マツダ 3 値引き。 マツダ MAZDA3の値引き情報!2020年6月の相場・限界額・競合車

MAZDA3|グレード・価格

マツダ 3 値引き

新型MAZDA3 マツダ3 の値引きレポート まずは、新型MAZDA3の値引き情報について全体をまとめました。 値引き相場はオプション込みで8万~10万円。 限界額は30万円。 値引きは辛口。 ゼロ円提示もあり。 競合車はインプレッサ、カローラスポーツ、シビック• 限界額を引き出すには下取りアップが必須。 おすすめグレードは「X PROACTIVE」。 マツダ3については、ネット上で誤った値引き情報も錯綜しています。 それでは、以下よりくわしく見ていきましょう。 マツダ3の最新値引き相場 (出典: ) マツダ3の販売は2019年5月に開始されました。 ディーラーからの情報では、今も多くのユーザーからの問い合わせが入っているとのことです。 ではもっとも気になる、MAZDA3の値引きの最新相場をご紹介します。 MAZDA3の値引き相場• 値引き相場:8~10万円(本体+オプション)• 値引き限界額:30万円(本体+オプション)• 値引き難易度:難しい リサーチの結果、上記がMAZDA3の最新値引き相場になります。 現時点で、MAZDA3の値引きは辛口といえるでしょう。 値引きゼロ円の提示もありえますので注意してください。 値引き限界額は30万円ですが、この金額を引き出すためには担当営業マンとの相性やグレードがかみ合った場合です。 mazda3 契約しました。 20SのLパケで写真と同じソウルレッド。 オプション値引きとフレンド企業値引き計7万で支払い305万になります。 こうして考えるとMAZDA3は値引きを試みる価値はあり、緩やかに値引き幅も拡大していくでしょう。 値引きの目標額は? MAZDA3の値引き目標額は、オプション込みで7万~10万円程度が妥当な線。 余談ですが、取材したディーラー担当者も、マツダ3に対する過度な値引き交渉に対しては「購入お断りも辞さない」ということを明確に表していました。 すぐに購入する場合は、少しでも目標額に近づけば上出来と考えましょう。 マツダ3の値引きが期待できる時期は? 値引き交渉が難しいと考えられるマツダ3ですが、時期によっては値引き交渉がスムーズにいく場合があります。 値引きは決算前後を狙う MAZDA3の値引き交渉は、決算時期である3月と9月がおすすめです。 ・9月(中間決算) ・3月(本決算) ディーラーは基本的に、メーカーから ある程度の目標台数や目標金額を設定されています。 売れているディーラーは「値引き交渉には応じない」姿勢をとってくることがありますが、数字の取れていないディーラーは埋め合わせしたいはずなので、値引き交渉にのってきやすいと推測されます。 そのため、 決算時期はいくつかの販売店を回り値引き交渉すると良いでしょう。 ボーナス商戦は値引きを持ちかけやすい また、ボーナス時期は、販売店側も受け入れ態勢ができています。 積極的なキャンペーンも打ちだすため、値引きを持ちかけやすいといえるでしょう。 ボーナス商戦もまた、MAZDA3を狙うに相応しい時期となります。 今購入するなら下取りアップが優先 マツダ3を今すぐ購入したいという方も多いと思います。 その場合は値引きは厳しく、自分の車の下取り価格をアップさせることが最優先になります。 MAZDA3を購入するにあたり、今の車をディーラー下取りに出す方も多いと思います。 しかし、何もせずにディーラーに下取りを依頼すれば、 安く見積もられてしまい、買取専門店に依頼するより損をする可能性が高いです。 そのため、必ず自分の車の下取り見積もりは押さえておきましょう。 買取専門店に足を運ぶのは大変ですが、今は下取り見積もりを取るのは簡単です。 無料で利用できる定番の「 ナビクル車査定」を利用すれば、数分で査定額が手に入ります。 ディーラー下取りで損をしないためにも、自分が乗っている車の下取り価格は 今すぐにでも確認しておきましょう。 <ナビクル車査定の公式サイト> マツダ3の納期は3カ月程度• 3ヵ月程度 MAZDA3はグレードごとに発売時期が異なりますが、おおむね納期は3カ月程度です。 ただし、有事の事態が起こった際などは遅れる場合があります。 MAZDA3の値引き交渉の流れ (出典: ) マツダ3の値引き交渉の流れはシンプルです。 なにも材料のない状態で値引き交渉を行っても、値引きは引き出せないのでしっかりと確認しましょう。 競合車を引き合いに出す MAZDA3の値引きの原則は、質の高い競合車と競合させることです。 このクラスの競争は激しく、カローラスポーツやインプレッサ、シビックといった人気車と競合させていきましょう。 競合車の見積もりを用意し「値引きしてくれれば車を購入する」という意思をディーラーに伝えましょう。 値引きが難しい場合も、マツダの別系列の販売店を回ってみる価値があります。 オプション値引きは最後に オプション値引きは最後に行うのが、新車値引きの基本です。 最初からオプション値引きの交渉を行うと、本体と合算して値引き額を算出されてしまいます。 まずは本体値引き交渉を行い、限界だと感じたら、その妥協点としてオプション値引き交渉に入るのがポイントです。 MAZDA3はエクステリアに注目! (出典: ) 新型MAZDA3は主にハッチバック車とセダン車の二つが用意されますが、両車ともにエクステリアの 美しさは国内最高クラスと言えるでしょう。 セダンとハッチパックの特徴 セダンは旧アクセラセダンよりも全長が82㎜長くなり、車高が10㎜低くなったためより伸びやかなプロポーションを実現。 ハッチバック車ははりのあるリアフェンダーにクーペのような曲線を描くルーフライン、大胆にカットされたテール部分と、独自のインパクトがあります。 ハッチバック、セダンともにエクステリアの美しさは国内屈指で、輸入車とも肩を並べる水準といえるでしょう。 MAZDA3 マツダ3 の競合車ランキング (出典: ) MAZDA3の値引き交渉をスムーズにすすめるためには、競合車の把握は重要です。 競合車を引き合いに値引き交渉を行うのは、基本ですのでリサーチしておきましょう。 MAZDA3競合車ランキングベスト ここでは、MAZDA3の競合となるクルマをご紹介します。 1位 スバル インップレッサスポーツ (出典: ) 競合1位は、走りの楽しさを認識させる車である、スバルインプレッサスポーツです。 最大の特徴は、運転時に感じる体へのレスポンスが非常にいいこと。 つまり、ハンドリングやアクセルを踏む感覚がダイレクトに体に伝わることです。 形もカッコいいですし、運転の楽しみを認識させてくれるインプレッサスポーツは、MAZDA3の一番手のライバルとなります。 2位 トヨタ カローラスポーツ (出典: ) 競合2位は、カローラスポーツ。 カローラ=年配というイメージがありますが、カローラスポーツは外観からインテリアも質感が高く、新型は若返りを図っています。 走りに関しても、加速性能がよく、ハンドリングも柔らかいという特徴があります。 確実なハッチバックを求めるユーザーという印象を与えることができますので、交渉材料としてはもってこいの車です。 3位 ホンダ シビックハッチバック (出典: ) シビックといえば、ホンダを代表する車であり、根強いファンの多い車です。 シビックハッチバックを選択の一つとしてチョイスしてくるユーザーは、目の肥えたユーザーであるという印象を与えます。 実際に現行のシビックハッチバックは売れ行きも好調ですので、競合見積もりにはぜひ加えておきたいところです。 4位 フォルクスワーゲン ゴルフ 競合4位は、国産車ではなく外車です。 その中でもゴルフは、ハッチバックの世界王者と呼べるほどの人気と性能を有している車です。 競合車にゴルフを当ててくるユーザーは、 本気のユーザーであると、ディーラー側は見るでしょう。 マツダ3のリセールバリューをチェック 値引きの準備が済んだら、気にしておきたいのがリセールバリューです。 