バンドリss オリ主。 暁 〜小説投稿サイト〜: 小説検索

暁 〜小説投稿サイト〜: 小説検索

バンドリss オリ主

バンドリ好き必見! 現在Amazonプライムビデオでアニメ版「BanG Dream! 」を配信中! 今なら30日間の無料体験ができるようになっています。 シーズン1作品が見放題。 過去作品をもう一度振り返りたい人に打ってつけです。 アニメ版でしか観れない迫力もあります。 その他特典 ・ ・HD画質 ・100万曲以上の音楽も聴ける いつ終わるかわからないキャンペーン。 この機会に是非利用してみましょう。 バンドりおすすめss BanG Dream! こちらもおすすめです! バンドリとは一体何? 知っている人も知らない人も改めて見ていきましょう。 原作はブシロードが出しているポップな内容。 バンドリはガールズバンドパーティーってやつで、主にバンドからなるリズムとか、アドベンチャー色が強いものとなっています。 漫画もありますし、アニメ、小説もあります。 また人気なことにゲームアプリでも威を通して登場しています。 印象深いのが漫画とかアニメでしょうかね。 2015年くらいからどんどん知名度を上げていき今じゃマイナーなんて言われない超の付く人気。 バンドと言ったら似たような作品でけいおん!とかありましたよね。 バンドマンからすれば明るい話ですし、これから音楽の舞台で戦っていく人にとっても面白いものだと思います。 目的は「ライブ活動をする」ですからね。 ストーリーも考えられて作っていますね。 個々のキャラに個性を施したり、好きな趣味や食べ物とか感情移入させるためのテクニックというか、単純に入りやすいんですよね。 では次に二次小説を。 二次小説 恋したあの子は ~僕に、好きな人はできないと思っていたけど ある日…とある少女に恋をした… その、少女がカッコイイを求める少女でも僕は可愛いと思う オリ主もあり。 君と見た夕焼けとのクロスオーバー。 そして恋愛小説のような歯痒い恋愛さをモチーフにしていますね。 感動をおぼえるというより、ラブコメ系に近いと思います。 笑いもあるしで。 結婚までの道のりはどのタイミングなのか。 とあうかまだ先走りすぎですかね。 まだ話が短いってのと、話のボリュームを注いでいるところなだそう。 これから先の話に期待できる内容になっています。 夏に恋愛って暑さを吹き飛ばしてくれますね。 逆に捉えるなら熱くなりすぎちゃうって感じ。 ーWind- あの日の笑顔を、もう一度 ~白鷺千聖を目標に追いかけ、追いついた元子役の帰国子女・朝霧亮太。 彼が日本で見つけた面白いことは、『世界中を笑顔にする』という目標を掲げるバンドのマネジメントだった。 胸あつですねー。 スケールのデカさというか一人を相手にするのではなく世界です。 世界進出にどこまで貢献していくのかがこの小説の一番の見所なのかもしれません。 弦巻こころもこの機会に登場。 エクゼティブに、シンプルにこの物語が始まっていきます。 既にかなりの勢いで話がまとまっており、現在は8話もあります。 友情から愛情へと進化していくのか。 キャラクター同士の感情がどう動いていくのか見物ですね。 【彼女との1年】 ~美竹蘭は孤独だった。 幼馴染とは離れ離れになり、家柄ゆえに誰にも話をかけられず。 しかし、そんな蘭にも話し相手ができた。 中学生の青春。 部活とか日々の人間関係そのものを表していますね。 青春ラブコメに近いような潤いある物語。 クラスに必ず一人はいるであろう浮いている人とかその面影を表舞台にさらけ出すというか、最初は芯のない所からスタート。 その行く先を一人の少年が支えてくれたり共感してくれたりする。 君の名は!を思い出してしまいますね。 オリジナル展開。 