プチ 断食 方法。 プチ断食はダイエットに効果的? ファスティングの方法と注意点 [断食・ファスティング] All About

デトックス便秘解消/1日プチ断食でポッコリお腹解消できるレシピ3選

プチ 断食 方法

このような視点に立って考えてみると、「どうすれば痩せるのか」という視点から「食べる量を減らすにはどうすればいいのか」という発想でダイエットを捉え直すことができるようになります。 そもそも、ダイエットをしなくてはならない状況に追い込まれた人の多くは、食生活の乱れ、つまり「食べ過ぎ(摂取カロリー過多)」の問題を日頃から抱えているのが大半です。 そこで今回のテーマは「プチ断食ダイエット」です。 これは文字通り、断食状態を維持する生活を継続することで、摂取カロリーや脂肪の蓄積を抑える合理的なダイエットです。 おそらく、「 プチ断食って難しそう……」と思われる方もおられるでしょう。 しかし、方法はじつはそんなに難しくないんです。 では、気になる「プチ断食」の方法とは? さっそくみていきましょう! 目次• 「プチ断食」は文字通り 短い時間(プチ)限定で、水分以外は口に入れないというダイエット法です。 1日間• 16時間• 8時間 などさまざまです。 ダイエットをせざるを得なくなった人の大半は、「食べ過ぎた結果太ってしまった」わけですから、耳に痛いはずです。 試しにふだんの食事を抑えめにして、ちょっとまだ食べ足りないかもと思う程度にしてみてください。 つまり 「腹八分目」くらいの感覚です。 みなさんもよくおわかりいただけるかと思いますが、 人間誰しも「働き続ける」とオーバーワークでへとへとになってしまいますよね?そうなると、本来の力を発揮できずにどんな仕事も運動も効率が落ちていくことになります。 この状態が続くと、次第に胃腸の「消化吸収」という大事な仕事の効率も落ちていってしまいます。 そしてそれが結果的に「痩せにくい身体」をつくりあげてしまうことにつながり、肥満のリスクを高めてしまうのです。 ダイエットと内臓の働きは非常に密接な関係にあります。 胃腸(消化吸収能力&腸内環境)の状態が悪ければ肥満のリスクが高まり、脂肪燃焼効率が低くなると言われています。 というのも、消化吸収の力が弱ければ、効率的にエネルギーを変換させることができなくなり、無駄に脂肪を体に溜めこむことになってしまうからです。 つまり、消費(燃焼)と蓄積のバランスが釣り合っていないということです。 お金の出費(消費)よりも貯金(蓄積)が上回る状態はたいへんありがたい話ですが、 ダイエットの世界では、貯めこむことよりも消費(燃焼)が上回るか釣り合っている状態が望ましいのです。 だから、「代謝」すなわち「脂肪を燃焼する能力」が悪ければ、エネルギー消費効率が悪いために脂肪燃焼がいっこうに進まないことになってしまうのです。 消化吸収機能がほとんど停止した状態になりますので、胃腸のオーバーワークを防止できるわけです。 胃腸が休まるようになると、代謝が改善されるので、消化不良のリスクが減るだけでなく、消化吸収効率や脂肪燃焼効率が改善され、「痩せやすい身体」へと体質を変えていくことができるようになります。 「冷え性」や「便秘」も改善 便秘の原因は「食物繊維」の不足と捉えられがちですが、けっしてそれだけではありません。 胃腸を酷使しすぎて働きが弱まっているような場合にも、便秘が起こってしまうものです。 ダイエットの大敵は便秘です。 便秘が美容健康に悪影響を及ぼすだけでなく、それが肥満にもつながるということは、いまやダイエットの常識です。 しかもそれだけではなく、こんな状況で焦ってダイエットを始めると、ますます健康と美容を害することになるでしょう。 腸内環境が整っておらず、エネルギー代謝の落ちているタイミングでダイエットをすれば、食欲不振・肌荒れ・睡眠不足を引き起こし、さらに健康美容状態が悪化するだけです。 これでは、ダイエットどころではありませんよね? 便通が良くなれば不要な老廃物が排出されやすくなり、肌荒れを防ぐとともにデトックス効果でむくみも解消されていきます。 