じこうけいさつ。 時効警察

時効警察の登場人物

じこうけいさつ

内藤理沙さんの父親は元ラグビー選手! さて、芸能界入りのキッカケとなったお父さんですが、 元ラグビー選手です。 名前は 内藤美徳さんで、 現パナソニックワイルドナイツに所属をしていました。 内藤理沙さんはお父さんとラグビーの試合を観に行ったりされるようですね。 内藤理沙さんは前橋女子高校? それでは続いて 内藤理沙さんの高校を紹介します。 内藤理沙さんは過去のインタビューで前橋にある女子校に通っているとコメントされています。 その条件で検索すると、 前橋女子高等学校が該当しています。 この他にも元テレビ朝日の田中真理子アナがいらっしゃいます。 ただ、 内藤理沙さんご自身は 芸能活動を優先するために、大学には進学されていません。 内藤理沙さんは一時期芸能活動を辞めようとしていた!? 実は 内藤理沙さんは一時期芸能活動をしていく中でふせぎこんでいた時期があったんだとか。 芸能界デビューをした直後は、電車に乗っていると【 それで美少女かよ】という言葉を面と向かって言われたり。 その当時は中学2年生だったことから、言葉を正面から受け止めてしまい苦しい時期を過ごしたそうです。 【 変に目立つぐらいならおとなしくしていよう】 そう考えていく内にネガティブな思考が身につき、引っ込み思案になったそうです。 しかし、祖父が応援してくれてお友達に『 今度理沙が出るんだ』と嬉しそうに話している姿など周りの支えがあり、自分に自信が持てるようになってきたんだとか。