デジモンストーリー ~BanG Dream~ ~青年は目が覚めたら、シャイングレイモンになっていた!? デジモンの姿と人間の姿を使い分け、 降り立った世界は、バンドリの世界 この世界に何が待ち受けているのか!? こちらはかなり異種というか特殊な部類だと思います。 デジモンのクロスオーバーなのでデジモンの中身、ハウツーを知っている人でないとストーリー構成が理解出来ないかもしれません。 シャイングレイモンの名称さえ知っていれば入りやすそう。 にしても初代デジモンから勢いを何処かで落としたはずですが、未だに歴史は語り継がれているようです。 アグモン、ガブモン世代の人にはうっはうはな、内容ですね。 ムーンライト辺りの世代もきっとわかるはず。 デジモンの小説ってなかなかないのよ。 【幼馴染アイドルに苦労をかけさせられています。 】 ~彼、井之上秋 いのうえ しゅう には、幼馴染が居る。 アイドルらしからぬ面白いバンドリ。 丸山彩がヒロインというが、普通にこの展開誰が予測できたのか。 ツンデレってよりもデレ要素が100パーセント。 ちょいと幼馴染みと親友になっちゃいました。 うはうはな気分でしかないような友好関係を築く物語。 日常のあるあるなので見ていて「ハッ」とすることはありませんが、余暇を楽しむのには丁度いいい。 バンドリからは話がずれています。 バンドリ!〜輝く星と白い球〜 ~4年前…1組のバンドが解散した… 小学生の男子ながら美声と卓越した技術で、プロをも魅了した、野球少年達のバンドは、それぞれの道を進む為に解散に踏み切った… バンドと野球が絡んでいるんですが、野球やっている人ってかなりハイスペな方多いよねって話。 元野球部でしたとか、経験がありますよって方におすすめかも。 いやどっち移ってもバンドリベースです。 友情を司る絆とかライブハウスでの活動シーン、バイトとか若い頃の思い出作りを基盤とした面白い作品。 BanG Dream! 交差する世界 ~東京のとある場所。 不動遊星はライディングデュエルの大会に向けて、Dホイールの整備を行っていた。 そんなある日、妹の友希那からバンドグループのメンバーのアンプを点検して欲しいと頼まれる。 ライディングデュエルとか懐かしい。 1990年代の子供は絶対知っているであろうあの遊戯王です。 海馬瀬戸とかモクバとかいましたよね。 そして孔雀枚とかダイナソー竜崎もいましたね。 今は環境が変わってデッキのレパートリーが増えています。 とまあ過去の遊戯シリーズはおいといて、バンドラと遊技がコラボと決してあり得ないので面白そう。 原作とはかなり変化あって崩壊しています。 Roseliaのメンツで構成されています。 今井リサとか登場。 クロスではないので、バンドラのサイドストーリーな感じでハマるかも。 僕の彼女達は可愛い ~ 皆さん、ハーレムって存在すると思いますか? 僕は存在すると思います。 何故なら、僕が実現しているのだから。 おっとり系ハーレム。 うる星やつらとかハーレムアニメでしたが、これはまた別格。 月の少年とRoselia ~いつの日か幻の歌姫と呼ばれた人物がいました。 ところが…… シナリオ構成が神ってる。 鋭いところを突いているというか、思惑だらけのような、 ラブライブとのクロス。 近いうちにデレステとか出てもおかしくなさそうですね。 Amazonプライムビデオでアニメ版バンドリが観れる! アニメ版のBanG Dream! がAmazonプライムビデオにて観れるようになっています。 通常月額400円で見放題ですが、今なら30日間の無料体験ができるようになっています。 無料期間中の解約でもお金はいっさい発生しません。 ・4Kの高画質 一部動画 ・6000本の動画数 ・お家でも外でも楽しめる。 まだ使っていない方はこの機会に是非活用していきましょう。

