いのうえ 歌舞 伎 偽 義経 冥界 歌。 [イーオシバイ]オススメブログ

藤原さくら 劇団☆新感線 いのうえ歌舞伎『偽義経冥界歌』初舞台が大阪より開幕!

いのうえ 歌舞 伎 偽 義経 冥界 歌

99年『西遊記~PSY U CHIC~』以降はスケールがアップ 劇団の本公演以外に大手プロダクションと組み、筧利夫主演『西遊記 ~PSY U CHIC~』(99)、市川染五郎主演『阿修羅城の瞳』(00、03)、堤真一主演『野獣郎見参』(01)等、スケールの大きい舞台を製作。 02年の『アテルイ』(市川染五郎主演、堤真一出演)で、作品賞として朝日舞台芸術賞・秋元松代賞を受賞。 04年の『髑髏城の七人』では、同じ脚本をまったく別のキャストで演出を変えて連続上演するという試みを決行。 ドラマ性の強い『アカドクロ』(古田新太主演)と、ケレン味の強い『アオドクロ』(市川染五郎主演)と見事に趣向を変えた作品はいずれも成功を収めた。 そして同年『SHIROH』(中川晃教・上川隆也主演)では本格的なオリジナル・ロック・ミュージカルに挑戦、幅広い観客層の支持を受ける。 これらの活躍に対し、いのうえは04年度の日本演劇協会賞を受賞した。 あくまで原作に忠実に舞台化し、笑いをほとんど排除した作品づくりで新境地を開拓する。 昔どおりのバカバカしさで古くからのファンを安心させ、新たなファンには刺激を与えた。 人間を描くことに重きを置いた物語と映像を駆使した新鮮味のある演出で、舞台表現の可能性を広げたと高く評価される。 笑いと恐怖と涙に劇場が包まれた。 中島独特の切り口で語られる復讐譚を、演出家・いのうえひでのりがスケールの大きなドラマに仕上げた。 いのうえ歌舞伎シリーズ 神話や史実などをモチーフとし、ケレン味を効かせた時代活劇のシリーズ。 近年では、その持ち味に加えドラマに重きをおき、人間の業を浮き彫りにした作品作りへ転化している。 新感線Rシリーズ 劇中、オリジナルのROCKの楽曲が生バンドで演奏され、歌楽曲が多数あるシリーズ。 ネタものシリーズ 主にいのうえひでのりが書きおろす、ネタを中心としお笑いを追求したシリーズ。

次の

【口コミ・感想】歌舞伎座『秀山祭九月大歌舞伎』の評判、評価

いのうえ 歌舞 伎 偽 義経 冥界 歌

飴屋法水率いる劇団、東京グランギニョルにより1985年、1986年に上演された舞台「ライチ光クラブ」。 残酷で耽美な物語は、読者の圧倒的支持を受け、 現在では、舞台・音楽・アニメ・映画化と、本作のカルト的人気は衰えることをしれない。 しかししかし、古さで言えば、特典ディスクに収録されている 『スサノオ 神の剣の物語 1989 /武流転生 1994 ダイジェスト』が最も古い。 ダイジェストなので、本編まるっと楽しめるわけではありませんが、 現在まで脈々と連なる「いのうえ歌舞伎」のエキスは十分見てとることができます。 まさに「いのうえ歌舞伎」の源流ここにアリ!ですね。 ストイックな新感線が登場! 《いのうえ歌舞伎第二章》! 21世紀に入り、爆発的に観客動員を伸ばす新感線。 その中でも「いのうえ歌舞伎」は、音モノ、ネタものと並び、 新感線の人気演目・ジャンルとして、さらに人気を博して行きます。 商業演劇の雄・松竹と組んだ「Inouekabuki Shochiku-Mix」の登場や、 「いのうえ歌舞伎」の人気演目『髑髏城の七人』を同年に配役を入れ替えて 『アカドクロ』『アオドクロ』として上演した2004年のドクロイヤーなど、 一口に「いのうえ歌舞伎」と言っても様々な作品が登場しました。 そんな中、大きな転機となったのが、こちら。 『吉原御免状』の登場です! 原作:隆慶一郎 脚色:中島かずき 演出:いのうえひでのり 出演:堤真一 松雪泰子 古田新太 京野ことみ 梶原善 橋本じゅん 高田聖子 粟根まこと 藤村俊二 上演は2005年。 これまでの「いのうえ歌舞伎」をさらに進化させるべく、 作家の中島かずきは初めて小説を原作に舞台の台本化に挑み、 演出のいのうえひでのりは「ストイックな新感線」を意識した作品作りを行い、 人間描写を深めたその作風は「いのうえ歌舞伎第二章の幕開け」と称されました。 より大人な新感線という路線を語る上でまさに必須の作品。 そしてもちろん新感線はそんな状態をヨシとするはずもなく、 「いのうえ歌舞伎」に新風を呼び込みます。 それがこちら『IZO』! 作:青木豪 演出:いのうえひでのり 出演:森田剛 戸田恵梨香 田辺誠一 千葉哲也 粟根まこと 池田鉄洋 山内圭哉 木場勝己 西岡徳馬 上演は2008年。 中島節とはまた一味違う新たな「いのうえ歌舞伎」の登場は、 進化を続ける新感線を象徴する作品として、注目を集め話題となりました。 その名の通りいろいろな意味で型破りの作品となった本作。 寂れた宿場町を舞台に、登場人物は、記憶を失った流れ者の主人公をはじめ、皆アウトロー。 そんな設定なのに、宮藤官九郎流の毒と笑いが盛り込まれ、 非常にパンクで、デタラメで、エンターテイメントな作品となりました。 当時、演出のいのうえひでのりをして、 「これまでで最も映像化に向いた作品かもしれない」と言わしめた本作。 どうぞDVDでその「壊れっぷり」をお楽しみ下さい。

