ミッシェル ポルナレフ 愛 の 休日。 ミシェル・ポルナレフが選んだ生き方|TAP the ROOTS|TAP the POP

愛の休日(1972):ミッシェル・ポルナレフ holidays by Michel Polnareff

ミッシェル ポルナレフ 愛 の 休日

ミシェル・ポルナレフ。 彼の名前や、その特徴的な風貌を知らない人でも、彼が書いたメロディーは耳にしたことがあるはずだ。 中でも、彼が1972年に発表した「愛の休日」は、様々なシーンで今でも使われている。 日本人の僕らにはピンとこないが、ポルナレフという名前は、彼が生まれ育ったフランスでは、不思議な響きがするらしい。 そう、その名前は明らかに、フランス人のそれではないからである。 実際、デビューにあたり、プロデューサーは、名字を変えることを提案している。 だが、ミシェルは名前を変えることに対して、断固拒否をしたという。 もしかしたら、その思いは、父親ができなかった生き方をしたい、と若き日のポルナレフが考えたからかも知れない。 彼の父、レイブ・ポルナレフは、1899年、旧ロシアで生まれたユダヤ系ウクライナ人だった。 彼はその後20代になると、迫害から逃れる意味もあり、フランスに渡り、ピアニスト、作曲家として活躍している。 レイブの書いた曲は、エディット・ピアフやイブ・モンタンに歌われ、ヒット曲となるが、そのクレジットは、ポルナレフではなく、レイブ・ポルという名前であった。 父レイブがダンサーだったシモーヌ・ラーヌと出会ったのは、40代を過ぎた頃である。 ミシェルが生まれたのは、レイブが45歳の時だった。 ミシェルは、小さな頃から英才教育を施された。 5歳で、国立の音楽院であるコンセルヴァトワールに入学。 父は、ミシェルがクラシックの道に進んでくれることを疑わなかった。 だが、ミシェルが12歳の時である。 1956年。 ミシェルが12歳だった年の夏、エルヴィス・プレスリーが「ザッツ・オールライト・ママ」でデビューしたのである。 少年の興味はすぐロックンロールに向かい、彼はピアノを捨て、ギターを手ことになる。 ミシェル・ポルナレフのレコード・デビューは、1966年。 彼が22歳の時だ。 ロンドンで録音された4曲入りの「ノンノン人形」は、大ヒットする。 ミシェルがエルヴィスを聴いてから10年後のことである。 そして興味深いことに、このロンドン録音のセッションで、ギターとベースを弾いていたのは、まだレッド・ツェッペリンを結成する前のジミー・ペイジ、そしてジョン・ポール・ジョーンズであった。

次の

70年代の曲で ミッシェル・ポルナレフ「愛の休日」の訳詞をお願いし...

ミッシェル ポルナレフ 愛 の 休日

父親はレオ・ポルという変名で、エディット・ピアフやイヴ・モンタンにも曲を書いていたロシア出身の音楽家だった。 ミッシェルは幼少期からピアノやソルフェージュでアカデミックな音楽教育を受け、コンセルバトワール(パリ音楽院)に通 うがクラスでも1番の成績を修めていた。 しかし、その後エルヴィス・プレスリーを知りクラシック音楽への情熱を次第に失っていく。 そして20才で7ヶ月の兵役を勤めたのち保険会社にいったん就職する。 クラシック音楽の道への復帰を強要する両親との仲が悪化し、ついにギターを手に家出を決行。 ヨーロッパへの放浪のすえパリに戻り、有名な音楽出版業者ロルク・マルボに出会いレコード・デビューにいたる。 いきなり数週間で15万枚を超える大ヒットとなる。 6月には2枚目となるEP「愛の願い」をリリースするがこれまた大ヒットを記録。 すぐさまヨーロッパ各国や日本(10月にテイチクよりシングル「ノンノン人形」が発売)でもリリースが決定し、11月には本国でファースト・アルバムを発表するに至り、一躍スターダムにのぼりつめる。 1967年から1971年にかけても、シングル数枚と2枚のオリジナル・アルバムをリリースし、「渚の思い出」「想い出のシンフォニー」など大ヒットを連発した。 日本各局のラジオ・チャートでトップに入り、40万枚を売り上げる大ヒット・シングルとなった。 1972年になり、フランスでは、発売されたシングル「愛の休日」が大ヒット。 この年の10月オランピア劇場でのコンサート「ポルナレボリューション(ポルナレフ革命)」が開催されたが、公演に先立って、ポルナレフ自身の裸のお尻を露出したポスターが貼り出され、大きなセンセーションを巻き起こした。 19日に郵便貯金ホール、20日に新宿厚生年金ホールにて初の来日コンサートを実施。 大掛かりな照明装置を駆使し、聴覚だけでなく視覚をも十分に刺激するその派手なステージの演出に、会場は興奮のるつぼと化した。 以後、1979年まで計4回の来日コンサート・ツアーが行われることに。 3週間にわたる最終ステージで、フランスとの訣別宣言をする。 その後、ニューアルバムの完成を経て、本格的なアメリカ・デビューを目指してロサンジェルスへ移住。 その間、2度目の来日公演を成功させ、日本では11月にアルバム「ポルナレフ革命」(本国フランスでは翌年「POLNAREVE」としてリリース)が発売になった。 80年代に入ってからはふっつり音沙汰がなくなり、いくつか発表されたアルバムも大きな話題になることはなかった。 90年代に入って、1995年にアメリカでライブアルバムのレコーディングのために、ハリウッドのナイトクラブ「ROXY」でコンサートを行う。 1996年には、そのライブアルバム発売前に2時間を超える特集番組「ミッシェル・ポルナレフを探して」が放映されもした。 1999年には、パルプ、セント・エティエンヌ、リリキューブ、日本からもピチカート・ファイウが参加したトリビュート盤がリリース(日本盤は東芝EMIより)。

