仏壇 に 供える もの。 仏壇にお供えするもの・線香の本数

お仏壇にご飯をお供えするときの作法を徹底解説!

仏壇 に 供える もの

今回、「終活ねっと」ではお墓参りに行くとみられることがある葉っぱについて、以下の項目を中心に解説していきます。 お墓にお供えされている葉っぱは何?• 榊・柴と樒の違い• 仏花と一緒に葉っぱをお供えしてもいい?• 仏壇にお供えされる葉っぱは何? 時間がないという方やお急ぎの方も、知りたい情報をピックアップしてお読みいただけます。 ぜひ最後までお読みください。 植物学的にはマツブサ科シキミ属に分類される常緑樹で、仏教であれば宗派に関係なく法事などでお供えされるのに使われるため、寺院の境内でも植えられている姿を見かける機会が少なくありません。 ちなみに、樒は花から根に至るまで毒を含んでおり、食べると死亡するほどのものですが、実はこの特徴が仏事でお供えするようになった理由に深く関わってきます。 なぜ樒をお供えするのか それでは、 なぜ仏教では樒をお供えすることが多いのでしょうか? これには、先ほども見た樒の持つ特徴に加え、日本でもともと土葬が広く行われていたことと深い関係があります。 土葬は文字通り故人のご遺体を土の中に埋めるという埋葬法ですが、昔は野犬などが土を掘り返してご遺体を荒らすということも少なくありませんでした。 そこで、毒の成分を含む樒をご遺体の埋まっている場所の近くに植えることで、 死体を荒らされるということを防ぐようにしたのが、樒をお供えするようになった理由です。 加えて、樒は強い香りを発する特徴も持っており、その香りでご遺体の発する腐臭を消すことにも用いられていました。 また、その香りはお線香の香りを彷彿させるものでもあるため、現代でもなおお線香の香料に使われています。 どのような時に樒をお供えするのか 現在でもお供えのためによく使われる樒の葉っぱですが、それでは どのようなタイミングでお供えをするのでしょうか? お墓でお供えする場合もありますが、よりお供えをする機会が多いのは 葬儀会場においてです。 古くから樒の香りは魔よけの力があるとされており、お清めの意味でよくお供えがされます。 このほかにも後で触れるように仏壇にお供えされることも少なくありません。 榊・柴などの葉っぱと樒との違いは? 日本において宗教関係で葉っぱをお供えする場合といえば、榊や柴をイメージする方も多いでしょう。 そこでここでは、 榊・柴などの葉っぱと樒との違いについて解説していきます。 榊はどのような時にお供えするの? では、 榊はどのような時にお供えするのでしょうか? 榊と聞くと、多くの方は神社で神主の方が神様にお祈りを捧げる際に左右に振る姿を思い浮かべるのではないでしょうか。 もともと榊は日本の神話の中で神様のいる場所に建てた植物であったことから、神道の中では非常に大切な存在と位置づけられる植物です。 特に、毎月1日と15日、そしてお祝い事のたびに 神棚にお供えするために使われるという場合が多く見られます。 