リセールバリューとは、MAZDA3をいつか下取りに出す際に、どのくらいの価格がつくのかというものです。 以下では、リセールバリューが高いMAZDA3のカラーとグレードを紹介します。 リセールバリューが高いカラー• 1位 スノーフレークホワイトパールマイカ• 2位 ソウルレッドプレミアムメタリック• 3位 ジェットブラックマイカ 定番のホワイトパールとブラックパールの間に、レッド系のメタリックが入っています。 このレッド系メタリックは、マツダの特別なカラーであり「匠塗」と呼ばれています。 他のマツダ車にも採用されていて、マツダの象徴カラーであり人気があります。 MAZDA3のリセールバリューが高いグレード• 1位 X PROACTIVE Touring Selection• 2位 20S PROACTIVE Touring Selection• 3位 15S Touring グレードについては、どれを選んでもリセールバリューに大き違いはありません。 あえて挙げると上記のランキング順になります。 事前リサーチによるとやはり「SKYACTIV-X搭載車」に注目が高まっているのは明白です。 今回の値引き情報を元に、最高のドライビングライフをMAZDA3でおくりましょう。 全体のポイントまとめ! あらためて全体のポイントをまとめました。 値引き相場はオプション込みで8万~10万円。 限界額は10万円。 値引きは辛口。 競合車はインプレッサ、カローラスポーツ、シビック• 限界額を引き出すには下取りアップが必須。 おすすめグレードは「X PROACTIVE」。 MAZDA3の値引きは辛口のため注意が必要。 今すぐできることは下取りアップになりますが、「ナビクル車査定」を使えば 無料で60秒以内に見積もり査定額が手に入ります。 \カンタン45秒で無料査定/.

次の

マツダ

マツダ 3 値引き

マツダ3の値引き額の平均相場 参考: マツダ3はCセグメントサイズのハッチバックをメインにセダンボディもラインナップしています。 世界的に人気の高いこのクラスは競合車が非常に多く、各社欧州車を基準とした高いレベルの競争です。 中でもマツダ3は価格帯の割にエクステリアや車内を彩るパネルが上質で、デザイン面でコストパフォーマンスのかなう車はいないでしょう。 そんな異常なまでのコスパが売りのマツダ3。 販売面ではどうなのでしょうか。 また値引き額は一体どのくらいが平均となっているのでしょうか。 ここではマツダ3の平均値引き額を見ていきます。 本体値引きは5万円 マツダ3の値引き額は、平均的に5万円前後となっています。 車両価格の割合から言うと2%程度の金額です。 ハッチバックやセダン、そしてガソリンモデルやクリーンディーゼルモデルなどさまざまな仕様がもありますが、値引き額はどれも同じような金額になっています。 発売から半年程度と新車効果が続くマツダ3ですので、値引き額はそれほど伸びません。 マツダの販売戦略もあって値引き交渉はなかなか厳しく、ガードを破るのはたやすくないでしょう。 ですがマツダ3のコストパフォーマンスの良さを考えると、これでも納得してしまいそうな価格設定です。 マツダ3からは車両価格の2%割ほどの金額が値引きされていれば、十分な値引き額であると言えます。 オプション値引きは1割引きから2割引き あなたはマツダ3の試乗と見積もりを取りに来ました。 予想通り値引きはなかなかでませんでしたが、やっとの思いで5万円の値引きを提案してもらいました。 厳しい値引き交渉でやっと出てきた値引き額。 平均額には達しています。 しかしこれはあくまで車両本体からの値引き額です。 大幅値引きが狙いであるならばまだ決めてはいけません。 見積書には純正のフロアマットや人によってはエアロパーツなどさまざまなオプションがあるはずです。 新車の値引き交渉のときはここからも値引きができます。 注意 このディーラーオプションからの値引きは、金額の1割から2割ほどが相場となっています。 