キンプリ 歌唱力。 キンプリ歌うまいランキング。嵐の松本潤が絶賛するメンバーとは?

紅白2019キンプリは口パク?生歌証明で歌唱力高いのになぜ?|WUG Love〜エンタメ話題のわぐらぶ〜

キンプリ 歌唱力

2018年に新しいジャニーズグループが誕生しました。 また、最近ではドラマ『花のち晴れ』の影響でキンプリも急増中だとか。 ますます活躍が楽しみです!! 今回は、キンプリのメンバーの 『岸優太』について紹介していきたいと思います。 Sponsored Link 『キンプリ』とは? 2018年にデビューしたジャニーズの6人組のグループでかなり注目されています。 それは・・・ 関ジャニの 『村上信五』!! 確かに似ているような気がします。 透明感がある高めの声がかなりいいです。 ファンも 『岸優太』の歌をかなり評価していますね!! ここんとこ毎日岸優太くん見てる。 歌とダンスめっちゃかっこいいし、キラキラしとる。 — kanon。 '19 hukuhuku66 ただ、岸優太は歌が上手いから良き — ゆうキング先輩 bpaxrnry5279 歌唱力が好評な 『岸優太』なのですが、実はそれだけではありません。 過去に『演技が上手いジャニーズJr. ランキング』で一位を獲得していました!! 演技力も高い? ニュースサイト『週刊女性PRIME』が2016年に行った『演技が上手いと思うジャニーズJr. 』アンケートで一位を獲得していました。 これ、全然知りませんでした。 どうやら、深夜ドラマ『お兄ちゃん、ガチャ』での主演がかなりよかったみたい。 楽しみです!! そんな演技もでき、歌唱力のある『岸優太』ですが、天然説が出ています。 本当でしょうか?? 天然と言われているけど本当? Sponsored Link どうやら本当みたいです!! そのため『岸優太』のポジションは 『天然』と 『いじられキャラ』みたい。 過去にジャニーズの先輩に『岸優太の取扱説明書が欲しい』と言われたこともあるらしいです。 おそらく相当天然なんでしょう!! まとめ これからテレビに出る機会が多くなるので、岸優太の天然シーンを見れるかもしれないですね。

次の

キンプリ歌上手い順ランキング!歌唱力は?口パクじゃないと歌下手?|Informed House

キンプリ 歌唱力

キンプリってどんなグループ? ダンスも歌唱力も抜群!ジャニーズトップクラスの実力派 ジャニーズ事務所所属の6人組のアイドル。 ジャニーズ事務所前社長ジャニー喜多川が、生涯最後にデビューさせたグループです。 イケメンなのはもちろんですが、ジャニーズファンの間で、 「歌がうまい!」 「ダンスがかっこいい!」 と多数の声があがる 実力派。 デビューシングル「シンデレラガール」は誰もが1度は聞いたことがあるのではないでしょうか? 出典画像: 写真は左上から時計回りに髙橋海人、平野紫耀、永瀬廉、神宮寺勇太、岸優太、岩橋玄樹 個性豊かな6人のメンバー 上記にもある通り、キンプリは6人組のアイドルです。 (現在メンバーの1人は芸能活動休止中) グループとして大人気なのはもちろんですが、なんと言っても 1人1人が個性的です。 「国宝級イケメン」「天然」「文武両道」「おバカ」「チャラ男」…など気になるワードが盛りだくさん! それでは6人のメンバーを紹介していきます。 自分たちで決めた面白いメンバーカラーにも注目よ! 平野紫耀(ひらの しょう) 1997年1月29日生まれ/メンバーカラー 深紅 女性ファッション誌の「国宝級イケメンランキング」2019年の上半期・下半期で2連覇、表紙になった雑誌は即完売と大人気。 明石家さんまも惚れ込む 天然ぶりで、バラエティー番組でも引っ張りだこ。 ドラマ『花のち晴れ~花男 Next season~』でヒロインの相手役、映画『かぐや様は告らせたい 天才たちの恋愛頭脳戦』で主役を演じるなど俳優としても活躍している。 今回紹介している 『未満警察 ミッドナイトランナー』でSe xy Zoneの中島健人とW主演を務める。 永瀬廉(ながせ れん) 1999年1月23日生まれ/メンバーカラー 漆黒 2017年の4月に明治学院大学社会部に入学。 ジャニーズの仕事と大学の勉強を両立している。 