真 女神 転生 vx。 真・女神転生シリーズ公式サイト

回線オチナイデのページ 真・女神転生VX

真 女神 転生 vx

こんにちは。 ハツです。 今回は、フリーゲームの真・女神転生 メガテン vxについて書きたいと思います。 どんなゲーム? 今回の真・女神転生は、メガテンと呼ばれるシリーズの初代の頃のゲームです。 悪魔と呼ばれる存在を倒し、時に使役しながら物語を切り開いていくのがこのゲームの特徴となっています。 メガテンの「悪魔」は悪魔だけでなく、天使や神様も含めて悪魔と呼ばれています。 出てくる悪魔は、ほとんどがゴエティア 72柱の悪魔 やギリシャ神話、 日本神話、仏教などに登場するキャラクターが多いです。 「メガテンをすると神話に詳しくなる」というのは、登場するキャラを知るという意味ではあながち間違いではないですね。 私は原作となったスーパーファミコンの真・女神転生をしたことがありまして、 ダンジョン攻略が難しく、惜しくも最終ダンジョン手前でクリア出来なかった 思い出があります。 「またやりたいな~」と思っていたちょうどその時! このゲームの存在を知りました! プレイしてみると、際限度の高さとストーリーや内容の良改変に引き込まれ 2日ぶっ続けでゲームを行い、休みをあっという間に消化してしまいました。 真・女神転生のあらすじ さて、今回の物語は悪魔と呼ばれる存在が現れ始め、 混乱に陥った199X年の東京を舞台に冒険が始まります。 その結果から「正義」「悪」の価値観が 変わってしまうかもしれません・・・。 気になる特徴• 3Dマップ探索型• BGM• ドット絵• 悪魔との戦闘• 3Dマップを探索するゲームをしたことがない人は、「3Dマップ酔い」や「方向転換」などに慣れるまで苦戦しそうです。 また、個人的な感想ですが移動に関しては「 同じ景色がずっと続いてつまらない。 」とも感じました。 「次のマスに何があるかな?」を楽しめないと辛いところがありますね。 他のメガテンシリーズから良曲が輸入されていたり、PS版真・女神転生の改変された原曲に差し替えられたりしています。 そしてこれらの曲が全てスーパーファミコンの音源で作られているので、重厚な音程に聞き惚れました。 BGMをスーパファミコン音源にしている事を意図的にやっているとすれば、 作者さんはかなりスーパファミコン版の真・女神転生シリーズに愛着があると思います。 私個人として、ドット絵が好きなのですが、スーパーファミコンならではの 細やかなドット絵に注目してもらいたいと思います。 原作絵の若干の改変に加えて、原作にはいないオリジナルの悪魔や、他のシリーズの悪魔なども良く作られていて、原作を知っている方はその違和感のなさからもクオリティの高さを感じられるのではないでしょうか。 「デビルアナライズ」を使って悪魔の弱点を解析し、 1ターンで戦闘終了させられるのが理想です。 通常攻撃や魔法を跳ね返したり、魔法を吸収する敵も出てくるので、 初めて遭遇する悪魔は、戦闘開始時に解析を行って対策を考えたほうが 生き残りやすくなります。 なので、 「レベルを上げて、物理で殴る」スタイルが好きな方には このゲームは向いていないと思います。 また、悪魔と戦って強くなるだけでなく「 交渉し、仲間にできる」というところが、このゲームの醍醐味の一つでもあります。 交渉はワンパターンではいかず、運が悪いと不意をつかれて襲われたり、交渉のために与えたアイテムを持ち逃げされたりします。 悪魔の反応も色々なので、会話をするのも楽しみの一つになるのでは ないでしょうか。 合体させる仲間の組み合わせで、出来上がる仲間が変化するため。 欲しい種族の仲間を作るために、色々な種族を勧誘することになるでしょう。 ちなみに、目的の種族を作成するのに必要な種族がわからない場合は、ゲームのマニュアル. pdfに「悪魔合体表」が記載されているので、それを参考にしてみてください。 原作との違い クローンゲームといわれていても、内容は若干変更されていて、 ファミコンでプレイした方も新鮮かつ懐かしみながらプレイできる所が、より嬉しく感じました。 若干セリフが変わっている• ダンジョン探索がしやすくなっている• 他シリーズの種族や新たな敵が追加• ルート分岐が増えている• 戦闘難易度が上がっている• ステータス上昇アイテム「お香」が無限入手可能 ・若干セリフが変わっている よりストーリーが分かりやすくなっている 特に序盤の状況が分かりやすくなっていて、ストーリーを飲み込みやすく感じました。 個人的に、母親との絡みが原作と違って「親子」っぽくなっており、主 人公に感情移入しやすかった所がグッときました。 主人公・・・そりゃ辛いよね・・・; ・ダンジョン探索がしやすくなっている! 右上にマップが表示されるようになりました! 嬉しい! いままでの作品では、いちいちメニューから全マップを見るか、魔法でマップを表示して自分の位置と方向を予測する必要がありました。 これが非常に面倒くさかったのですが、常にミニマップを見れるようになった為、移動や探索が楽になりました。 ・他シリーズの種族や新たな敵が追加! 原作以外のキャラクターや種族が追加されています! 他のメガテンシリーズで登場したキャラクターや、初見のキャラクターが出てきてとてもワクワクしました。 姿を知っていても、レベルや強さ、能力は原作と違う場合があった為、戦闘は常に新鮮です。 高くなったといえば、改変している画像の年齢制限が高くなった部分もあります。 女性敵キャラが半裸や全裸の場合がある為 ・ルート分岐が増えている 原作ではエンディングの分岐が3種類あったのですが、今作はなんと6種類も分岐があります。 「こういうエンディングが見たかった」と思っていた分岐も実装されていて、作者さんのメガテン好きを改めて感じました。 ・戦闘難易度が上がっている 戦闘に関しては原作より高く感じました。 戦闘の感想は以下の通りです。 剣の攻撃力が低い。 魔法を使う事が多い。 防御・攻撃力は現在ステータスより装備依存• 最序盤戦闘…すぐ死ぬ。 序盤ボス戦…強すぎ!すぐ死ぬ。 中盤以降戦闘…魔法で1ターンキル出来るまでギリギリ勝利。 終盤ボス戦…粘り強くて倒せないんですけど…; 原作では、倒した悪魔の図鑑機能しか持っていなかった「デビルアナライズシステム」が今作では大活躍します。 戦闘の始めに、「デビルアナライズ」を起動して、HPと弱点を探ってから戦闘を行うのが定例のスタイルとなるでしょう。 ・ステータス上昇アイテム「お香」が無限入手可能 「ステ振り間違えた;」という場合でも、今作はパラメータを上げる 「お香」が無制限に入手できます。 根気は要りますが 「ラグの店」でお香が交換できるのですが、交換する宝石は敵が ドロップするので、時間をかければ全てのパラメータをMAXにする 事も出来ます。 感想 総評となりますが、ゲームシステムを含めて、原作を忠実に再現していてとてもテンションが上がりました。 「顧客の求めていたもの」が追加実装されている良いゲームだと思いました。 原作をプレイしていても新鮮な気持ちでプレイ出来る所もすばらしいところだと思います。 ただ、戦闘難易度が高い為、なんどか詰まりかけました。 序盤で6回は死にました 最終ボス戦ではレアアイテム「最強の武器」入手を推奨するぐらい戦闘がキツかったので、 RPG初心者やあんまりなれていない人にはオススメしづらいです。 しかし、ストーリーも良く、善悪に対する新たな価値観などの戦闘以外の魅力もたっぷり詰まっている作品なのです。 私は、この作品をエンディングまでプレイすることが出来て本当に良かったと思っています。 特に善悪に対しての価値観は大いに変わり、人生少し得したと思っています。 方や規律を重んじるか、感情や理性を重んじるか… 貴方の属性は何になるでしょうね。 ど~してもクリアできない場合の改造方法 正規の方法ではありませんが、下記の記事の方法でアイテムやレベルを編集することが出来ます。 関連記事:.