というのもディーラーオプションからの値引きは全国で統一されているわけではなく、販売している地域やディーラーの販売力によっても違うのです。 そのため必ず2割引きしてもらえるわけではなく、コーティングサービスなど、交渉次第になります。 値引きをよく知らない人は見落としがちなオプションからの値引きも含め、交渉の際には冷静に車両値引きとオプション値引きを計算していきましょう。 後々値引きが思ったより少なかったなどと後悔することのないように注意が必要です。 値引きの平均金額 車両本体、オプションそれぞれの平均相場が出ました。 では見積書からどれくらい値引きがでていれば平均的なのでしょうか。 グレードやオプションを使って一例を上げて紹介します。 価格 値引き額 マツダ3 15Sツーリング 227万円 5万円 オプション 30万円 3~6万円 値引き計 8~11万円 この条件であれば、合計8万円から11万円ほどの値引きが出れば平均的な値引きと言えるでしょう。 値引き額の月変動 ここでマツダ3の値引き額の変動を見ていきます。 2019年5月の発売と出たばかりで値引きは厳しいマツダ3。 どのような値引き額になっていったのでしょうか。 販売時期 値引き額 2019年4月まで 22万円 2019年5月から 5~8万円 値引き額の変動はこの様になっています。 2019年に発売したマツダ3。 以前はアクセラという名前で販売されており、値引きの渋いマツダですがモデルチェンジ直前には22万円にまで値引きは大きくなっていました。 そして新型の発売と同時に値引きは一気に引き締められ、現在は最大で8万円程度です。 車両価格は向上していますが、値引きは渋くなっています。 現在ではその流れのまま来ており、車両値引きは最大で8万円となっています。 値引き額が8万円から11万円になる理由 現在マツダ3の平均値引き額は8万円から11万円となっています。 新車効果の熱いマツダ3ですが、平均の値引き額がこれほどの額になるのはどういった要因があるのでしょうか。 値引き額の要因を解説していきます。 発売直後 マツダ3は新型として登場したばかりです。 そのため新車効果も非常に高く、簡単に値引きをしてくれる状況ではありません。 新車効果やモデルチェンジ直後の引き締め効果などが一段落するまでは、適正値引きまで近づくことはないでしょう。 値引きをしない販売戦略 マツダは最近はメーカーの指示もあり簡単に車両から値引きしない販売を行っています。 そのためマツダ3もガードは固く、大幅値引きを獲得するための飛び道具のようなものは存在しません。 新車効果も高いので、値引きはディーラーの采配の効くオプションをつけてもらって、そこからの値引きを起こしているのです。 こうした販売方法により、車両の価値を闇雲に下げることなく販売できます。 マツダ3はそのスタイルが売りです。 そのスタイリッシュさを強調するエアロパーツはけっこうな高額なオプションですので、オプションからの値引きの割合は大きくなります。 注意しなければ総額の値引き額の大きさから、車両値引きを抑えられても気づかない場合があります。 ディーラーも最初から強気の販売をしていますし、こちらも準備もなしに交渉に入っては満足な話ができないでしょう。 平均額以上を引き出すためにもしっかりと交渉材料をそろえて交渉する必要があるのです。 マツダ3の値引き額の最大・限界額 マツダ3マツダの値引きを抑えた販売戦略と新車効果によって、値引きが簡単に出ない状況であることを解説しました。 そんななかで大幅値引きを獲得したユーザーはどれぐらいの値引きを得ているのでしょうか。 ここではマツダ3の厳しい値引き交渉から、最大の値引きを得た人の金額をご紹介していきます。 一体どのような数値が出てくるのでしょうか。 マツダ3の最大値引きは15万円 現在マツダ3から出ている最大値引きは15万円という額でした。 値引きの厳しいマツダでナビも標準であるマツダ3から、これだけの条件を獲得するのは非常に運がよいと言えるでしょう。 