みんな に 嫌 われ てる 気 が する。 みんな豚キムチってどう作ってる?

みんなに嫌われて平気な人は得をする?巧みな処世術を学ぼう!

みんな に 嫌 われ てる 気 が する

「心が折れる」という言葉は、女子プロレスのハードな試合が起源といいます。 最近では、「褒めて育てる」という方針が浸透しているせいか、叱られることに慣れておらず、仕事上のことで怒られると必要以上にプライドが傷つき、心が折れてしまう人も…。 「嫌な上司」は世界中に存在します。 そんな上司の叱責にいちいち傷ついて心が折れていたら、「ウツ」まっしぐらになってしまいます。 そうならないように、嫌な上司に怒られても心が折れない叱られ方をご紹介します。 折れない心をつくるには? 完全スルーはいけませんが、嫌な上司から怒られたときは、しなやかに受け流せる心の余裕が欲しいところです。 それはどうすれば身につくのでしょうか? 「仕事でミスをしたら、叱られるのが当たり前」と考える 上司や先輩と比べて経験が少ないため、若いうちはミスがひとつもないなどということはあり得ません。 そして、仕事なのでミスをすれば怒られるのは当然です。 ミスと叱責はワンセット。 叱られたくらいでウジウジ気に病む必要はありません。 次にミスをしなければ重ねて叱責を受けることはありませんし、ミスが減れば「成長してきたな」という評価にもつながります。 気持ちをネクストに向けて切り替えることが大切です。 「自分の人格まで否定されているわけではない」と考える 叱られたのは仕事のやり方についてであり、人格まで否定されたわけではありません。 次の仕事を成功させればいいだけです。 ただし、なかには「小学校からやり直せよ!」「どういう育ち方をしてきたんだ!」「そんな暗い顔をしてるから、お客さんに逃げられるんだよ!」などと人格攻撃をしてくる嫌な上司もいるかもしれません。 さすがにそれを「気にするな」というのは難しい話です。 けれど、こういった嫌な上司は、多くの部下から嫌われているものです。 人格攻撃をされたら、その上司のチームにいる先輩にどう対処すればいいか聞いてみましょう。 愚痴を聞いてくれたり、「俺なんか、もっとひどいことを言われてたよ…」という話を聞けたり、うまいやり過ごし方を教えてくれる人がいるはずです。 「そもそもなぜ自分はこの会社に入ったのか?」と原点を見つめ直す 入社当時のフレッシュな気持ちを思い出してみましょう。 「この会社に入るのが夢だった」「憧れの仕事ができる」「給料がいい」と入社の動機はさまざまですが、そういう原点を思い出すことで、「こんなことくらいで、へこんでいる場合じゃないな」と奮起する気持ちが湧いてきます。 ミスを叱責されても「自分が大きく成長するための壁を設定してくれたんだな」「壁を越えるためのアドバイスだな」「自分に越えられない壁はないぞ」と受け止めれば、必要以上に落ち込むことはありません。 「二度と同じ失敗をしないぞ!」と誓う 叱る側は多少なりとも「ここを直せば仕事がうまくいく」という理屈を持っています。 いきなり怒鳴られたからといって委縮するのではなく、「どのような意図で叱っているのか」と真意をくみ取ることが大切です。 その上で「二度と同じ失敗はしない」と決意すれば、叱責はたちまち金言へと変わっていきます。 自己肯定感を高める 連日のように嫌な上司にパワハラのような叱責を受けた場合は、どうすればいいでしょうか? 対抗するには、自分で簡単な目標を設定して、クリアできたら自分で自分を褒めるという手があります。 たとえば、コピーの取り方や議事録のまとめ方を叱責されたら、それとは別の部分、たとえば挨拶や気遣い、電話での受け答えなどを自分の目標に設定し、それを達成できれば自分で自分を褒めるのです。 そういう習慣がつけば、自己肯定感が高まり、いつしか少しのことではくじけない強い心を持てるようになるでしょう。 叱られ上手な人になる 周囲を観察すると、叱られ上手な人とは逆の「叱られ下手」の人がいます。 では、どうすればいいのでしょうか? 不貞腐れた態度を見せない いかに理不尽な内容であったとしても、上司としては「叱ることで何かしら良くなってほしい」という考えがあってのこと。 それなのに、そこで不貞腐れた態度をとってしまえば、上司からすると、「おまえのためを思って言っているのに、何だその態度は!」となり、かえって自分の立場が悪くなります。 それを避けるためには、次の2点に気をつけることが大切です。 ・反論せず、素直に謝る 自分としては納得できない、明らかにいわれのない叱責であっても、あからさまに反発してはいけません。 反論しないで、まずは「大変失礼いたしました」「ご指摘ありがとうございます」とそれを受け止める姿勢を見せるようにしましょう。 ・上司が冷静になったら、事実のみ説明する 上司が「なんでこんなことになったんだ!」と説明を求めてきたら、事実を淡々と述べるようにしましょう。 そのチャンスさえ与えられない時は、仲のいい先輩からその上司に対して「あの件は、彼が悪いのではないんです」とフォローを入れてもらうようにしましょう。 おどおどしない 嫌な上司ほど身勝手なもので、心の中では「叱っている自分は悪くない」と考えています。 その時にこちらがおどおどした態度を見せてしまうと、さらに火に油を注ぐことになりかねません。 むしろ怒られた時こそハキハキと「すみませんでした」「ご指摘ありがとうございます」と応じるべきなのです。 上司に「叱ったことで成長した」と思わせれば、あなたの株も上がるはずです。 根に持たない あなたが働く目的は、上司と対立することではありません。 自分が一歩引いた態度をとることに納得できない気持ちはあると思いますが、そこは大人の態度で受け入れることが賢明です。 叱責されたことを恨みに思い、いつまでも根に持っていても、さらに上司のターゲットにされるだけでです。 改善したことを示す 叱られた後に付け加えたいのが「次はこういうミスが起きないようにします」「すぐに改善します」などの前向きな言葉。 それで実際に改善したことが示されると、上司は「自分が叱ったことで部下が成功した」と感じることができ、あなたの評価の上昇につながります。 逆に同じミスをしてしまうと、嫌な上司の十八番フレーズ「何度同じことを言わせるんだ!」の出番となります。 それはあなたの評価を確実に下げてしまいます。 理不尽な叱り方をする上司への対処法 これまでご紹介してきた「叱られ方」を実践しても、上司が態度を変えず、人格攻撃やイジメのような嫌がらせを続けてきた場合は、どう対応するのがいいのでしょうか? 記録しておく 叱責のレベルを超え、耐え難いパワハラにまで至った場合。 総務部に訴えるのか、司法や行政の場へ持ち込むのか。 いずれにしても、大切なのは「いつ、どこで、誰が、どんなことをしたのか」を記録しておくことです。 文字に書くだけでなく、ICレコーダーなどで録音することを忘れずに。 コミュニケーションを密に取る 完全なパワハラ状態に陥る前の段階で関係改善を図ろうとするなら、コミュニケーションを密にすることが大切です。 理不尽な怒り方をする人は、細かいところまで何でも把握しておきたいタイプが少なくありません。 そういう人には「ホウレンソウ」、つまり報告、連絡、相談を積極的に行い、上司を「あの件の進捗はどうなってるんだ?」とイライラさせないことです。 そのためには、与えられたタスクを指定された期日よりも早めに仕上げることがポイント。 「こんな感じでどうでしょうか?」と上司に相談する時間的余裕を持てれば、理不尽な叱責を未然に防ぐ手段にもなります。 もっとも、「そんなことまでいちいち報告するな」と叱られる場合もあるので、報告・相談のタイミングについては注意が必要です。 怒られている自分を客観的に見る 「職場の自分は会社員を演じているのだ」と考える心理学の手法も有効に作用する場合があります。 つまり、理不尽に叱責されている自分を「あいつ今日も怒られてるなあ。 しかし、くだらないことでよく大声を上げる上司だよ」と客観的に見るのです。 そんなふうに怒っている上司と怒られている自分を、舞台で演技をしている役者を見るように俯瞰できれば、冷静さを失うことはありません。 どうしてもダメなら、異動願を出す どうしても上司と反りが合わない時は異動願を出しましょう。 その際、上で述べたように上司の言動を記録して理由に添えれば、よほど社員の雇用環境に無自覚な企業でない限り、「異動願もやむを得ないか…」と会社が判断してくれる可能性が高まります。 「叱られる自分」の立ち位置を固定化しない 理不尽な叱られ方をしたと思っても、あらためて思い直せば、実は自分の弱点だったり自分が気づかなかった部分に対する重要な指摘であることも多いものです。 まずは、「嫌な上司と、叱られてばかりの自分」という固定化された関係性から離れるために、叱られることを未然に防ぐことと、叱られ上手になることを心掛けてみましょう。 それが自分の精神状態を守り、安定した仕事環境に身を置くために大切なこととなります。 今がどんなに理不尽な状況であっても、解決の手段は必ずあります。 人生は仕事だけではありません。 嫌な上司のせいで身も心もボロボロにしてしまうことほど、バカらしいことはないのですから。

次の

嫌われてる気がする心理的特徴と確かめ方9選

みんな に 嫌 われ てる 気 が する

