沢口 靖子 独身。 沢口靖子の裏稼業の実態がヤバイ!?若い頃の驚きの美貌とは!?

沢口靖子が結婚しない衝撃の理由!堤義明との関係や若い頃が綺麗すぎる【画像】

沢口 靖子 独身

プロフィール 名前:沢口 靖子(さわぐち やすこ) 生年月日:1965年6月11日 51歳) 出身地:大阪府堺市中区堀上町 身長:159 cm 血液型:A型 所属事務所:東宝芸能 ・ 1984年:第1回「東宝シンデレラ」でグランプリに選ばれ、芸能界入り。 映画「ゴジラ」で、日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。 ・ 1985年:NHK連続テレビ小説「澪つくし」主演。 ・ 1999年:ドラマ「科捜研の女」主演。 (2016年3月時点で15シリーズ放送) ・ 2015年:京都府警察のイメージアップに大きく貢献したとして、同本部より感謝状を贈呈される。 沢口靖子の裏稼業の実態がヤバイ!? 51歳という年齢を超えた美しさから「奇跡のアラフィフ」と称されている沢口さんですが、実は1度も結婚されていないようです。 そこで、その理由を調べてみると、西武鉄道グループの元オーナーであり、一時期総資産額世界一となった経済界の大物、堤義明氏と長年に渡り「愛人関係」にあったからだという説が濃厚と言われています。 きっかけは沢口さんが芸能界デビューした1984年当時、堤氏がオーナーを務めるプリンスホテルグループのキャンペーンガールを務めていたことなのだとか。 さらに、沢口さんは軽井沢に別荘を買ってもらったり、車を買ってもらったりしていたという噂もあるようですが、証拠となるものがないので、「愛人関係」は所属事務所などによって操作された「公然の秘密」といったところでしょうか。 そして、この関係のことが世間からは沢口さんの「裏稼業」と呼ばれているようですが、二人の年齢差が実に31歳というので驚きです。 スポンサーリンク ただ、堤氏は愛人関係を持った女性が明らかになっているだけで3人居て、「女性に手を出した数は計り知れない」と周囲の関係者に囁かれてしまうほどの女好きなのだそう。 しかし、2人の関係は2005年に終焉に向かったと言われており、インサイダー取引で逮捕された堤氏から、イメージダウンを恐れた沢口さんが長年の関係を清算して距離を置いたのだとか。 また、「愛人関係」で満たされていた期間が長かったという理由以外に、沢口さん自身が「家事手伝いが欲しい」と公言していたことからも、あまり家庭的な性格とは考えづらく、これも沢口さんが結婚しなかった原因かもしれません。 実は結婚適齢期終盤の34歳ごろには、今ではロングヒットシリーズとなった主演ドラマ「科捜研の女」シリーズも始まり、結婚を考えるどころではなかった可能性もありますよね。 今後、沢口さんがどういった年齢の重ね方を見せてくれるのかわかりませんが、公私共々チェックしていきたいと思います。 スポンサーリンク 沢口靖子の若い頃の驚きの美貌とは!? 高校時代から沢口さんの美貌は有名で、校内にファンクラブまであったといいますが、地元では「堺の泉陽高校に美人がいる」と噂になり、他校の男子生徒が沢口さんを見るためにわざわざ来ていたという情報もあります。 そんな沢口さんですが、主演作品の「科捜研の女」シリーズは放送開始から15年経っているにもかかわらず年齢的な衰えをまったく感じさせません。 では、沢口さんの若い頃の画像を見てみましょう。 今でこそ、CGなどの修正技術が発展していますが、当時はそうではないので、この圧倒的に整った顔立ちは「非の打ちどころがない美貌」と言っても過言ではないでしょう。 スポンサーリンク しかし、浮世離れした美貌をお持ちの沢口さんですので、ドラマなどで脇役に配すると現実味がなくなり、目立ち過ぎてしまうという声もあったようで出演作のほとんどで主演を飾っていると言われています。 そんな、容姿が良すぎて周りに溶け込めない沢口さんでしたが、実は他にも「残念」と言われている部分があり、それは鼻のところにあるほくろです。 このほくろは30代頃から年齢とともに目立ってきていたのですが、2014年10月頃にはすっかり消えているように見えます。 なんでも、ほくろは50歳を境に肌の代謝機能の低下とともに薄くなっていくのだそうですが、沢口さんの場合はいきなり薄くなったので、痕が残りにくいレーザーで除去した可能性が高いと言われています。 しかし、ほくろがあっても無くても変わらず美しいですよね! そして、性格も明るく、撮影が終わるとすぐにまっすぐ家に帰るほど真面目で、睡眠と食生活に気を遣って過ごされているようですので、美しさはそのようなところから来ているのかもしれません。 愛人疑惑から結婚をしていないと噂されたり、過去の美貌に注目が集まっている沢口さんですが、今後も主演女優として、清潔感のある凛とした姿を私たちに見せてくれることを期待したいですね。 スポンサーリンク 続けて読むならコチラの記事がオススメ!!