女性のなかには、ダイエットを始めると腸内環境が荒れてしまい、かえって体調を崩してしまう方が多く見受けられます。 お腹の調子が肌に出やすい人は、ダイエットを始めてすぐに大人ニキビや肌荒れを引き起こして悩んでしまうことも……。 腸内環境は、美容・健康・ダイエットの命運を左右する非常に重要な場所です。 腸の具合がカギを握っているわけですから、 プチ断食ダイエットで胃腸を休めることは、お通じの調子が悪いダイエッターには最善の選択だと言えるでしょう。 ようするにプチ断食で、身体を休めてデトックス効果を図ることができるわけです。 便秘や肌荒れに悩んでいる人は、ぜひプチ断食を検討してみてはいかがでしょうか? やり方は? プチ断食の断食時間は様々ですが、どの長さが良いのでしょうか? 断食は必要な栄養素を全て断つストイックなダイエット法なので、無理は禁物です。 理想の断食は8時間 プチ断食は、単純に三食を抜いたストイックな生活を送ればそれでOKというわけではありません。 間違った知識に基づいて実践すれば、必ず体調の異常や身体サイクルの崩れとして悪影響がでてしまいます。 くれぐれも、「数日間断食すればいいんでしょ?」という軽いノリで実践するのは、絶対にやめてくださいね。 というのであれば、プチ断食ダイエットは専門知識を身につけなければならない、ハードルの高いメソッドなのでしょうか? いいえ、じつはそうではないんです。 今回みなさんにオススメするプチ断食ダイエットのお手本例を紹介します。 その名も「8時間ダイエット」です。 みなさんは、8時間ダイエットをご存じでしょうか?海外で爆発的に広まったこのメソッドは、食事だけに目のいきがちだった昨今のダイエットの在り方を見直して、 「食べる時間」という視点でより健康的・合理的に痩身効果を得ようとする方法です。 端的に言えば8時間ダイエットは、一日のうちの 「連続8時間以内」に食事を済ませる方法のことです。 「米国発の「8時間ダイエット」がテレビの健康番組などで取り上げられ、大注目されている。 この「8時間ダイエット」を自ら実践し、高血圧や糖尿病患者などにも提案して効果を挙げている「かたやま脳外科内科クリニック」(北九州市)の片山成二院長が言う。 「2年ほど前、このダイエット法をやって、約10キロの減量に成功しました。 ただし、私が提唱するのは『8・16ダイエット法』です。 すると、そこから8時間ぶん時計の針を進めていくと、15時になりますよね?この15時は、一日の「最後の食事」と捉えるタイムリミットです。 このように、8時間ダイエットは、仮に朝7時スタートの場合、7時~15時のあいだにとられる都合二度の食事を「一日の食事」と考えるのです。 だから当然、15時以降に食事をしてはなりません。 そう、 まさに「15時以降の食事をしない」ことがプチ断食に他ならないのです。 つまり、ここでいうプチ断食ダイエットとは、「15時~翌朝7時」の断食状態をキープした生活を送ることを意味するのです。 「実を言うとわたしたちはみんな、知らずに毎日断食しているんです。 普通は夜に食べて、次の日の朝まで食べませんよね、これはちょっとした断食です。 だから英語では朝食のことを『断食を破る』という意味のブレックファストというんです。 この断食は食べる時間にもよりますが、普通は8~9時間。 いろんなダイエットがこの方法を組みこむようにもなって、もはや主流になりつつあるんです」 引用: これなら、極端な断食をする必要はありませんし、 栄養不足に陥るリスクを回避しつつ、健康的に「プチ断食」ができるはずです。 注意点 プチ断食による効果を最大限に期待しようとするのであれば、 断食後の食生活が大切です。 断食終了後は特にお腹が空いて食べたくなります。 その時に空腹感を満たそうと欲望のおもむくまま食べてしまうと、断食した意味がありません。 食事も一気にもとの量に戻してしまうと胃腸もびっくりしてかえって負担がかかってしまいます。 胃腸は健康の要、ダイエットと健康状態の改善が一度にできる素晴らしいダイエット法ですね!.