スポンサーリンク 嫌われている気がする もしかして嫌われているかも・・・と感じる相手の行動パターンは主に次のようなものです。 グループに混ざると が盛り上がらなくなる• 誘われなくなる• 断るように仕向ける• よそよそしくなる など。 この他にも具体的なことをご紹介しています。 また、その理由についても触れているのでぜひ最後までご覧ください。 自分混ざると会話が盛り上がらなくなる グループで仲良くしていた友達同士でみんなが話しているのを見つけて自分が話に混ざった時に、今までみんなとても楽しそうだったのに急に空気感が変わることがあります。 それまで、他の人達とにぎやかに盛り上がっていたのに、わたしが輪に入ると急に話題を変えられたりすると、自分に聞かれてはまずい話やい自分の陰口なのかと疑ってしまうこともあります。 空気が変わったことに気づきつつも話し始めますが、どうも話が盛り上がらない・・・。 一度や二度なら、興味のない話だったのかも・・・と解釈できますが、何を話しても興味をしめさず、すぐに話題を変えられることが続くときは決定的かもしれません。 他の人が話す話題は盛り上がっていくのに対して、自分が発言したものに対しては「ふーん」「そうなんだ」と言った会話が広がらず盛り上がらない相槌をされてしまった時はみんな自分に興味がないと考えてしまうでしょう。 スポンサーリンク よく遊んでいたのに誘われなくなってしまう 前まではグループや2人でよく遊んだりしていましたが、今はほかの子達とは遊んでいることが耳に入ってきたりします。 つまり他のメンバーには直接声をかけているのに、自分には直接声がかからないということ。 さらに他の友達から、遊びの予定や集まりの予定をまた聞きすることになると、とても切ないものです。 自分だけが声を掛けてもらえない相手の行動は自分が嫌われているような気がするでしょう。 またメールやLINEが返ってこないことも嫌われている気がするキッカケの1つです。 相手にも忙しいときがあるので絶対とは言えません。 しかし、いつもはすぐに返事をくれていた友人から返事が来なくなった、返事が2. 3言でとてもそっけない・・・ということが続くと、相手は自分のことをメールやLINEをしたくない相手なんだなと考えてしまうようです。 興味がないこと、趣味ではないこと、自分にはできそうもないことを言われる 今まではみんなでご飯を食べたり、共通するものや興味があるものを楽しむ時間を共有していたのに、突然自分が全く興味がないものに誘われたりするときにも感じるようです。 ご飯を食べに行くときも自分の嫌いな系統の料理屋さんにされたり、 のにとてもお金のかかる習い事に行こうと言われたりして、自分から断ってくれるように仕向けられた行動をしてきたときなどは顕著かもしれません。 また、こちらから勇気を出して声をかけたとき、食事や遊びに誘ったときによく相手の都合で断られることがよくあるというのもネガティブに考えてしまいがちです。 追い打ちをかけるのが、相手の都合が悪いはずの日に、他の人と約束をしていることを知ってしまうことがある・・・。 そして、これがたびたび重なると・・・嫌われてる気がするのは当然でしょう。 スポンサーリンク よそよそしい• 複数で話しているとき、明らかに自分の方だけ見ようとしない、視線を合わせようとしない• 他の人の連絡先は聞いているのに、いつまで経っても自分の連絡先は聞いてこない• いつもはお互い見かけたりしたときは声を掛けあい話をしていたのに、目が合いそうになるとスッと目をそらして、気が付かないふりする• また、声を掛けても自分が声を掛けられたことに気が付かなかったかのようにほかの場所へ行ってしまう などなど。 あからさまなよそよそしい態度に嫌われている気がすると感じるでしょう。 ひがみで嫌われている 仕事ができる、一見どこにも欠点が無い、性格がいい、人の悪口を言わない、そんな人がある特定の人から嫌われしまう場合があります。 用意周到に意地悪されたり無視されたり、最初は悩むがそのうち嫌われている事に気付くのです。 しかし、たいてい女性の場合は嫌われている本人よりも、ひがみで特定の人を嫌う人を嫌う方が率が圧倒的に高いです。 何も心当たりがない時ほど「自分が嫌われているんじゃないか」と気付いたり思ったりするものです。 直感でなんとなく嫌われていることがわかる 自分が苦手だと思っている人は、たいてい相手も「あなたの事嫌いだから」とオーラを出しています。 どこが、どんなふうに嫌われているのかとても気になる所ですが、嫌われてると感じる相手の行動はわかりやすいともいえる無視・言葉がそっけない・影での悪口です。 自分が実際に聞いてわけではないのですが、不思議な事に直感でわかってしまうのです。 対処法としては無視された場合、大人数の場合はやはり原因が何か問うてみるのもいいのではないでしょうか。 勇気がいる事ですが、知らず知らずの間に相手や周囲の人に何か不快な印象を与えるような事をしてしまったのかもしれません。 