次の

暁 〜小説投稿サイト〜: 小説検索

バンドリss オリ主

概要 [ ] この文字はのひとつである。 辞書では ss の位置に置かれる。 長母音の後 - ドイツ語の正書法では、長母音の後には子音字を1つ、短母音の後には子音字を複数置くという原則がある。 旧正書法では sz もまた認められる置き換えであった。 旧東ドイツ政府においても sz を認めようとする動きがあった。 この極めてドイツ的な合字の形を適切に決めるための議論が、今もなお続いていることは、新しいタイポグラフィーデザインに示されている。 下記画像参照)の合字の、二系統がある。 また、「エスツェット」の名称は後者に由来する。 使用例 [ ]• ただし単語によっては「SS」で書くと、正しい単語を示せない可能性がある。 例えば「 MASSE」が「 (塊、群衆)」と書かれているのか、「 (大きさ、範囲)」と書かれているのかがどっちつかずとなってしまう。 Ha, Thu-Huong. 2017年8月9日閲覧。 注 [ ].

次の

暁 〜小説投稿サイト〜: 小説検索

バンドリss オリ主

バンドリライブに盛大に遅刻したmgmtです。 吸血鬼パロというものを一度書いてみたいという勝手な考えで書きました。 最近部活やバイトで忙しくなり、更新ペースが遅くなっています。 お許しください。 バンドリの話になりますがゆりしぃお疲れ様でした。 ゆっきーのなり批判などのコメントが多くなったらすると思いますが、自分の道は自分にしかわからないものだと思います。 批判するよりも、これからのことを応援することがゆりしぃにとってもゆっきーにとってもいいことだと思います。 ありがとうゆりしぃ 頑張れゆっきー 私はRoseliaをこれからも応援していきたいと思います。 長くなりましたが本編をお楽しみください• アタシ 今井リサは吸血鬼だ。 この事実は友達にもRoseliaのみんなにも話してはいない。 そう言ったところで信じてはもらえないだろう。 それだけならいいが、忌子として扱われることだろう。 みんなに迷惑をかけたくなかった。 だから吸血鬼としての本能を隠し、みんなと関わってきた。 なのに、、、、 [newpage] 主人公視点ーー(以下真琴) 俺、木村真琴は共学の羽丘学園の二年生。 勉強も運動もそこそこな普通の学生だ。 今日も学校へ行き授業をうけ帰る。 こんな日常になりそうだ。 普段はバイトをしているのだが今日はバイトがない。 友達と遊ぶか、ゲームでもしようと考えていた。 先生「おい、木村。 暇なら荷物運ぶの手伝ってくれないか」 「いいですよ。 どれを運べばいいですか?」 先生「んー、ここにあるやつ全部かな、明日の特別演習のプリントが結構な枚数あるから頼んだぞ」 そこにはダンボールに入ったプリントがそこそこの量があった。 それが5クラス分、帰るのが遅くなりそうだ、、 ここまでいっといてしらばっくれのも気が進まないので仕方なく手伝うことにした。 「はぁー、疲れるわー。 地味に重いし」 こんな独り言をつぶやきながら最後のクラスにプリントの入ったダンボールを置きにいく。 すると、ひとりの女性がいた。 自分の腕に噛みつき血を流している。 みているだけで痛々しい 「、、、何してるんですかリサさん」 リサ「っ、真琴じゃん。 どうしたのこんな時間に」 「先生に頼まれて雑用させられてたんだよ」 リサ「アハハ、あの先生も強引だね〜」 「そんなことはどうでもいい、重要なことはそれじゃない、腕に噛み付いてどうしたんだ?」 リサ「な、なんのこと?私には、、」 「教室に入ったときから見ていた。 なんでもない人はそんな行動起こさない。 それに、血が垂れてるじゃないか、どうかしたのか?」 