キメラアント編 何話。 ハンターハンターのキメラアント編は何話から何話まで?

「ハンターハンター」ゴンの兄貴分カイトの声優は誰??どんな人??誰を演じた人??をドドンと紹介。

キメラアント編 何話

aukana編集部 この記事では「ハンターハンター屈指の感動エピソード」も含まれるキメラアント編の概要をご紹介します!一度読んだことがあるけど、どんなストーリーだったかな…という方も、この記事で面白さを再体験! 『ハンターハンター』キメラアント編を解説! 本作屈指の長編シリーズがおもしろい! 『ハンターハンター』キメラアント編とは、漫画家・冨樫義博先生が描いた 長編シリーズです。 正式名称は「 キメラ=アント」。 本編では、 人間VSキメラアントの壮絶なバトルシーンが多く、ハラハラドキドキの展開や、胸が熱くなるハートフルなシーンや感涙必至の感動シーンも満載。 今までのストーリーを知らない人でも楽しめる作品になっているので、 本作の初心者さんにもおすすめしたいシリーズです。 それではさっそくキメラアント編の概要からご紹介します。 『ハンターハンター』キメラアント編とは? バトルあり涙ありの名作! 前回グリードアイランド編では、少年にしてプロハンターになった主人公・ゴンと、親友であるキルアとともにゲームをクリアしました。 ゴンの父であるジンに一目会おうと、クリア賞品である呪文のカードを使用したことで、弟子であるカイトと再会。 ふたりはカイトに協力するためキメラアント討伐隊に参加します。 やがて突然変異を遂げたキメラアントの女王は、 NGL自治国 ネオグリーンライフ を拠点に兵隊蟻を率いて人間を襲う凶暴な存在へと変わりました。 この事態にハンターたちはキメラアントを危険視しはじめます。 人間の捕食をはじめた女王は、その後も凶暴な蟻を生み出し続け、 歴史に残る悲惨な生物災害を引き起こしました…。 その後、キメラアントの王・メルエムVSネテロ、王直属の護衛軍・ネフェルピトーVSゴンをはじめ、最強同士の争いが勃発します。 また、迫力満点のバトルシーンだけでなく、キメラアントと人間との交流のなかで、 心を打つ感動のシーンや切ないストーリーも楽しめる作品です。 涙するシーンも多いため、漫画やアニメを観る際は、ハンカチやティッシュの用意も忘れないようにしましょう。 『ハンターハンター』キメラアント編の魅力や見どころを解説! ここからは、『ハンターハンター』を語るうえで欠かせない キメラアント編の魅力や、ストーリーの見どころについて詳しく解説します。 生物の頂点に立つ王・メルエム率いる キメラアント対ハンター協会会長・ネテロ率いるプロハンターたちの熱いバトルをぜひご覧ください。 また、そもそもキメラアントがよく分からないという人向けに解説する生態もまとめているので必見ですよ。 それでは、さっそくチェックしてみましょう! 最強の蟻軍団が君臨! キメラアント対プロハンター 人類の生命をおびやかす新たな存在「キメラ=アント」。 そんなキメラアントたちに立ち向かうべく、ハンター協会会長・ネテロが立ち上げた討伐隊が大活躍します。 本作のなかでもかなり バトルシーンが多用され、高レベルな戦いにドキドキする展開も魅力のひとつです。 また、残虐非道なキメラアントの王・ メルエム の数奇で切ない人生も本編の見どころとなっています。 そこで、本編の見どころを以下のポイントでまとめました。 ・王直属の護衛軍・ネフェルピトーVSカイト ・キメラアントの王・メルエムVSネテロ ・王直属の護衛軍・ネフェルピトーVSゴン ・キメラアントの王・メルエムと人間の少女・コムギとの対局 こちらの見どころは、後ほど紹介するあらすじより詳しく解説しているので、気になる方はぜひ参考にしてみてください。 『ハンターハンター』暗黒大陸から来た外来種! キメラアントのおそろしい生態とは? 正式名称は「 キメラ=アント」であり、第一級隔離指定種に認定された蟻 昆虫 です。 人間を捕食するという極めてどん欲で狂暴な蟻として、人類からおそれられています。 その特性から、別名「 美食の蟻 グルメアント 」とも呼ばれていました。 キメラアントを形成した女王は、 摂食交配という産卵の形態が特徴。 これにより他生物の特徴を反映した子どもが生まれる仕組みが確立されました。 人間と同じくらいの異常な大きさで、謎の領域・ 暗黒大陸に生息している生物だと判明。 人間とは比べ物にならないほどの高い生命力と、能力を発揮します。 また、生まれたときから階級を持ち、女王、王、直属護衛軍、師団長、兵隊長、雑務兵の順で活動。 独裁国家東ゴルドー共和国の総帥を殺害後、国ごと乗っ取るなど危険な行為にまで発展したため、 国際的に見ても危険生物です。 『ハンターハンター』キメラアント編のネタバレあらすじ! 見どころたっぷりなストーリーをご紹介! 本作屈指の長編シリーズ「キメラアント編」の見どころたっぷりなあらすじをご紹介します。 本編では、人間VSキメラアントの死闘が多く、迫力あるシーンばかりです。 主人公・ゴンをはじめ、ハートフルでときに悲しいストーリーをぜひご覧ください。 『ハンターハンター』カイトVSネフェルピトー! ゴンとキルアもおそれた恐怖の急襲とは!? キメラアントの襲撃を退けるため、調査を続けていたカイト、ゴン、キルア。 そこで目をつけられてしまったのが、王直属の護衛軍・ネフェルピトーでした。 そんな ネフェルピトーが放つオーラは、プロハンターをもおそれるほど、極めて邪悪なものです。 カイトは、これまでの経験からただものではないといち早く気づき、 ゴンとキルアを逃がすことに優先します。 その瞬間、ネフェルピトーがカイトを急襲。 一瞬で右腕を切り落とされました。 その事態に激しく動揺したゴンは、応戦しようと自らの念能力を爆発させますが、キルアのとっさの判断により逃亡を余儀なくされます。 「いい判断だ」とカイトもキルアの判断を認め、ついにカイトとネフェルピトーの一騎打ちが始まりました。 右腕を失くしたカイトは、そのハンデを背負いながらもなんとか奮戦。 しかし、ネフェルピトーの圧倒的な戦闘力によって、 首を切り落とされて死亡します。 その後、念人形の創造によって肉体のみが修復され、キメラアントの操り人形として幽閉されました。 