嫌われてると確信した行動が、一人の場合は対処してもしなくてもどちらでもいいでしょう。 なぜなら、相手に何で?と問う事によって、相手はますます嫌ってくるか、調子に乗る場合があるので、心当たりがないのであれば自分も堂々としていることがなによりもの対処法です。 スポンサーリンク 異性から嫌われた場合はなかなか伝わらない 厄介な事に、女性も男性も異性から嫌われた場合は気付かない事が多いのが現実です。 嫌われているというのは、それだけのお付き合いがあるからで、初対面や数回場だけ場を一緒にした程度では「この人嫌だな」と言う程度で避けていくもの。 しかし、それがお互いに気付かないまま突き進んでしまい、アクションに出てしまうので、嫌いという事をどこかでハッキリ告げないといけない場合があります。 男性が女性を無視するのも何だか小さい話ですし、女性が男性を無視するのも逆上されて困る場合を招かれざる負えません。 いずれにしても嫌われてると感じた時の行動は、まず無視される事が一番のわかりやすいポイントとではないでしょうか。 集団に及ぶイジメでない限り、その人と付き合いを考え直すいい機会でもありますので、割りきってしまうか、一人で悩まず誰かに相談してみましょう。 嫌われてるサイン 既読スルーや未読スルーされる たいていのひとが連絡ツールとして利用しているLINE。 それで既読スルーをされるようになったらおかしいなと感じますよね。 既読スルーならまだ相手が読んだという意思表示をしてくれていますが、さらに未読スルーになって既読にすらならないこともあります。 これではこちらからさらにメッセージを送ることができませんし、相手がなにを考えているのかわらりません。 普通なら返事をするのにしてくれないのですから、必要ないと相手に思われているのでしょう。 つまり、嫌われているのです。 そして相手もそれが伝わってもかまわないと思っています。 また、返信は来るけれど、極端に遅い場合も問題です。 好きな相手や大事に思っている相手へはすぐに返信するものでしょう。 後回し、あるいは、返信するのが嫌だと思っていると、返信は遅くなります。 スポンサーリンク 誘いをすべて断られる 食事や飲み、遊びの誘いをしても、すべて理由をつけて断れるなら嫌われているサインです。 もちろん、相手にも都合がありますから、予定があわないことはあります。 しかし、相手のことが好きでしたら、せっかく誘ってくれたことに感謝して、別の日にしないかと提案してくれるものでしょう。 それなのに、ただ「都合が悪い」「忙しい」「予定がたたない」とぴしゃりと誘いを断られるということは、一緒に出掛けたくないという意思表示です。 本当に嫌われているか確認したい場合は、「いつなら都合つく?」とたずねてみるといいでしょう。 それでも、「わからない。 当分無理だから他の人誘って」などと言われたらはっきりしますね。 また、しつこくすれば、いま以上に嫌われてしまう可能性があるので、せめて察することができることをわかってもらえるように、やんわり断られたら引き下がったほうがいいでしょう。 忙しいアピールをしてくる いままでは暇そうにしていて、いつも付き合ってくれていたのに、突然「忙しい」とアピールをしてきたら嫌われているサインです。 本当に忙しいなら、その理由を言えるでしょう。 しかし、ただ漠然と「忙しい」としか言わないのなら、「忙しいからあなたと遊んでいる暇はない。 誘わないで」ということです。 忙しいといっても、食事はするでしょうし、たまには息抜きもするでしょう。 でも、いかにも、連日24時間少しも暇がない、という風に装うなら、別に忙しくないけれど、誘われるのが嫌だから言い訳に使っているだけです。 好きなひとなら、どんなに忙しくても、時間を見つけて食事をしたりするぐらいいくらでもできます。 そんなに忙しいひとはそういません。 忙しいアピールをされてしまったら、あっさり引き下がったほうがいいでしょう。 スポンサーリンク 他の人と明らかに態度が違う 自分に対する態度と他の人に対する態度を見れば一目瞭然です。 他の人とは笑顔で楽しそうにしているのに、自分の時は無表情で事務的な態度をとるなど、明らかに態度に差があるということは、嫌われているサインです。 自然とそういう態度になっていることもあるでしょうし、わざとあなたにわかるようにしている可能性もあります。 そうやって、「嫌っているから近づかないで」とサインを送っているのです。 冷たい態度はすぐにわかるものです。 特に以前はそういう態度ではなかった場合、その違いははっきりわかるでしょう。 他の人にもみんな同じ態度をとっているのか、それとも自分だけ冷たい態度をとられているのかを冷静に観察してみましょう。 