平野紫耀が2連覇した女性ファッション誌の「国宝級イケメンランキング」2020年上半期で1位を獲得している。 2019年公開の『うちの執事が言うことには』で映画初主演、同年の『FLY! BOYS,FLY! 僕たち、CAはじめました』でテレビドラマ初主演と、俳優としても活躍している。 髙橋海人(たかはし かいと) 1999年4月3日生まれ/メンバーカラー ひまわりイエロー キンプリの最年少メンバーで、弟キャラとしてメンバーから可愛がられている。 幼少期からダンススクールに通い、ダンスグループを結成。 数々のコンテストで賞を取り、全国大会で優勝したこともある。 振付師に一目置かれるほどのダンス実力者。 ジャニーズに入所する前にSMAPの5大ドームツアーのバックダンサーを経験している。 岸優太(きし ゆうた) 1995年9月29日生まれ/メンバーカラー 紫 キンプリのリーダー。 メンバー最年長だが、先輩後輩関係なくいじられる愛されキャラ。 平野紫耀に負けず劣らずの天然で、いわゆるおバカ発言も多く、バラエティーで目立つことも多い。 ジャニーズの中で歌が上手いと言われているキンプリで、 1番の歌唱力を持つ。 キンプリとしてデビューする前から俳優活動をしていて、 演技力も評価されている。 神宮寺勇太(じんぐうじ ゆうた) 1997年10月30日生まれ/メンバーカラー ターコイズブルー ナルシスト発言を連発する「チャラ男」キャラだが、根は真面目で努力家。 紳士的な振る舞いを見ることも少なくない。 そんなギャップがファンを魅了し、ファンの間では 「国民的彼氏」と呼ばれている。 永瀬廉の主演映画『うちの執事が言うことには』に出演している。 岩橋玄樹(いわはし げんき) 1996年12月17日生まれ/メンバーカラー 濃いピンク 雑誌「Myojo」の企画「恋人にしたいJr. 」ランキングで5年連続1位を獲得するほど、 Jr. 時代から人気がある。 可愛らしい見た目と大人しい性格の反面、ホラー映画やロックが好き、運動神経抜群で極度の負けず嫌い、という男らしいギャップが魅力。 現在はパニック障害であることを発表し、 芸能活動を休止している。 キンプリが歌う『未満警察 ミッドナイトランナー』の主題歌 そんなキンプリが歌う『未満警察 ミッドナイトランナー』の主題歌のタイトルは 出典画像: Mazy Night mazy…迷路のような、曲がりくねった night…夜 直訳すると「迷路のような夜」でしょうか。 そこから派生して「出口の見えない夜」「先の見えない夜」というようにも解釈できます。 キンプリ5枚目のシングルです。 主人公である若者2人をイメージしているのか「出口のないような夜でも、とにかくもがこう!立ち止まるな!」と、困難に直面し葛藤する人へのエールのような歌詞にも注目です。

次の

岸優太は歌うまいし声もイケメン?歌唱力はキンプリランキング何位なの!?

キンプリ 歌唱力

今回はそんな誰もが気になる情報についてランキング形式でまとめました。 600人の方にアンケートした内容を、理由もあわせて記載しています。 皆さんの好きなグループは何位にランクインしているでしょうか! 是非ご参考ください。 -Zが歌が上手いと思う理由はこちら ・今は主に橋本くんがメインボーカルをやっていますが、元々A. Cの時には河合くんがメインボーカルでした。 ソロ曲を聞けば分かりますが、戸塚くん、五関くん、塚田くんも歌が上手く、誰がメインボーカルをやっても遜色ないくらい上手な人が揃ったグループだと思います。 Say! Say! Say! Say! JUMPが歌が上手いと思う理由はこちら ・ジャニーズは必ずと言って良いほど各グループに一人は歌が下手な人がいるけれど、Hey! Say! JUMPは下手な人がおらず、全員安定して歌が上手だから。 際立って上手な人はいないが、平均値は高いと思います。 ハモリのパートもあり、全員でユニゾンが主流のジャニーズ曲の中でも目立っていたと思います。 あのハーモニーが今は聴けないかと思うと残念です。 マリウス葉の少年のような可愛い声と、松島聡のTHEアイドルでキラキラた声、菊池風磨の染み渡る声と激しいラップのギャップ、中島健人は曲によって声の表情を使い分けることができる。 そして、そのそれぞれの個性を佐藤勝利の声がまとめている。 