次の

RPGツクールVX版 真・女神転生VXプレイ日記~ニュートラルルート攻略その5〜太上老君フルボッコ

真 女神 転生 vx

みなさまこんにちは、アトラスの平岡です。 いつも真・女神転生シリーズをご愛顧頂きまして、厚く御礼申し上げます。 これらのメンバーが全員、「たった1本のメガテン」の開発のために参加していたわけです。 今あらためて振り返ると、メガテンこそ現在のアトラスの原点であり、当時からすごいメンバーで作っていたんだと、我が事ながら感じ入ってしまいます。 また、こういう原体験があるからこそ、今の我々があり、こうして25周年を迎えることが出来たのだと思います。 さてこの機会に、これからのメガテンについて少しお話ししたいと思います。 まずメガテンシリーズは、アトラスにとって創業当時からの最も重要なIPの1つです。 それは今後も変わりません。 ならびにリスタートしてからの内容が、「我々にとってベストだったか?」と自問自答すると、やりたかった事や、やりたい事がまだまだある。 と、そういう思いに至ることもしばしばです。 その想いを胸に今、『真・女神転生シリーズ 最新作(仮)』(Nintendo Switch)の開発に全力で集中しています。 加えて、この25周年を記念する一環として、骨太なストーリーとダークな世界観が魅力である『真・女神転生 DEEP STRANGE JOURNEY』を選択したのも、原点回帰、すなわちメガテンらしいメガテンを手にとって頂きたいという想いからです。 もちろん、これだけには留まりません。 25周年という特別なお祭りの年ですから! このお祭りを皆様にも一緒にお祝いして頂きたく、様々な施策を現在、社内で激論検討中です。 ご期待頂ければ幸いです。 そんなメガテンですが、こうなると25周年の次は50周年! と、早くも言い出したいところ……ではありますが、まずは足下をみて、これからも皆様の期待を裏切らないようなゲーム制作を1年、1年積み重ねて行ければと思います。 株式会社アトラス 取締役 コンシューマソフトウェア局 局長 平岡直人.

