ブラジル ツアー。 ブラジル、パンタナール旅行・ツアー・観光特集~幻のジャガーを探してパンタナール大湿原へ~

ブラジル旅行・ツアー格安予約

ブラジル ツアー

南米大陸の約半分を占めるブラジル。 日本の約22. 5倍、ロシア、カナダ、中国、アメリカに続き世界第5位という広大な国土は、赤道直下から南へ東西に大きく広がり、都市と都市との間には、今なお無人地帯が続いている。 気候ひとつとっても、南部と北部ではまったく違う。 中南部は平地が多く、パンタナールの湿原や大草原があり、南東部には山岳地帯がある。 いっぽう北部は、アマゾン河流域とブラジル高原からなり、熱帯樹林に覆われた人跡未踏のエリアも多い。 人種構成も、白人系48%、混血43%、黒人系8%、黄色人系1%といわれているが、正確なところはわからない。 古くから、先住民と白人、黒人が混血を重ねてきたうえ、ポルトガル人、イタリア人、ドイツ人、日本人、アラブ人など数多くの移民を受け入れてきたため、今では人種が入り乱れ、人種構成を調べるとそのものが無意味となっている。 それでも、個々の地域を見ると、人種のばらつきはある。 おもしろいもので、それぞれの移民は、自分の本国と同緯度のところに暮らしている傾向がある。 日系人はサン・パウロに住んでいるし、ドイツ人は南部、黒人は北部に多い。 そしてこの多様性こそが、ブラジルの顔となっている。 ブラジルとはこんな国、とひとことでいうのは不可能だ。 アマゾンの熱帯樹林の中でほとんど近代的な物を持たずに暮らす人々がいるかと思えば、近未来的なブラジリアの人工都市がある。 そして、サルバドールの黒人文化、リオのカーニバル、コパカバーナ海岸の美女たち、サン・パウロの商業都市、イグアスの大瀑布、そして、ポルト・アレグレのガウーショまで。 このすべてを自分の目で見て、ブラジルのいくつもの顔を、自分の肌で感じるしかない。