リサ「な、なんでもない。 アタシそろそろ帰らなきゃ、じゃあね」 話の腰を折り帰ろうとする今井さんの腕を掴み帰らせないようにする。 リサ「離して」 「断る」 リサ「真琴には関係ないでしょ」 「関係ないかもな、でも黙って見過ごすわけにもいかない、事情は話してくれるまで離さない」 リサ「お願い離して、じゃないと」 そう言った瞬間リサの瞳が綺麗な茶色から真紅の赤に変わった。 リサ「オマエノ血ヲ、、ゼンブ、、」 「っ、なんなんだよこれ、なにがどうなってんだ。 本当にリサさんかよ」 目が赤くなり、雰囲気も殺気立ったものに変わった。 「リサさん、大丈夫か、何があった」 リサ「血ガ、ホシイ、血ヲ、、」 呼びかけてみるが思ったような返事は返ってこない。 完全に正気を失っている。 この場にいると俺自身も危ないと判断し、この場を離れようとする。 行動に移した瞬間殺気立った雰囲気が消えた。 振り返ると先程の状態ではなくいつものリサさんに戻っていた。 リサ「ハァッ、ハァッ。 うん大丈夫」 「教えてくれ、今君の身に何が起こった」 リサ「あんまり他人には言いたくなかったんだけどな〜」 いつもの明るい表情ではなく暗い表情のまま話す。 「お願いだ。 何か俺にできることはないか?苦しい表情してるとこっちまで辛くなるならな」 リサ「ん、わかった。 でもここだと誰かに聞かれちゃうかもね。 アタシの家に行こうか。 そこで話すよ」 「わかった」 彼女の家に行けば全てがわかる。 紅い瞳も、殺気立った雰囲気の状態も。 そして、血と連呼していてた理由も。 [newpage] リサさんの家にお邪魔させてもらい彼女のことについて聞き始めた。 リサ「まずアタシはね。 吸血鬼なんだ」 「吸血鬼?小説なんかでてくるやつのことか?」 リサ「それであってるよ」 「でもおかしくないか?あれは空想上の存在だろ。 現実に存在するわけないだろ」 リサ「でも、真琴の前にいるアタシは本物の吸血鬼だよ。 ほら見て、それがその証拠」 リサさんは口を開け、人間にはない牙を見せてきた。 作り物でないことは一目でわかった。 「とりあえず吸血鬼であることはわかった。 二つ質問させてくれ」 リサ「ん、なにかな?」 「一つ、なぜ日光がある中でも活動できるのか?もう一つはなぜ正気を失うほど血を欲していたのか」 リサ「まず一つ目の質問はアタシが日光に耐えられるような体質をもった異質な吸血鬼だから。 あっ勿論日光は苦手だし人ほどの能力は発揮しづらいけどね」 リサ「二つ目は人の血を飲んでいないから。 生きてる人の血じゃないと拒絶反応を起こしちゃうの。 血液パックの血とかね。 あと人の血でも合うものと合わないものがあるからね」 「あった人はいないのか?」 リサ「そういうわけじゃないの。 合う人はいたの。 でも親しくなるうちに傷つけたくない。 って考えちゃうんだよね」 タハハ、と微笑む。 学校生活なんかを見ているとわかるが、彼女はとても優しい人だ。 自分のことを二の次にして困っている人を助ける。 そんなことができる人だ。 それはいいことでもあり、悪いことでもある。 自分を粗末にしてしまうからだ。 そんな人が今目の前にいる。 俺は彼女を助けたい。 「リサさん、一つ相談なんだが」 リサ「どうしたの?」 「俺の血ってリサさんに合うのかな?」 リサ「それは、わからないけど」 「試してみる価値はありそうだな」 リサ「ちょっと待って、なにする気なの、」 「こうするんだよ」 俺は自分の人差し指の爪で親指を引っ掻いた。 皮膚が少し切れ、血が出てくる。 「痛っつ、でもどうにか血は出せた。 どうかな?」 リサ「待って、血に飢えてるアタシが、人の血を見ると、血ガ、ホシク、ナル」 血を見て再び雰囲気が変わる。 