次の

これは凄い!RPGツクールVX版 真・女神転生1(クローンゲーム)の出来が凄すぎる件

真 女神 転生 vx

東京タワーVR バーチャル・リアリティー で強化した最終メンバー 装備品は耐性重視だが、相変わらず細かいところを検証してないので、もっと適した装備があると思う。 人間が4人と多いパーティなので、出せる仲魔は2体。 結局特技と耐性重視でヴィローシャナとベルゼブブにした。 ベルゼブブは超満月型なので、満月時に突入した。 香集めはしていないので、あとは宝石集めをするくらいかな。 いざ、再戦。 何よりも調和が必要なのじゃ・・・と主張するおじいさん。 そこへ食って掛かるロウヒーローとカオスヒーロー。 確かに、勝手に巻き込んでおいて、また勝手なこと言っているという2人の主張には同意します。 「やはり」とか言ってるってことは、こちらを始末する予定もあったってことですかい? すべての事象の背後にいるお前だけはゆるせねぇ! という熱い展開。 というわけで再戦 開戦1ターン終了でこの有様。 メギドラオン連発はやっぱりキツイ。 まーた、ロウヒーローは勝手に殉教しとる。 今回の作戦 【前列】 主人公・・・ひたすら魔人武器を振り回す カオスヒーロー・・・ひたすら魔人武器を振り回す ロウヒーロー・・・ときどきアイテム タリスマン 後ひたすら魔人武器を振り回す 【後列】 ヒロイン・・・宝玉輪とかアイテム タリスマン ときどき回復魔法 ベルゼブブ・・・ひたすらランダマイザ4回がけ後に死蝿の葬列 ヴィローシャナ・・・ひたすらソルクラスター4回がけ後にメギドラオン タリスマンとソルクラスターの重ねがけを、なるべく早くMAX4回がけまでもっていき、前列魔人武器でひたすら殴る。 ランダマイザも地道にかける。 前回の初戦に比べたら本当にあっけないほど戦闘は終わった。 このルートでは、 ・戦闘時に4人いる人間の仲間がアイテムを自由に使える ・前列3人魔人武器が可能 まあ後列でも使えるけど という部分が大きい。 覇王ルートでは主人公一人なので勝てるかどうか・・・ 仲魔構成も入れて少しシミュレーションしてみると、 前列は全員サマリカーム・メディアラハン、 後列は全員サマリカーム・メディアラハン・メギドラオンは持たせたい。 耐性重視となるべく満月型を中心に選びたい。 【前列】 主人公・・・ステMAX なるべく。 ときどきアイテム タリスマン等 後ひたすら魔人武器を振り回す 邪神クトゥルー 魔法吸収ボス ・・・満月型 バルカンキック 3~6回 地母神カーリー 耐魔法ボス ・・・満月型 阿修羅撃、通常攻撃 2~4回 【後列】 ラファエル 反氷結ボス ・・・ひたすらソルクラスター4回がけ後に回復魔法ときどきメギドラオン ベルゼブブ 耐魔法ボス ・・・超満月型 ひたすらランダマイザ4回がけ後に死蝿の葬列 ヴィローシャナ 反魔法ボス ・・・ひたすらソルクラスター4回がけ後にメギドラオン 他の候補 【前列】 破壊神シヴァ 耐魔法ボス ・・・満月型 阿修羅撃 女神スカアハ 全対応 ・・・満月型 ゲイボルグ 3~6回 パワーチャージ 攻撃回数2~4回 龍神アナンタ 全対応 ・・・満月型 パワーチャージ 攻撃回数2~8回 魔王マーラ 全対応 ・・・満月型 パワーチャージ 攻撃回数2~6回 【後列】 天津神ツクヨミ 魔法反射 ・・・超満月型 ランダマイザ マインドチャージ 地母神イシュタル 反電撃ボス ・・・超満月型 回復技が優れている 実際は試してないのでわからん・・・ まあ、とりあえず、ニュートラルルート ロウヒーロー・カオスヒーローみんな仲間 攻略シリーズはひとまず今回でおわり。 次回シリーズをお楽しみに。 RPGツクールVX版 真・女神転生1プレイ日記~ニュートラルルート攻略.

次の