かなり良い条件が重なった奇跡的な値引きです。 比較的値引きの大きな人は10万円の値引きを獲得している人が多いです。 ちなみにマツダ3にはガソリンモデルやディーゼルモデルなどいろいろと仕様が多いですが、最大値引きの額はどの仕様であっても同じような値引額となっています。 最大値引きが出た理由 現在のマツダ3から、値引きで15万円近い値引き額を得るからには、やはりそれなりの理由があります。 その理由を解説します。 値引きが大きい店舗を選んだ 値引きのガードがきついマツダ3からこれだけの大幅値引きを獲得するからには、値引きに対して寛容なディーラーを選んだことが要因の一つです。 マツダ3を販売しているマツダの正規ディーラーは〇〇マツダという名前となっており、頭の〇〇が違えば経営者が違います。 とはいってもトヨタと違い扱っている車種は同じなので、マツダ3同士の見積もりで比較する事ができます。 比較していくことで値引きがゆるいのかきついのかが見えてきますので、特に値引きの厳しいマツダはここを間違えるといくら交渉しても値引きは難しいでしょう。 もちろん正規ディーラーに限定されなくてもサブディーラーなどという選択肢もありますので、比較して値引きの大きな店舗を選んだというのが一つの大きな要因と言えます。 ライバルはハイレベル マツダ3はクリーンディーゼルやスタイリングなど非常に魅力のある車ですが、このクラスは各メーカー最量販モデルが多く、コストと性能をかなり精査しながら作り上げています。 そのためいくら性能やデザインが優れているからと言って、車の魅力だけで勝負していくのは厳しいのです。 交渉する人たちはハイブリッドやディーゼル、走行性能や実用性などさまざまな観点から比較し、ライバルをなる車を決めて比較しています。 そのため最後に値引きで勝負となったときに、ここぞという金額を提示することもあるのです。 まとめますと、マツダ3の値引き額が最大となった要因は、強力な競合他社や比較的値引きに寛容な店舗で交渉したことが、最大の値引きとなった理由だといえます。 マツダ3の値引きのレポート・体験・口コミ 最近のマツダ車全般にも言えることですが、マツダ3はうまく交渉しないと値引きはなかなか得られにくいです。 では実際にマツダ3を購入したユーザーは、どうやって交渉していくら値引きを獲得したのでしょうか。 ここではツイッター上からその実態を紹介していきます。 今日契約してきたわ 値引きは15してもらったから320万やねw 9〜10月やけん忘れた頃に納車やな マツダ3という名前や 携帯カバー買い行こっと! — 宝蔵寺 hozojidayo こちらの方は7月の購入で15万円の値引きを獲得しています。 ボーナス商戦などディーラーとしても販売にテコ入れをする時期ですので、この時期の交渉もありです。 最大値引きも出やすいかもしれませんね。 マツダ3は、値引きやっぱり無理なんやなー。 んでもそのかわり下取りとかサービスがめちゃ良かったなー。 んー、いい感じやハンコ押せるんじゃね? — ゲス氏 APEX Koko96Sara ただやはり一般的には値引きの厳しいマツダ3。 交渉の際には値引きに対する執着よりも、下取り買い増しやオプションのサービスなど、双方に有益になるように交渉していくことで値引きを引き出していくやり方が良いです。 最後の大詰めでフロアマットのサービスやガソリン満タンなど、もうひと押しの交渉をすると良いでしょう。 5万で引き取ってくれたから実質44万値引きしてくれたから即決しちゃったぁ! 因みに今人気のSUVのCX-3は10万しか値引けないとの事で断念しちゃって… — たんちゃん麺太(🍒たんちゃん麺太…🙄💦) tanchanmenta マツダ3ではありませんが、先代のアクセラはモデルチェンジのタイミングでなんと31万円もの値引きを獲得しています。 さらに値段のつかない下取り車を12万円で引き取ってくれるなどかなりの高待遇です。 まだまだ値引きの渋いマツダ3。 