次の

16時間のプチ断食(8時間ダイエット)の正しいやり方を栄養士が解説!気になる期間中の食べ物は?

プチ 断食 方法

その日に食べた朝食と昼食の分を消費できていないところで夕食までたっぷり食べてしまったら、体脂肪蓄積まっしぐらです。 1日2食で夕食を抜くか、1日3食食べるけれど夕方18時以降は飲み物以外何も口にしない。 どちらかを実践することで、夜に活発になる脂肪蓄積を抑えられます。 食べ過ぎた翌日は、1日主食を断食 食べ放題やビュッフェに出かけて予定外に食べ過ぎてしまったときは、翌日1日かけてリセットしましょう。 食べ過ぎても、翌日でしっかりリセットできれば脂肪の蓄積を抑えれるので、食べ過ぎたからと言って諦めるのはもったいないことです。 翌日は主食とお菓子を抜いて、他のおかずだけで食事を取りましょう。 以前の記事で、、を書いておりますのでぜひこちらも参考にしてください。 肉料理などのたんぱく質、野菜料理、スープなどの汁物は食べても良いので、1日だけ主食を抜く程度ならストレスにもならないでしょう。 主食を3食抜くだけでも、普段の食事より700~800kcal少なくなります。 毎日適切量を食べている人なら1日に摂取するカロリーの半分近くを抑えることになるので、かなりのカロリーカットとなります。 さらに、体内の糖質が枯渇することで体脂肪が積極的に燃焼されるので、前日のリセット+積極的な脂肪燃焼を期待できます。 お酒を飲みすぎた翌日は、朝・昼断食+温浴 飲みすぎた翌日はアルコールがまだ体内に残っていて、食欲がわくどころか心身ともにだるい状態になる人が多いでしょう。 飲みすぎた時は大抵夜遅くまで飲食を続けていることが多いため内臓も疲れています。 内臓を休ませてあげるために、朝食と昼食は控えておきましょう。 アルコールを抜くために水分補給は忘れてはいけません。 空腹に耐えられないようなら、果物・野菜ジュースがおすすめです。 飲みに行くと、どうしても脂っこい料理が増えがちで、野菜や果物などから摂取できる新鮮なビタミンやミネラルが不足してしまいます。 飲みに行った翌日は、野菜や果物を生で摂取できる手作りジュースが良いでしょう。 夜の食事をするまでには完全にアルコールが抜けるように、岩盤浴や半身浴、サウナ等で汗をしっかり流すのも、飲みすぎをリセットできる良い方法です。 ただし、温浴中の水分補給は忘れないように気をつけましょう。 夕食は普段通りの食事で構いませんが、低脂質を意識して、就寝の5時間前までは食事を終わらせましょう。 平日多忙な人は、週末断食+リラックス リラックスする時間を適度に持つことはダイエットにおいても大切な事! 平日は朝早くから遅い時間まで仕事で、食事にも気を使えず運動もできないという忙しい人は、週 末2日間かけて1週間分のリセットを図りましょう。 忙しい人は、サンドイッチや総菜パン、麺類、丼ものなど簡単に食べられる食事が多く、炭水化物中心の食事で済ませてしまう傾向にあります。 炭水化物に偏った食事を続けていると、血糖値の変動が激しくなって気分が安定しなくなり、さらに興奮作用のあるアドレナリンやノルアドレナリンが分泌されることでイライラしやすくなります。 気持ちの浮き沈みも激しくなり、それがうつ病を発症する引き金になることもあるので、その予防のためにも1週間に1回は断食で体をリセットしましょう。 断食により血糖値の変動がなくなるので気分も安定してきます。 断食と言っても、何も食べないわけではありません。 酵素ドリンクや栄養満点のダイエット食品で1日1~2食置き換えたり、野菜・果物ジュースで3食置き換えたり、主食を3食抜くだけでも十分です。 食事量をいつもより少なくすることで血糖値の変動を抑えられるので気持ちも安定してきます。 プチ断食中の空腹感はどうすればいい? 空腹感に耐えてプチ断食を成功させるために、断食中は趣味の時間やアロママッサージを受けるなど心身をリラックスさせる時間を充実させるのが効果的です。 1週間のうち2日間プチ断食をするだけでも十分平日の過食をリセットできるので、体重を増やさずに維持できるようになります。 食べる「プチ断食」を取り入れた朝食のレシピ ファスティングやプチ断食は、ただ食べられずに我慢して痩せるという意味ではなく、カラダに負担がなく、栄養成分をたっぷり摂取する食事を摂ることです。 そこで必要になるのが、野菜と果物です。 ・野菜350g(旬の野菜、日頃食べていない野菜。 ) ・果物200g(旬の果物や、日頃食べていない果物。 ) 野菜350gと果物200gは国が推奨している摂取量で、美容と健康に良い目安として知られている数字です。 実際の食事では野菜の摂取量がとても少ないので、食べるファスティングの時には、たっぷり食べて体内に栄養を充満させて体内機能を活性化させましょう。 まず、朝は、生の果物と野菜を使ってミキサーでジュースを作ります。 ポイントは食物繊維を摂ることなので、食物繊維を取り除いてしまうジューサーではなく、繊維ごと砕いてくれるミキサーがおすすめです。 野菜の種類によって苦味が気になる場合は、はちみつやバナナを入れると甘みが出て飲みやすくなります。 食べる「プチ断食」を取り入れた昼食と夕食のレシピ 昼と夜は、朝食の残りの野菜を使って野菜スープを作りましょう。 味付けはクリーム系以外がオススメで、コンソメ、トマト、味噌、キムチなど、お好みの味で作ってみてください。 ボリュームが足りない時は、たんぱく質の食材を加えると満足度が高まります。 ただし、脂肪を多く含むお肉ばかりでたんぱく質を摂るのは本末転倒。 高たんぱく低脂肪な鶏のささ身や胸肉、植物性たんぱく質の豆腐などでも取り入れましょう。 なお、夕食は、遅くても寝る5時間前までには終えたいですが、スープ類なら夜食でも罪悪感を感じずに済みますね。 簡単ファスティングの効果とは 上記の方法を1~2日実践すると、体重を素早くリセットできます。 デトックス効果や内臓を休ませて体内機能を活性化させることもできるので、体重が戻るだけではなく、むくみも取れて顔もすっきり、肌質もキレイになるなど嬉しい効果を実感できるでしょう。 ストレスのない食べるファスティングならすぐに実践できるので、体重が増えやすい旅行や外食中も体重を気にせず食事を楽しめますね。 いかがでしたか? 何も食べない断食を続けるよりも、状況に合わせてリセットをかねた断食をする方がストレスなく習慣化できますよ。 1つのダイエット法を何日間も続けるよりも、その時々の状況に合わせていろんなダイエット法を組み合わせて行った方が代謝を維持できるので痩せ体質を作れるようになります。 状況に合わせたプチ断食で生涯の体重維持を目指しましょう。 【関連記事】•

