笠 りつ子 暴言。 笠りつ子が黙れなどの暴言謝罪!なぜ名前が出なかったのか…

笠りつ子が黙れなどの暴言謝罪!なぜ名前が出なかったのか…

笠 りつ子 暴言

笠りつ子の暴言、最初は名前が出なかった理由 出典: 暴言事件が起こったのは2019年10月24-27日に開催された、女子ゴルフツアーのマスターズCGレディース開催期間中のこと。 この笠りつ子の暴言が発覚したのは岡本綾子の告発がきっかけ。 岡本綾子がこの発言を聞いて2019年10月27日、デイリースポーツのコラムで経緯を発表。 これは予め事実関係を確かめた上での事。 その結果笠りつ子であるということは明かされないまま、LPGAの小林会長にの囲み対応のときにこの件で質問がされて大きく知られるように。 つまりは最初に広く広まった経緯があくまでも岡本綾子のコラムであり、公式発表ではなかったので名前までは明かされなかっただけということになります。 そのため問題が表面化した翌日の2019年10月28日の午前中には「黙れ」などの暴言を吐いたのが笠りつ子であると発覚もしていました。 笠りつ子は浴場の脱衣所でストレッチをしようとバスタオルを使おうとしますがありませんでした。 この理由はこのコースではバスタオルを勝手に持ち帰られる事件が多発したのでバスタオルは排除していたため。 もともと選手が持ち込むようにと通達してあったのでコース側は特例を作ると意味がないために貸し出しを拒否。 笠りつ子は知らされてはいたものの忘れていたのか、何かの手違いで知らされていなかったのかで多少印象も変わりますが…。 笠りつ子、過去には黙れ発言も? 笠りつ子の「黙れ」発言については2018年8月のテレビ中継でのこと。 これはギャラリーがうるさかったためかギャラリーに向かって「黙れ!」と語ったとされています。 しかし集中力を乱すギャラリーに「黙れ」と言うのは言い方の問題はありますが、今回の暴言と同列に扱うのは少し無理があるかなという印象。 笠りつ子が謝罪 笠りつ子は2019年10月31日に公式サイトにて「マスターズGCレディース会場での不適切な発言に関するお詫びと今後の活動についてのご報告」をタイトルに更新。 ここでは自身の不適切な発言を事実であると認めて直筆で謝罪しています。 今後の活動についてはツアーへの出場は自粛。 処分については全て反省して受け止め、プロゴルファーを目指す子供のお手本と慣れるように努力をしていくとして最後に再び謝罪。 この直筆の謝罪文はファクスにてマスコミ各社にも送られています。 — 2018年 1月月4日午前2時48分PST 笠りつ子の母親は2017年12月31日になくなっています。 実は笠りつ子の母親は数年前から病気になっており、家族にもそれをずっと隠していました。 家族が笠りつ子の母親が病気だと発覚したのはなくなるおよそ1年前。 明言はしてませんが「癌なんてこの世からなくなればいいのに」とも記述があるため、笠りつ子の母親の病気は癌であると思われます。 笠りつ子は母親がなくなったことを2018年1月4日に告白。 笠りつ子は2018年2月7日にインスタを更新。 この時に髪をバッサリときり、毛髪を病気が原因で失ったひとのための医療用ウィッグにするためヘアドネーションをしたことを報告。 笠りつ子の暴言とその謝罪に対するネットの反応 笠りつ子はゴルフの腕は一流と言って良い成績。 そのため今回の暴言、そして過去の「黙れ」発言などの掘り起こしについては残念だという声が多数。 ネットの反応はこちらとなっています。 31にもなって社会人として失格• 協会の対応が遅すぎると思って自ら判断したのかな• 結局協会は何をしてるんだ、謝罪会見でも開かせれば良いのに• 最近勘違いするゴルファーが増えている• とても残念。 「自分は特別な人間」だと思っていそうと感じた• カッとなって言ったんだろうけどちょっとな…• ゴルフ場の脱衣場はストレッチの場所ではない• 信頼回復までには時間がかかりそうですね 個人的に気になるのは今回のバスタオルの持ち帰りが、そもそも笠りつ子もしていたのか、ということ。 さすがに何度も問題になるぐらいなので一人だけとは考えづらいですが…。 笠りつ子は持ち帰らずに普通に使って返していたとしたら少し気の毒ではあります。 いえ、それでも暴言を吐いても良いという訳ではないんですけど。