どうしても値引きが欲しい人は、このようにある程度値引きが大きくなるまで待つのも戦略の一つです。 マツダ3の値引き目標金額 ツイッターからはマツダ3の値引きの厳しい現状、そして末期モデルへの高待遇など締める部分とゆるくする部分をしっかり切り離している事がわかります。 ただ簡単には値引きを行わない車種であるだけに、交渉の仕方で値引き額は大きく違ってきます。 しっかり値引きを頂いて購入するためにも、まず必要なのが目標値引き額です。 目標がなければ営業マンが値引きを提示してきても、それが好条件なのかどうか判断できませんね。 マツダ3はいくらを目標に値引き金額に設定すればよいのでしょうか。 値引き目標額は本体で5万円、オプションで2割 マツダ3の目標値引きは現在の相場では本体価格から5万円です。 そしてフロアマットやエアロパーツなどといったディーラーオプションからの値引きは1割引きは当然のこと、2割引きまで引き出せれば十分です。 マツダ3はマツダのブランド戦略やモデルチェンジ直後ということもあり、なかなか車両本体の値引きは出ません。 交渉というよりは営業マンを味方につけ、車両からの値引きにこだわらずにディーラーオプションからのサービスを含めた、総額値引きで勝負をかけていくことで、大幅値引きにつなげていきます。 目標値引きを上げましたが、実際にできる値引き額は地域差やディーラーの販売力によって差があります。 一概には言えませんが、この金額を目標としておけば購入時の値引きが多いか少ないかは判断できるでしょう。 交渉の際にはしっかり目標値引きを把握して、営業マンの説得をうまく覆して最大の値引きを引き出しましょう。 マツダ3の目標値引き額まとめ 今までの情報をまとめると、マツダ3の値引き目標金額はこのようになります。 本体値引き 5万円 オプション値引き オプションから2割 時期的なもの 最大3万円 合計額 11~14万円 マツダ3購入の際にはこれくらいの条件を目標として、交渉して行きましょう。 この条件が今現在の値引き額のほぼマックスといえます。 決算などにはメーカーがオプションプレゼントなどと言った施策を出してきます。 こういった時期的なものもしっかり獲得しながら、最大値引きを目指しましょう。 マツダ3の値引き交渉のポイント マツダ3の最大値引きのポイントや目標金額を解説してきました。 あとは目標の値引きを手にするだけです。 しかしいきなり頭ごなしに値引きしろと値引きばかりを要求しても、マツダは値引きをしてくれません。 これはブランドイメージを下げる顧客には無理して売らない方針になっているのもありますが、営業マンも人間ですので、厄介な人に売って後々のフォローが大変なのはいやです。 他のお店に行ってくださいと言わんばかりの対応をされる前にやめましょう。 ではどのように交渉すればよいのでしょうか。 マツダ3の値引き目標金額を獲得する方法を考察していきます。 車が安くなる時期を狙う 新車効果はあれど基本的に値引きの渋いマツダ3ですので、こちらが優位に交渉するためにもタイミングは重要です。 突然車が必要になったという状況ではない限りは、購入のタイミングは絶対に重要です。 MEMO まずはモデルチェンジのタイミングです。 フルモデルチェンジ直前のアクセラは非常に大きな値引きが出ていましたね。 旧型は在庫処分などで値引きは大きくなりやすいのです。 ただマツダ3はまだ発売したばかりで仕様変更などは見込めないので、新車効果が薄れるまで時間を置くという作戦しかありません。 それではおそすぎるので、次に重要なディーラー側のタイミングを見ます。 車を購入するのにベストなのは1から3月の決算時期や8から9月の半期決算というのはお話しました。 ディーラーは決算期の3月や半期決算の9月に、車の売上となる登録を間に合わせたいのです。 その条件を前提の元で多少の無理を聞いてくれます。 そこで決算値引きを獲得するとなれば、マツダ3の納期からすると遅くとも登録タイミングの1月から2月前までに、ディーラーに出向いて契約をしましょう。 