特に藤ヶ谷さんと千賀さんはソロパートの時でも音を外さず歌えており上手に思えます。 ・藤ヶ谷君と北山君の通称藤北の歌唱力がずば抜けている。 2人とも声がセクシーで伸びがあり、さらにラップも完璧。 デビューまで長かった分めちゃくちゃ努力もしていて生き様が歌になっているのだと思うから、キスマイだと思う。 NEWSは増田君と手越君がずば抜けてるので聞き入ってしまいます。 キンプリは去年歌番組に出ていることが多くて口パクだと思ってたら本当に歌っていることに驚いたぐらいです。 ・メンバー全員ではありませんが、手越くんと増田くんペアの歌唱力は際立っており2人のハーモニーが素晴らしいと感じるからです。 2人でユニットを組んで歌も出していますが、ジャニーズの中ではトップレベルの歌唱力だと思います。 個人レベルで言ってもジャニーズグループの中では上手だと感じます。 ・二人とも声量がしっかりあり、音もはずすことがないと思ったので選択しました。 他のグループと違って二人ということもあり、個人個人の技術、力量がよりわかりやすいです。 「なんとなく」な感じで歌っている他のグループとは違い、しっかり歌っている感じがします。 結構、ハードな練習をやってきたためか、声が良く、上手かったと思います。 仮面舞踏会やデカメロン伝説は曲も良いし、歌もうまかったと思います。 少年隊の人気曲にもこの辺は出ています。 ・各個人になると…誰かは上手いが、誰かは下手が多い中、少年隊はバランス良くとれている。 かっちゃん、ニッキ、東共に個人になると全員上手いと言うわけでないが、少年隊になるとバランス良く上手い。 また、歌いながらダンスをしていてあの歌唱力はほんまもんと思います。 6人全員のバランスが良く、特にリーダーの岸くんは歌が上手く高音がきれいだと思います。 また、平野くんは声がハスキーで安定感があると思います。 ・最近デビューした新しいグループですが、メンバーそれぞれの歌の上手さにばらつきがあまりないと思います。 全員それぞれが歌を歌うメンバーですし、誰か1人が大きく足を引っ張ている感じもなく、グループとしては歌が上手だと思います。 ・メンバー全員の歌唱力で比べた時に、キンプリは他グループよりも偏りがなくそれぞれ一人一人のメンバー全員が平均以上の歌唱力を持っているグループで、安定感がありなおかつそれぞれに歌声や歌い方の個性が現れていると思います。 それぞれが異なるタイプの声でソロが引き立つし、それでいてユニゾンでの重なりがいい。 低音の大倉くんから高音の安田くんまで、音域も幅広いグループ。 ・去年脱退したけど、渋谷すばるの歌声が1番上手いと思っている。 また錦戸亮、安田章大、丸山隆平、大倉忠義も上手いと思う。 実際、ライブに行ったが上ハモ下ハモがキチンと分かれていて、特に安田章大、丸山隆平の歌声は万人受けする声だと思っている。 ・どのメンバーとのハモリでもキレイに聞こえて、ジャニーズでなくても普通に聞き入ってしまったことがありました。 ・とにかく渋谷すばるくんがうまいと思う。 他のグループにも歌が上手い人はいるけど、個人的に渋谷君の歌い方や声が1番好みなので。 辞めちゃって残念。 渋谷君が歌うと、アイドルの曲というよりバンドっぽい今どき感が出ると思う ・丸山隆平、安田章大、錦戸亮、大倉忠義など、歌のうまいメンバーが多数いるから。 安田章大は、伸びのある歌声でグループで一番安定感がある。 錦戸亮は色気のある歌声を持っており、メインで歌うのにふさわしいカリスマ性もある。 ・毎週日曜日に関ジャムをみていますが、単純にうまいなと思うので。 メインボーカルが抜けてしまったのでどうなるかな~と思っていましたが渋谷君のような個性的な響きはないものの、これはこれで良いと思います。 突出する響きがなくなった分まとまりがあってジャニーズらしくなりました。 渋谷君のボーカル大好きでしたけどね。 また特に下手とか声に癖のある人がいないので聞きやすいので、V6が歌がうまいグループだと思います。 ・あまり目立たないが、ディズニーにターザンのソロ歌手として抜擢された坂本さんをはじめ、グループ全体の歌唱力はかなり高い。 コンサートに行っても、ただパフォーマンスを楽しむというより、ちゃんと聞かせる歌を歌えるグループだと思う。 ・メンバー中2人は歌を理由にミュージカルに多数出演していること。 特に坂本昌行さんは、歌唱力を認められてディズニーアニメの「ターザン」にも出演されています。 ディズニーでセリフも歌も両方担当できるのはかなりの実力者だけなので歌がうまい証拠になると思います。 ・以前友人に連れられてコンサートに足を運んだ際に実際に聴いたV6の歌が非常に上手かったから。 一人一人の歌唱力が高いのはもちろんだが、メンバー全員で歌う際のハーモニーが非常に素晴らしかった。 以上のことから、V6はソロでも全員でも歌唱力が高いグループだと言える。 ・坂本昌行と井ノ原快彦の歌がうまい。 ほかのグループにも歌がうまい人はいるがV6の歌のうまさは稀有。 スイートなボイスの長野博やキャラメルボイスの森田&三宅、安定した声の岡田がいるのでユニゾンのハモりもすばらしい。 ・メンバーが舞台経験を積んでいるからでしょうか、誰がソロパートを歌っても上手いと思います。 演奏がほとんどない曲でも安心して聞いていられる、実力派のグループですね。 年齢を重ねた今の方が、若い時の歌声よりも素敵です。 ・歌唱力というよりも一人一人心のこもった歌い方をするのでV6さんを選びました。 未だに WAになって踊ろう。 を聞くと、心が温かくなります。 あのような歌をまた世の中に出して欲しいと思っています。 岡田くんが大好きです。 宙船に関しては、中島みゆきとかその他にもテレビで何人か違う人が歌っているのを見ましたがTOKIOの長瀬智也が一番良かった。 ・アイドルっぽい歌に魅力を感じないので、挙げられた候補の中から、そうではない雰囲気を持ったグループを選びました。 個々に歌がうまいという意味では、比較的新しいグループの中にうまい人が多いように思いますが、アーティストという意味ではTOKIOだと思います。 ・ジャニーズの中で実力派のアーティストから曲を提供されている数少ないグループだと思うからです。 椎名りんご、中島みゆきの二人は特に歌がうまく実力派だと思うのでアイドルグループのジャニーズで本当に実力が買われているのだと思います。 ・メインボーカルの歌の上手さを比較すると、TOKIOの長瀬君がダントツで上手いのではないでしょうか。 バンド形式でも、ソロでも、ギター一本でも、どんなかたちでも自分の世界にする魅力と歌声を持っていると感じます。 ・デビュー当時から歌が上手いと思っていました。 長瀬君は少しずつ大人の声になり、魅力が増していると思います。 他のグループよりも発声がしっかりとしていて胸に響きます。 「花唄」や「宙船」はサビが心に響き、また頑張ろう!と勇気を貰えるので選びました。 ・ジャニーズの中であえて言えばTOKIOだと思う。 長瀬さんの声が歌唱力があるだけではなく、特徴がある声をしているから、味のあるバンドになっていると思う。 他のジャニーズのグループは特に歌がうまいと思える人がいない。 ・KinKi Kidsと迷いましたが、LIVEで聞いた時の芯の太さを感じた、長瀬君を選びました。 TOKIOは難しい曲が多く、ジャニーズの中では珍しくカラオケで歌えないグループです。 それだけ、長瀬君の歌唱力が際立っていると思います。 ・ジャニーズの中でもバンドとして本格的に音楽を続けているグループであるため、ボーカルの長瀬さん以外にもコーラスをしっかりとしているという印象がある。 リードボーカルとしても、いわゆるロックバンド等と比べても劣らないと感じる。 ・正直、生歌になった途端、歌唱力がレベルダウンしてしまう歌手の方も多いように思うのですが、そんな時でも、TOKIOの歌はいつもと変わらないから。 口パクではなく、本当に歌が上手な証拠だと思います。 声量もあるし、音程も安定していて良いです。 ・長瀬智也の歌唱力が他のどのジャニーズの方よりもスバ抜けて上手いと思います。 TOKIOの楽曲作りの時は長瀬がリードしているようですし、音楽への情熱を歌から感じます。 声量もさることながら、豊かな感情表現も魅力的です。 嵐の歌は爽やかな感じに歌っていると感じることもあり、私にとってはかっこいいと思いました。 そして、私も嵐のいい見本を参考にしたいと思いました。 ・大野君、二宮君と、ジャニーズ内でも特に歌が上手いメンバーが2人いる上に、他の3人も特別上手くはなくても下手ではない。 