『ハンターハンター』ゴンVSネフェルピトー! 互いにゆずれない熱い死闘! カイトの無事を信じ、念能力によって復活させるようネフェルピトーに命令したゴン。 しかし、カイトは既に死亡していたことを告げられました。 ゴンはその事実を受け入れることができず、さらに復讐心を燃やし「もうこれで、終わってもいい…」と 自分の体を犠牲にした「制約と誓約」でネフェルピトーを倒せる年齢にまで強制的に成長。 あどけない少年であるゴンの面影は一切なく、ムキムキの成人男性「ゴンさん」に成長します。 その見た目はなんともシュールで、ツンツン頭の髪は天にものぼる勢いでかなりの逆立ちロングヘア。 また、キルアの見解では「何十年後の姿」と言っていた通り、成人している姿のため着ていた服がかなりパツパツです。 ゴンのあまりにも凄まじい姿に、ネフェルピトーも「 こいつの牙は、王にも届き得た」とおののきました。 その後、ゴンは限界ギリギリまで 増大した念能力によってネフェルピトーを圧倒し、「 ジャジャン拳」のグーでとどめを刺しました。 しかし、その代償は大きく、ゴンの体は皮と骨のみのでくの坊のような姿で再起不能になります。 本作のなかでも、天真爛漫で純粋なキャラクターであるゴンでしたが、このシーンでは憎悪の塊のような ゴンの豹変ぶりが見える貴重なバトルです。 カイトを死なせてしまった自責の念と、ネフェルピトーへの憎しみがとても伝わるゴンの悲しい名場面でもあります。 『ハンターハンター』シリーズ史上最強の戦い!? メルエムVSネテロ キメラアントの王として、生物の頂点に立つ最強の王・メルエムと、ハンター協会会長であり、長年武道を極めてきたネテロとの戦いは 本編でもかなり見ごたえのあるバトル展開です。 本作のキャラクターのなかでも、とくに強いふたりの戦いは迫力がちがいます。 「余が壊してやる。 そして与えよう。 平等とはいえぬまでも理不尽な差のない世界を!」 理不尽で不平等な社会を破壊し、無格差の世界を築いてキメラアントの更なる進化へと導きたいメルエム。 それに対し ネテロは、ハンター協会だけでなく、人類存続をかけた戦いに挑みます。 決裂したふたり。 ネテロは「 百式観音・壱乃拳 いちのて 」で先制攻撃を開始しました。 しかし、直撃しているのに関わらずメルエムは無傷のままです。 そこでネテロは、メルエムに隙を与えないようたたみかけるように攻撃します。 それでもメルエムは傷ひとつ負わず、ついにネテロの右足と左腕を奪うのです。 圧倒的強さを持つメルエムに、 ネテロは負け戦だと戦う前から既に理解していました。 しかし、ここで引き下がるわけにもいきません。 「人間の底すらない、悪意 進化 を!」 負けを自覚したネテロは、ついに自分の体に仕込んでいた殺りく兵器「 貧者の薔薇 ミニチュアローズ 」を作動。 近距離で 爆撃を受けたメルエムは、大ダメージを負いました。 個の極地に立つネテロと、キメラアントの王であるメルエム。 相対する立場にいるふたりの実力は、お互いに尊敬し合うほど拮抗している状態といえます。 人とキメラアントが決して交わることのない社会が起こした名場面です。 『ハンターハンター』メルエムとコムギの最期が泣ける! メルエムとコムギの最期は、何度も見ても泣ける感動シーンのひとつです。 ハンターハンターのなかでも ハートフルな内容ですので、こちらも見逃せません。 独裁国家東ゴルドー共和国に進出したキメラアント。 総帥をいとも簡単に殺害し、国を乗っ取りました。 500万人もの国民に号令をかけ、念能力者の軍隊を作る「選別」計画を立てます。 部下たちが選別の準備をしていたころ、メルエムは退屈しのぎに盤上ゲームのチャンピオンたちに戦いを挑みました。 将棋や囲碁など、その道を極めた名だたるプロ相手に次々と勝利し続けるメルエム。 ラストは、東ゴルドー発祥の盤上ゲーム「 軍儀」の 世界チャンピオン・コムギと対戦します。 全盲でどこかあか抜けない少女でしたが、その腕はメルエムの実力をはるかに超えていました。 今まで一度も 負けたことのないメルエムにとって、コムギの存在はとても新鮮で特別。 退屈しのぎであったはずの軍儀は、その後も延長しました。 そして、用済みになったコムギを殺そうと部屋へ向かったメルエムは、コムギが鳥に襲われているところを目撃します。 ボロボロになったコムギを見て思わず心配してしまうメルエム。 先ほどまでの殺意はとっくに消え、メルエムのなかで優しさという新しい感情が芽生えました。 その後、ネテロとの戦いで死ぬことを悟ったメルエム。 残された最期の時間を、コムギと過ごすことに決めました。 「今、余が望むのは残された時間をコムギと過ごしたい。 それだけだ…」その願いが伝わり「不束者ですが、お供させてください」とコムギはメルエムとともに死ぬことを選びます。 「私はきっと、この日のために生まれてきました」と告白するコムギに、メルエムはやっと自分が生まれてきた意味を見いだすことができたのです。 生まれながらにして残虐非道な道をたどってきたメルエムでしたが、ひとりの少女との出会いにより、 最期は非常に人間味のある姿へと成長しました。 『ハンターハンター』衝撃の結末! キメラアント編の最終話 暴力によって世界の「統一」を目指していたメルエム。 戦いに敗れたメルエムは「お主たちの勝利だ。 戦いは終わった」と元人間であるパームに キメラアント代表として敗北を宣言します。 その後、コムギと軍儀でふたたび再戦。 キルアの祖父であるゼフの攻撃をもろにくらってしまったコムギの手当てをしたネフェルピトーや、王のために命を捧げたシャウアプフやモントゥトゥユピーに対し「余には過ぎた者たちだ」と三戦士に深く感謝しました。 そしてメルエムは、女王に授かった名前をコムギに伝えます。 キメラアントとしてではなく、人間特有の感情を持つ女王がつけた偉大な名をやっと名乗ることができたのです。 また、軍儀に覚醒したコムギは、自身が編みだした活路「 孤狐狸固 ココリコ 」を打ちます。 そしてメルエムがそれを超える大技を披露し、対抗しました。 このやり取りを見ると、まるで 我が子を産んだ夫婦のような微笑ましい光景です。 