その他にも7月や12月などボーナス商戦の時期にもメーカー施策が出ることが多いので、チャンスは意外にあります。 マツダ3にはこの車で競合をしよう タイミングが決まったら次はマツダ3の値引きガードを崩すために他社競合をしていきます。 厳しいマツダ3の値引きを崩すためには絶対条件と言っても間違いないでしょう。 マツダ3と競合させる車はこちらも発売から1年程度のカローラスポーツを持ってきましょう。 お互い値引きは渋いですが、どちらも魅力の高い車です。 ただいくら競合だからといって、こっちはこれだけ安いからこっちも勉強してほしいなんて一方的な交渉だと良い結果には繋がりません。 マツダディーラー同士で競合させる 他社競合でそれなりの値引きは獲得できたでしょうか。 ここで十分満足な値引きが獲得できた人は良いですが、良い条件を引き出せなかったという場合は次の手段としてマツダ3同士で競合させましょう。 最大値引きの項目でもあったとおり、マツダにはいくつかの販売チャンネルがあります。 正規ディーラー意外にもサブディーラーもありますので、そういったところで競合させるのです。 目の前に車を買いますというお客さんがいるのを黙って返すような営業マンはそうそういません。 ただ地域によってはマツダディーラーが一つしか無いということもありますので、県外遠征なども視野に入れて動くのもありです。 大幅値引きのチャンスは3月 決算期は値引きが大きくなりやすいとお話ししましたが、中でも強力なのは3月の登録ギリギリのラインです。 3月というと決算期の最終月で、ディーラーはあと何台登録できて未使用車を何台作るかという計算に入ります。 そんなときに顧客売ができるということであれば、中古車に流すよりもサービスなどで収益が見込めるので、お店側としても無理をしてでも顧客売をしたほうがお得です。

次の

2019年最大の注目車マツダ3に暗雲がたちこむ!?? 売れてない苦しい事情

マツダ 3 値引き

マツダがアクセラの後継モデルとして2019年5月24日に国内販売を開始した「マツダ3」が、苦戦を強いられそうだ…という情報が入ってきた。 マツダ3デビュー以来の登録台数を見てみると、2019年6月が1591台、7月3668台となっており、月販目標の2000台を上回る立ち上がりになっている。 確かに上回っている…とはいえ、マツダの大黒柱、量販戦略モデルの発売直後の台数だと考えると、いささかもの足りない状況ともいえる(最近の販売戦略モデルは発表前から見込み客に営業をかけて受注を貯めておくことで、発売初期は計画台数の2倍、3倍、4倍が当たり前の世界だけに)。 この苦戦の要因は何か? 流通ジャーナリストとして日々新車ディーラーを回り、「生」の声を届けてくれる遠藤徹氏に伺った。 発表前から「ハッチバックのデザインとしては世界最高峰」と言われていたマツダ3。 性能も品質も走行性能も、先代型にあたるアクセラから大幅にアップしていることは間違いないが、それにともなう値上げについて、販売現場が説明に苦労しているとのこと この苦戦の要因として、首都圏のマツダ店では、 「売りのひとつになっているSKYACTIV-Xがまだ発売になっていないことや、エンジンラインアップの組み換え、クオリティアップ、安全対策強化などで(先代モデルであるアクセラから)大幅に値上げしたことで、商談に時間がかかっているため」 と説明。 従来モデルであるアクセラの消費税込み車両本体価格は182万5200~331万200円だったことに対して、新型のマツダ3は218万1000~362万1400円であり、値上げ幅は31万1200~35万5800円と大幅なアップとなっている。 マツダ店各社はこの大幅値上げをカバーするために低金利の残価設定クレジットや残価を高く設定することで毎月の支払額を少なくするような工夫をしている。 残価設定クレジットは一般的には実質年率が3. 5~5%だが、マツダ車の場合は一律2. 9%としている。 残価率は3年後55%、5年後40%でトヨタのカローラクラスよりも10ポイント以上も高くしている。 