他のグループだと下手な人がいると目立ってしまったりソロが聞いてられないことがありますが、そういったことは嵐はありません。 また、ハモりやソロといった各々のパートによってちゃんと声量調節をして5人の音圧が同じくらいになるようにそれぞれが歌っているため、バランスが良く聞きやすい。 ソロなら声を張るけれど、5人になったら揃えるというバランスを、メンバー全員ができている。 ・メンバー5人ともそれぞれ歌がうまい。 ソロでも下手なメンバーがいないので、5人で歌うととても上手に聴こえる。 特にリーダーの大野君は歌唱力が高くて、ジャニーズの中だけでなく芸能界でもトップレベルと言っていいと思う。 ・今までに出している曲がほとんどドラマの主題歌になっていたりCM曲として使われていたりするのは、歌が上手だからかなと思います。 ソロパートでも全員で合わせて歌っていても、個々の個性が引き出されていて聴いていて安心できるからです。 ・嵐は5人の声のまとまりが良く、聴いていて心地良いです。 それぞれは個性的で全く異なった歌声をしているのにも関わらず、合わさると綺麗に重なり合います。 ソロでも全員が安定して歌うことが出来るので上手だと思います。 ・「untitled」という2017年度のコンサートに行ったのですが、全曲CDの音源と思うような正確な音程で歌っていて驚きました。 その後発売された「untitled」のDVDも見ましたが、確かにしっかり歌っていて、踊りながら外さず歌う技術がすごいと思いました。 ・嵐は一人一人の声に個性があり、聴いていて飽きません。 また曲も多くジャンルが一つにとどまっていないと思います。 そんな多くの楽曲を歌いこなすところが理由です。 またグループに一人はあまり歌が上手くない人がいそうですが、5人とも歌が上手く、バランスがとれていると思います。 ・嵐の中でも大野君の歌のうまさと声の癒し力は別格だと思います。 嵐に大野君がいなかったら歌手としての嵐は成立しないと思います。 声が優しいのと、高音もそつなく歌いこなす感じはジャニーズの中でも別格のうまさだと思います。 ・ダントツで嵐。 グループだと絶対誰かオンチな人がいるのに嵐は全員がうまい。 松潤のカッコつけた歌い方が少し鼻に付くけど、それ以外は言うことないです。 楽曲に恵まれているというのもあると思うけど嵐の歌は本当に全部素敵だと思います。 ・昔から嵐の楽曲をたくさん聴いてきて彼らの歌声はほかのジャニーズグループと比べて上手いと思うから。 特にリーダーの大野君の歌唱力はずば抜けて高いと思います。 ダンスをしながら踊りも完璧に熟していて、とても憧れのジャニーズグループです。 ・基本となる声がしっかりしてます。 ハーモニーが素晴らしいです。 均一の歌の発声がしっかりしてます。 ずば抜けて声が高いとかもないので聴きやすいと思います。 生の歌を聴くとうまいことがわかりました。 グループでは一番安定してます。 ・歌番組で聞いても大きくずれてると思ったこともないし、いつもたのしそうに歌ってるのにしっかり歌えてて聞いてて癒されたりするからです。 また、櫻井さんのラップはとってもうまくて聞いてて楽しませてもらえます。 特にドラマの主題歌が、最高です。 みんな(特にマツジュン)の声が、好きです。 ほぼ私にとって最高の声です。 もちろんメンバーがいてこそだけれどね。 ・5人それぞれ声質等は全然違いますが、ユニゾンがとても綺麗、ハモリも綺麗。 大野さんや相葉さんは旋律の安定感があり、音源とほぼ正確。 二宮さんは高音域で表現豊か。 松本さんは、低音域で縁の下の力持ち。 櫻井さんは、歌詞の滑舌がとてもよい。 バランスがとてもいいと思う。 ・嵐の中でも、一番上手いのは、リーダーの大野くんだと思います。 歌い方も、さりげなく歌っている感じが見ていて、かっこいいなと思います。 気取らず、自然で、それでいて、澄んだ歌声と伸びる声が魅力だなと思います。 ・全員で歌った際のハーモニーが上手く組み合わさっていて全く違和感を感じません。 またリーダーの大野智さんの歌声はまっすぐ響き、のびのびとしているのが自分的に特徴ではないかと思っております。 聞いていてとても元気が出ます。 ・嵐だと思います。 なぜなら大野君がいるからです。 大野君の高めの透き通るような声が大好きです。 