次の

沢口靖子の彼氏が豪華過ぎる?意外な生い立ちを1分で解説!!

沢口 靖子 独身

プロフィール <出典先:> <沢口靖子 プロフィール> 本名:沢口靖子(さわぐち やすこ) 生年月日:1965年6月11日 出身:大阪府堺市 身長:159cm 血液型:A型 <略歴> 1984年、第1回「東宝シンデレラ」で3万1653人の中からグランプリに選ばれ、芸能界入り。 この年の映画『刑事物語3 潮騒の詩』で女優デビュー。 このとき映画内の挿入歌「潮騒の詩」も歌い、歌手としてもデビューしている。 映画『ゴジラ』(1984年、東宝)で、第9回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。 1985年度上半期に放送されたNHK連続テレビ小説『澪つくし』のヒロインを演じ、人気と知名度を全国的に定着させた。 その後も天然の美貌と笑いを愛する関西人的なノリのギャップを活かし、シリアスな役柄から喜劇タッチのコメディーまで、ドラマ、映画、CMなどで型にはまらない役者ぶりを見せ、多方面に活躍を続けている。 1999年10月にスタートしたドラマ『科捜研の女』第1シリーズ(テレビ朝日・東映)に京都府警科学捜査研究所の法医学研究員・榊マリコとして主演した。 『科捜研の女』はシリーズ化され、初期は低迷気味だった視聴率も2005年頃より安定して長寿番組となった。 2017年10月より第17シリーズが放送中。 第9回『24時間テレビ』(1986年、日本テレビ系)ではチャリティー活動に取り組み、パーソナリティーを務めた。 クイズ番組初出演は2013年4月29日放映の『ネプリーグSP』(フジテレビ)。 2015年、第23回橋田賞を受賞。 <引用先:> 沢口靖子は1984年の 「第一回東宝シンデレラ」でグランプリに選ばれて芸能界入りします。 知名度、人気が共に全国区になったのは芸能界デビュー翌年のNHK朝の連ドラ 「澪つくし」の主演がきっかけになります。 デビュー当初よりその美貌は常に話題となっていましたが、その容姿とは裏腹にCM「タンスにゴンゴン」などでコミカルなキャラクターを熱演し、人気をさらに不動のものにしました。 デビューから30年以上、常に第一線で活躍し続ける名女優です。 沢口靖子が宗教団体「真如苑」に入っているとの噂 <出典元:> スポンサーリンク 現在、ネット上では沢口靖子が宗教団体 「真如苑」に入っているとの噂が流れています。 真相は分かりませんが、沢口靖子は「真如苑」の教えに従って独身を貫いているとまで言われています。 「真如苑」がどんな宗教なのかというと、仏教(真言宗)系の宗教で在家仏教教団になります。 