「こんなに幸せでいいんでしょうか? 私みたいなものに、こんな素敵なことがいくつも起きていいんでしょうか? 」と 涙ながらに告白するコムギのセリフに、涙腺が崩壊すること間違いありません。 その後、コムギのそばで静かに幸せな最期を迎えました。 波乱万丈なキメラアント編でしたが、ラストは意外にも静かに幕を閉じます。 そして、ネフェルピトーを見事倒した瀕死のゴンを救うべく、キルアと妹・アルカ ナニカ が奔走する「 選挙編」という新たなストーリーが始まるのです。 『ハンターハンター』キメラアント編で活躍する登場人物を紹介! 『ハンターハンター』人気長編シリーズ・ キメラアント編で活躍する主要キャラクターをご紹介します! 最強すぎる蟻軍団をはじめ、 ユニークで人気のあるキャラクターや、 プロハンターも登場します。 本作を語るうえで欠かせないキャラクターばかりですので、要チェックですよ。 キメラアントの女王と王 キメラアントのコミュニティを形成した産みの親である女王と、次世代の王・メルエムを紹介します。 キメラアントが誕生したプロセスや、王・メルエムの情報や目的をまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。 キメラアントの母・女王 キメラ=アントを生み出した母であり、容姿は女王蟻 アリ そのもの。 初登場時、理由は語られていませんが、左触覚と左前足の一部を損傷した状態でバルサ諸島海域を単独で漂流。 その後、NGL自治国 ネオグリーンライフ に近い海岸にたどり着き、極上のエサである人間を捕食します。 高い知性と体を持ち、摂食交配という特殊な産卵形態が特徴です。 他の生物を食べることで、その生物のタイプを生まれてくる世代に反映させる産卵を繰り返します。 多くの兵隊蟻 アリ を産み、 NGL自治国を拠点としたコミュニティを形成しました。 そんなコミュニティの集大成として、「王」を受胎。 女王の母胎のなかで既に物心がついた次世代の王は、自ら母親の腹を破って自力で誕生します。 女王は瀕死になりながらも、立派な王が生まれたことを喜びました。 最期、遺言として王に「メルエム」という名前を授け、死亡します。 キメラアントの王・メルエム NGL自治国 ネオグリーンライフ を拠点に形成されたコミュニティ・キメラアントの王。 女王が遺言として授けた名前であるメルエムには「 すべてを照らす光」という神々しい意味が込められています。 「暴力こそ、この世で最も強い能力」という絶対思想を持ち、生まれたときから残虐非道。 人間に対しては家畜同然のひどい扱いをします。 また、同族であるキメラアントに対しても、気に入らなければ簡単に殺してしまうほどの冷酷さです。 基本的に弱い人間に対しては家畜としか考えませんが、軍議が強いコムギや武力を極めたネテロに対しては、わずかな敬意を払います。 地球に生息するあらゆる生物の「統一」を目的とし、キメラアントのさらなる進化を目指します。 その第一歩として、部下である護衛軍を率いて独裁国家である 東ゴルドー共和国を乗っ取りました。 その後、念能力者の軍隊を作るための「選別」計画の準備中、東ゴルドーでポピュラーなゲーム「 軍儀」の世界チャンピオン・コムギに敗北します。 今まで負けたことがなかったメルエムは関心を持ち、家畜同然だった人間に対する価値観に少しずつ変化が起こりました。 生物の頂点に立つ王・メルエムが、ひとりの少女・コムギとの出会いによって人間らしい思考を持ち、 少しずつ変わっていく姿は必見ですよ。 メルエム王直属の護衛軍 個を尊重する女王のはからいで立派な名前がついた「王直属の三戦士」を紹介します。 ハンター協会会長・ネテロよりも強いとまでいわれた戦闘力と、モラウの10倍以上のオーラをまとった手強いキャラクターです。 通称はピトー。 性別は不明ですが、アニメの声優は女性が担当しています。 戦闘力が高く、プロハンターでさえおそれる邪悪なオーラが特徴。 あまりのおそろしさから、 ゴンとキルアもたじろぐほど。 王直属護衛軍だけあって、部下たちからもおそれられる存在です。 戦うことに快感をおぼえるタイプで、楽しいと感じたことには我を忘れるほど夢中になります。 語尾は「~にゃ」とネコらしい喋り方と見た目で一見かわいらしいですが、王直属三戦士のなかでもかなりの強者といえます。 キメラアント編では、カイトやゴンとの死闘を繰り広げました。 通称はプフ。 趣味はバイオリンを弾くことで、 キメラアントのなかでも人間に近いビジュアルが特徴で、かなりの美形です。 三戦士のなかでも王への忠誠心が異常に高く、理想を実現するためなら手段を選びません。 女王の後継者としての自覚を持ち、 キメラアントの本能にかなり忠実。 メルエムには常に気高い王になって欲しいという欲望から、人間であるコムギに対して強い嫌悪感をおぼえます。 王直属の護衛軍のなかでは参謀の役割を担当し、特殊な繭 まゆ を使って師団長・ヂートゥをはじめとする部下たちに念能力を授けました。 通称はユピー。 人間と混生された多くのキメラアントのなかでも珍しいタイプです。 かわいい見た目のネフェルピトーや、イケメンなシャウアプフとちがってかなり 無骨で鬼のようなビジュアルが特徴。 戦闘では肉弾戦が得意で、戦いやすいよう身体を自在に変形することもできます。 荒々しい性格のため、いつも力任せのノープラン。 それでも 相手を圧倒させるほどの戦闘力を誇ります。 普段は凶暴なユピーですが、敬愛する王・メルエムの前になるとその態度は一変。 最終章では自分の体を犠牲にしてでも、瀕死のメルエムを救い死んでいきます。 能力:戦闘時による形態の変化、10万以上の膨大なオーラの消費 キメラアントの師団長 キメラアントの上級兵階級に相当する師団長をご紹介します。 コンドルとNGL自治国に住む少年・クルトで混生されたキメラアントです。 師団長という高い立場ですが、念能力は不明でバトルシーンも目立ちません。 アニメでは、 女王と最初に言葉を交わした蟻として登場します。 キメラアントのなかでも珍しく情に厚く、 生前は妹を守れなかったことを無意識に悔やみます。 メルエムが巣立った後は討伐隊に降伏し、亡き女王の胎内に宿っていた メルエムのふたごであるレイナを守ります。 