デビュー曲「A・RA・SHI]の最後のソロの部分はよくTV番組などで歌っていますが何回聴いてもあきません。 ずっと聴いていたくなります。 2人で歌ってるデュエット曲では、ハモりが美しくてシンクロしている時があり、どのジャニーズのグループよりも上手いと思う。 また、ソロでも活動していて安心して歌を聴いていられる。 ・堂本剛君が抜群にうまいと思います。 堂本光一君は昔下手でしたが、会い方がうまいと影響されるのかうまくなったと思います。 堂本剛君のファンではありませんが、彼はジャニーズで一番歌がうまいアイドルだと思います。 ・歴代のジャニーズの歌で一番上手だと印象に残るのは、KinkiKidsの硝子の少年です。 デビュー曲だったと思いますが、老若男女問わず受け入れられる曲調、歌詞、歌のうまさがあったと思います。 Kinkiは他にも良い歌がありますが、硝子の少年がずば抜けていると思います。 ・剛さんの歌唱力はデビュー前から際立っていました。 年齢を重ねていくごとに人の心を惹きつける歌声になっていると思います。 光一さんと2人のハーモニーは20年以上、2人だけで作り上げた素晴らしい世界観が伝わる歌声です。 ・堂本剛の伸びやかな声、そして高い音域の歌い方がどんな曲にもマッチしている。 また、堂本光一も年々歌い方に味が感じられるようになっている。 何よりも、結成して20年以上経っているだけあり、互いの良さを活かした歌い方になっているため。 ・堂本光一君は昔は歌があまり上手ではなかったけど、舞台などを繰り返し公演していくうちに上手になったと思います。 一方、剛君の方はデビュー当時から歌は特別に上手で、今はアレンジしながらでも聞き惚れるほどだと思います。 ・ジャニーズのグループの中で圧倒的だと思います。 個々も上手いが、2人のハーモニーはうっとりしてしまいます。 ハモリの美しさが素晴らしいですね。 KinKi Kidsはテレビよりライブがいいというのも納得です。 ・初期の「硝子の少年」から、他のジャニーズに比べて歌唱力があると感じていました。 また、堂本光一さんと堂本剛さんの二人の声の相性も良く、二人の声が重なる部分も綺麗で、歌で勝負するタイプのジャニーズだと思っています。 ・ライブ映像でも完璧な歌声でした。 何回も歌番組で見ていますが口パクでは全くなさそう。 なのに音を外したことなんて聞いたことがない。 二人ともソロパートがかなりありますが個人の上手さが引き立っていて聞いていて安心できます。 ・二人のハーモニーが美しい。 ファンでなくともつい聞き入ってしまう。 特に剛さんの歌声には感情が揺さぶられるものがあると思います。 楽しい感じの曲から切なげな曲まで幅広く歌いこなしていると感じるし、心地がよい。 ・他にもV6の坂本さんやTOKIOの長瀬くんなど上手い人もいるけれど、堂本剛くんの歌唱力は圧倒的です。 心に響く声を独特な世界観で歌い上げるのはジャニーズアイドルというより、本当にあーてぃすとだなと思います。 ・昔は剛くんのうまさが際立っていましたが、年数を重ねるにつれて光一くんの剛くんの歌い方のクセに寄せてきているようになり、うまくなっていってきた感じがします。 ジャニーズは歌が下手な人が多いイメージですが、この人たちは別格だと思います。 ・音程が正しくしっかりしているだけではなく、歌い方自体に個性が光っていると感じます。 アイドル的な軽い歌い方というよりも心情を歌い上げるアーティストという感じで、楽曲自体の魅力をきちんと引き出しているからです。 ・光一君はミュージカルで鍛えて、昔よりとても上手になったと思います。 剛君は自分の歌い方をしっかりと持っていて、独特な歌声がとてもすてきだと思います。 二人それぞれが上手なので、ハーモニーがとても良いと思います。 ・二人とも両方歌が上手い。 大勢のグループなら、歌が多少上手くなくても誤魔化せるがデュオはそうはいかない。 二人の声は全然違うタイプだがハーモニーがとても素晴らしい。 特にバラードの曲がとても合っていると思う。 ・堂本剛の歌唱力はジャニーズ1です。 テレビ番組「堂本兄弟」では数多くのアーティストとコラボしていましたが、名立たるアーティストに引けを取らないレベルです。 堂本剛ばかり注目されがちですが、堂本光一もミュージカルに出演するなど歌唱力は抜群です。 ・デビューから歌謡曲を歌い続けていて、誤魔化せないよねと感じました。 耳に残る名曲も多いですし、ハモりが聞いていて心地いいです。 後輩グループが番組企画でカバーすることも多いですが、やっぱり本家が1番上手。 ・堂本剛さんのくせのある歌い方が私はすごく好きです。 歌唱力はジャニーズトップといってもいいと感じています。 自分達の曲ももちろんですが、カバーやソロとしての曲も独自的な雰囲気があって聞き惚れてしまいますね。 ・堂本剛さんも堂本光一さんも二人とも歌がとてもうまいと思っています。 二人のグループなのでソロで歌うパートも多く、大人数のグループ違い誤魔化しがきかないと感じます。 ソロのパートでもお二人ともきれいな歌声で歌われていると感じます。 ・キンキは2人とも歌のレベルがかなり高いです。 光一くんは、昔からソツのない、王道の歌声で安心して聞いていられます。 一方、剛くんは歳を重ねるごとに歌い方変化していますが、彼にしか出せない独特な伸びのある歌声はとても上手だです。 剛くんは若い頃に比べて、切なさを帯びるような歌声になってきています。 ・剛君は、アイドルというよりミュージシャンというと呼びたいくらい歌がうまいと思います。 カバー曲を歌っても、自分の色を出しつつ歌いこなしていて、聴き惚れてしまいます。 光一君も長年ミュージカルで活躍しているだけに、歌唱力が高いと思います。 ・堂本剛さんの歌唱力は抜群です。 光一さんも決して下手ではないですが、剛さんの声量、音程の良さには負けてしまうかな?二人の曲は聞いていてとても気持ちよく、アイドル=歌がいまいちの図式を壊したのはこのお二人ではないでしょうか? ・堂本剛はデビュー前から歌唱力には定評がありました。 山下達郎、吉田拓郎、久保田利伸、坂崎幸之助など数々の大御所アーティストに認められてるエピソードがあります。 またソロでもコンスタントにアムバム制作やライブ活動をしているのもジャニーズ唯一と言っていいでしょう。 そんな堂本剛とミュージカル主演を18年続けている堂本光一とのコンビであるKinKi Kidsは、最も歌がうまいグループと言えると思います。 ・15年以上前に母と年末に行われていたコンサートに毎年のようにいっていましたが、生で聞く歌声が他のジャニーズグループとはレベルが違っていました。 特に剛くんの歌声は自分の個性をよく分かっているような感じで聞いている側にも染みるような声なので本当に感動したことがあるからです。 ・剛くんは昔からずっと歌がうまい印象が強いです。 少し独特な感じはありますが、ジャニーズの中でも群を抜く歌声だと思います。 また、光一くんは昔はそんなにうまいと思いませんでしたが、経験を重ねるうちにかなりうまくなった印象があります。 ジャニーズというより、1アーティストとして見ても十分な実力があると思います。 ・音楽番組に出た時でも他のアーティストが口パクで歌っている中、ちゃんと生音で歌っている。 それぞれソロでも歌っているし、音を外したり発声が出来ていないアーティストと違い、しっかりと基礎を固めている感じ。 プロの歌い手としてちゃんと音楽をやっている。 ・二人とも上手いからです。 堂本剛さんの上手さはジャニーズ事務所の中でも飛びぬけています。 剛さんが上手過ぎてあまり注目されていないかもしれませんが、堂本光一さんもとても上手だと思います。 そもそもあの剛さんとユニゾンするのだから、高度な歌唱力が求められています。 どのグループも歌が上手いメンバーはいますが、KinKi Kidsはいつも生歌で、歌唱力で魅せていて素晴らしいです。 ・堂本剛はソロでのアーティスト活動、堂本光一は舞台。 それぞれで磨いた二人の歌声は、ジャンルは違うのかもしれないけど、調和して気持ち良い音となって、聞く人の耳に届く。 デビュー当時から、どんどん進化していて、まだまだ成長し続けていると思うから。 ・デビュー当時からメンバーが2人しかいないのに、幅広い活躍をしているのは2人の個性もあるとは思いますが、歌がうまいという点が大きいと思います。 2人でもハモリがしっかりとしているので聞いていて心地よく感じます。 ・断トツでキンキキッズだと思います。 特に堂本剛さんが上手いと思います。 歌番組の生放送で見ていて、素人目でもこの人上手いなぁと思います。 