次の

時効警察2019の相関図画像を過去作と比較!キャスト一覧紹介!|無料フル動画

じこうけいさつ

脚本・ 監督には三木聡、岩松了、園子温、ケラリーノ・サンドロヴィッチら、映画界・演劇界の奇才たち。 映画、ドラマ、CMなど多方面で活躍するオダギリが、彼らとの豪華コラボレーションを実現する。 何となく見ているうちに、何となくやみつきになってしまうドラマなのだ!』 ……をよろしくお願いします。 #1「時効の事件には、おいしいご飯の湯気が似合うと言っても過言では無いのだ」 総武署管轄内では、全裸で逃げる空き巣の被害が続出していた。 無趣味の霧山は、時効事件の捜査を趣味にしようと決意。 そんな霧山の目に止まったのが、15年前に起こった『西総武市における料理学校理事長殺人事件』だった。 霧山は交通課の警察官・三日月(麻生久美子)を巻き込み、さっそく捜査を開始することに。 やがて被害者の元妻で、現在はカリスマ料理研究家として脚光を浴びる笠松ひろみ(東ちづる)の身辺を探っていくうち、ひろみのアリバイを証言したのが被害者の愛人・水岡由起子(高田聖子)だったことが判明する。 霧山は時効事件をどの点から解明するのか…? 【脚本・監督 三木聡】 #2「偶然も極まれば必然になると言っても過言ではないのだ!」 ある日、三日月(麻生久美子)と熊本(岩松了)がラブホテルから出てくる現場を連写した写真を、蜂須賀(緋田康人)が持ってきた。 不倫発覚か!? と盛り上がる時効管理課の面々。 そんな中、霧山(オダギリ ジョー)は、オリンピック代表候補だった水泳選手・藤山一子(塩山みさこ)とコーチ・小原安雄(田中要次)の心中事件に興味を持つ。 しかし物的証拠がないまま、事件は時効を迎えたのである。 霧山はまたしても三日月を引き連れ、当時オリンピック代表の座を一子と争っていた妹・藤山しおり(池脇千鶴)を訪ねる。 小原からの最後の電話を取ったのがしおりだったからだ。 しかし、霧山には引っかかる点が他にもあった…。 【脚本・監督 三木聡】 #3「百万人に無視されても、一人振りむいてくれれば人はしあわせ…じゃない?」 三日月(麻生久美子)は時効管理課に花を飾ってみるが、霧山(オダギリ ジョー)をはじめ時効管理課の人間は誰も気付いてくれなくてガッカリ。 そんな中、霧山はまた時効事件を捜査し始める。 政治家への不正献金問題でマスコミの攻撃を受けていた会社の社員・町田拓二(大西武志)が、駅のホームから転落死した事件である。 同じホームで電車待ちしていた藤沢郁也(田中哲司)も不正に関与していた疑いがあり、それに感づいた町田を藤沢が殺したという説も出てきたが、現在は藤沢の妻である道子(緒川たまき)が事故死だと証言。 殺人の疑いは消えたまま現在に至った。 捜査のために当時のニュース映像を見ていた霧山は、その中に出てきた道子の証言がどこか腑に落ちない。 証言にしては、あまりにも不可解な表現が含まれていたからだ…。 【脚本・監督 岩松了】 #4「犯人の575は崖の上」 霧山(オダギリ ジョー)がグッとくる時効事件を探していると、蜂須賀(緋田康人)が俳句を詠み始めた。 2時間ドラマ・シリーズ『THEアネゴ探偵・寂水先生が行く!! 』で、アヤメ旅子(永作博美)演じる寂水が事件解決後に崖の上で詠んだ句だ。 実は熊本(岩松了)も常に選りすぐりの寂水シリーズのVHSを携帯し、ある時効事件のために撮影中止となった回に登場した崖のミニチュアまで持っているほどのマニアぶり。 その事件とは、当時寂水を演じていた白河湯舟(広田レオナ)が、犯人と揉み合う場面の撮影中に崖から転落死したもので、事故か他殺か謎のまま時効に…。 旅子はその場面に助手役で出ていた。 時効管理課の面々や十文字(豊原功補)らから半ば強引に捜査を勧められ、三日月(麻生久美子)と一緒にVHSを見た霧山は、旅子の大ファンに。 霧山は4つめの時効事件を冷静に解決できるのか…!? 【脚本・監督 園子温】 #5「キッスで殺せ!死の接吻は甘かったかも?」 霧山(オダギリ ジョー)は、時効管理課の面々や十文字(豊原功補)にも多大なる影響を与えた超人気歌手・本郷高志(乃木涼介)の変死事件を調べることに。 男の生き様をアツく歌い続けて人々を魅了した本郷は、15年前に王様ゲームでキスした直後、「オッス」と言い残し、謎の死を遂げた。 体内から毒物も見付からず、キスの相手・夏川リナ(飯沢もも)は容疑者から外され、その代わり妻で医学的知識も豊富な女医・雪絵(奥菜恵)が最も重要な容疑者として浮上。 当時、本郷は数々の浮気現場をスクープされていたからだ。 しかし、雪絵のアリバイは完璧だった。 霧山と三日月(麻生久美子)は雪絵を訪ね、さらには事件当日に本郷の着替えを取るために雪絵と会った 付き人・及川正義(東幹久)の話も聞く。 ふたりの証言が微妙に食い違っていたことから、霧山の疑問は膨らみ…。 