柴はどのような時にお供えするの? 柴もまた日本人にとってお供えする植物の葉っぱとしてなじみ深い種類の1つです。 こちらは樒と同じように仏教関係で お墓や仏壇にお供えするために使われます。 ただし、樒との違いはといえば、あまりはっきりしたものとはいえません。 樒も「ハナシバ」という別名を持ち、柴と非常によく似ていて区別がしにくいためです。 仏花と一緒に葉っぱをお供えしてもいいのか ここまでお墓に葉っぱをお供えすることについて見てきましたが、葉っぱをお供えするということは仏壇でもよく見られることです。 そこでここでは、 仏壇にお供えする葉っぱの種類について見ていきます。 樒は仏壇に供える葉っぱとしても使われる お墓でよくお供えされる樒の葉っぱですが、実は 樒は仏壇に供える葉っぱとしても使われます。 もともと樒は、弘法大師空海が密教の修行で使うために用いて以来、仏教でよく使われる植物とみなされるようになりました。 そのため仏壇にお供えする葉っぱの定番の種類ということとなり、実際のところ樒を挿した花瓶の水は腐りにくいとさえいわれています。 ただし、毒分が強いため、飾るときには注意が必要です。 その他の仏壇に供える葉っぱ 最後に、 その他の仏壇に供える葉っぱについて見ていきましょう。 仏壇にお供えする葉っぱは、樒の他にも槙(まき)が挙げられます。 見た目がとても涼やかであるうえ、日持ちもよいため仏壇に飾る葉っぱとしても重宝される種類です。 このほかにも、先ほども見た柴も仏壇にお供えする種類としては適しています。 お墓にお供えする葉っぱについてまとめ• お墓にお供えされる葉っぱは樒という植物で、かつて土葬が一般的だったころに埋葬したご遺体を野犬などに掘り返されないように植えられていたことが由来でお供えされるようになった。 お墓や仏壇にお供えするほか、葬儀会場でも魔よけのために設置される。 日本で宗教関係でお供えされる植物は、他にも榊や柴が挙げられる。 榊は神道において神棚や祭壇にお供えされ、柴は樒と同じようにお墓や仏壇にお供えされる。 お墓に葉っぱをお花と一緒にお供えすることはできるが、あくまでも花の方を目立たせたり、お供えする葉っぱの種類ごとの意味をよく理解したうえでお供えしたりするのが望ましい。 仏壇にお供えする葉っぱとして樒や槙、柴などが挙げられる。 終活に取り組んでいく中ではお墓参りや法事に立ち会うということも少なくなく、その中で葉っぱをお供えするという機会もあることでしょう。 それを通じて、終活でご自分のお墓や仏壇についてどのような葉っぱをお供えしてもらいたいのかについて考えてみるのも悪くないことといえます。 ちなみに、お墓や仏壇には樒がよくお供えされるのはここで見てきたとおりですが、全体的に毒を含んでいますので、扱いにはくれぐれも注意してください。 最後までお読みいただきありがとうございました。 お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