次の

ブラジル旅行・ツアー格安予約

ブラジル ツアー

ブラジルの自然がここまで美しいとは思ってもいませんでした。 ボニートに来るまではブラジルの自然といえばアマゾンで、鬱蒼と茂ったジャングルやどちらかというと茶色い川を想像していました。 しかしボニートに来て、あまりの自然の美しさに感動しました。 もはや綺麗とかそういう次元ではなくて、水と空気の違いが分からないくらいに純度の高い水が川を流れ、その中をシュノーケリングをしながら下っていった日の高揚は忘れられません。 それもそのはずで、ボニートは当初訪問予定には無かった町だったため、その偶然出会えた自然への感動は人一倍強かったように思います。 サンパウロからイグアスの滝に行き、さて次はどこへ行こうかなとホステルのルームメイトにオススメの観光地を聞いたら「ボニートがいいよ!」との返答で、じゃあ行ってみようかなと行ってみたところがボニート(Bonito:ポルトガル語で「美しい」の意)だったのです。 パンタナールの中心地ボニートとは 南パンタナールの中心地ボニートの魅力は、「ブラジルの中のカリブ海」とも呼ばれ、信じられないほど透明な川で有名な都市です。 「透き通った水」というと、沖縄のようなマリンブルーの海を想像しますが、ブラジルとボリビア、パラグアイとの国境沿いにある湿原地帯パンタナール地方には、とてもとても美しい淡水の川が流れています。 ボニートはこのパンタナール地方の中心都市であり、多くの観光客が美しい自然を求めて世界中から集まっているのです。 ブラジルの大自然といえばアマゾンをイメージしますが、アマゾンのジャングルのような荘厳な自然に比べて、湿原地帯にあるボニートはゆったりとした静かな自然を楽しめます。 これがボニートの自然だ!川なのに心が洗われる超透明度の水! ボニートで最も有名なツアーの一つと言っても良いのが、川下りです。 町の中心地から車で1時間ほど走ったところにあるプラタ川という川がありまして、ここをシュノーケリングで下って行くのです。 ツアーを始める前にきちんとシュノーケリングの基礎について英語で講習をしてくれます。 そしていよいよ川を下っていきます。 正確な時間は忘れてしまいましたが、1時間以上は川の中をゆっくりと進んでいったように思います。 そして驚くべきがこの高い透明度を誇る水。 goodwp. cloudfront. 海であればこうした美しさを楽しめます。 しかし、川でここまでの透明度を誇るのは非常に珍しいのではないでしょうか。 コンディションが悪くなければ50m先までまるで地上にいるように見渡せます。 こうしたことから ボニートは天然水族館と呼ばれています。 ブラジルに来た際には必ず立ち寄って欲しい町の一つです。 ダイビングも、洞窟も、ボート下りも!最強のエコツーリズム 川の美しさもすごいのですが、観光客を楽しませるためのアトラクションが本当に豊富です。 ホステルの窓口でもエコツアーのメニューが豊富に用意されていて、普段から自然に慣れ親しんでいる人も、沖縄ぐらいしか知らないという人にも大満足できるオプションがたくさんあります。 観光の超定番・青の洞窟 急勾配の洞窟を降りいてくとあるのが「青の洞窟」。 外から差し込む太陽光が水面に反射して浮かぶ青い色はとても濃く、美しさに見とれます。 blogspot. com. 飽くまでボートの端にしがみついて、写真のような傾斜をボートで下っていくというスリル満点のアトラクション。 scubadivingbrazil. com. ボニートは小さい中心市街地を拠点として様々なツアーに出かける形式となっており、通常宿泊する町にはコンパクトに様々なお店が並んでいます。 特にオススメなのが、Taboaというレストラン。 夜はミュージシャンの伝統的な音楽からボサノバ、ポップまで様々な演奏を聞きながら、美味しい食事とお酒を楽しめます。 ボニートへのアクセス方法 ボニートはブラジルの中西部パラグアイとの国境近くにあります。 サンパウロやリオデジャネイロからは直接行くというよりは途中の町などを楽しみながら行った方がいいと思います。 なお、長距離バスの利用は以下の記事をご参照下さい。 飛行機の場合 飛行機で行く場合は、カンポ・グランジ(Campo Grande の空港へ行って、そこからバスで5-6時間かけてボニートへ向かいます。 急がない場合はカンポ・グランジで観光してから行ってもいいと思います。 また、バスについては長距離バスの路線もありますが、宿が手配してくれるところもあります。 必ず宿泊予定先に事前に確認しておきましょう。 カンポ・グランジまで サンパウロから約2時間、リオデジャネイロから3時間半~4時間になります。 最近のレートで往復で400レアルくらいから便があるようです。 バスの場合 バスターミナルでチケットを購入できます。 バスターミナルには多くのバス会社が窓口を設けていますので、サイト等で先に確認してから行くのがいいでしょう。 リオデジャネイロから リオデジャネイロから行く場合にはカンポ・グランジ経由になります。 宿泊先の宿がカンポ・グランジからボニートまでのバスを出している場合があります。 通常よりは安く設定されていることが多いため、こちらを確認することを忘れずに フォス・ド・イグアス(イグアスの滝)から 僕はこの路線で行きました。 Cascavel(カスカベル)とDourados(ドウラドス)という場所でバスを乗り継いで向かうことになります。 カスカベルまで3時間、そこからドウラドスまで10時間、さらにボニートまで6時間の旅になります。 カンポ・グランジから 上述した通りです。 宿泊予定先が出しているバスに乗るか、以下のバス会社を利用します。 およそ5-6時間になります。

次の

ブラジル旅行・ツアーなら「旅工房」

ブラジル ツアー

南米大陸の約半分を占めるブラジル。 日本の約22. 5倍、ロシア、カナダ、中国、アメリカに続き世界第5位という広大な国土は、赤道直下から南へ東西に大きく広がり、都市と都市との間には、今なお無人地帯が続いている。 気候ひとつとっても、南部と北部ではまったく違う。 中南部は平地が多く、パンタナールの湿原や大草原があり、南東部には山岳地帯がある。 いっぽう北部は、アマゾン河流域とブラジル高原からなり、熱帯樹林に覆われた人跡未踏のエリアも多い。 人種構成も、白人系48%、混血43%、黒人系8%、黄色人系1%といわれているが、正確なところはわからない。 古くから、先住民と白人、黒人が混血を重ねてきたうえ、ポルトガル人、イタリア人、ドイツ人、日本人、アラブ人など数多くの移民を受け入れてきたため、今では人種が入り乱れ、人種構成を調べるとそのものが無意味となっている。 それでも、個々の地域を見ると、人種のばらつきはある。 おもしろいもので、それぞれの移民は、自分の本国と同緯度のところに暮らしている傾向がある。 日系人はサン・パウロに住んでいるし、ドイツ人は南部、黒人は北部に多い。 そしてこの多様性こそが、ブラジルの顔となっている。 ブラジルとはこんな国、とひとことでいうのは不可能だ。 アマゾンの熱帯樹林の中でほとんど近代的な物を持たずに暮らす人々がいるかと思えば、近未来的なブラジリアの人工都市がある。 そして、サルバドールの黒人文化、リオのカーニバル、コパカバーナ海岸の美女たち、サン・パウロの商業都市、イグアスの大瀑布、そして、ポルト・アレグレのガウーショまで。 このすべてを自分の目で見て、ブラジルのいくつもの顔を、自分の肌で感じるしかない。

次の