伊藤真乗という僧侶によって1936年に開かれた宗教です。 実際に沢口靖子が「真如苑」に入っているという決定的な証拠は出ていないとのことですが、有力な情報はいくつかあるようです。 「真如苑」の機関紙にインタビューが掲載との噂 <出典元:> 「真如苑」の機関紙に沢口靖子のインタビューが掲載されていたという噂があるようです。 「創価学会」とともに、多くの信者がいることで知られるのが真言宗系の仏教教団「真如苑」だ。 女優・沢口靖子もその1人で、彼女が芸能界入りを決意したのも信仰からだった。 「沢口は小学校の頃から母親に連れられて真如苑の大阪精舎に通っていた。 1984年の『第1回 東宝シンデレラ』のグランプリに輝き、デビュー翌年にはNHKの朝ドラ『澪つくし』に抜擢されたが、実は大学に進学して書道教師になる夢を持っていて、進路に迷っていた」(沢口の知人) そんな時、沢口は『接心』(霊能者が霊界から発せられた言葉を信徒に取り次ぐ行為)を受け、芸能界入りを決意したという。 沢口は当時、真如苑の機関紙『歓喜世界』(1985年夏秋号)のインタビューで《誠実に仕事を重ねてゆくところに、道はおのずと開かれるとのご霊言に、私の心も決まって(略)》と語っている。 <引用元:> こんな感じで機関紙に沢口靖子のインタビューが掲載されているようですね。 「母親に連れられて大阪精舎に通っていた」と書いてあるので、元々は沢口靖子のお母さんが信者だったのかもしれませんね。 このように、「真如苑」機関紙に掲載されているのなら入信している可能性は大きいかもしれませんが、1985年の機関紙ということもあって現在では物的証拠がないようです。 この他にも「真如苑の研究」という論文にも沢口靖子が信者だと掲載されています。 ただ沢口靖子本人が今まで一度もインタビューなどで「真如苑」に触れたことがないので真相はわからないままとなっています。 以外に多い?芸能界で「真如苑」信者だと噂されている人 <出典元:> 結局、沢口靖子は「真如苑」の信者だと公言したことがないため、信者かどうかはわからないが、沢口靖子以外にも「真如苑」の信者だと噂されている芸能人は多いです。 中居正広、デーモン小暮、石橋貴明・鈴木保奈美夫妻、鈴木蘭々、松本伊代、TRFのSAM、高橋惠子・高橋伴明夫妻、島田陽子、大場久美子、室伏弘治など、たくさんの芸能人・有名人の方が「真如苑」の信者だと噂されています。 ですが、誰1人として信者であると公言していないので真相は闇の中のままです。 「火のないところに煙は立たない」という言葉もありますが、実際はどうなんでしょうね。

