実。 改めて申し込み先を選ぶ際は、こういった点に着目しても良いでしょう。 おすすめのカードローンはこちら プロミス プロミスの成約率は44. ちなみに、プロミスの成約率は 44. (2020年4月時点) 3項目を入力すれば借入できるかすぐ判断! プロミスの 「お借入シミュレーション」を使えば、 生年月日・年収・他社借入金額を入力するだけで簡易診断してくれます。 「お借入可能と思われます。 」という表示が出れば、借入できる可能性はあるでしょう。 スマホユーザーにはアプリローンがおすすめ プロミスの 「アプリローン」は、 手持ちのスマホひとつあればキャッシングできるサービスです。 審査落ちしてお急ぎの方でも、ネット申し込み後にアプリをDLすれば、 セブン銀行ATMですぐ借入できます。 3秒診断で借入できるかすぐ分かる 審査の前に、借入可能か分かる 「3秒診断」を受けられます。 入力項目は、年齢・年収・他社借入額のたった3つだけ! 「お借入できる可能性が高いです」と出た方は、審査に通過する可能性があります。 年収の3分の1までなら借りられます キャッシングの借入額合計が、 年収の3分の1を超えない範囲であれば、借りられる可能性あり! すでに他社で借入経験のある方でも、 2社目、3社目としてアコムをご利用しているケースもあります。 全国で157万3,000人が利用している アコムの利用者数は、 業界トップクラスの157万3,000人となっています。 (2019年12月時点) 利用できるATMも幅広く、24時間365日借入ができるため、非常に人気の高いサービスです。 4項目を入力すれば借入できるか1秒で分かる 申し込み前に、借入可能か分かる 「1秒診断」を受けられます。 入力項目は、年齢・年収・雇用形態・他社借入の金額だけ! 「ご融資可能かと思われます」が出た方は、そのまま申し込み可能。 審査結果と融資金額を算出してもらえます。 例えば、年収300万円なら100万円まで借入できるイメージです。 現在、他社借入がある方は融資してもらえるのか目安にしてみてください。 アイフル独自のピッタリ診断もおすすめ 他社ではあまり目にしないサービスですが、申込者の状況に応じて 「あなたにピッタリのお借り入れ方法」を提示してくれます。 1秒診断で借入できる可能性があれば、ぜひ活用してみてください。 資金使途確認資料とは? A. 借入金の用途を確認するための資料です。 フリーローンやカードローンといったサービスは、基本的に自由な用途で使えますが、事業性資金としての借入は対象外となります。 このようなトラブルを防止するため、銀行によってはフリーローンでも資金使途確認資料が求められる場合があるのです。 ・納付書 ・見積書 ・請求書 ・パンフレット ・領収書 など これらは目的型ローンで求められるのが一般的で、フリーローンで必要になるケースは稀です。 万が一、銀行から資金使途確認資料の提出を求められるようなことがあれば、上記のような書類を提示するようにしましょう。 編集者の体験談を紹介 ちなみに、編集者は目的型ローン(ショッピングローン)を利用する際に、提出を求められた経験があります。 パソコン買い換えたいけどまとまったお金がない• 知り合いの銀行員に相談• ショッピングローンを進められる• 銀行との契約手続きを済ませてお金を受け取り• 近くの家電量販店でPC購入• 領収書を発行してもらう• 銀行に行って領収書を提出• ローン手続き完了• 決められた金額を毎月返済していく 上記のように、銀行側としては「何を購入していくら使ったのか」が分かれば、特に問題ないようでした。 おまとめローンとしての利用は? A. 借入用途は原則自由なので、審査を通過すれば問題ありません。 銀行の審査を通過できれば、どのような用途でフリーローンを使っても基本的には問題ありません。 つまり、おまとめローンのように複数の借金をまとめて、金利引き下げや支払額を軽減することは可能です。 とはいえ、フリーローンの金利によっては、必ずしもメリットがある訳ではありません。 銀行のローン担当者と相談しながら、 ご自身にあったローンを選ぶようにしてください。 まとめ 銀行のフリーローンは審査が甘いのか?それとも厳しいのかを解説していきました。 結論としては、 「甘い審査を行う銀行はない」ということです。 とはいえ、銀行側のリスクヘッジを考慮すると、金利の高低で審査が甘いかどうかを判断するのも、選択肢のひとつと言えます。 既にフリーローンの審査に落ちてしまった方は、記事中で紹介した他の選択肢も検討してみてください。 本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。 本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。 ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。 当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。 本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。 編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。