ただこうした措置は3~5年後の精算時に高い額が残るわけだから、その時点でリスクが大きくなるというデメリットもある。 マツダはつい最近になってマツダ3に搭載するSKYACTIVの発売日を2ヶ月程度先送りすると発表した(2019年10月から12月中旬へ変更)。 エンジンラインアップは1. 5Lガソリンと2. 0Lガソリン、1. 8Lディーゼル、それにSKYACTIV-Xの2. 0Lガソリン仕様が用意されている。 豊富な品揃えだが、「どうせなら最上級グレードにあたるSKYACTIV-X仕様が出てから買うかどうか決めたい」という人も多いのではないか この理由をマツダは、 「ヨーロッパで関係者と試乗会を開催したところ、走りのよさは極めて好評だった。 現地ではオクタン価の高い(日本のハイオク用に近い)ガソリンが使われているので、日本の仕様もハイオク推奨に切り替えることにした。 このためのエンジン制御や型式認定取得作業が必要となったから」 と説明している。 もちろん「走行性能にこだわりたい」というマツダの狙いはわかるのだが、販売戦略を考えると、この措置は(特に販売現場やユーザーにとって)かなり難しい判断を迫られることになるだろう。 というのも、SKYACTIV-Xは「16」という高圧縮比と超希薄燃焼の組み合わせでガソリンと空気の混合比を燃やす、いわばディーゼル的な燃焼方式。 そのうえ性能向上を果たすためにモーターアシストによるマイルドハイブリッドを付加している。 これによってNAガソリン車よりも50万円以上のコストアップとなる。 さらにこの10月から消費税が10%に引き上げられ、自動車取得税が廃止になり、環境性能割が導入される。 EV走行可能なフルハイブリッドやクリーンディーゼルは従来どおり免税だが、SKYACTIV-Xはマイルドハイブリッド扱いとなるため、5万5500円が課税される。 そのうえにハイオクだとガソリン代がレギュラーよりリッターあたり約10円程度高くなる。 つまり、ただでさえ車両本体価格に割高感があるのに加えて、諸経費や維持費も高額になる見込みだ、ということだ。 ただ、価格が高いのであまり予約は入っていない。 燃費がいいうえに走りも最高レベル……といっても、現物がないので積極的に売り込みができない。 今後どれだけ売れるようになるか不透明だ」 と、かなり難航気味だというコメントを寄せている。 国内仕様のジャーナリスト向け試乗会はすでに実施されており、評判はめちゃくちゃ高い…のだが、しかし、価格もそれなりに(特に先代モデルにあたるアクセラと比べると)高い。 こちらもマツダ3同様に高価なので、滑り出しの売れ行きは他のエンジンに比べると、今一歩の受注ピッチで推移しているようだ。 今年下半期デビュー車のなかでは最も注目が集まっているマツダCX-30。 クーペSUVとして国産車の新ジャンルを切り開くべく登場する。 マツダ3よりもさらにフォルムは美しい…と評判 マツダ3とCX-30は、マツダの今後を示す象徴的なモデル。 (従来のマツダ車に比べて)本体価格や諸経費、維持費がやや高額となるのは、それが今後マツダが向かう方向性だとも考えられる。 その中心にあるのがSKYACTIV-Xだ。 まだディーラーには搭載モデルの展示車も試乗車も出回っておらず、本格的な販売は来年(2020年)になってからだから、マツダ3の正式な評価はそれ以降となりそう。 5ガソリン/ファストバック】 価格:218万1000~250万6080円 【2. 0ガソリン/ファストバック】 価格:247万~271万9200円(7月18日発売) 【2. 0ガソリン/ セダン】 価格:247万~264万9000円(7月18日発売) 【1. 8ディーゼル/ファストバック】 価格:274万~322万1400円 【1. 8ディーゼル/セダン】 価格:274万~315万1200円 【2. 0 SKYACTIV-X/ファストバック】 価格:314万~362万1400円(12月発売予定) 【2.

次の