次の

沢口靖子の若い頃が綺麗!今もかわいい&スタイル抜群の秘訣と着物姿

沢口 靖子 独身

msn. com 沢口靖子さんは1965年6月、大阪府の堺市西区に生まれます。 中学2年生の時に南区の泉北ニュータウンに 引越しをしたものの、堺市を離れることはありませんでした。 高校も地元堺市で有名な学校に進学したので、 高校を卒業しオーディションに合格して上京するまでは、堺市の実家に住んでいたと思われます。 沢口靖子さんの学生時代にはエピソードが絶えません。 現在も変わらぬ美しさは小学生の頃からだったようで、小学校の先生は「常に光っているような印象があって、芸能人になってもおかしくなかった」といわれています。 また、 高校生の頃には密かに親衛隊が結成されていて、 男子生徒たちからは手出し無用のマドンナ的存在として扱われていたそうです。 ただ、 沢口靖子さん自身は、親衛隊の存在を知らなかったといいますが・・・ 存在を知らんってめっちゃおもろいやんw勝手に盛り上がってるヤツがおるってことやろ?w 沢口靖子の実家は貧乏? 沢口靖子さんのことを調べていくと、「貧乏」というキーワードが出てきます。 果たして、 沢口靖子さんの実家は貧乏だったのか? 検証していこうと思います。 中学生の時に大阪市のベッドタウンである泉北ニュータウンに引っ越している沢口靖子さん。 昭和40~50年代に設立されたニュータウンだと、公営や公社の建設したいわゆる「団地」と呼ばれる集合住宅がたくさん建設されました。 これらの団地は 低価格で購入、賃貸できたことから、住んでいる人の収入もそれほど良くないという印象がしてしまいます。 ですが、 ニュータウンにも一戸建ての地域がありますし、当時も それなりの収入がなければ、マイホームに住もうなどとは思わなかったでしょうから、 ニュータウン住まい=貧乏というのはちょっと言いすぎな感じがします。 沢口靖子さんは、小さい頃からいろいろな習い事をやっていて、高校までピアノを習っていたようですし、 お父さんは国鉄の職員だったという噂もありますので、本人から貧乏エピソードでも出ない限り、 沢口靖子さんの実家が貧乏だとは言えなさそうです。 ですが、貧乏だった生活から抜け出したいからとか、苦労してきた両親に楽をさせてあげたいといった理由で女優になったというのでしたら、それはそれで美しい話ですよね。 ピアノとか音楽関係はごっつお金かかるし、貧乏ってことは考えにくいな 沢口靖子の実家は部落? 50歳を超えても非常に美しい沢口靖子さん。 某大手企業 社長の愛人だったなどという噂もありますが、 これだけきれいな女性がいまだに独身なのはすごく不思議ですよね? そのせいなのか、 沢口靖子さんが結婚しないのは、実家が部落にあるからではないかという噂もあるのだそうです。 堺市のある大阪府では、いわゆる同和地区に住む人たちへの差別をなくすよう、1969年の法制定をきっかけに本格的に取り組んできました。 その甲斐あって、 昔よりもはるかに部落に住んでいた人たちへの差別は減っているものの、いまだに結婚や就職をする際に部落出身だからと断られるといった問題が残っています。 だからといって、アラフィフになっても結婚をしない=部落出身であると決めつけるのはちょっと短絡的です。 そもそも本人のカミングアウトもありませんし、他に確たる証拠もありませんから、 沢口靖子さんの実家が部落にあるというのはガセだというしかありません。 沢口靖子の実家はパチンコ屋? あれこの人、こんな歯茎出てたっけ? 清楚で清純なイメージの強い 沢口靖子さんが、これまでのイメージを覆してコミカルな面を見せたのが蚊取り線香のCMでした。 このCMの出演によって、今まで来なかったようなオファーが来て、沢口靖子さんの演技の幅が広がったといわれています。 一方で、 クリーンなイメージが強かったのに、マイナスの印象を与えてしまったのが、ギャンブルの一種であるパチンコメーカーのCM出演でした。 ですが、 この出演は、沢口靖子さんの実家がパチンコ屋だからという理由だといわれています。 他にも、沢口靖子さんがパチンコのCMに出演した理由には、マユツバものの噂があちこちに飛び交っています。 実は、沢口靖子さんのお兄さんが、社長が韓国人の業界最大手のパチンコ店チェーンに勤めていることからの縁だったとか、 警察ドラマに数多く出演しているからだとか・・・ ですが、実際には、 沢口靖子さんの実家がパチンコ店であることや、お兄さんがパチンコ店に勤めていることは明らかにされていません。 