アンチテーゼ 意味。 「アンチテーゼ」って辞書で引いたのですが、意味がよくわかり...

アンチテーゼて何の意味ですか。

アンチテーゼ 意味

まず、この言葉を用いた代表的な学者 ヘーゲルの 弁証法の大まかな解説をしたいと思います。 ヘーゲルは近代に活躍したドイツの哲学者です。 ヘーゲルは当時の哲学者たちの考え方にある不満を抱いていました。 しかし、ここが大きな落とし穴だったのです。 それは、認識の方法に対してあれこれと批判や検討をしているうちに、「本当にこの方法でいいのか?」「もしこの方法が間違っていたらどうする?」という懐疑が強くなっていくのです。 終いには、 どのような方法を選んでもそれは人間が手を加えたものだから完璧に客観的とは言えないという極論まで出現します。 このバージョンアップの過程が上記したテーゼとアンチテーゼのアウフヘーベンなのです。 もう少し噛み砕いて説明すると、ある男が「 白鳥は全部白い テーゼ 」という考えを抱いていたとします。 しかし、世の中に黒い白鳥 黒鳥 も存在します。 それを知った男は「 黒い白鳥も存在する アンチテーゼ 」を受け入れて、「 白鳥という種には白も黒もいる ジンテーゼ 」と考え方を改めます。 つまり、「アンチテーゼ 」とは単に反対の意味や対義語なだけでなく、 考えを改めるきっかけとなる事柄というニュアンスも含まれています。 このことを踏まえて他の用語も説明すると、テーゼ=自分の主観による解釈、アウフヘーベン=自分の考えと違うものを受け入れる過程、ジンテーゼ=それによって新たに獲得した考え、物の見方となります。

次の

テーゼやアンチテーゼの意味とは?語源由来もあわせて解説!

アンチテーゼ 意味

まず、この言葉を用いた代表的な学者 ヘーゲルの 弁証法の大まかな解説をしたいと思います。 ヘーゲルは近代に活躍したドイツの哲学者です。 ヘーゲルは当時の哲学者たちの考え方にある不満を抱いていました。 しかし、ここが大きな落とし穴だったのです。 それは、認識の方法に対してあれこれと批判や検討をしているうちに、「本当にこの方法でいいのか?」「もしこの方法が間違っていたらどうする?」という懐疑が強くなっていくのです。 終いには、 どのような方法を選んでもそれは人間が手を加えたものだから完璧に客観的とは言えないという極論まで出現します。 このバージョンアップの過程が上記したテーゼとアンチテーゼのアウフヘーベンなのです。 もう少し噛み砕いて説明すると、ある男が「 白鳥は全部白い テーゼ 」という考えを抱いていたとします。 しかし、世の中に黒い白鳥 黒鳥 も存在します。 それを知った男は「 黒い白鳥も存在する アンチテーゼ 」を受け入れて、「 白鳥という種には白も黒もいる ジンテーゼ 」と考え方を改めます。 つまり、「アンチテーゼ 」とは単に反対の意味や対義語なだけでなく、 考えを改めるきっかけとなる事柄というニュアンスも含まれています。 このことを踏まえて他の用語も説明すると、テーゼ=自分の主観による解釈、アウフヘーベン=自分の考えと違うものを受け入れる過程、ジンテーゼ=それによって新たに獲得した考え、物の見方となります。

次の

アンチテーゼて何の意味ですか。

アンチテーゼ 意味

アンチテーゼの意味とは? アンチテーゼ、聞いたことがあっても意味が分からない、そもそも聞いたことすらないという人たちのために少し詳しく説明していきます!! 「アンチテーゼ」という言葉は日常会話でも使うことのできるもので、 反対語にはテーゼという言葉が当てはまります。 なんだか聞き覚えがありませんか?? 「 残酷な天使のテーゼ」有名な楽曲のタイトルにも使われているテーゼがそれです。 まずは国語辞典をめくっていきたいと思います。 特定の肯定的主張に対する特定の否定的主張で、弁証法において ヘーゲルが説いたテーゼ、ジンテーゼ(総合)とともに三契機の一つ。 反定立。 反対命題。 対立物。 少し難しくて意味が分からないと思っている人もいると思いますがもう少しお付き合いください。 次は知恵袋で見つけたアンチテーゼについての回答も載せます。 テーゼ(These)というのはドイツ語、英語ならThesisで、「 命題」といった意味ですが、「アンチテーゼ」という言葉は主に 弁証法で使われています。 ある命題(テーゼ=正)と、それと 矛盾する命題(アンチテーゼ=反対命題)、それらを 本質的に統合した命題(ジンテーゼ=合)の3つが 弁証法の思考法。 弁証法における「矛盾命題(アンチテーゼ)」は、「主張」における矛盾で、例えば「神は存在すると考える」と「神は存在しないと考える」がヘーゲルの弁証法における「矛盾」。 chiebukuro. yahoo. それでは詳しく説明していこうと思います! アンチテーゼの語源は英語ではなく元々が ドイツ語が発祥で「 Antithese」という綴りになります。 「 anti」の部分が「 反対」若しくは「 反抗」という意味で、「 these」の部分が「 定立」若しくは「 命題」という意味になります。 そして、そのふたつの単語を併せたAntitheseは「 対立する命題」というような解釈になります。 日本語では「 反対立」「 対照」「 正反対」といった風に訳されることがほとんどですね。 因みに、日本でもよく使われている「 アンチ」という言葉はこの アンチテーゼが元になりました。 「 アンチエイジング」は 老化を食い止めようとすること、「 アンチウィルスソフト」は ウィルスに対抗するために作られたソフトウェアのことを指します。 この使い方は主にネット民が好んで使っている印象が強いですね。 アンチテーゼの使い方を紹介! 意味は理解したけれど、アンチテーゼをどうやったら使いこなせるのか分からないという人もいるでしょう。 その使い方を例文と共に紹介しますね。 まず最初に注意しておきたいことはアンチテーゼが 頭ごなしに物事を否定するような言葉ではないということです。 「着物は日本代表する素晴らしき文化だ」という肯定的な主張に対し、「着物は日本を代表する文化ではない、なぜなら日常的に着物を着ている日本人なんてそうそういないから」 こう言うように肯定的な主張があり、それを否定する主張を述べることでアンチテーゼが生まれます。 何の 命題もなく一方的に「着物は日本を代表する文化ではない」という否定的な主張は、ただの 個人的な意見となってしまうのです。

次の