宮本 信子。 宮本信子、おかっぱ頭の“マルサの女”スタイルで登場!「伊丹映画はちゃんと残っています」

宮本信子OfficialSite

宮本 信子

宮本信子の息子(長男)は俳優の池内万作。 画像あり? 夫で映画監督の 伊丹十三(いたみ じゅうぞう)氏が監督を務めた映画『お葬式』に主演し、ブレイクした宮本信子さん。 その後出演した『マルサの女』で人気を不動のものとします。 作品ごとに多種多様なキャラクターを演じ分け、美人・ブサイクなんでもこなす演技力で、国内の映画賞を多数受賞しています。 そんな宮本信子さんと伊丹十三さんの間には 2人の息子さんがいます。 長男は池内万作(いけうち まんさく)さんで、俳優として活躍しています。 宮本信子の息子(長男)の経歴は? 池内万作さんは芸能人御用達の一貫校である 和光学園に進学し、 高校2年生のときにアメリカの高校へ編入しました。 スポンサーリンク 卒業後はロンドンへ渡り、 リー・ストラスバーグ校にて3年間、演技と脚本を学びます。 帰国後の1995年にデビューし、2002年からは『こちら本池上署』にレギュラー出演していました。 池内万作さん数々のドラマや映画に出演していますが、その演技力には批判的な声も多く 、大根役者と言われることもしばしば。 大根というよりは、個性的で独特の雰囲気を持っているので、万人受けしないのではないでしょうか。 存在感はあるので 「個性派俳優」という表現が合っていると思います。 私生活では、2016年5月4日に 音楽家の本田みちよさんと結婚しています。 本田美千代さんは京都出身の方で10歳の時より合唱団に在籍・シンガーソングライターをされていますよ! 1973年11月20日生まれですので池内万作さんの1つ下になりますね。 オシドリ夫婦と言われていますので今後が楽しみですね。 池内万作さんは他にも社団法人「MUSIC SHARE」を設立して、社会活動につとめているようです。 宮本信子の息子(次男)は池内万平で画像は? 宮本信子さんの 次男は池内万平(いけうち まんぺい)さん。 少年時代に伊丹十三監督映画の「タンポポ」に出演をしていたこともありましたが、 現在は役者はしていないようです。 伊丹十三さんののエッセイにも頻繁に登場していましたが、母である宮本信子さんいわく、 「助監督に怒鳴られすぎたのか芸能界に興味がなく、 今は伊丹十三記念館の手伝いをしている」 とのことでした。 現在は伊丹十三記念館の評議員として活動しており、職業は 株 伊丹プロダクション取締役となっています。 裏方に回ったのですね。 スポンサーリンク 宮本信子と夫の伊丹十三について 宮本信子さんは 伊丹十三さんと映画『日本春歌考』での共演が縁で、結婚します。 子どもが3歳頃から女優として活動を再開し、伊丹十三さんは「妻はいい女優なのに、なかなか主役の話が来ない。 ならば彼女を主役にした映画を自分で撮ってしまえば良い」と、 「お葬式」に起用したそうです。 芸能界きってのおしどり夫婦として有名でした。 「NHKの『明日の家族』っていう番組がありまして。 (伊丹が)ディレクターの人と、『どっちが先にお茶を誘うか』ってことで賭けをしたらしいです。 それがはじめ。 だから『お茶はけっこうでございます。 今日は早く帰ります』って(2人を断っていた)」 本人が「 大変な時期もあった」と振り返る結婚生活だが、ただ一つ宮本の意見が通ったことがあるという。 「私は『 子供が欲しい』と言いました。 (でも彼は)『 いらない。 自分に似たような子はいらない。 自分が嫌いだ』って言うんですね。 そのころ(夫は)『世界は人口が増えていて、増え続けると食糧難になる』って心配していて、『 だから子供はいらない』とも。 『でもね、(将来)2人死ぬでしょ。 2人死ぬから2人はいいんじゃないですか』って言って。 それで『うっ』ってなって、私が勝ったんです。 2人産んだのが、万作と万平」 いざお子さんが産まれると、伊丹十三さんは 完全なる子煩悩になったそうですから、天才と言われた監督も普通の父親だったのですね。 宮本信子の夫・伊丹十三の死因は? 伊丹十三さんは1997年12月20日、伊丹プロダクションのある東京麻布の マンション下で亡くなっているのが発見されました。 いまでもその 不可解な死に疑問の声があがっています。 かつて『ミンボーの女』(1992年)公開後に襲撃事件があった経緯から、当初から 暴力団の関与を疑う声はあった。 ただ、事務所にワープロ印字の遺書らしきものが(別途関係者宛にも)残されていて、そこに「身をもって潔白を証明します。 何もなかったというのはこれ以外の方法では立証できないのです」との文言があったことから、写真週刊誌『フラッシュ』によりSMクラブ通いや不倫疑惑が取り沙汰されたことに対する 抗議の投身自殺か、とも推測されるようになった。 結局は警察が 死因を「自殺」と断定しましたが、伊丹十三さんをよく知る人たちはそろって自殺を否定されています。 しかし、妻である宮本信子さんはプロデューサーの玉置泰さんへ、 伊丹十三さんの遺書を渡したとされており、やはり自殺で間違いなさそうですね。