リサ「二、ゲテ。 マコト」 忠告を無視し、リサの方へ向かう。 「人の血が欲しいんだろ?俺のでよければあげるよ」 リサ「モウ、イ、シキ、ガ」 リサ「血ヲ、ヨコセ」 「うん、いいよ」 リサさんは血が垂れている俺の指を口にして血を吸っている。 血が抜けていく感覚がして痛みも走る。 しばらくするとリサさんは指を離した。 同時に殺気立った雰囲気も消えていった。 「体に合ったかい?俺の血は」 リサ「うん、真琴の血、美味しかった。 」 血が体に合ったのかいつものリサさんにもどっていた。 「なら良かった。 顔色も少し良くなったみたいだしたな」 リサ「ありがと」 「気にしない、気にしない」 「、、、なぁ、俺の血でよければまた吸血してもいいぞ」 リサ「え、、でも、、」 彼女は申し訳なさそうに言葉を詰まらせる。 「俺がいいって言ってるから大丈夫。 それにまたあんな姿になって欲しくないしな。 血が欲しくなったら俺に頼むこと、いいな?」 リサ「うん、ありがと」 「おう!」 理性も戻って何よりなことだか、あれだけの少量の血で本調子に戻ってるとは到底思えない。 「血の量ちゃんと足りたか?」 リサ「えっ、うん大丈夫だけど」 「嘘だな、足りなきゃ首から吸血してもいいぞ」 リサ「でも、、、」 「困った時は頼っていいって言ったばっかりだろ?気にすることはないさ」 リサ「うん、ごめんね、ごめんね」 リサは何度も謝り涙をこぼしながら俺の首に噛みつき血を吸ってきた。 指の血を吸われた時とは比べものにならない痛みが襲う。 牙が皮膚を貫通しているのだから当然だろう。 必死に痛みをこらえ彼女を抱き寄せ血を吸いやすくしてやる。 「吸血出来ずに辛かったな、大丈夫、落ち着くまで吸血していいからな。 側にいるから安心していいぞ」 りさ「うん、うん、ホントにありがとう」 吸血と心が落ち着くまで俺はリサさんを優しく抱きしめ頭を撫でた。 [newpage] 気がつくとアタシの中にある吸血鬼の本能が消えるほど心が落ち着いていた。 真琴はアタシの身も心も救ってくれた。 リサ「真琴、アタシを助けてくれてホントにありがとね」 「うん、落ち着いたようで、本当に良かった。 しばらくは安静にな」 リサ「りょーかい」 「じゃあ、俺は帰るわ。 一人暮らしとはいえ帰るの遅くなるのも嫌だし」 真琴は立ち上がり家を出て行こうとするが、、 ドサッッという音とともに彼は倒れてしまった。 リサ「真琴!大丈夫?しっかりして!」 「ハァッ、ハァッ、、体がうまく動かねぇ」 どうやらしばらく吸血していなかったせいか加減が分からず血を吸いすぎて貧血気味になってしまったようだ。 リサ「とりあえず一回部屋に戻ろう。 真琴、歩けそう?」 「まぁ、なんとかな」 真琴に肩を貸してあげ、どうにか部屋まで戻った。 こんな状態では一人で家に帰ることも難しいだろう。 昼間ならよかったがあたりは暗くなり始め、とても家に向かれるような状態ではなかった。 リサ「ねぇ真琴、」 「どうかしたか?」 リサ「そんな状態で家まで帰らせたくないからアタシの家に泊まってっていいよ」 「でも、いきなりで、大丈夫なのか?それに親とかの問題もあるだろ?」 リサ「大丈夫。 両親は出張でいないからね」 「たしかにそれは問題ないかもしれないが、」 リサ「そ、れ、に」 「?」 リサ「困ったことがあったら頼ってもいいんだよね?」 「いや、たしかにそう言ったけど。 泊まる程でもないと思う。 リサさんにも迷惑かかるだろうし」 真琴はなかなか折れてくれなかった。 だから、、 リサ「だめ?」 上目遣いで瞳をうるうるさせお願いした。 「、、、そんな顔されて嫌なんで言えないだろ。 アタシを救ってくれて、ありがとね。

次の