生まれつき念能力がなかったため、シャウアプフから新しい能力を授かりました。 チーター型の蟻ですが、基本的には二足歩行で行動します。 かなりおおざっぱで自分勝手なタイプ。 趣味は人間狩りで、チーター特有の脚力と瞬発力を披露します。 後に発現した能力を、自慢するように「スピードキング」と名づけました。 その後、キメラアント討伐隊であり、シーハンターである モラウと交戦。 自慢の脚力を活かした鬼ごっこで仕掛けるも、幼稚さが仇となり敗北します。 能力:紋露戦苦 モンローウォーク 、念能力によるサバンナの空間、クロウとボウガンを具現化する能力 キメラアントの兵隊長 キメラアントの師団長をサポートする兵隊長たちをご紹介します。 ハンターたちと敵対するキメラアントの一味ですが、意外と人間味あふれる個性的なキャラクターばかりなので見逃せません。 念能力を獲得するまえからオーラを既に視認できました。 妖艶なサザンにうっとりするクモ型の蟻で、 エロおやじのようなやらしい目つきが特徴。 喋り方も独特で、他のキメラアントとはちがった訛り方です。 知性が乏しく、そのせいで反射的に人間を捕食するクセがあります。 女王死亡後、幻影旅団が潜む 流星街でしずくと交戦。 掃除機型のデメちゃんに血を吸いとられ死亡します。 太くて立派なまゆ毛がトレードマークのタコ型蟻です。 かっこいいイカに強い憧れを持ち、タコ型である自分を常に卑下します。 キメラアントのなかでも人情に厚く、仲間を大切にするタイプ。 殺害はいつも部下に任せっきりであり、自分がその立場におかれると途端に躊躇 ちゅうちょ してしまいます。 東ゴルドーでキルアと交戦後、みにくいタコ型である自分を認めてくれたことに感謝し、 オロソ兄妹との戦いで負傷したキルアを助けました。 その後、 友情を築いたキルアと手を組み、寝返ってキメラアント討伐隊に加わります。 キメラアント編・最終章では仲間であったウェルフィンと交戦。 なんとか足を負傷させ、戦いに勝利します。 キメラアント討伐隊として活躍する主要キャラクター ハンター協会の会長であるネテロをはじめ、主人公ゴンやキルア、カイトなど、 キメラアント討伐隊として活躍する主要キャラクターをご紹介します。 それぞれの登場人物が、キメラアント編でどんな活躍をするのか簡潔にまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。 ゴン=フリークス 強化系能力の少年プロハンターであり、本作の主人公。 クジラ島の大自然のなかでのびのびと育ったため、少々野生的。 8歳のころカイトと出会い、消息不明だった実の父親・ジンの情報をゲットします。 偉大なプロハンターであるジンの背中に憧れ、11歳でハンター試験に挑戦しました。 見事プロハンターになったゴンは、同じプロハンターである親友・ キルアとともにキメラアント討伐隊に参加。 その後、自身を守ってくれたカイトがネフェルピトーの餌食となってしまい、彼を救うべく命がけでキメラアントたちと戦います。 キメラアント編・最終章では 因縁のネフェルピトーと交戦し、勝利するも再起不能の状態に陥りました。 能力:ジャジャン拳「グー 強化系 」「チー 変化系 」「パー 放出系 」の3種類 キルア=ゾルディック 殺し屋家業であるゾルディック家に生まれた少年プロハンター。 変化系の念能力を所有し、天性の才能でオーラを電気に変化させます。 幼いころから家業である暗殺と戦闘技術の英才教育を学んで育ち、 殺し屋として活動した経験もあります。 家族から殺し屋としての将来を過剰に期待されることに嫌気がさして、気分転換のためハンター試験を受けました。 会場にいた ゴンたちとの出会いで人生が変わり、精神的にも大きく成長します。 I グリードアイランド クリア後は、ゴンとキメラアント討伐隊に参加し、 プロハンターとして大きな活躍を見せました。 その後、敵対していたはずのイカルゴとの間に友情が芽生え、キメラアント討伐隊に招き入れます。 能力:雷拳 イズツシ 、落雷 ナルカミ 、神速 カンムル 、電光石火、疾風迅雷 暗殺能力:暗歩、肢曲、蛇活、肉体操作 カイト 具現化系念能力者のプロハンター。 丸みのある帽子とロングのストレートヘアがトレードマーク。 ゴンの父親である ジンとは師弟関係にあり、ハンターとして生きる方法を教わりました。 狩人としての腕は一級品で、念能力者としての実力もかなり高い人物です。 物語の序盤では、最終試験である「ジンを探す」というミッションでくじら島に立ち寄り、キツネグマに襲われそうなゴンを助け出します。 その後 ゴンとはカキン国で再会し、巨大キメラアントの噂を聞きつけてNGL自治国で調査をはじめました。 しかし、王直属の護衛軍であるネフェルピトーの強襲からゴンとキルアを守るため応戦するも死亡。 ネフェルピトーの念能力「玩具修理者 ドクターブライス 」で肉体のみを修復させられました。 そしてカイトの魂は、メルエムのふたごの妹の体へと転生し、 赤毛の少女の姿に変わります。 能力:気狂いピエロ クレイジースロット アイザック=ネテロ ハンター協会を背負う最高責任者であり、審査委員会の会長。 念能力は遅咲きの強化系。 46歳のときに武道家である自身の肉体と、才能に限界を感じはじめ悩んだ結果、単身で冬の山にこもり独自の修行を極めました。 武道に対する恩を返すべく感謝の能力が開花し、 心源流拳法の師範になります。 本気モードになると「心」とプリントされた勝負服を着て戦闘。 普段はお茶目で人をからかうことを好みますが、バカにされると気を悪くするなど老人とは思えない子どもっぽい性格です。 キメラアント編では、 討伐隊を率いて人類の存続をかけた戦いに大きく貢献します。 王・メルエムとの交戦で「百式観音」で先制攻撃するも、相手にされず切り札「 貧者の薔薇 ミニチュアローズ 」という殺りく兵器によって最終的に倒しました。 最強同士の戦いとなったメルエムとの死闘は、 原作でもアニメでもかなり迫力がある見どころシーンが満載ですよ。 能力:百式観音「壱乃拳 いちのて 」「参乃拳 さんのて 」「九十九乃拳 つくものて 」「零乃拳 ぜろのて 」「手でハート」 モラウ=マッカーナーシ 操作系の念能力者。 