次の

宮本 信子

宮本 信子

来歴 [ ] 、高校卒業後、附属演劇研究所に入所。 、が中心メンバーのに入団後にフリーとなる。 映画『日本春歌考』での共演が縁で、に伊丹と結婚 した。 子どもが3歳頃よりおおよそ2年間、毎日自作の物語を作って聞かせていた。 子育てが一段落したに夫がメガホンを取った『』に主演してブレイク(以降の伊丹作品には全て出演)。 続く『』で大ブレイク。 作品ごとに多彩で多様なキャラクターを演じ、美人役からブサイク役までをこなす演技力で、国内の映画賞を多数受賞。 伊丹は「妻はいい女優なのに、なかなか主役の話が来ない。 ならば彼女を主役にした映画を自分で撮ってしまえば良い」と、「お葬式」に起用したと述べている。 の伊丹との死別を機にシンガーとしての活動を開始。 2月にライヴ・アルバム『Jazz in Tokyo Live Toranomon Nobuko Miyamoto』をリリースした。 伊丹の自殺以降は映画への出演を控えていたが(「映画館に入るのも恐くなった」という)、に『』で実に10年ぶりの映画出演を果たす。 、『』で第36回助演女優賞を受賞。 2014年受章。 人物 [ ]• 伊丹とは芸能界きってのおしどり夫婦であった。 の館長を務めており、グッズ作りなども行なっている。 ・が趣味で 、『』や『』でその経験が活かされている。 『』放送当時、同作と同作直後にされる『』を視聴、『あさイチ』のキャスターである()・(NHK)が行う「あま受け」を楽しんでいた。 ・親子とはそれぞれ『』で夫婦・親子として共演している(『』で一平の母親役、『』で敬三の妻役)。 出演作品 [ ] テレビドラマ [ ] NHK [ ]• (1997年1月 - 12月) - 妙 役• (2009年1月 - 12月) - ナレーション• (1981年10月 - 1982年4月) - 桂木トシ江 役• (2002年9月 - 2003年3月) - 花山百合子 役• (2007年4月 - 9月) - 加賀美環 役• (2017年4月 - 9月) - 牧野鈴子 役• (1994年) - ひろ子 役• (1998年) - 遠藤道子 役• (2004年5月 - 6月) - 小野タマ 役• 続・遠野物語(2010年12月) - 菊池セツ 役• (2016年4月 - 6月、) - 都倉風子 役 日本テレビ系列 [ ]• (1968年) - 川口晴子 役• (1971年4月 - 9月) - 池西梅子 役• 第2シリーズ 第20話「北野先生お父さんになって」(1980年) - 田中布美江 役• 日本テレビ開局45周年記念 橋田壽賀子スペシャル (1998年)• 「考古学者 佐久間玲子」(2001 - 2003年) - 佐久間玲子 役• (2002年) - 船越麗子 役• 「カリスマ占い師殺人鑑定」(2006年) - すずこ 役 TBS系列 [ ]• (1967年) - 河村節子 役• (1968年) - フジビワ子 役(1話 - 26話まで)• (1984年) - 池田先生 役• コカ・コーラTVスペシャル (1984年) - 吉野ミドリ 役• 50周年記念ドラマ (2009年) - 和田みずほ 役• (2018年) - 森田イト 役 フジテレビ系列 [ ]• (1969年) - アケミ 役• (1967年) - 早苗 役• 第5シリーズ 第20話「白い幻花」(1968年) - 浪野 役• 第3話「忘れな草に泣く女」(1974年) - お加乃 役• (1982年) - 本多好子 役• (1982年、) - 悦子 役• (1993年) - 八杉恭子 役• 第11話(2006年) - 五島沙知子 役• (2016年) - 清 役 テレビ朝日系列 [ ]• 第2シリーズ 第3話「兇悪の序曲」(1974年) - 本多和子 役• 第1話「魔窟に潜む紅い風」(1976年) - お国• 第5話「行方不明の愛」(1977年)• 第2話(1981年) - 小谷信子 役• (1991年) - 小春 役• 「春らん漫! 花の京都・熟年探偵団!! 