青森高野連。 青森県高等学校野球連盟

青森高校野球掲示板|爆サイ.com東北版

青森高野連

青森県高校野球連盟は5日、新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止となった第102回全国高校野球選手権大会(夏の甲子園)と同青森大会の代替大会として、「夏季県高校野球大会」を独自開催すると発表した。 会期は当初の青森大会と同じ7月14日から同28日までで、トーナメント戦。 開催に当たっては、日本高校野球連盟が示した感染症拡大防止のためのガイドラインに沿って、当該試合の部員や保護者を除いて無観客で行う。 組み合わせは6月30日に決まる。 青森市内で5日に行われた県高野連の臨時常任理事会で、代替大会開催が決定。 終了後に会見した赤井茂樹会長(県立青森工高校長)は「緊急事態宣言が解除され、日本高野連のガイドラインに沿って実施できる見通しが立った。 各校も大会まで十分な練習時間を確保できる見通しだ」と説明した。 県高野連が日本高野連の甲子園大会中止決定を受け、加盟校に実施したアンケートでは、当初から今夏の青森大会に出場予定だった55チーム(連合含む)のうち、休校中のため回答を保留した八戸高専以外の54チームが、代替大会に参加する意向を示したという。 代替大会は、宿泊を伴う大会方式を避けるため、当初会場に予定していたダイシンベースボールスタジアム(青森市営)、弘前はるか夢、八戸長根、六戸メイプルの4球場に加え、青森県営も使用。 各球場とも1日当たりの試合数を最大2試合に制限し、組み合わせ抽選後に対戦カードに応じて球場を割り当てる方針。 組み合わせは完全フリーで抽選する。 例年は春季県高校選手権の上位8チームがシード校となるが、今年は中止されたため。 日程は7月14~16日に1回戦計25試合、18、19日に2回戦16試合、21日に3回戦8試合を5球場で実施。 23、24日に準々決勝、26日に準決勝、28日に決勝をそれぞれ青森市営で行う予定。 17、20日は調整日、22、25、27日は休養日とする。 代替大会では出場全チームが集まる開会式は実施しない。 選手や来場者用に消毒液を各会場に準備するほか、検温の徹底など、日本高野連が示したガイドラインに沿って実施する。 閉会式は決勝進出2校で行う。 赤井会長は取材に「球児の努力が報われる場を作りたかった。 感染症の状況も踏まえ、必要に応じて開催方法を柔軟に考えたい」と語った。 県高野連は今後、加盟校から意見を募り、6月30日の常任理事会で大会方式を正式決定する方針。

次の

青森の代替大会「甲子園の土」で 地銀有志と高野連がCF|静岡新聞アットエス

青森高野連

青森県高校野球連盟(県高野連)は5日、臨時常任理事会を開き、第102回全国高校野球選手権大会の中止決定を受け、独自の大会を開催することを決めた。 7月14日開幕、28日決勝の予定で、試合は原則として無観客で行う。 新型コロナウイルスの影響で夏の甲子園大会が中止となり、各地で独自大会が検討されるなか、青森でも3年生の「最後の夏」が実現する。 大会の名称は「令和2年度夏季青森県高校野球大会」。 県高野連が主催し、日本高野連と朝日新聞社、県や県高校体育連盟などが後援する。 大会はトーナメント方式で、抽選会は6月30日。 シード校を決める春季大会が中止されたため、抽選はノーシードで行い、例年の青森大会のように各校の主将がくじを引く形ではなく、責任教師による代理抽選の形をとる。 開会式は密集を避けるため行わず、閉会式は簡易に行う。 試合は検温などの感染防止策を徹底した上で、原則として無観客で行い、保護者とベンチ入りしなかった部員のみ入場を認める方針。 部員以外の生徒や一般客は入場できない。 球場ごとにスタンド施設が異なることなどから、入場できる人数や、その他の感染予防のためのガイドラインの検討を進め、30日の抽選会の際に決定する。 球場は青森市営、県営、はるか夢、八戸長根、メイプルスタジアムの5球場。 1日に1球場2試合までとし、各チームが宿泊せず、日帰りで移動できるようにする。 今年から高校野球に導入された「1週間500球以内」の投球数制限と申告故意四球(敬遠)は、独自大会でも採用する。 県高野連の赤井茂樹会長は理事会後の会見で「夏の甲子園が中止となり、無念の思いでいる球児たちに活躍の場を提供したい」とした上で、「日本高野連が示す感染防止ガイドラインに沿って大会運営ができる見通しが立った」と述べた。 全国高校野球選手権大会と地方大会の中止が決定した後、県高野連が加盟各校にアンケートを実施したところ、ほぼすべての学校が「独自大会があれば参加したい」という意向を示していた。 八戸長根球場を使う。 独自大会は県高校総体の代替大会として開催する。

次の

「夏季県高校野球大会」独自開催 7月14日開幕、無観客で/青森県高野連

青森高野連

高校球児に甲子園と同じ土でプレーを-。 新型コロナウイルスの影響で夏の全国高校野球選手権大会と同大会への出場権を懸けた地方大会が中止となる中、青森銀行(青森市)の野球部有志が青森県高校野球連盟と連名で、17日からクラウドファンディング(CF)による青森県の高校野球応援プロジェクトを始めた。 甲子園球場と同配合の土を購入し、7月14日から始まる代替大会のメーン球場にまくもので、球児にとっては生涯の思い出になりそうだ。 同行野球部は今年、創部73年目を迎え、部員は17人。 新型コロナウイルスの影響で現在、活動を自粛しているが、自身も八戸市の光星学院(現八戸学院光星)2年時に甲子園に出場した小比類巻英史監督(33)は「甲子園大会の中止で球児の残念な思いが身に染みて分かる。 少しでも良い思い出になればと発案した」と語った。 目標金額は300万円で、阪神園芸(兵庫県西宮市)からの土の購入費や運搬費、グラウンド整備費などに充てる。 CFの期間は7月10日までだが、土は同6日にダイシンベースボールスタジアム(青森市営野球場)に搬入する予定。 目標額に達した場合の土の量は30~40トンに相当し、同球場の内野一面にまくことができるという。 支援者に対しては、県高野連のホームページでお礼のメッセージを掲載する。 この日、青森市役所に小比類巻監督らととともに小野寺晃彦市長を訪ねた赤井茂樹県高野連会長は「次の目標に向かってすばらしい思い出にしてもらいたい」と話し、小野寺市長も「夢のある企画に心から敬意を表したい」と応じた。

次の