シングル 一ツ星 ハンターの称号を獲得したシーハンター。 本編ではノヴとともに現れ、キメラアント討伐隊のメンバーとして活躍します。 同メンバーであるシュートとナックルの師匠であり、ハンター協会の会長・ ネテロが信頼するベテランハンターです。 超巨大なキセルを所有し、 ガタイのよさが特徴でサングラスがトレードマーク。 本職では海中で活動することが多いため、潜水が得意です。 また、一度に大量の煙を吐き出せるほどの肺活量を持ち、念能力で煙人形を操ります。 ベテランハンターとしての余裕から、戦闘力には自信を持っています。 常に大胆で人情味あふれる性格であり、討伐隊のなかでもアニキのような存在です。 能力:紫煙拳 ディープパープル 、紫煙機兵隊 ディープパープル 、監獄ロック スモーキージェイル ノヴ 具現化系の能力者。 モラウとともに、キメラアント討伐隊として活躍するプロハンター。 パームの師匠であり、黒スーツとメガネが特徴のクールなキャラクターです。 討伐隊のなかでも常に冷静で、丁寧な口調で知性を感じさせます。 あまり表には出しませんが、常にパームや討伐隊のことを気にかけるなど、クールなだけでなく 思いやりも持ち合わせています。 自身の転送能力で、 キメラアントがいる宮殿のなかへ見事潜入しました。 しかし、ネフェルピトーをはじめすさまじいオーラに圧倒されたため、重度のストレスではげてしまう始末。 王直属の三戦士とは戦えなかったものの、キメラアント討伐に大きく貢献したメンバーのひとりといえます。 能力:4次元マンション ハイアンドシーク 、窓を開く者 スクリーム パーム=シベリア ゴンと同じ強化系の能力者。 ノヴの弟子であり、キメラアント討伐を志願した唯一の女性キャラクターです。 初登場時はかなり不気味な見た目であり、ホラー映画に出てくるおばけのような長い髪とギョロっとした目が印象的。 修行中、成長しないゴンに対して激しく憤りを感じるなど、ヒステリックな性格が目立ちます。 しかし、幼いころから年上女性の扱いに慣れている ゴンに対し、次第に恋心を抱くようになり交際へと発展。 初デートでは、別人のように美人へと変わりました。 心配で様子を見守っていたキルアも思わず「誰だよ!」と辛辣なツッコミを入れるほど。 その後、パームのヤンデレな性格が災いして破局に終わります。 その後、キメラアント討伐のため宮殿へ潜入するも失敗に終わり、キメラアントにされてしまいました。 兵隊蟻として影響から、 キルアと交戦しますがゴンのために涙する姿を見て我に返ります。 監視する能力を活かし、最終章ではメルエムとコムギの最期を見届けました。 ときにヒステリックで情緒不安定ですが、ゴンとキルアがピンチのときはキメラアントになっても守ろうとするお姉さんのような頼もしい存在です。 能力:淋しい深海魚 ウィンクブルー 、暗黒の鬼婦神 ブラックウィドウ 『ハンターハンター』キメラアント編のコミックとアニメ情報! 原作漫画でも動画でも無料で楽しめる方法とは? 長編シリーズ『ハンターハンター』キメラアント編だけを楽しみたい人必見の内容です。 そもそも漫画の何巻から始まっているのか、そして何話が最終話なのか、アニメ動画情報と同時に詳しくお伝えします。 さらに、無料で漫画やアニメを楽しみたい人にもおすすめのサービスもご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。 『ハンターハンター』キメラアント編はコミック何巻から? 13巻にも及ぶ長編シリーズを「U-NEXT」で楽しもう! 『ハンターハンター』キメラアント編は、コミック 18巻~30巻の 第186話「呪文カード獲得」から第318話「遺言」にわたって描かれました。 約13巻にも及ぶ長編シリーズであり、バトルあり笑いあり、感動ありの胸が熱くなるストーリーです。 そんな『ハンターハンター』キメラアント編の漫画を、無料で楽しみたい人におすすめなのが。 日本最大級の動画配信サービスでありながら、週刊少年ジャンプで連載中の漫画や雑誌もたくさん楽しめます。 31日間無料トライアルで、600ポイントをゲットすれば『ハンターハンター』キメラアント編のコミックが無料で楽しめますよ。 お店に行って漫画を買う必要もなく、家で気軽に漫画が楽しめるのはU-NEXTならではの魅力です。 キメラアント編をもう一度楽しみたい人や、これから読みたい人にも安全で快適なサービスなのでぜひ利用してみてください。 そんな『ハンターハンター』キメラアント編の動画を、無料で楽しみたい人におすすめなのがです。 テレビだけでなく、パソコンやスマホ、ゲーム機でも視聴が可能で、アニメだけでなく海外ドラマが最新作まで見放題と充実したサービスが魅力。 Huluでは 2週間 約14日間 無料で楽しめるトライアル期間があるので、お試し期間中に『ハンターハンター』キメラアント編だけでなく、やなどの ジャンプ作品も追加料金なしで視聴できます。 アニメや海外ドラマをたくさん楽しみたい人にぴったりの動画配信サービスなので、ぜひ試してみてください。 \ 2週間無料で楽しむ!/ 『ハンターハンター』の名シリーズ! キメラアント編をとことん楽しもう! 数多くの名場面が楽しめる『ハンターハンター』 キメラアント編は、何度も見ても魅了されるストーリーです。 これまでハンターハンターを 途中まで見ていた人や、今まで一度も読んだことがない人にも楽しめる内容なので、コミックやアニメでぜひチェックしてみてください。 キメラアント編のその後が描かれている「 選挙編」や「 暗黒大陸編」にもつながる重要なシリーズなので、 おさらいとして楽しむのもおすすめですよ。 冨樫義博先生の真骨頂・キメラアント編を読んで、ぜひ楽しい時間を過ごしてみてください。 当社は、本記事に起因して利用者に生じたあらゆる行動・損害について一切の責任を負うものではありません。 本記事を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者本人の責任において行っていただきますようお願いいたします。 合わせて読みたい• このニュースに関連する作品と動画配信サービス.