」(2007年) - 桜井さくら 役 テレビ東京系列 [ ]• (1998年) - 浅野妙子 役• 2019年9月30日 - 牧田鶴代 役 WOWOW [ ]• (2014年) - 佐藤佐智子 役• (2017年)- 近藤綾子 役 映画 [ ]• (1967年) - 里見早苗 役• (1968年) - 老主人の娘 役• (1971年) - 絹代 役• (1973年) - 北沢夏子 役• (1980年) - 奈津子が出演する映画の俳優 役• (1984年) - 旅館の女将 役• (1984年) - 雨宮千鶴子 役• (1985年) - タンポポ 役• (1987年) - 板倉亮子 役• (1988年) - 板倉亮子 役• (1989年) - 早川秋子 役• (1989年) - 門倉君子 役• (1989年) - 塩野静子 役(友情出演)• (1990年) - ナヨコ 役• (1992年) - 井上まひる 役• (1993年) - 向井万里子 役• (1994年) - 役• (1995年) - 団藤さんの奥さん 役• (1996年) - 井上花子 役• (1997年) - 山崎ルミ子 役• (1997年) - 磯野ビワコ 役• (2007年) - 河野龍子 役• (2011年) - 萩原時江 役• 太平洋戦争70年目の真実 (2011年12月23日) - 高橋嘉寿子 役• (2019年) - 園長先生 役 舞台 [ ]• 油屋おこん(1998年、京都南座)• うさぎ一座物語(1999年、大阪松竹座)• 雪やこんこん (1999年、こまつ座)• あげまん(2000年、中日劇場)• 紙屋町さくらホテル(2001年、新国立劇場)• おやすみの前に(2002年5月、PARCO劇場)• 港町十三番地(2003年3月 - 4月、芸術座)• 港町十三番地(2004年7月、梅田コマ劇場)• 眉山-びざん-(2007年、明治座) 劇場アニメ [ ]• (2013年) - 媼 役 吹き替え [ ]• (2019年) - ファビエンヌ() 役 ラジオ [ ]• 鳥の名前の少年 あるいは、ある小惑星探査機の冒険(2011年12月24日) - ナレーション その他のテレビ番組 [ ]• (2013年11月19日、日本テレビ)• 「ひだまりの散歩道〜瀬戸内 弓削島〜」(2014年5月7日、NHK) - 案内役• (2017年12月31日、NHK) - ゲスト審査員 CM [ ]• ジャワカレー(1970年) - 伊丹十三と共演• 「マヨネーズDo」 - 伊丹十三と共演• - 伊丹十三と共演• 納豆・金のつぶシリーズ(2000年 - 2002年)• プリオール - 原田美枝子と共演 脚注 [ ]• 東宝芸能オフィシャルサイト. 2014年4月28日閲覧。 宮本信子 Official Site. 2014年4月28日閲覧。 ZAKZAK. 2014年4月28日閲覧。 宮本信子 Official Site. 2014年4月28日閲覧。 長新太アンコール 伊丹十三「長さん賛」より• 伊丹『「お葬式」日記』287p• 宮本信子 Official Site. 2014年4月28日閲覧。 シネマ報知. 2011年11月29日. 2012年7月14日時点の [ ]よりアーカイブ。 2011年11月29日閲覧。 読売新聞. 2014年4月28日. 2014年4月28日閲覧。 アサ芸プラス、2013年10月7日• ORICON STYLE 2016年3月11日. 2016年3月11日閲覧。 映画ナタリー ナターシャ. 2018年6月4日. 2018年6月4日閲覧。 テレビ東京. 2019年10月1日閲覧。 シネマトゥデイ. 2019年8月14日. 2019年10月1日閲覧。 日曜洋画劇場. 2016年9月7日閲覧。 ほんのひきだし 2019年3月7日. 2019年3月7日閲覧。 映画ナタリー. 2019年9月19日閲覧。 外部リンク [ ]• (公式)• - 紹介ページ• - (2019年3月31日アーカイブ分)• - (英語).