次の

笠りつ子(女子ゴルフ選手)タオルが無く頭が固いと暴言!?不適切発言が誰か特定⁉

笠 りつ子 暴言

暴言を吐いたのは笠りつ子(女子ゴルフ)選手!? 女子ゴルフ選手が下記のようにタオルが無いことに激怒したようで暴言などの不適切発言をしてしまいました。 毎年大会中に風呂場のバスタオルが多数消失するため、コース側はLPGAの了解のもと今年はタオルを撤収。 ところが当日、脱衣所で準備運動するためタオルを利用したかったその選手が、副支配人に食ってかかった。 「タオルを置かないのなら、もっと脱衣所をきれいに掃除したらどうか」。 それでもコース側はタオルは出せないと返答。 すると「頭が固い。 〇ね」と捨てゼリフを吐いたという。 出典元:ヤフーニュース|headlines. yahoo. やらかしたのは、笠りつ子だったのか…。 なんで、そこまで激怒したのかねぇ。 これは軽い処分では、終わりそうもないね。 ゴルフ経験なし moritarikako 笠りつ子のWIKIプロフィール 笠りつ子さんのWIKIプロフィールを確認していきます。 笠りつ子と書いて「りゅう りつこ」と読みます。 生年月日は1987年11月4日生まれなので2019年10月現在は31歳になります。 出身地は熊本県菊池郡菊陽町で東海大学付属第二高等学校卒業、九州東海大学を中退しています。 所属は2012年から現在は京セラで過去に5度も優勝しているベテラン選手です。 2019年10月27日にゴルフコースクラブにタオルが無いことで副支配人に暴言を吐くなど不適切発言があり注目を集めています。 女子プロ選手が大量に持って帰ってしまうので、タオル禁止。 「タオルを置く・置かない」の前に「盗まない」だと思う。 笠りつ子まとめ ゴルフコースのクラブハウス内のバスルームにタオルが無い事で「頭が固い」などの暴言をはいたのが笠りつ子さんであると新聞紙が報じました! 見た感じはオシャレで綺麗なお姉さんなのでそのような汚い言葉を使うとは思えないのですがよっぽど腹が立ったのでしょうね。 タオルぐらい貸してあげればよいと思うのですがどうなんでしょうか!? 文句を言われた副支配人ももうちょっと臨機応変に対応の仕方があったのかもしれませんね。