次の

愛の休日

ミッシェル ポルナレフ 愛 の 休日

父親はレオ・ポルという変名で、エディット・ピアフやイヴ・モンタンにも曲を書いていたロシア出身の音楽家だった。 ミッシェルは幼少期からピアノやソルフェージュでアカデミックな音楽教育を受け、コンセルバトワール(パリ音楽院)に通 うがクラスでも1番の成績を修めていた。 しかし、その後エルヴィス・プレスリーを知りクラシック音楽への情熱を次第に失っていく。 そして20才で7ヶ月の兵役を勤めたのち保険会社にいったん就職する。 クラシック音楽の道への復帰を強要する両親との仲が悪化し、ついにギターを手に家出を決行。 ヨーロッパへの放浪のすえパリに戻り、有名な音楽出版業者ロルク・マルボに出会いレコード・デビューにいたる。 いきなり数週間で15万枚を超える大ヒットとなる。 6月には2枚目となるEP「愛の願い」をリリースするがこれまた大ヒットを記録。 すぐさまヨーロッパ各国や日本(10月にテイチクよりシングル「ノンノン人形」が発売)でもリリースが決定し、11月には本国でファースト・アルバムを発表するに至り、一躍スターダムにのぼりつめる。 1967年から1971年にかけても、シングル数枚と2枚のオリジナル・アルバムをリリースし、「渚の思い出」「想い出のシンフォニー」など大ヒットを連発した。 日本各局のラジオ・チャートでトップに入り、40万枚を売り上げる大ヒット・シングルとなった。 1972年になり、フランスでは、発売されたシングル「愛の休日」が大ヒット。 この年の10月オランピア劇場でのコンサート「ポルナレボリューション(ポルナレフ革命)」が開催されたが、公演に先立って、ポルナレフ自身の裸のお尻を露出したポスターが貼り出され、大きなセンセーションを巻き起こした。 19日に郵便貯金ホール、20日に新宿厚生年金ホールにて初の来日コンサートを実施。 大掛かりな照明装置を駆使し、聴覚だけでなく視覚をも十分に刺激するその派手なステージの演出に、会場は興奮のるつぼと化した。 以後、1979年まで計4回の来日コンサート・ツアーが行われることに。 3週間にわたる最終ステージで、フランスとの訣別宣言をする。 その後、ニューアルバムの完成を経て、本格的なアメリカ・デビューを目指してロサンジェルスへ移住。 その間、2度目の来日公演を成功させ、日本では11月にアルバム「ポルナレフ革命」(本国フランスでは翌年「POLNAREVE」としてリリース)が発売になった。 80年代に入ってからはふっつり音沙汰がなくなり、いくつか発表されたアルバムも大きな話題になることはなかった。 90年代に入って、1995年にアメリカでライブアルバムのレコーディングのために、ハリウッドのナイトクラブ「ROXY」でコンサートを行う。 1996年には、そのライブアルバム発売前に2時間を超える特集番組「ミッシェル・ポルナレフを探して」が放映されもした。 1999年には、パルプ、セント・エティエンヌ、リリキューブ、日本からもピチカート・ファイウが参加したトリビュート盤がリリース(日本盤は東芝EMIより)。

次の