もし、自分だけあからさまに他の人と態度を変えられているなら嫌われているサインです。 嫌われている人の特徴 ナルシシズムが過ぎるタイプ 自分のことが大好きすぎて他人のことが疎かになってしまうタイプは、人から嫌われやすい傾向にあります。 どんなときにも自分を優先的に考えてしまうため、他人がどう思っているのか、感じているのかを配慮する心に欠けてしまっているのです。 会話の内容といえば自分に関する自慢話ばかりになってしまっていたり、他人が褒められるようなことをしても自分より優れた評価を受けていることを認めることができませんから、面白くないとすぐに自分の話に切り替えようとします。 いつでもどこでも話題の中心に自分がいないときが済みませんし、そうしない人のことはいらないと考えているのです。 ですが、周囲からするとこういったタイプのほうが不要と感じてしまうことでしょう。 自然と人が近寄らなくなってしまい、気が付いたら孤立しているということが少なくないのです。 スポンサーリンク 冗談が待ったく通じないタイプ 真面目な人ほど冗談が通じにくいとはいわれていますが、嫌われてしまうほどというと少し度が過ぎてしまっています。 なんでも正面から受け止めて笑いがわからないタイプというのは、あくまでも個性の一つとして周囲も受け入れている場合が多いのです。 ですが、冗談を言われてバカにされていると感じ、キレてしまうようなタイプは周りの人が非常に気を使いますので嫌われてしまいやすくなります。 冗談がわからないだけではなく、プライドが高すぎてしまうのです。 目上の人や尊敬している人をからかうのは難しいことで、そうしたことを行う相手は自分と同等程度の人がほとんどですが、迷惑なほど冗談が通じないタイプは自分が周囲の誰よりも優れて上の位置にいると思っている傾向にあります。 自分よりも下の相手にからかわれて腹が立ってしまうのです。 会話の内容が愚痴や悪口ばかり 口を開けば人の悪い噂話ばかり、誰かのマイナス面を探すことに命をかけていて、信憑性のないことを積極的に広めようとするたちの悪いタイプは敬遠されています。 ただし、こうした嫌われるタイプが厄介なのが、同じタイプが集まって集団を作りやすいという点です。 影でこそこそと愚痴や悪口を言い合っては、嫌いな人をターゲットにしてイジメや嫌がらせのようなことをすることも珍しくありません。 当然こうした人の周りの空気は殺伐としてることが多いため、自分がターゲットにならないために近づかないようにしようと遠巻きにされています。 中には自衛のために悪口集団の中に飛び込んで身を守っている人もいますが、精神衛生上よくありませんし健全とはいえません。 愚痴や悪口を言うタイプは集まりやすいからこそ自分の悪いところに気が付きにくいのが困りものです。 スポンサーリンク すぐに責任転嫁をしようとするタイプ 自分の非を認めることのできない人は、周りにいる人が泥を被ることが多くなるために嫌われます。 完璧な人なんていませんから誰もが失敗をしますが、過ちを認めて謝罪をし、同じことを繰り返さないように努力をしていけば問題はないのです。 ですが、嫌われる人はまず注意をされたり叱責をされても「でもでもだって」で自分の責任から逃れようとします。 「人に言われて指示に従っただけで自分悪くない」「教えてくれなかったほうが悪い」など、必ず失敗の理由を人に押し付けようとしますし、言い訳をして擦り付けられたほうは堪ったものではありません。 謝ることができず逃げることばかりして気が付いたら周りには誰もいなくなっていた、いざというときにフォローしてくれる人がいなくなってしまったということがありますが、それこそ自己責任でしょう。 しかし、自己弁護に必死になるあまり、そうした状況も「見捨てられてしまったかわいそうな自分」に置き換えてしまいすので、そんな態度に不快感や嫌悪感を抱く人も多いのです。 嫌われている人との接し方や対処法 相手を意識過ぎないようにする 嫌われている人と接してみると、自分も同じように感じてしまう場合がほとんどです。 嫌われてしまう原因はいろいろあるのですが、中でも性格や態度に問題がある場合は、多くの人から嫌われてしまうようです。 しかし、場合によっては嫌いな人との接していかなくてはなりません。 その時にいちいち感情的になっていては、自分のストレスが溜まってしまいます。 そうならないためにはなるべく、相手を意識しすぎないように接していくことが大切です。 相手を意識しすぎないようにするためには、相手の行動や言動を深く考えないようにします。 感情に距離を置くためには、嫌われている人とは挨拶程度にして、それ以外では極力話さないようにするのも一つの方法です。 挨拶は自分の方から行うようにしたいものです。 嫌われている人の中には挨拶を返してこない人もいるかもしれません。 