次の

仏壇の飾り方・仏具の飾り方・仏具の種類

仏壇 に 供える もの

「仏壇へ何をお供えしますか?」といわれると、すぐに思い浮かぶのがお菓子や果物でしょうか。 でも、お線香やロウソク等のお灯明もお供え物のひとつであることをご存知でしたか。 宗派によって違いはありますが、仏教学では一般的に「香」「花」「灯明」「水」「飲食」の五つがお供え物の基本といわれています。 これらは総じて「五供(ごくう)」と呼ばれ、お盆などにはこの五供で先祖供養を行います。 仏壇へこれら「五供」をお供えするにあたって用意しておきたいものや、それぞれの意味についてご説明します。 お香(お線香)を焚いて身心浄化 仏事の時に使うお線香や抹香(お焼香で使う粉末状のお香)は、仏壇へ礼拝するときに焚くことでお供えした人や周りの人の心と身体が清められるものといわれております。 お香の香りが部屋のすみずみまで行き渡ることで、すべてのものに平等に接するという仏様の慈悲の心を表しているともいわれてます。 なお、毎日仏壇へ供えるお香は抹香よりも使い勝手のよいお線香が多く使われているようです。 宗派別のお線香のあげ方、焼香の仕方 浄土宗 線香1本(1本を2本に折って寝かせる場合あり)、焼香3回 浄土真宗本願寺派 線香1本(2本に折って寝かせる)、焼香1回 浄土真宗大谷派 線香1本(2本に折って寝かせる)、焼香2回 曹洞宗 線香1本、焼香2回(2回目はそのまま軽く香炉にのせる) 日蓮宗 線香1本、焼香1回または3回 臨済宗 線香1本、焼香1回 真言宗 線香3本、焼香3回 天台宗 線香3本、焼香1回または3回 仏様やご先祖様を麗しく新鮮な花でおもてなし 仏壇やお墓等にお花を供えることを供花(くげ)といいます。 麗しく新鮮な花を仏前に捧げるのは、その花のように心を清くいてほしいという仏様の教えであり、願いでもあります。 花屋で購入してお供えするのが一般的ですが、自宅の庭のものや故人の好きだったものなど、どんなお花でも問題ありません。 ただ、派手な色の花や棘のある花、毒のある花、匂いの好ましくない花、造花は避けましょう。 最近では仏花としてドライフラワーや造花も売られていますが、いつかは枯れる様が人の世の無常を表現しているといわれておりますので、できることなら生花をお供えしたいものです。 お花をお供えするときの注意点 お花の正面を拝む人へ向けましょう。 これはお花で飾られた仏様と拝む人が向き合うことで心が落ち着くという意味があるそうです。 参照リンク: 仏前を照らす灯りは、拝む人の煩悩も取り除く 灯明としてローソクを灯しますが、ローソクの灯は仏壇を照らすだけでなく供養する人の心を引き締め、仏様の教えを守ろうとする気持ちを助ける働きがあるといわれています。 また、灯明の明かりが拝む人の心の闇や煩悩を照らし出しその全てを取り除くともいわれています。 ローソクを消すときの注意点 人間の息(呼気)にはけがれが溜まりやすいといわれ、仏さまやお供え物にふれるべきではないとされてます。 ロウソクやお線香の火を消すときは軽く振るかどちらの手で仰いで消します。 本来は自然水をといわれていましたが、現在では水道水で一番水、お茶で一番茶としてお供えするのが一般的です。 また、仏様に供える浄水や香水を盛るための器は閼伽(あか)と呼ばれています。 浄土には「八功徳水」(はっくどくすい)という八つの功徳を備えた水があるので現実世界の水を供えないといわれてます。 仏飯は普段食べている主食を供えるのが基本 仏前に供えるご飯を仏飯あるいは香飯とも呼びます。 仏飯は私たちの生活に必要不可欠なものであり、私たちが食べているものと同じものを供えることで仏様やご先祖様とのつながることができるため、朝と夕に炊きたてのご飯を自分たちが食べる前に仏様にお供えします。 炊きたてのご飯だけでなく個人が好きだったものや季節のもの、お正月やお盆、お彼岸や命日等に真心を込めて作ったお料理をお供えすすることも大切なことです。 お供えした飲食は長時間仏壇に置くのではなく、仏壇に供えて手を合わせてから下げて、いただくことがよいといわれてます。 これまで五つのお供えものについてお話をしましたが、それぞれの意味を理解し、仏様に感謝の気持ちを持って、真心のこもったお供えをすることが大切です。 現在のご注文状況(最新30件)- 更新 ご注文日 ご注文いただいた商品 都道府県 合計金額 06月14日 奈良県 16,130円 06月14日 神奈川県 31,600円 06月13日 埼玉県 12,280円 06月13日 滋賀県 16,770円 06月13日 秋田県 128,000円 06月13日 秋田県 19,630円 06月13日 秋田県 6,150円 06月13日 大阪府 25,800円 06月13日 東京都 14,590円 06月13日 神奈川県 4,700円 06月13日 東京都 2,580円 06月13日 大阪府 7,770円 06月13日 新潟県 13,880円 06月13日 東京都 58,320円 06月13日 宮城県 77,800円 06月13日 宮城県 18,460円 06月13日 宮城県 59,800円 06月13日 埼玉県 7,360円 06月13日 神奈川県 11,010円 06月13日 佐賀県 168,000円 06月13日 兵庫県 14,400円 06月13日 大阪府 1,240円 06月13日 兵庫県 11,480円 06月13日 徳島県 1,240円 06月13日 宮城県 13,480円 06月13日 宮城県 31,000円 06月13日 岐阜県 10,180円 06月13日 岐阜県 2,040円 06月13日 福井県 13,480円 06月13日 岐阜県 88,000円.