次の

藤原さくら 劇団☆新感線 いのうえ歌舞伎『偽義経冥界歌』初舞台が大阪より開幕!

いのうえ 歌舞 伎 偽 義経 冥界 歌

飴屋法水率いる劇団、東京グランギニョルにより1985年、1986年に上演された舞台「ライチ光クラブ」。 残酷で耽美な物語は、読者の圧倒的支持を受け、 現在では、舞台・音楽・アニメ・映画化と、本作のカルト的人気は衰えることをしれない。 しかししかし、古さで言えば、特典ディスクに収録されている 『スサノオ 神の剣の物語 1989 /武流転生 1994 ダイジェスト』が最も古い。 ダイジェストなので、本編まるっと楽しめるわけではありませんが、 現在まで脈々と連なる「いのうえ歌舞伎」のエキスは十分見てとることができます。 まさに「いのうえ歌舞伎」の源流ここにアリ!ですね。 ストイックな新感線が登場! 《いのうえ歌舞伎第二章》! 21世紀に入り、爆発的に観客動員を伸ばす新感線。 その中でも「いのうえ歌舞伎」は、音モノ、ネタものと並び、 新感線の人気演目・ジャンルとして、さらに人気を博して行きます。 商業演劇の雄・松竹と組んだ「Inouekabuki Shochiku-Mix」の登場や、 「いのうえ歌舞伎」の人気演目『髑髏城の七人』を同年に配役を入れ替えて 『アカドクロ』『アオドクロ』として上演した2004年のドクロイヤーなど、 一口に「いのうえ歌舞伎」と言っても様々な作品が登場しました。 そんな中、大きな転機となったのが、こちら。 『吉原御免状』の登場です! 原作:隆慶一郎 脚色:中島かずき 演出:いのうえひでのり 出演:堤真一 松雪泰子 古田新太 京野ことみ 梶原善 橋本じゅん 高田聖子 粟根まこと 藤村俊二 上演は2005年。 これまでの「いのうえ歌舞伎」をさらに進化させるべく、 作家の中島かずきは初めて小説を原作に舞台の台本化に挑み、 演出のいのうえひでのりは「ストイックな新感線」を意識した作品作りを行い、 人間描写を深めたその作風は「いのうえ歌舞伎第二章の幕開け」と称されました。 より大人な新感線という路線を語る上でまさに必須の作品。 そしてもちろん新感線はそんな状態をヨシとするはずもなく、 「いのうえ歌舞伎」に新風を呼び込みます。 それがこちら『IZO』! 作:青木豪 演出:いのうえひでのり 出演:森田剛 戸田恵梨香 田辺誠一 千葉哲也 粟根まこと 池田鉄洋 山内圭哉 木場勝己 西岡徳馬 上演は2008年。 中島節とはまた一味違う新たな「いのうえ歌舞伎」の登場は、 進化を続ける新感線を象徴する作品として、注目を集め話題となりました。 その名の通りいろいろな意味で型破りの作品となった本作。 寂れた宿場町を舞台に、登場人物は、記憶を失った流れ者の主人公をはじめ、皆アウトロー。 そんな設定なのに、宮藤官九郎流の毒と笑いが盛り込まれ、 非常にパンクで、デタラメで、エンターテイメントな作品となりました。 当時、演出のいのうえひでのりをして、 「これまでで最も映像化に向いた作品かもしれない」と言わしめた本作。 どうぞDVDでその「壊れっぷり」をお楽しみ下さい。

次の