清廉潔白な感じの沢口靖子さんが、あまり印象の良くないパチンコのCMに出たことが、ファンならずともショックだったために、どうにかして理由をつけたくなったのでしょうか? 意外と謎の多い、人気女優の沢口靖子さんならではの悩みですよね。 あることないこと、めっちゃ言わてる女優やな 沢口靖子の実家、堺市はどんな都市? 稀代の女優である 沢口靖子さんの実家のある大阪府堺市はどんな都市なのか? いろいろと見ていきましょう。 「堺」という地名は平安時代から見られ、そもそもは国同士の「境」からきているといわれます。 大仙陵古墳(仁徳天皇陵)等の古墳が周囲に100以上も作られ、遺跡からは陶器が発掘され、須恵器という 陶器を焼く窯がたくさんあったのではと考えられています。 室町時代には昔の中国や沖縄との 貿易の拠点や中継地点として栄え、キリスト教の布教のために訪れていた 宣教師に「東洋のヴェニス」と評されました。 江戸時代になり鎖国で海外との交流が少なくなり、開港時には古墳を外国人に荒らされるからという理由でその役割を神戸に譲って以来、貿易港としての繁栄はなくなりましたが、これまで蓄えてきた財力はすさまじいものがあり、 「堺=商いの街」として広く知られるようになったそうです。 戦後は阪神工業地帯の一帯を担うとともに、 大阪市のベッドタウンとして、沢口靖子さんの実家がある泉北ニュータウンといった都市開発がなされました。 ですが、 現在は他の「ニュータウン」と呼ばれる地域同様、高度経済成長期の時に建てられた集合住宅は老朽化が進み、今どきのファミリーや若い世代には見向きもされないものが多くなってきました。 そのせいで若者世代が離れ、 ニュータウン内の高齢化が進んでしまっているといわれています。 そこで、一部の集合住宅では、これまでの 居室2件分のスペースを1件分にリノベーションした「ニコイチ」という形で販売している他、 ファミリー世帯や若者世帯に家賃の補助を行っていることもあるそうです。 ちなみに、2020年現在「ニコイチ」でリノベーションされた3LDKの部屋は、共益費込みで月約8万円、「ニコイチ」ではない普通にリノベーションされた3DKや2LDKといった部屋が月約4万円から住むことができます。 結構リーズナブルですよね。 これらの施策が順調に軌道に乗れば、 堺のニュータウンが、全国のベッドタウンが抱えている問題を解決するきっかけを教えてくれそうな感じです。 また、諸説ありますが、 堺市は「ものの始まり なんでも堺」といわれるくらい、堺発祥のものがたくさんあるそうです。 海外から 種子島に輸入された鉄砲の製造法を学び、日本本土で初めて作ったのが堺の人だといわれていますし、 輸入品の自転車が初めて披露されたのも堺で、その後の発展で、 今でも国産自転車の4割ものシェアを堺が担っているといいます。 さらに、 中国から渡ってきた線香を初めて国内で作ったのも堺の人ですし、 私鉄電車が初めて走ったのも堺です。 他にも、 学生相撲の開催や三味線の製造、傘の使用や瓶詰めのお酒の製造といったものも堺が始まり。 商業が発展しているところはいろいろなものが手に入り、アイデアが広がるのでしょうね。 さすがは商いの都市、堺といった感じです。 そんな 堺の初めての中でも非常に印象深いのが「スイミングスクール」です。 地元の人から 「ハマスイ」の愛称で親しまれている、毎日新聞社浜寺水練学校は、100年以上も続いているスイミングスクールがあります。 スイミングスクールといっても年中開校されているのではなく、 主に7月下旬から8月中旬までの夏休みの期間、土日とお盆の期間を除いて行われているといいます。 夏休み期間に行われる 教室は小学生以上が対象で、上は70歳を超える方もいるそうです。 泳ぎを教えているのも、大人になった、かつて自分が「ハマスイ」に通っていた生徒たち。 全課程を修了すると、初心者を指導できるようになるそうです。 全く泳げない初心者が「ハマスイ」に通って泳げるようになったり、上級者はもっと泳ぎが上手になっていく、そして今度は先生として「ハマスイ」にやってくる生徒を教える・・・ 100年以上続いている 伝統あるスイミングスクールは、地域の人々が育んできたものなのですね。 沢口靖子さんも、小学生の時に「ハマスイ」に何年か通っていて、クロール、平泳ぎ、背泳ぎをマスターしたそうです。

次の