次の

イオン銀行マイカーローン審査期間審査結果 審査落ち審査厳しい

イオン銀行 ネットフリーローン 審査

この記事に書いてあること• ローン内容 イオン銀行のマイカーローンの正式名称は、「イオン銀行自動車ローン・イオンアシストプラン」といいます。 イオン銀行のローンには、• フリーローン• 目的型ローン と大きく分けて2種類あり、「イオン銀行自動車ローン・イオンアシストプラン」は、目的型ローンに分類されます。 目的型ローンには定番の自動車ローンのほかにも、住宅ローン、ペットローン、サブカルローン、デンタルローンなどユニークなローン商品が充実しているんですよ。 利用できる人• 日本国内に居住している人(外国籍の方については永住許可を受けている人)、契約時の年齢が満20歳以上、満60歳未満の人• イオン銀行に普通預金口座を持っている人(ローン申込み時に、イオン銀行口座開設の申込みでも可)• 借入金額:30万円以上700万円以内(10万円単位)• 借入期間:1年以上8年以内(1年単位)• 金利:固定金利 年3. 8%~年8. 借入方法:申込者名義のイオン銀行の口座へ入金• 手数料:事務手数料として契約1件につき2,700円• 返済方法:毎月元利均等返済• 借入金額の50%を上限として6ヶ月ごとの増額返済も可• 毎月の返済はイオン銀行の申込者名義の指定預金口座から自動引き落とし• 返済日は毎月27日(返済日が土・日・祝日の場合はその翌日)• 遅延損害金:年14. 6%(約定返済日の翌日から計算)• 担保・保証人:不要(オリックス・クレジット株式会社が保証) 基本的に目的型ローンは、使途が限定されている代わりにフリーローンよりも上限金利が低く設定されているというのが特徴の一つです(フリーローン金利:年3. 8~13. 5%)。 このイオン自動車ローンは、購入予定の自動車の見積もり書等が不要で、実質、金利が格安なフリーローンといえるもので、かなりお得なのです。 つまり、審査(申込者の年収などの属性)によって貸付金利が変わりますが、もっとも低い年3. 8%でローンを組むことができれば最安レベルのフリーローンとなり、かなりお得に資金を調達することができるということですね。 金利は一部の地方銀行やJAバンクのマイカーローンの1%台のものと比べるとかなり高いですが、その代わりローン審査は都市銀行、地方銀行、JAバンク等と比べるとかなり緩いと言われています。 90〜2. 85% イオン銀行マイカーローンよりも金利が低く、申込みも簡単なので、検討してみるといいでしょう。 >> 基本的に、各種ローンの貸付金利は審査の難易度が高いほど金利が低く、審査の難易度が低くければ低いほど金利が高く設定されます。 つまり、 審査時に厳しく審査をすることにより、貸し倒れのリスクの低い顧客にのみにお金を貸し出す代わりに金利が低くなっているということです。 ローン審査に自信のない方の場合、いくら低金利とはいえ審査を通過しなければ、まったく意味のない話となりますので、高い金利でも審査のハードルが低いところで借りるという判断も必要となります。 借入金額も30万円から700万円と中古車を購入するには十分ですし、新車の購入でも十分対応できる金額です。 返済期間も最大8年と毎月の返済金額をできるだけ少なく抑えたいという方には助かりますね。 審査の緩さではなく低金利を希望であれば、住信SBIネット銀行がおすすめです。 ただし、返済期間が長くなるということは、支払う金利の総額も高くなるので、注意が必要です。 ちなみに、イオン銀行の各種ローンのWebページには、事前に詳細な計算ができる返済額シミュレーションができますので、不安な方は事前にやってみることをおすすめします。 100万円を年5. 0%の金利にて5年間60回で返済した場合 審査難易度 イオン銀行自動車ローンの難易度は決して高くなく、都市銀行・地方銀行・JAバンクなどと比べるとかなりローン審査の難易度は低いと言えます。 しかし、ローン審査に自信のない方や不安な方の場合、万一の審査落ちも想定しなければいけません。 