次の

プチ断食に挑戦してみる? 実は気軽に試せるやり方やおすすめレシピをご紹介

プチ 断食 方法

「ファスティング(fasting)」という言葉でも知られる「プチ断食」。 まず皆さんに知っていただきたいのは、 プチ断食=ダイエットではない!ということです。 もちろん食べないので痩せはしますし、ダイエット目的でやるのもダメではありません。 ですが、プチ断食の本当の目的はそこではないのです。 プチ断食の目的は、 「人間の体の真の機能を取り戻す」ことです。 胃腸は約7~8時間でものを消化するので、もしあなたの三食のスパンが8時間より短ければ、あなたの胃腸は不眠不休ということ。 それを休ませることによって、身体の機能を取り戻し、感覚を鋭敏にすることが目的なのです。 大体1~3日ほど行うのが平均的な「プチ断食」。 このくらい短い期間なら、ストレスなく臨めそうですよね! プチ断食の効果 プチ断食にはデトックス効果があります。 デトックスとは体の中の毒素を尿や汗によって排出する働きのことで、様々な効果を味わうことができます。 断食をすることで腸の中の老廃物や毒素などが全てなくなるので、腸がスッキリします。 そして血液もサラサラになり、血行が良くなります。 血行が良くなると体の隅々まで栄養が行きわたるようになりますから、肌のくすみも取れて美肌になるというわけなんです! また、胃や腸を休ませてあげることで 免疫力がつき、ニキビや肌荒れを抑えられるというメリットもあるんですよ。 便秘の原因は、腸の働きが低下していることです。 断食をすると一度腸を休めることができるので、消化能力も格段にUP! 便秘も解消されたという声が多いのです。 また、空腹を感じると「モチリン」という腸のぜん動運動(食道から腸までの収縮運動)を促す酵素が出ます。 このように、断食は便秘改善を促す効率的な方法なのです。 「プチ断食の本質はダイエットではない」と前述しましたが、カロリーを抑えつつ生活することは 結果的にダイエットに繋がります。 そしてプチ断食では最低限のエネルギーは補給できるため、急激に行うダイエットと違い、イライラを感じずにダイエットすることができるのです。 むしろ、食べないだけのダイエットよりもリバウンドなどの副作用の恐れが少ないので、健康的に痩せられますよ。

次の