次の

キメラ=アント

キメラアント編 何話

ハンターハンター キメラ=アント編のあらすじ 「G. I」クリア後のゴンたちは 「G. I」をクリアしたゴンとキルアは、ゲームクリアの商品のカードを使ってジンがいる所に飛んでいこうとしますが、ジンの設定変更によってカイトの元へ飛ばされてしまいます。 ゴンはハンターになるきっかけとなったカイトとの再会を喜び、その成り行きでカイトの仕事の手伝いをすることになります。 その仕事の最中、ゴンたちは「キメラ=アント」という生物の腕を発見。 通常のキメラ=アントは、普通の蟻程度の大きさですが、今回のキメラ=アントの腕は人間の腕より大きいものでした。 キメラ=アントはかなり凶暴で、餌として気に入った種は絶滅するまで食い尽くすほど。 さらに、摂食交配とよばれる交配方法で次世代を作っていく特殊な生態を持っていたために、すぐに繁栄することのできる厄介な生物です。 規格外の大きさを示す今回の「キメラ=アント」は、人間をも食べてしまうほどでした。 女王蟻の目的 カイトが危惧したとおり、そのキメラ=アントの女王は多くの餌を摂取し、兵隊蟻を数多く生み出して、人間を食料として集めさせていました。 女王蟻の目的は、世界を統べる「王」を誕生させること。 キメラ=アントはNGLと呼ばれる独立国家を拠点とし、部隊を形成し、人間捕縛を企てていました。 ゴン・キルア・カイトはNGLに乗り込んで、蟻たちを駆逐していきます。 念能力をも取得していく蟻たちにゴンらは苦戦していきますが、グリードアイランドでの経験が生かされ、前に進んでいきます。 そんな時、女王蟻は王直属の護衛部隊を3人先に産んでいました。 その内の1人、ネフェルピトーがゴンたちの前に現れます。 圧倒的力を前にして、カイトの腕が斬り落とされることになりますが、かんとかカイトはゴンとキルアを逃がすことに成功します。 蟻の王とゴンたちの戦いがスタート 事態の深刻さに、ハンター協会も動き出し、会長であるネテロは部下を連れてNGLに向かっていました。 しかし、そんな時、蟻の王「メルエム」が誕生します。 独裁国家である「東ゴルドー共和国」を乗っ取り、世界を征服する準備に取り掛かるメルエム。 そんな最中に、暇潰しとして始めた「軍儀」というボードゲームで、そのゲームの達人であるコムギと出会います。 軍儀でメルエムはコムギに何度も敗れ、「強さ」というものの奥深さを感じ取ります。 一方、ゴンらは作戦を企て、一斉に東ゴルドー共和国に侵入し、王討伐を目的として動き出します。 会長はメルエムと一騎打ちに持っていき、敗れはしたものの毒でメルエムを蝕むことに成功します。 ゴンは、カイトの仇とネフェルピトーと対峙。 そんな戦いの最中に、ゴンは自分の命を犠牲にした「制約と誓約」によって、途轍もない力を手にしてネフェルピトーを倒します。 キメラ=アント討伐作戦は、会長の毒とゴンによって成し遂げられますが、ゴンは瀕死の重体になってしまいます。 スポンサードリンク ハンターハンター キメラ=アント編の感想 ハンターハンター内でも、 一番の長さを誇るこの「キメラ=アント」編。 この章では、今までにないほどの強敵ぞろいで、正直誰が生き残るのか、毎回ドキドキする内容になっています。 久々に登場した カイトもネフェルピトーにやられてしまい、ハンター試験編で登場したポックルとポンズも再登場を果たしますが、蟻によって殺されてしまいます。 この章から、ハンターハンターの ダークな部分がより一層強くなった気もしますね。 ゴンやキルア、その他の登場人物よりもはるかに強い敵が沢山出てくることも注目されるポイントです。 王直属の護衛部隊の3人を始め、蟻の王であるメルエム。 今までのハンターハンターでは考えられないほどの強キャラ登場に、一気に目が離せなくなってしまいます。 一番の見どころは、 ゴンたちが東ゴルドー共和国に乗り込んでからの攻防の嵐です。 ここから、キャラクター同士の会話がかなり減って、ナレーションベースの物語進行なのですが、 キャラクター1人1人に心理描写が鮮明にされており、感情移入しやすく、 心を揺さぶられるシーンが盛りだくさんとなっています。 キャラ1人1人の想い。 ゴンの覚悟の強さ、キルアの心の葛藤…。 みんなの大切にしているものの違いから生まれる、ちょっとした行動の差。 世界征服という大きなテーマを背景に、登場人物の繊細な心理が大きく反映してくる物語構成に、きっと引き込まれること間違いなしです! まだ読んだことのない方は、だまされたと思って是非読んでみてください! スポンサードリンク 口コミ情報 SNSやgoogleなどでの「キメラ=アント編」の口コミ情報をいくつかご紹介したいと思います。 今回は ハンターハンターの「キメラ=アント編」についてのあらすじと感想を見ていただきました。 いままでの物語は、このキメラ=アント編をする為のストーリーだったのではないかと思ってしまうほど、完成度の高い章だと思います。 一つ一つの行動すべてが後に繋がってくるストーリー性の高さも魅力ですし、何といってもキャラクターたちの魅力も素晴らしいです。 是非皆さん、読んでみてください! スポンサーリンク.