しかし、それをいちいち真に受けないようにして、こういう人だと割り切って考えることも必要です。 スポンサーリンク 相手に自分の感情を見せないようにする 嫌われている人に自分も相手が嫌いだという言動や態度を見せてしまうと、ますます関係は悪化してしまいます。 嫌われている人とは良い意味でも悪い意味でもあまり関わりたくないものです。 そのためにも嫌われている人と接する時は、なるべく平常心で接し、感情を表に出さないようにすることが必要です。 相手がカチンとくるような態度や言動を示したとしても、無視することが大切です。 感情を出さずに冷静な態度で接していくうちに、相手の嫌な所を感じなくなってきます。 感情面での距離を離していくことによって、自分が嫌な思いをしなくて済むようになります。 相手が嫌われている人でも、そうでない人でも、人間関係は近付き過ぎてしまうと、相手の嫌な部分が見えて来てしまいます。 適度な距離感を持って接していくことが大切です。 自分に関連付けて考えないようにする 人間関係での多くのストレスの原因は、周りに人と自分の関係が良くない時に起こるようです。 ストレスになりやすいのは相手がどんな人でも、自分がその人から嫌悪感を受けてしまうと、その原因が自分にあるのではないかと思ってしまうことです。 特に嫌われている人は多くの人がその人に対して嫌悪感を抱いてしまいます。 それがわかっていれば、自分が悪いのではないかと、自己嫌悪に陥ることもありません。 全ての人と仲良くなろうとするのは難しいことです。 人はそれぞれの個性を持っていますので、合わない人というのは必ずいるものです。 無理に嫌いな人を好きになろうとすると、逆にストレスが溜まってしまいます。 嫌いな人と自分を関連付けて考える習慣を無くしましょう。 そうすることで嫌いな人との距離感を保つことができますし、もしかしたら嫌いな人の良い一面が見えてくるかもしれません。 スポンサーリンク 他の人たちとの人間関係を良くしていく 嫌われている人に嫌な感情を持って、そのことにいつまでも執着することは良くありません。 それは大きなストレスがかかってしまいますし、人生の貴重な時間の無駄にもなってしまいます。 他の人たちとの人間関係を良好にしていくために、努力をしていくと良いでしょう。 良好な人間関係は物事を良い方向へ転換してくれます。 特に良いコミュニケーションが取れている職場では、仕事もスムーズに上手くいくようになります。 世の中には嫌われている人の割合はそう多くはありません。 多くの人が良いか普通のどちらかです。 自分の環境を良くしていけるのは自分しかありません。 そのためにも良好な関係を築ける人たちを大切にしていきたいものです。 相手に合わせすぎること無く、自分をしっかり持っている人同士は、相手のことを尊重できますし、良い人間関を作っていくことができます。 嫌われている気がする感覚は概ねあっている 嫌われてしまう理由がわかっていれば、それはそれで納得できるものです。 しかしある日を境に突然、態度が急変したりするとあなたも理解ができずしてくるでしょう。 いずれあなたも相手のことを嫌いになってしまうことは目に見えています。 嫌うという感覚は無関心とは別物です。 相手の行動や言葉1つ1つが気に障り、ストレスを感じます。 無関心だったらどんなに楽なのかがよくわかるはずです。 このように考えると良いことは1つもありませんよね。 嫌われている気がするのであれば、自分に非があればきちんと伝えることが大切ですし、理由が理解できなければその程度の関係であると割り切るという「去る者追わず」というスタンスも必要です。 時間が経過すれば相手の方からまた話しかけてきたりするかもしれません。 そのときにあなたはやられたことをやり返すのではなくて、受け入れてあげましょう。 ここがあなたと相手の器の違いです。 とにかく嫌われている気がするということは何かしらの変化が求められているサインだととらえることができるので、それをキッカケに色々と行動してみましょう。 すぐにそんな相手のことなどどうでも良くなるぐらいの差が生まれるはずですよ。 また、仕事場で相手のことがどうしても気になってしまうということもなくはありません。 もし、その環境で嫌われている気になってしまうと、仕事が嫌になったり、と思ってしまうでしょう。 ムリをしてまで1つの場所に留まる必要は一切ありません。 また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「」もあわせて読んでみましょう。 きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

次の

嫌な上司に怒られる!心が折れない叱られ方を教えて!