イオン銀行自動車ローン(その他各種目的型ローンも含む)は、万一審査落ちとなっても、引き続きさらに審査の難易度が低い「フリーローン」での審査が自動で行われ審査通過となるケースが多いようです。 ある意味、敗者復活戦に回るといった感じですね。 ただし、このフリーローンは、自動車ローンと比べて下限の金利は年3. 8%と同じですが、上限金利が年13. 5%と5. 0%も高く設定されています。 イオン銀行自動車ローンの審査通過条件をWeb上から集めてみました。 年収200万円以上(他社借入0件が望ましい)• 審査の時点で、いわゆる金融ブラックでないこと• 多重申込者(1ヶ月に3件以上ローンを申し込んだ人)は厳しい• 借入件数が2件以上(年収等、返済能力によっては審査通過の可能性あり)あると厳しい• キャッシング、カードローンなどの返済残高が多く残っていると厳しい• クレジットカードや他社ローンなどの遅延が複数回あると厳しい 他の手段(カードローンや他社ローン)と比べたメリット、デメリット 次にイオン銀行の自動車ローンを他の借入方法と比べた時のメリット、デメリットを見ていきましょう。 メリット• 都市銀行・地方銀行・JAバンク等と比べるとローン審査が緩い• 保証人、担保不要(オリックス・クレジット株式会社が保証)• 自動車ローンでありながら、購入予定の自動車の見積書が不要• 希望限度額が300万円以下なら、源泉徴収票などの収入証明書の提出が不要である場合が多い• 自動車ローンの審査落ちをした場合、自動でフリーローンの審査をしてもらえる• 全額、一部繰り上げ返済が可能(家計に余裕が出てきたら繰り上げ返済を行うことで金利を節約することが可能)• 繰り上げ返済時の手数料無料• JAバンク等の自動車ローンと比べると金利が高いが、カードローンと比べると金利はかなり低い デメリット• 都市銀行・地方銀行・JAバンク等と比べると金利が高い• イオン銀行の銀行口座を持っていない人は新規で作る必要がある(クレジットカード一体型のイオンカードセレクトがオススメ)• ローン審査時に勤務先へ在籍確認の電話がほぼある• 基本の返済方法が選べない(本人名義のイオン銀行から口座引き落としのみ)• 都市銀行・地方銀行・JAバンク等のローン(低金利ローン)審査に通りそうにない人、実際に審査落ちした人• 最寄りにイオンの店舗があり、いつもイオンを利用している人• 他社カードローンなど高利(年10. 0%以上)で借りており、借入金の借り換えにより金利分を節約したい人• 自動車本体ではなく、カーナビやオーディオなど高額部品の購入、自家用車の大がかりな(高額な)修理代金の捻出に困っている人• 90〜2. 85% イオン銀行マイカーローンよりも金利が低く、申込みも簡単なので、検討してみるといいでしょう。 >> まとめ 実際に、この手のローンを申し込んで審査に通過した場合、設定金利の最低金利で融資してもらえることは、ほぼありません。 よって、今回のイオン銀行自動車ローンについても、年3. 8%~年8. 8%の金利設定ですが、ローン審査を通過できたとしても最高値である年8. 8%で借りるつもりで考えておいたほうが無難です。 都市銀行・地方銀行・JAバンク(特にJAバンク)は年1%台~年2%台という強烈な低金利で自動車ローンを組むことが可能なので、こういったところ(ローン審査の難易度が高い金融機関)で自動車ローンの審査を通過することができるという自信がある方や過去に借入れ実績のある方には、そういったところのローンを組むべきです。 イオン銀行自動車ローンは、ローン審査が緩く、通常必要である各種証明書類などが不要で、気軽にWeb上から365日24時間いつでもローンの申し込みができ、しかも全国にリアル店舗がある有名なイオングループが運営しているという安心感が大きなメリットです。 年10. 0%以上の他社ローンの借り換えによる金利分の節約にも十分対応できる、使い勝手のより自動車ローンですので、ぜひ検討されてみてはいかがでしょうか? こちらの記事も読まれています.

次の