【脚本 高山直也、塚本連平 / 監督 塚本連平】 #6「恋の時効は2月14日であるか否かはあなた次第」 15年前の2月14日に夫を殺し、現在も整形しながら逃亡を続ける茗荷谷かよ子。 事件は時効成立まで残すところ3日となり、総武署内でも容疑者逮捕に全力を注ぐよう通達が出るが、みんな半ば諦め気味。 一方、霧山(オダギリ ジョー)はニュース番組の中で、時効を迎えた別件の被害者の母親が「時効」そのものに対する疑問を訴える姿を見て心が痛み、趣味の時効事件捜査に嫌気がさしてしまう。 そんな折、友人と一緒に万引きしようとした女子高生・真弓(吉高由里子)と遭遇。 説教した後に彼女らが盗んだ品をそっと返そうとした霧山は、店主から万引き犯と間違われるが、三日月(麻生久美子)や十文字(豊原功補)も巻き込み、どうにか誤解を解く。 反省した真弓はお礼に、3人を母・レイコ(森口瑤子)が経営するスナックへ招待。 そこで、レイコを見た十文字は恋に落ちてしまうが…。 十文字(豊原功補)が刑事課で初めて担当したこの事件が時効となった日、総武署に不審な女・秋津聡子(葉月里緒奈)から電話が…。 「事件について話したいことがある」という。 応対した霧山(オダギリ ジョー)は聡子と指定場所で会うことに。 彼女は自分が犯人だと言い張り、警察の手ぬるい捜査を告発する手記執筆のために、遺留品が必要だという。 霧山は真相を究明し、聡子が犯人だと確定したら、遺留品を返却すると約束。 しかしその際に、3億円をどうしたのか聞き忘れ、改めて自宅を訪ねることに。 聡子は夫と3人の子供と共に貧乏生活を送る主婦で、盗んだ金はあっという間に使い切り、現在は発明で一山当てようとしているらしい。 霧山は話の最中に、聡子がさりげなく隠した、読みかけの手紙が気になる…。 【脚本 岩松了 / 監督 塚本連平】 #8「桜咲く、合格通知は、死への招待状?」 霧山(オダギリ ジョー)は、女子高生・立花律子(真木よう子)がセーラー服のスカーフで絞殺された時効事件を調べることに。 律子は朝日ヶ丘大学合格発表の日の夜、当時痴漢被害が続発していた森へ自ら赴き、そこで殺されたらしい。 霧山は三日月(麻生久美子)と共に、朝日ヶ丘大学卒業後に同大学数理学部の助教授をしている律子の親友・関ヶ原弥生(櫻井淳子)を訪ね、話を聞くことに。 しかし、そこで弥生の話す日本語が少々おかしいことが妙に気になってしまう。 さらに霧山は、事件の直前に律子と弥生が合格祝いのために訪れた喫茶店「森の荒熊」へ。 マスター(廣川三憲)は前向性健忘症であるため、30年前からノートに記憶を記しているという。 そのノートを借りた霧山の目に、ある記述が留まり…。 【脚本 ケラリーノ・サンドロヴィッチ、山田あかね / 監督 ケラリーノ・サンドロヴィッチ】 最終話「さよならのメッセージは別れの言葉とは限らないと言っても過言ではないのだ!」 時効管理課の温泉旅行の幹事になった霧山(オダギリ ジョー)は、行き先を考えている最中、新しい時効事件を発見。 日本のモーツァルト的存在だった天才作曲家・雨田潮(ROLLY)が殺された本件の捜査は、被害者の残した「サリエリ」というメッセージにかく乱され、時効を迎えていた。 現場は秘境の塩砦温泉。 自腹で時効捜査を続けたため金欠気味の霧山は「最後の捜査になるかもしれない」と覚悟し、定期預金を解約。 費用を捻出し、事件の起こった町の派出所へ。 警官・林田(笹野高史)の話では、雨田は現在作曲家として活躍する冴島翠(りょう)と、風俗で働いていたアンズ(つぐみ)と三角関係にあったという。 後日、冴島を訪ねた霧山は、彼女に何か不審なものを感じる。 きちんと殺害現場を検証したくなった霧山は、幹事の特権を行使。 課の旅行先を塩砦温泉に決め…。 【脚本・監督 三木聡】 最終話「さよならのメッセージは別れの言葉とは限らないと言っても過言ではないのだ!」 時効管理課の温泉旅行の幹事になった霧山(オダギリ ジョー)は、行き先を考えている最中、新しい時効事件を発見。 日本のモーツァルト的存在だった天才作曲家・雨田潮(ROLLY)が殺された本件の捜査は、被害者の残した「サリエリ」というメッセージにかく乱され、時効を迎えていた。 現場は秘境の塩砦温泉。 自腹で時効捜査を続けたため金欠気味の霧山は「最後の捜査になるかもしれない」と覚悟し、定期預金を解約。 費用を捻出し、事件の起こった町の派出所へ。 警官・林田(笹野高史)の話では、雨田は現在作曲家として活躍する冴島翠(りょう)と、風俗で働いていたアンズ(つぐみ)と三角関係にあったという。 後日、冴島を訪ねた霧山は、彼女に何か不審なものを感じる。 きちんと殺害現場を検証したくなった霧山は、幹事の特権を行使。 課の旅行先を塩砦温泉に決め…。 【脚本・監督 三木聡】 相関図.