みんな に 嫌 われ てる 気 が する

1:嫌われてるかも!? 周囲が出してる嫌いサイン見抜けますか? (1)嫌われているって感じたことありますか? あなたは周りの人から「もしかして嫌われてる!? 」って感じたことはありますか? あるとしたらどんな場面でしょうか? 周りの態度に敏感なら、自分の話を聞いてくれなかったり、自分が話したときに微妙な顔をされることで気付けるかもしれません。 人って嫌いな人の前では、結構多くのサインを出しているものですから。 (2)嫌われているって感じたらどうしますか? もし周りから「嫌われている」って感じたらどうしますか? なんらかの対処をとろうとするのが普通ではないでしょうか? でも、嫌われている理由がわからないと、対処の方法も思い付きませんよね。 「嫌われているかも」って感じたのなら、まずは、なぜ嫌われているのか、自問自答してみましょう。 2:嫌われているサイン!? 人が嫌いな人にとる行動7つ まず最初に、人が嫌いな人にとる行動や態度についてみていきましょう。 (1)なるべく近づかない 「嫌いな人に対しては、なるべく近づかない」というのが、多くの人の行動でしょう。 職場などの場合は、近くに座らなければいけないこともあります。 ですが、自由に自分の居場所を決められる場合には、嫌いな人の横に好き好んで座る人はいません。 「相手との距離がそのまま相手との心の距離」だと思っていいでしょう。 (2)話を早く切り上げようとする グループで話しているときに、嫌いな人が入ってくると、すぐにそのグループが解散することがあります。 楽しそうに話しているとき「何話てるの~?」などと仲間に入ろうとしても、「別に大したことじゃないよ」などと、適当に誤魔化して、「じゃあ、そろそろ……」とか言って離れていってしまうのです。 そして、大抵の場合、こういうグループは、また別の場所で集まって話をし始めます。 (3)最低限の付き合いしかしない 嫌いな人と一緒にいる時間は、苦痛でしかありません。 ですから、職場などでも、最低限の付き合いだけに留めようとします。 たとえば、会社の上司が嫌いな場合は、職場の飲み会には参加したくなくなるでしょう。 仕事上、やむなく付き合わなければいけないときは我慢して付き合いますが、その時間が終われば、すぐに知らない人のように振舞うのです。 (4)作り笑いを浮かべる 嫌いな人に対して、警戒心をもちます。 そのため、「嫌いだけど、しかたがなく付き合っている」人の前では、笑顔が引きつってしまいます。 作り笑いは目が笑っていなかったりして不自然なので、観察していればすぐに気付けます。 (5)SNSで繋がらない 嫌われている人は、SNSなどの繋がりも拒否されることが多いです。 もちろん、友達申請を拒否するのは難しいので、一応は繋がってはくれても、仲間内だけの公開ではブロックされたり、あなたの投稿に対して、まったく反応してもらえなかったりします。 「連絡先を聞いてもなかなか教えない」というのも、嫌いな人に対して行う、わかりやすい行動のひとつです。 (6)深い話をしない 親密な人にほど、自分の秘密や、家庭の事情などを話そうとします。 逆に嫌いな人に対しては、絶対に自分の秘密や悩みを打ち明けません。 会話をしていても、上辺だけの会話で、深い話になることはないでしょう。 (7)物の貸し借りをしない 嫌いな人には物を貸したいとは思わないですし、借りるためにわざわざ声をかけたいとも思いません。 会社で文房具などの貸し借り程度はあっても、趣味のモノなどは貸さないのが普通です。 たとえば、会話にDVDの話がでてきて、「それおもしろそうだね」と嫌いな人が言ってきたら、「レンタルできますよ」と言ってかわすはずです。 こんなふうに、嫌われている人は、みんなからなんらかのサインを発せられています。 人が自分の話を聞いてくれなかったり、深い話をしてくれなかったりするのは、嫌われているサインかもしれません。 