次の

女子ゴルフ「笠りつ子」選手が暴言で処分!経緯や処分内容、経歴・スポンサーについて

笠 りつ子 暴言

今回は暴言問題で揺れる女子プロゴルフ界から、• 笠りつ子さんの処分内容は?• 笠りつ子さんが引退する可能性は?• 笠りつ子さんの現在の様子 をお届けします。 笠りつ子さんの暴言問題 事件が起きたのは2019年10月24日から27日にかけて開催された女子ゴルフツアーの『マスターズGCレディース』の会場。 大会に出場していた笠りつ子さんが、大会関係者に向けて 些細な理由から「死ね」などの暴言を放ったと言います。 些細な理由というのがこれまた身勝手なもので、 「今まで脱衣所に設置してあったタオルが無くなっており、大会関係者からもタオル提供を拒否された」ことが許せなかったんだとか。 隣のお国では、ピーナッツ袋の開け方ひとつで飛行機をUターンさせたお騒がせな女性もいましたが、まさか日本でもこんな理不尽な理由で怒り散らす人がいるとは。 それにも関わらず、笠さんは大会関係者の対応に激怒。 心無い言葉を浴びせたとのことです。 そして、この話を聞きつけたベテランの女子プロゴルファーが激怒。 自身の連載するコラムに事の顛末を書き連ねました。 そこから事件は大きく波及し、スポーツ大衆紙などで報じられるような動きとなりました。 笠さんは一連の騒動によって、ゴルフ協会から一度、処分を受けたと言われていますが、 事態を重く見たゴルフ協会や大会関係者がさらなる処分を科すことを判断したり、笠りつ子さん自身が何らかのアクションを執る可能性が出てきそうです。 スポンサードリンク 笠りつ子さんの処分内容は? では、今回の"暴言"騒動によって具体的にどのような処分が為されるのでしょうか? 通例、スポーツ関連の協会団体には団体へ加盟しているメンバーの不祥事に対して、どのような処分を下すかのガイドラインが設けられています。 日本相撲協会などでもお馴染みですが、除名や降格、謹慎や訓戒などの処分事例です。 日本女子プロゴルフ協会はコメントで「関係者へヒアリングし、最終的に処分を決定する」と言っていますが、果たしてどのような決断が下されるのでしょうか。 笠りつ子さんが引退する可能性は? 日本女子プロゴルフ協会からの処分とは別に、笠りつ子さん自身が 引退や活動自粛などを発表する可能性もあります。 しかし、笠さんは年間の獲得賞金が億を超える実力派プレイヤーです。 そんな簡単に現在のキャリアを手放すとは思えないので、笠りつ子さん引退の可能性は低いと言えるでしょう。 悪名が高くなった場合、スポンサーの契約に影響を与えることは避けられません。 あのタイガー・ウッズもプライベートでは女性問題で世間を騒がせ、スポンサーを悩ませていましたから、笠さんにとっては今が正念場と言えそうです。 笠りつ子さんの現在の様子 笠りつ子さんのを確認しましたが、今回の件についてコメントはまだ発表されていませんでした。 またご本人のFacebookやでも、特に話題にされていません。 直近のインスタ更新状況を見ると、10月22日にタイガーウッズと撮影した写真をアップするなど、煌びやかでセレブリティな様子を公開されています。 そもそも浴室にタオルがないことを選手は知っていたんでしょうか?無いなら無いと説明が無ければ誰もタオルは持参しませんよね?説明があったとして毎回LPGAの誰かがタオルを持ち帰るのを知っているのであれば記名式で貸し出すという方法はとれなかったのでしょうか?人間だからタオルを忘れてしまうことだってありますよね?タオルが無いことにいきなり暴言を浴びせたのではなく、タオルを貸してほしい旨を何度もお願いしても貸してくれなかったことに暴言が出たのではないですか?といって暴言が必要だったかは疑問なのでこれに対する処分はしっかりするべきですが、たぶん選手もプレー代って払ってるんだと思うんですが、ゴルフ場側としてできる対応を怠って毅然とした態度で断ったことを称賛している世間に納得できません。 一般客からすればすごく対応の悪いゴルフ場というレッテルを張られるべき対応ではないでしょうか? 私がゴルフを最初に教わったのはルールとマナーでした。 今でも徹底しています。 記事から判断すると、脱衣室のバスタオルが無くなって困るから今回は協会と協議してバスタオル持参の処置を取ったとのこと、裏を返せばバスタオルの無くなり方が半端ではないと言うことだと思う。 ゴルフをやった後風呂に入るが、誰もバスタオルを持って帰る姿など見たことは無い。 つまり、女子プロゴルファーはマナーが出来ていない証拠だと思う。 今回はバスタオル持参のルールを作ったにもかかわらず、笠りつ子選手はそのルールに腹が立ち暴言を吐いた始末。 渋野選手の活躍も有り女子ゴルフの人気が急上昇している昨今、今回のルールを守れなかった選手にはゴルフ競技同様ペナルティーが必要だと思う。 九州地方では捨てぜりふではよく死ねなんてよく使いますが相手も深刻には感じないのです。 関西地方では阿呆と言っても怒らないけどバカは駄目です。 関東地方は逆です。 笠りつ子さんも興奮してつい育ちの言葉が出たんですね。 タオルが無くなるのはゴルファーのせいと決める証拠が有るのですかね。 このゴルフ場もタオルぐらい年に一回ぐらいの開催中の面倒見たらどうかな。 タオルを貸さないなんて木っ端役人の知恵だね。 他の開催ゴルフ場からもこのようなクレームが有るのですかね。 岡本も今回の件では自分も女子ゴルフで恩恵を受けてるのに傍観者的なもっともらしい批評で結果的に女子ゴルファーのイメージダウンにした責任はあるのではないかな。 この人も謝罪すべきですね。 最近の投稿• 2020-06-24• 2020-06-24• 2020-06-23• 2020-06-20• 2020-06-19• 2020-06-17• 2020-06-16• 人気記事ランキング TOP10• アーカイブ• カテゴリー• 180•

次の