次の

宮本信子OfficialSite

宮本 信子

宮本信子の息子(長男)は俳優?画像は? まずは長男の情報からです。 宮本信子さんと伊丹十三さんの間には2人の息子がいます。 長男は俳優の池内万作さんです。 長男の池内万作の万作は、父方の祖父・伊丹万作(本名池内義豊)の芸名の万作を採ったと思われます。 以下はプロフィールになります。 名前: 池内万作(いけうちまんさく) 出身地:東京都 生年月日:1972年3月27日 身長:180cm 体重:67kg 血液型:O型 現職:俳優 所属事務所:東宝芸能 1989年、和光学園高校2年生の時にアメリカの高校へ編入し91年に卒業。 その後ロンドンへ渡り、リー・ストラスバーグ校にて3年間、演技と脚本を学んで帰国。 帰国後の1995年に 映画「君を忘れない」で俳優デビュー。 以後連続テレビ小説では あぐり(1997年)-福沢南 どんど晴れ(2007年)-西田一敏 花へんろ(1997年) 大河ドラマでは 利家とまつ~加賀百万石物語~ 2002年)-豊臣秀吉 龍馬伝(2010年)-三条実美 などなど数多くのドラマや映画に出演。 これはNHKドラマの出演作品ですが、NHKだけでもこれだけの本数に出演されています。 間違いなく日本を代表する俳優と言っても過言ではないでしょう。 最近ではコラムの連載、朗読や音楽番組の配信など、多方面で活動中です。 自身のホームページでもユーモアがあふれ、サービス精神旺盛な才能を発揮しているそうです。 長男は俳優さんであることがわかりました。 最近の出演作品は記載していませんが、しっかりと活動されており、ドラマの出演も多数あります。 多方面でも活躍中なのでどこかで見る機会がありそうですね!! 池内万作のユーモアな一面 出演作品が多い実力派の池内万作さん。 そんな彼には、意外にもユーモアある一面があるとか。 池内万作さんは、アウトデラックスで裸足(はだし)で走る俳優と紹介された通り、 裸足で走るのが好きなようです。 そんな池内万作さんが2016年に、WEB音楽番組「MUSIC SHARE」の代表の本田みちよさんと結婚なさっていますが、奥様もきっとユニークな方じゃないかと思われます。 お子さんが出来たら間違いなく裸足で生活させるでしょうね(笑)。 裸足保育は足の底の感覚を養うのに最適と言われていますし、まわりまわって良い教育になりそうです。 奥様もどんなユニークな方なのかも気になりますね。 宮本信子の次男は?子供の画像はあるの?兄弟との関係は? 続いて次男の情報を追っていきましょう。 次男は 池内万平さんといいます。 子供の頃(1984年)に伊丹十三監督の「タンポポ」に「ターボー」役で出演しましたが、母親の宮本信子さんによると、「 助監督に怒鳴られすぎたのか芸能界に興味がない」とのこと。 他に出演しているのは1984年「お葬式」で次郎役として出演しています。 そののちは「伊丹十三記念館」の評議員に名を連ね、また伊丹プロダクションの取締役をなさる等、 完全に裏方に回っているようですね。 今は一般人になったせいか、池内万平の詳しいプロフィールはウィキペディアには出ていませんね。 あまり詳しい情報はありませんでしたが、長男とは違い俳優や芸能界には興味が無いようですね。 それらしい画像も見つかりませんでした。 しかし、一度作品に出演していることから「やらず嫌い」というわけではないのは好感が持てます。 裏方に回り、取締役をするなど「裏の主役」という感じが伝わってきます。 宮本信子さんの経歴 宮本さんの経歴も載せておきます。 宮本信子さんは1945年北海道小樽市生まれ。 1963年に高校を卒業後、文学座付属演劇研究所に入所。 