次の

仏壇に供える品は熨斗(のし)をつけて、個装で日持ちするお菓子が喜ばれます

仏壇 に 供える もの

クリックして好きな場所へ移動• お仏壇にお供えするお餅はどんなものがいい? 出典: よく普通に売っているような 「丸餅」を使ってもいいのか? という質問がネット上にもみられますが、 当サイト管理人も、お飾りの時には丸餅を使っています。 ただ、 中にあんこが入ってるような餅ではなく、純粋な餅にしましょう。 少なくとも、自宅のお仏壇に関しては、 法事・法要の時には普通の 「丸餅」 で大丈夫です。 出典: お仏壇にお供えする餅の色は? 自宅の法事・法要などでお餅をお供えするなら やはり 「白」 のお餅が普通です。 ただ、新しくお仏壇を購入して 「入仏法要」 という法要だったら、 お供えするお餅は 「紅 白」 となります。 用意できるのであれば、慶びの法要なので、 紅白のお餅があれば望ましいです。 ちなみに重ねるのは 紅が上、白が下です。 参考: スポンサーリンク お餅をのせる仏具(道具)は何を使う? お餅を何に載せればいいのか困りますね、 浄土真宗のお仏壇の飾り方には 正式な仏具があり、 お餅、お菓子、果物用のそれぞれを 載せるための道具があります。 お餅を載せるための仏具には、 「供笥(くげ)」 というのがあり、 お仏壇には左右に1つずつお供えするので、合計で2つ用意します。 (だいたい2つで売っています) 本願寺派(六角)と大谷派(八角)で 供笥のつくりに違いがあるので注意してください。 本願寺派 (通称:お西)供笥 スポンサーリンク お供え餅の数は奇数だと不吉というのは気にしない 奇数はよくないとか、数字を気にする人もいらっしゃいますが、 不吉な数字や迷信というのは 浄土真宗では一切気にしません。 なので数字を気にしなくて大丈夫です。 見栄えする盛り方にするには、 1つの供笥に対して 大き目のお餅なら2つ 小さめの丸餅だったら 6~7個くらい 少しこんもりして見えるように お餅の大きさで個数を調整してくださいね。 お仏壇には左右一対でお供えするので、 これらを2つ準備します。 (お餅の数もそれぞれ2倍必要ですね) 今回は、参考までに 当サイト管理人がしている盛り方をご紹介しましたが、 ご自身で良い盛り方を工夫されてみて下さい。 大型仏壇の場合 大型仏壇の理想的なお飾りだったら、 お餅を盛った供笥を 上段に置きます。 中型仏壇の場合 中型仏壇だと少しスペースがせまくなり、 上段に置けないようでしたら、 一つさげて 中段に置いて下さい。 小型仏壇やミニ仏壇の場合 お仏壇の中に置けるようだったら置きますが、 ミニ仏壇だと 周りのスペースのどこかに並べて下さい。 大きなお仏壇ではないので、 供笥を使わずに お餅を高坏やお皿に載せる方法でも大丈夫です。 すべての仏壇に共通して言える事は、 正式な飾り方にこだわるあまり、 仏具でご本尊の阿弥陀様やお脇掛けを見えなくしたり、 ろうそくに火をつけたらお仏壇が焦げてしまった などという配置になってしまっては本末転倒ですね。 ここでお話した事を踏まえて工夫されてください。 スポンサーリンク まとめ お仏壇のお供え用の餅は スーパーなどでも売っている丸餅で大丈夫です。 紙を敷いてこんもりと見えるように盛る (奇数とかの数字を気にせず、1つの供笥にお餅6個くらい) 供笥が無いなら高坏で代用可能です。 お仏壇の上段 に置くか、 スペースがなければ下の段にずらしたり お仏壇の前のスペースに置くなどして工夫されてください。 その他のお供えで、お菓子や果物については こちらの記事を参考にしていただけるといいと思います。

次の