次の

HUNTER×HUNTER ハンターハンター 136話 感想 キメラアント編ついに完結!今回はエピローグ!【アニメ】

キメラアント編 何話

337話「懺悔」とは 337話「懺悔」はコミックス32巻に収録されいる、コアラのキメラアントとカイトが転生した少女の対話がまるまる一話描かれる回。 コアラの哲学チックな終末論が展開される337話は、ジャンプ掲載時は非常に評価が悪かったよう。 けどハンターハンターの中でここまで抽象的なエピソードは初めてだったので、個人的にずっと引っかかっていたんだ。 抽象的な表現が多いため、モヤっと理解はできるんだけどイマイチ何言ってるか分からない人も多いんじゃないかしら? 337話「懺悔」に登場するコアラの正体は? この話に登場するコアラは、コミックス19巻28ページで登場。 名前は不明。 かなり前世の記憶が色濃く残っているキメラアントで、人間の頃は殺し屋をやっていたということから、黒スーツに武器は銃のように攻撃できるひょうたん。 キメラアントの中にはジャイロやコルト、イカルゴのように、前世の記憶や性格、意思が明確に残っているキャラがいるけど、このコアラもそうみたい。 殺しをゲームのように楽しむキメラアントが多い中、 彼なりの「生殺観」を持つキャラクターである。 メレオロンが言う「泣いて逃げ回る子供」はおそらくカイトが転生した赤髪の少女。 すでに、この頃から前世の自分とキメラアントに転生した自分については思案しているみたい。 「救う」というのが、337話ではキーワードになってくるんだけど、 「救えねぇ」という言葉には、諦めのニュアンスをもつ観念的な意味があるんだろう。 コアラは何に「救えねぇ」と言っているのか?• 逃げ回る女の子を「救えなかった」• 転生してもその人がもつ運命は不変という事実が「救えない」• 転生してまで同じことを繰り返している自分が「救えない」• また、それを分かっていながら変わろうとはしない自分が「救えない」• 弱者は決して強者には抗えない世界が「救えない」 おそらく、こんなところだろう。 337話「懺悔」に登場する赤毛の女の子は誰? 「懺悔」に出てくる女の子は21巻66ページで誕生。 メルエムが予定より早く女王の腹を突き破って出てきた際に、お腹の中に唯一残っていたキメラアント。 メルエムと同じお腹にいたということから、カイトが転生したこの女の子はメルエムの双子の妹ではないか、という考察もあるけど、少し無理があるね。 30巻の125ページの時点ではカイトの自我がでてくるほどまでに成長した。 32巻でゴンが復活する頃には、10歳前後の赤髪の少女へと成長していたわ。 そういうこと。 ただ、コアラの懺悔が抽象的だからアタシなりに噛み砕いていくね。 では、337話「懺悔」でコアラとカイトは何を言っているのか、私見を交えながら解説していこう。 コアラによる少女への懺悔 キメラアント編では蟻たちの狩りのような残虐な殺しが、「いかにも悪」というふうに描かれているけれど、彼らは人との接触交配によりうまれた生物。 つまり、半分「人」なわけである。 人の「悪意」を色濃く受け継いだキャラクターは「個」の主張が大きくなり、衝突する。 逆にキメラアントの中にも 人間との接触で心の成長を遂げるキャラもいる。 ただ、コアラはどちらもできなかった。 なぜコアラは成長できなかったのかを意識することで内容を読み解きやすくなだろう。 まずは導入部分から。 コアラは自分の行った「殺し」を懺悔するためにカイトの転生した少女が暮らしていると思われる屋敷へと足を運ぶわ。 まずは自分の前世がヒットマン(人殺し)だったことを語るわ。 「あぁ… 同じ事くり返している。 って思ったよ」 というセリフから、コアラは過去の人格と記憶が色濃く残るキャラクターだということが分かるね。 コアラの言う「馬鹿げたサイクル」とは? コアラ曰く、殺し屋の仕事は、「命じられて、引き金を引くだけ。 」「それ以外の時間は誰かを怒鳴っていた。 」と語り、殺しの仕事は「誰にでもできるもの」と評しています。 コアラは気づきます。 キメラアントになっても、自分は女王に命ぜられるままに人を殺し、エサとして献上している。 人から獣になってもなお、自分は同じ事を繰り返している。 それじゃダメだということは何となくは、分かっている。 キメラアント編では「転生」がキーワードになりますが、 コアラは自分の転生、ひいては魂の輪廻転生を「馬鹿げたサイクル」と言っています。 しかし、 コアラは魂を信じていなかった。 殺すことで少女は「無」となり、馬鹿げたサイクルから逃げ出せると思っていたようだ。 だけど、自分は前世の記憶を色濃く残し生まれ変わっている。 転生はしたが、魂は信じていない。 その矛盾にコアラは苦しんでいたのかもしれないね。 だから、「逃げて」くれと祈りながら撃った コアラはその事実を受け入れきれないが故に、そのサイクルから「逃げてくれ」と祈りながら少女を殺す。 輪廻転生という現実を自分自身で体験しておきながらだ。 コアラでいう馬鹿げたサイクルとは 「命令通りに引き金を引く」人生のサイクル。 この少女であれば、 「平穏に暮らしていたのに、突然理不尽な暴力に晒されて死ぬ」人生のサイクル。 つまり、赤毛の少女にカイトの人格が入ったことにより、自分が殺した少女は馬鹿げたサイクルから「逃げれた」。 もっと言うならば「救われた」とコアラは考える訳だ。 ただこれは 「殺し屋の自分と変われない自分を正当化しているだけ」である。 コアラ自身、積極的に逃げる手助けをした気になりたかった。 と語っている通り、 自分でもそれがただの言い訳だという事には気づいていたはずなんだ。 おそらく、前世でも殺しを都合のいいように正当化していたのだろう。 のちにコアラから、「このままじゃいけないと思いながら、選択を間違ってきた」という言葉があるが、 「逃げる手助け」は「間違ったものだ」ということは理解しているのだ。 だからこそ 「救えねぇ」なんだ。 ここで始めて少女の顔のアップが描かれるが、表情は読めない。 