1964年に劇団青俳に入団し、その後フリーとなります。 1969年に12歳年上の 映画監督・伊丹十三さんと結婚。 当時の伊丹十三さんは映画監督ではなく、俳優・イラストレーター・デザイナー・エッセイストなどをこなすマルチタレントでした。 宮本信子は、朝ドラの 「あまちゃん」の祖母・夏ばっば役や 「 ひよっこ」の洋食屋 すずふり亭の女将役で再ブレイクしていますね。 若い頃は、20年前に亡くなった夫で映画監督の伊丹十三監督の作品である、映画『お葬式』や『マルサの女』で一世を風靡した大女優です。 2014年には学問や芸術、 スポーツなどで功績を残した人に贈られる紫綬褒章(しじゅほうしょう)を受章しています。 20年前にも一世を風靡され、2014年には紫綬褒章を受賞するなど、記載した通り大女優であることがわかりました。 長男が俳優を目指すのも納得の一言と言えます。 旦那さんが映画監督と環境にもかなり恵まれていますね。 夫・伊丹十三(いたみ じゅうぞう)さんについて では、旦那さんの詳細も見ていきましょう。 戸籍名は池内 義弘だが、家庭では岳彦と呼ばれて育った ため、本名・池内岳彦とされる場合もある。 映画監督の伊丹万作は父。 女優の宮本信子は妻。 長男は池内万作。 次男は池内万平。 本名:池内 義弘(よしひろ)または 池内岳彦(たけひこ) 生年月日: 1933年5月15日 生まれ: 京都府 右京区鳴滝泉谷町 死亡: 1997年12月20日(64歳没)、東京都港区 麻布台 配偶者: 宮本 信子 1969年 — 1997年 、 川喜多 和子 1960年 — 1966年 子供: 池内 万作、 池内 万平 主な作品:映画 『お葬式』『マルサの女』シリーズ 『ミンボーの女』『スーパーの女』『マルタイの女』 受賞:ブルーリボン監督賞 1984年『お葬式』 数々の作品を作り上げながら、ブルーリボン賞も獲得しています。 しかし64歳で亡くなっているのはかなり早いと思います。 死因についても見ていきましょう。 伊丹十三の死について 前述したとおり、伊丹さんの死について詳しく調べてみました。 1997年12月20日に伊丹プロダクションのある東京麻布のマンション下で、 マンションから転落死し遺体となって発見されました。 その死には様々な説が飛び交いました。 1992年に「ミンボーの女」が公開されて襲撃事件があったことなどから、反社会的団体の関与を疑う声がありました。 しかも、実は写真週刊誌から SMクラブ通いや、 26歳OLとの不倫疑惑が取りざたされていました。 そして、写真週刊誌「フラッシュ」では死後に事務所のワープロから「身をもって潔白を証明します。 何もなかったというこれ以外の方法では立証できないのです。 」という遺書らしきものが見つかりました。 しかし、伊丹十三さんは生前文字を書くことに人一倍愛着があったため、ワープロで残った遺書には不自然だとも言われました。 また、転落死後の司法解剖の結果、伊丹はすきっ腹にヘネシーをボトル一本飲んでいる。 血液中のアルコール濃度及び残留量の分析の結果、短時間で体内に入ったものと推定される。 度数40度のヘネシーブランデー1本を短時間で飲み干し、したたかに酩酊した人間が、一人で階段を上り「争った形跡がなく」さもシラフのように静かにフェンスを乗り越え、ビルの屋上から落下したのである。 これらを踏まえてもかなり不自然であることがわかります。 結局真相は明らかになっていません。 かなり不自然ですね。 不審な点はワープロを使用したことと、度数の高いブランデーを短時間で飲み干したということ。 暴力団関係のトラブルとのうわさもあることから、その可能性はぬぐい切れないと思いました。

次の