妻 の トリセツ 価格。 定年夫婦のトリセツ (SB新書)

妻のトリセツ 買取価格

妻 の トリセツ 価格

著者:黒川伊保子 発売日:2018年10月 発行所:講談社 価格:880円(税込) ISBNコード:9784065133392 『妻のトリセツ』は、「夫」も「妻」も読んでいる 男女比率は6:4で男性読者が多め。 もっと男性が多いかと思っていたのですが、こんなにも「妻」の読者が多かったとは! 世代別に見ると、50・60代が男女ともほかの世代を圧倒。 もっと細かく見てみると63歳の読者が最多で、53〜65歳の読者が一つの山を形成しています。 子育てが一段落し、夫婦二人になった時に「相手をどう見ればいいのか」「どう見られているのか」に悩む夫婦像が見えてきます。 50~60代の読者は、そもそもどんな本を読んでいるのか そもそも、その世代の方々はどんなものを読んでいるのでしょう? 気になったので、53歳〜65歳読者が2月に読んだもののランキングを作ってみました。 いろいろ思うところはありましたが、コメントは控えます。 気を取り直して『妻のトリセツ』購入者の併読本を見てみましょう。 『妻のトリセツ』購入者が2018年10月以降に購入したもの上位10タイトルがこちら。 新書を中心に、ベストセラーが並びました。 時期的なものもあって、『一切なりゆき』との併読が多い結果となっています。 『妻のトリセツ』読者の読んでいる本から、注目タイトルをピックアップ それでは最後に、『妻のトリセツ』読者の併読本から注目作品を紹介していきます。

次の

妻のトリセツ

妻 の トリセツ 価格

購入済み 何度も読み返さねばならない CoolOwl 2020年04月26日 最近、私は職場での女性社員達とのコミュニケーションが上手く取れず、関係がギクシャクしています。 そんな私にとって、この本に書いてあることは、なるほど、と思えることがとても多く、大変参考になります。 今まで知らなかったこと、気付いていなかったことが幾つもありました。 もっとも、わかっているこ ととできることは別なので、これから書いてあることを場面に応じて一つずつ実践していきます。 また、世の中の男性の大半は女性の心理は理解できていないので、今、女性たちとの人間関係が良好だと思っている男性も、絶対にこの本を読んで自らの言動を見直すべきです。 Posted by ブクログ 2020年02月09日 【妻のトリセツ】を読んだ夫と 【夫のトリセツ】を読んだ妻、 この夫婦は最強だと思う。 笑 これは妻の私が読んでも、役立つ内容だった。 夫婦が2冊ともお互い読むとさらに面白いと思う。 これは男あるある、ここはあなたと違うとか。 うちの夫は少し女性脳よりでレディーファーストもしてくれるので、ここまでひどく ないと思ったりしたけど、それでも共感できる部分はたくさんあった。 これだけ脳の違いがあるってことを理解して生活するだけでも、気の持ちようが全然違ってくるし、 対処法を知っていればなおさら生きやすい。 夫のトリセツに比べて、著者のプライベート談とかもあまりなく淡々と進んでいくので読みやすいと思う。 Posted by ブクログ 2020年02月05日 面白かった〜共感、納得! 夫と何だか噛み合わない、モヤモヤする、悲しいと感じ、男と女の考え方に違いがあると思って 産後なので特に 読みました。 夫に読んで欲しいと思ったのでその前に自分が読みました! 読んでいる中で、確かにこう言ってくれたら嬉しい!これはイラッとする!それはこういう理由でそうなのか !などなどスッキリしました。 男性がこれを読んだらどう思うんだろう、、 元々男女で脳が違っていて、根本一致することがないのは悲しいと思いつつ、その上でどう一緒になるべく上手く幸せに生きていくか。 勉強になりました。 全夫に読んで欲しいのでプレゼントにいいかも。。

次の

価格.com

妻 の トリセツ 価格

まんがで楽しく「妻のトリセツ」を身につけよう! 理不尽な妻への対処、「妻はなぜ昔のことを責めるのか」問題、妻と楽しく買い物する方法、名もなき家事、母と妻の対立などについて、脳科学で解説する。 【「TRC MARC」の商品解説】 話題沸騰の大ベストセラーが漫画で登場。 雅樹と章、性格は違うが大学時代からの気の合う友人だ。 彼らはそれぞれに妻との最近のコミュニケーションに悩んでいた。 そんな彼らのところにある日、 ソフトウェアのベンチャー企業を起こした友人から「テスターになってくれ」と 送られてきたのがスマホアプリ「脳科学で学ぶ 妻のトリセツ」。 彼らはこのアプリから学びながら、妻との危機を乗り越えられるのか? 笑いあり、涙あり、そして実生活でも役に立つ。 解説ページも充実。 待ち合わせ中に東京駅の本屋で読了。 脳科学の観点から、旦那に対していつも不機嫌な妻にどのように接すればよいか説く、話題の本の漫画版。 なにかといえば脳科学脳科学と連呼されるのには閉口するし、漫画版だからか内容は薄く感じるがなるほど面白い。 「女性が男性に相談するときはアドバイスを求めているわけではない。 男性のリアクションを見て自分の気持ちを確かめたいのだ」「何でも先回りして気遣いでき、共感性の高いイクメンといれば女性は幸せになれるわけではない。 衝突することがコミュニケーション」という辺りは特に印象的だし、なるほどとも思う。 「とりあえず最初に『うんうんわかるよ』と共感を示しておけ」短絡的にとるならそうだが…。 他の人の経験もケースにする。 それが井戸端会議 ・察する力:女性脳では高い。 子育てのために子供の変化にすぐに気がつく必要があるため。 男性が「言ってくれればやったのに…」と思うのは、女性からすると「言わないと気が付かない=関心がないのだ」と感じてしまう。 そういった場合は「気が付かなくて、ごめんね」と伝えること ・共感:女性の脳は共感も強い。 これも子育てのため。 イレギュラーが起こり続ける子育てでは緊急事態に対応する必要が多く出てくる。 そこではケースを貯めておくことが必要。 なので自分の経験だけではなく他の人の経験も貯めていく必要がある。 それが共感。 女性の井戸端会議は自分が経験したプロセスを共有し合うことによって経験をシェアする時間。 ・まずは認める。

次の