歌の安定感や、歌声の伸びなどです。 堂本光一さんも舞台をやっているので歌い慣れていたり、発声の部分でも安定感があると思います。 ・個人個人としてとても歌唱力の高い二人ですがソロでもデビューししっかりと結果を残しているところを見ると多くの人からもその評価を得ていると実感することが出来ます。 自分もKinKi Kidsの曲を聴いているとこう言う風に歌えたらなと思います。 ・ギターを弾きながら歌うということは難しい中、聞き手に対して心の中から震わせるものを持っているうえに歌に対する想像力を聞き手に与えているところが凄いのと一曲一曲、丁寧に気持ちを込めて聞き手に伝わるところが凄いというのが理由です。 ・二人ともソロ曲や舞台での活動があり、個々の歌を聴く機会が多いですが、それぞれとても上手だと感じるため。 また、デビューしてからのヒット曲も多数あるところを見ると、歌で多くの人の心を掴んでいる証拠だと思うため。 ・光一君は前はあんまり歌が上手じゃないイメージでしたが、CDを発売するたびに番組を通して歌が上手くなったのか今は舞台もやっていて前とくらべるからかもしれませんが、上手だなと思いました。 剛君は最初から上手だと思ってました。 ・ジャニーズの中で歌が上手いグループをあげるとしたらKinKi Kids以外は考えられないと思います。 他のグループの中にも、個人で歌が上手いメンバーがいることはありますが、メンバー全員の歌声が安心して聞けるレベルなのはKinKi Kidsだけだと思うからです。 ・2人組でありながら力強い響きと魅力ある歌唱、特徴的な声を持つ剛と光一が作り出す絶妙なハーモニーが素敵だと思います。 デビュー当時から高いクオリティの楽曲を提供し続けており、ソロでも充分聞かせる稀有なグループだと思います。 ・昔と今で二人とも少し歌い方が変わったように感じるが、堂本光一は優しい歌声。 堂本剛は少し癖があるが、曲によって歌の強弱をつけるのが上手だと思う。 それぞれ違うようだけど、二人がハモるとまた格段と上手に聞こえます。 ・ジャニーズのグループの中でもメンバーが二人と少なくごまかしがきかない状況、そして一人で歌うことも多いためか上手いと感じます。 実際に二人で歌っている所、一人ずつ歌っている所を聞いてみてもやはりジャニーズのグループの中では1番かと思います。 ・KinKi Kidsと聞くだけで、「硝子の少年」「愛されるより 愛したい」など、みんなに愛されている有名な歌の題名を思い浮かべることができます。 また、題名を聞くだけでメロディーも浮かんでくるため、記憶に残るほど歌が上手いのだと思い、KinKi Kidsを選びました。 ・KinKi Kidsはダンスより歌がメインの二人だったと思います。 ノスタルジーを感じるいい曲が多く、男女問わず幅広い年代に人気がありました。 「硝子の少年」など今もカラオケで歌う人は多いのではないでしょうか。 ・剛くんも光一くんも、安定した歌のうまさだと思います。 音程やリズムもですが、あそこまで息ぴったりに歌うのは相当なテクニックがないと無理だと思います。 長年一緒にいるからなせる業かもしれませんが…。 特に剛くんのビブラートがすごいと思います。 ・デビュー当時から剛くんはダントツの歌唱力でした。 光一くんも歌を出していくごとに歌唱力がついてきて二人のハーモニーは唯一無二のパフォーマーだと実感いてます。 ソロでもCDを出し、ミュージカル俳優としても活躍してるからです。 ・もともと剛君だけが歌がうまく、バランスが取れていないなと思っていました。 最近では光一君もうまくなり、二人のハーモニーがきれいだと感じるようになりました。 出される歌のジャンルも二人の雰囲気にとても合っていると感じます。 ・光一くんは舞台で大活躍して歌い慣れているし、剛くんはソロでも十分やっていける実力があると思います。 その二人が一緒なので安心して聞いていられるし、今までに出た曲全て知ってます。 耳に残るしいい歌ばかりだと思います。 ・やはり剛くんの安定感のある暖かい声が耳障りがよく、歌い出しからホッとできる。 光一くんも舞台やミュージカル経験が増え、以前よりも歌がさらに上手くなったように感じる。 大人数には出せない2人の雰囲気が好きだからです。

次の