次の

テレ朝POST » 『時効警察はじめました』、中山美穂ら12人のゲストを一挙解禁!<コメントあり>

じこうけいさつ

> 第3シリーズ開始を目前に、新作の『時効警察・復活スペシャル』を放送することが決定!つまり、このドラマスペシャルが正真正銘の復活第一弾となるのです。 しかもせっかくの機会ですから、たまにはド派手にぶちかましてみたくなっちゃいまして…。 この設定やネーミングからして何だか怪しい男を、武田真治が肉体美だけでなく、持ち前のミステリアスな雰囲気も120%生かしながら演じ、うっかり夢に出てきそうな存在感を放ちます。 オファーを受けたときの喜びを、武田は「おとぎの国から招待状が届いたような気持ちでした!」と表現。 もし別の役者さんがこの役を演じているのを、僕が『時効警察』ファンとして見たら、相当悔しがっただろうなって思いますね」と、熱い思いをにじませながら演じる美魔王藤原の一挙手一投足に注目です。 <菊地凛子に余貴美子に…『時効』名物のアノ人も!? まだまだいますよ、豪華ゲスト陣> さらに、さらに…今回はなんてったってスペシャルですから、ほかにも豪華ゲストが続々登場します。 まずは…映画『バベル』(2006年)でアカデミー助演女優賞にもノミネートされるなど、国内外で高い評価を得てきた国際派女優・菊地凛子! 霧山と同時期に美魔王藤原の年齢詐称疑惑について調べているライター・九品仏さやかを演じ、時効事件の捜査にも大きく絡んでいきます。 また、様々な役を演じてきたベテラン女優・余貴美子も出演。 時効になった「浦島ガソリンスタンド火災事件」で亡くなった高校生の母親で、現在は消息不明の沢村加奈子に扮し、事件をさらに謎めいたものにしていきます。 今度は一体全体どんな役で出てくるのか…ご期待のほどよろしくお願いします。 おとぎの国から招待状が届いたような気持ちでした! 年齢を重ねると、自分自身も夢を見ながら仕事をするのはなかなか難しくなってくるもの。 でも「今回はそれができるんだ!」と、胸が躍りました。 ものすごいキャラですよね。 台本を読み進めるうちに、本当に生意気ながらも「これは自分がやるべき仕事だな」と思いました(笑)。 もし別の役者さんがこの役を演じているのを、僕が『時効警察』ファンとして見たら、相当悔しがっただろうなって思いますね。 誰にも頼まれていないトレーニングを長年コツコツと続けてきたことが、この役に僕を導いてくれたのかなと考えると、本当によかったなと思いました。 監督は時に「えっ!? この行間から、それは読み取れませんよね」というムチャな演出もされるのですが、それも事前に絵コンテを渡してくださるし、決してノリだけではやらない方なんです。 ですから、結果的にムチャにはならないのですが、ものすごい振り幅ですよ! きっと僕が出演するラストシーンのオチの付け方も、ご覧になったら驚かれると思います。 坊ちゃん刈りっていうんですかね? 46歳の顔に、すべての毛流れが前に向かっている髪型というのはなかなか…(苦笑)。 皆さんも引っかかるかとは思いますが、ぜひ温かい目で見ていただきたいです(笑)。 オダギリさんも僕も40代。 大きな意味では同世代なのですが、表現者として間違いなく彼はトップランナーの一人だと思います。 『時効警察』が続けられているのはオダギリさんのおかげだと思います。 監督の要望やオダギリさんの演技に、すごく柔軟に軽々と、すいすい合わせて演じられるので「さすがだな!」と思いました。 おしらせです。 日曜日のゴールデンタイムに 復活大スペシャルやらせていただきます。 初のゴールデン、初のスペシャル。 ドキドキが止まらないといっても過言ではないのだ! — 【公式】「時効警察はじめました」@テレビ朝日 jikou2019 記念すべきスペシャルのゲストには さんが登場。 71歳にして40代の肉体をもつ男「美魔王藤原」を演じます。 — 【公式】「時効警察はじめました」@テレビ朝日 jikou2019 さらに さん、 さんといった豪華俳優陣が出演です。 ひと癖もふた癖もあるキャラクターがババンと登場いたします。 復活スペシャルで よ〜い、ドーパミン。 — 【公式】「時効警察はじめました」@テレビ朝日 jikou2019.

次の