3:周囲から嫌われてる人のあるある行動5つ では、周囲の人から嫌われている人って、どんな行動をしているのでしょうか? 「あるある~」と思える行動をご紹介します。 (1)自分の話ばかりする 嫌われている人は、自分の話ばかりをしようとします。 人が話していても横からその話をぶんどったり、「そんなことはどうでもよくてさ~」などと、いきなり人の話を中断したり。 いつでも自分が中心にいないと気がすまないのです。 そしてちょっと別の人が褒められたりすると、すぐに嫉妬して「別にそんなのすごくないじゃん」などと言い出します。 (2)自慢気に話す 自慢話ばかりする人もいます。 それが上司だったりしたら、無下にもできず、嫌々聞く羽目に……。 自慢話の内容は、たいてい「昔の自分はすごかった」など、過去の栄光に浸るようなものばかり。 「今は?」と聞くと機嫌が悪くなるので、誰もつっこみたくなくなってしまいます。 (3)男の人の前でだけ態度が豹変する 女性で嫌われる人のタイプのひとつが、ぶりっ子。 男の人の前でだけ、力のないフリや何もできないフリをしたりするタイプです。 また、女性だけでいるときには、人の悪口も平気で言うくせに、男の人が近くにいると「そんな悪口とか言うのよくないよ~」とひとりだけいい子ぶったりもします。 (4)嫌な仕事は人に押し付ける 雑用や掃除など、誰かがやらなければいけないけれど、誰も進んではやりたがらない仕事って必ずあるもの。 職場で嫌がられるのは、こういう、イヤだったり地味だったりする仕事を人に押し付ける人。 そして、手柄は自分のモノにするので、こういう人の下にいる人は、フラストレーションが溜まりっぱなしになるでしょう。 (5)被害者ぶる 自分が優遇されているときには、それが当たり前のように受け止めるのに、自分の立場が悪くなると、すぐに被害者ぶるのも嫌がられる人によくある行動です。 (1)のように、「自分が自分が……」と会話をいつも独占していると、周りは話をしたくなくなるもの。 でも、周りが自分を避けるようになると、「無視されている」と言って、被害者ぶって目を集めようとするんですよね。 (1)横に座ったときに… 隣に座ったときに、相手が足を組んでいるとします。 そのとき、あなたから体が離れるように足を組んではいませんか? たとえばあなたの右側に彼が座って、彼の左足が上に来るように足を組んでいたら、ちょっと注意が必要です。 ただし、足は組みやすい方と組みにくい方があるものなので、両側に座ってみて、その反応を確かめたほうが確実です。 (2)前に座ったときに… 人は相手と距離をおきたい場合には、その人と自分との間に何かモノを置こうとします。 たとえばカフェなどでは最初に水が運ばれてきます。 それを彼が目の前に置いたままなら、心の距離が感じられます。 彼が水を横にどけて前のめりになってくれたら、嫌われていない証拠だと思っていいでしょう。 (3)モノを借りてみる 先ほどもお話したように、人は嫌いな人に自分のモノを貸したくありません。 なので、なんでもいいので、相手にモノを貸してくれるように頼んでみましょう。 ペンなどの、もし返ってこなくてもさほど困らないモノから始めて、彼の好きなアーティストのCDなど、返してもらえないと困るモノに徐々に変えていきます。 大事にしているものであればあるほど、距離が遠い人には貸したくないと思うようになるので、どこまで貸してくれるかで、あなたに対する位置関係を測ることができます。 5:嫌われていませんか!? 今回は嫌われている人に対して周囲の人々が取る行動や、嫌われている人のあるある行動を紹介しました。 これを機に、ぜひ1度、普段の自分の行動を振り返ってみてください。 もしかしたら知らないうちに人から嫌われてしまう行動を取っているかもしれません。 そう気付いたら、すぐに行動を改めてみてくださいね! この記事を書いたライター 大山奏 K. Ohyama スピリチュアルと運動が好きなアウトドア系ライター。 整体師、カラーセラピスト、アロマテラピーインストラクター。

次の