この時の少女とカイトは、この言い訳じみた懺悔に何を思ったんだろう。 コアラは「魂」の存在を認める そしてコアラは「魂」の存在について語り出す。 自分がキメラアントへと転生するまでは「魂」の存在を信じてはいなかったようだ。 しかし大半の人はそうだろう。 仏教をはじめ、インド哲学、東洋思想には輪廻転生(死んであの世に還った霊魂が、この世に何度も生まれ変わってくる)という教えがあるけど、コアラはその存在を認めざるを得なくなった。 それからは「逃げれない」し、ましてや個がそのサイクルを崩す事は不可能。 その繰り返しが宇宙を作り出し、魂という小さなものが、莫大なエネルギーを持っているとコアラは悟ったようだ。 輪廻転生を受け入れて、馬鹿げたサイクルを繰り返さないよう自分が変わる為には何をすればいいのか、コアラは考える。 生きているうちに心に与えるべき何かとは コアラは人間からキメラアントに転生することで、「魂」の存在を認めざるを得なくなり、なぜ馬鹿げたサイクルを繰り返すのか思考する。 ここで言う 「くり返しちゃダメだ」というのは転生ではなく、コアラ自身のこれまでの生き方のことを言っている。 このエピソードの最後でコアラから「精一杯生きてみるよ」という言葉があるが、おそらくコアラは、何かを一心にやるということがなかったのだろう。 0になる為、つまり馬鹿げたサイクルを終わらせる為には、自分が燃え尽きるしかない。 人任せにしていてはダメなのである。 21巻73ページ、カイトの愛弟子であるスピンの言葉にこのエピソードを読解する為のヒントがある。 ゴンが自分のせいでカイトが死んだかもしれないと、後悔し弱気になっているシーンだ。 スピンは反省や後悔を引きずるのではなく、 今なすべき事は何か考え、 それを貫き通す意志を持つことが大切だと言う。 コアラはそういった意志を持つことがなかったのかもしれない。 「意思」ではなく「意志」ってとこに冨樫先生のこだわりがみえるね。 意志 … 目的や計画を選択し、それを実現しようとする精神の働き。 何かを成し遂げようとする心。 すすけた魂を浄化するための代償とは コアラは転生しても自分はまた同じ事を繰り返すだろう。 と語る。 なぜか? さっきコアラが言ってた、 「心に与えるべき何か」が足りないというのが1つ。 そして 「このままでいいはずがない」と思いながら選択を間違ってきたから。 というのが1つ。 これは前世でもそう感じていたそうだ。 「俺が打つべきだったのは、少女ではなく追ってきてた連中(他のキメラアント)だった…!」 という言葉の通り、 間違った選択と気づいていながらも、自分を守るために彼女を打ったとコアラは告白する。 すすけた魂を浄化するための代償とは「意志」を持って生きること。 意志を持つと傷つく。 ただ、 思うだけで行動は変わらないし、傷つかないが同じ過ちを繰り返すだけなのだ。 ちなみに、キメラアント編には強い意志をもった人間側のキャラクター達だけでなく、蟻側にもメルエムを始め、コルトやイカルゴ、ウェルフィンといった強い意志をもつキメラアントが登場する。 確かに彼らは傷ついた。 身体的な傷以上にだ。 コアラは彼らを側から見て、「あまりに痛そう」だと感じたのだろう。 ここまで懺悔してきたが、結局コアラは変わらない。 具体的な意志はなく、自分の殺した少女に勝手に懺悔し立ち去ろうとする。 これでは今まで通り馬鹿げたサイクルを繰り返すだけである。 少女(カイト)の優しさとゴンとの対比 コアラの懺悔が一通り終わり、次は少女のターン。 ゴンもこの少女に会いに登場します。 コアラの懺悔に対する少女(カイト)なりの優しさ 反省しているようで、これからも同じことを繰り返してしまうだろうコアラに対して、少女(カイト)なりの優しさを投げかけます。 「お前が撃ったあたちのそばで、これからずっとこれしかないって生き方をするんだ」 おそらくコアラにとっては「救われる」一言なんじゃないだろうか? 少女が言ってることは物騒だけど、 少女は弱きコアラに「これしかない」生き方を提案したのである。 自分が殺した少女のそばで生きるのは痛いだろう。 しかし、コアラは今までの生き方を繰り返すことなく「すすけた魂」を浄化することができそうだ。 コアラの懺悔に対するゴンの謝罪 ちょうどコアラの懺悔が終わった頃、ゴンもカイトに会いにきます。 ゴンはカイトに謝るも、「何に対して謝っているのか?」とカイトに詰め寄られます。 ここでのゴンの言葉は、 コアラとは非常に対照的。 簡潔で、具体性があり、言い訳せずに自分の意志を伝え責任を背負う。 ゴンの言葉を聞いて、コアラは何か思うところがあったのかもしれない。 コアラは謝罪し、自分の本当の気持ちを簡潔に伝えた。 そして「これからどうするのか」という言葉も少女に伝えた。 死ぬ時に「精一杯やった」と思うためには、これしかないという生き方をするしかないと。 少女とカイトの人格について このエピソードをよく読むと、 コアラに対して話す時は一人称が「あたち」 ゴンと話す時は「オレ」になっている。 意識的に人格を切り替えられるのかどうかは分からないけど、コアラとゴンの対比同様、少女とカイトもハッキリと描き分けることで、コアラとゴンの対比もわかりやすくなっている。 あとは、カイトとしての自我ははっきりとあるのに、コアラの懺悔には少女として付き合ってあげる。 というカイトなりの優しさの表れかもね。 まとめ どうだったかしら? アタシなりの解釈だけど、少しは読みやすくなったかしら? そもそも懺悔って 「罪を悔いて神に告白し許しを請う行為」なんだよね。 だから、反省しているようで責任の所在が自分にないから、これまた自分勝手に救われてるだけ。 わざわざ、キメラアント編の後に、わざわざ絵をラフにして印象に残るようこの話を描いたのは何か意図があるはずなの。 冨樫先生はキメラアント編で何を描きたかったんだろう? それは誰にも分からないし、答えのでない問題だけど、今回は長くなったのでまた別の記事で。 冨樫先生の伝えたかった思いを深く考察してみるわ。

次の