スイミー。 スイミーの作者が本当に伝えたかったこと

童話:「スイミー」より

スイミー

皆様にはご迷惑をお掛けしますが、ご理解、ご協力のほど よろしくお願いします。 皆様には大変ご迷惑をおかけしました。 なお翌18日 月 は、祝日営業となります。 詳しくはをご覧くだ さい。 ご来館の際には充分お気けください。 みなさまのご来館お待ちいたします. なお、翌日6月26日は営業となりますのでご利用くださいませ。 またトレーニングジム回数券も新設いたします。 どうぞご利用ください。 093-435-3030.

次の

スイミーの作者が本当に伝えたかったこと

スイミー

童話:「スイミー」より 童話は詩の朗読と同じように、感情移入して読む方法と淡々と読む方法があるという説明をしたと思いますが、ここでは童話の名作(谷川俊太郎の「スイミー」)を引用させていただき、感情移入して読む方法を紹介したいと思います。 広い海のどこかに、小さな魚のきょうだいたちが、楽しくくらしていた。 みんな赤いのに、一ぴきだけは、からす貝よりもまっ黒。 およぐのは、だれよりもはやかった。 名まえはスイミー。 ある日、おそろしいまぐろが、おなかをすかせて、すごいはやさでミサイルみたいにつっこんできた。 一口で、まぐろは、小さな赤い魚たちを、一ぴきのこらずのみこんだ。 にげたのはスイミーだけ。 スイミーはおよいだ、くらい海のそこを。 こわかった。 さびしかった。 とてもかなしかった。 戯曲の練習用題材「ライオンとねずみ」にもあったように、「スイミー」も起承転結があり、またテンポのよい作品です。 こわい、寂しいという表現があり暗いイメージを持つ方もいるかもしれませんが、全体的には、明るく勇気が出るような作品だと思います。 以下にある海の中の情景描写も、色とりどりで夢のような世界が広がっています。 スイミーが小さな魚であることや、心の動きなどを捉えながら読んでみましょう。 けれど、海には、すばらしいものがいっぱいあった。 おもしろいものを見るたびに、スイミーは、だんだん元気をとりもどした。 にじ色のゼリーのようなくらげ。 水中ブルドーザーみたいないせえび。 見たこともない魚たち。 見えない糸で引っぱられている。 ドロップみたいな岩から生えている、こんぶやわかめの林。 うなぎ。 顔を見るころには、しっぽをわすれているほどながい。 そして、風にゆれるもも色のやしの木みたいないそぎんちゃく。 そのとき、岩かげにスイミーは見つけた、スイミーのとそっくりの、小さな魚のきょうだいたちを。 「そのとき、岩かげにスイミーは見つけた」からの一文は、倒置法が使われています。 「スイミーは岩かげに小さな魚のきょうだいたちを見つけた」という普通の表現よりも、「スイミーは見つけた」と言い切ってしまった方が、より「何かを見つけた」事に対する感動が伝わってくるのが分かります。 そして次に「小さな魚のきょうだい」と書かれており、スイミーが仲間を見つけた事が分かって感動が倍に感じられますよね。 聞き手にも気持ちを伝えたい!という思いをこめて、嬉しい気持ちを目一杯表現して読んでみましょう。 スイミーは言った。 「出てこいよ。 みんなであそぼう。 おもしろいものがいっぱいだよ。 」 小さな赤い魚たちは、答えた。 「だめだよ。 大きな魚に食べられてしまうよ。 」 「だけど、いつまでもそこにじっといるわけにはいかないよ。 なんとか考えなくちゃ。 」 スイミーは考えた。 いろいろ考えた。 うんと考えた。 それから、とつぜん、スイミーはさけんだ。 「そうだ。 みんないっしょにおよぐんだ。 海でいちばん大きな魚のふりをして。 」 スイミーは教えた。 けっして、はなればなれにならないこと。 みんな、もち場をまもること。 みんなが、一ぴきの大きな魚みたいにおよげるようになったとき、スイミーは言った。 「ぼくが、目になろう。 」 朝のつめたい水の中を、ひるのかがやく光の中を、みんなはおよぎ、大きな魚をおい出した。 後半になってようやくセリフの部分が出てきます。 セリフの部分とストーリーの部分で違いを出しながら読んでみてください。 お芝居ではありませんので、思い切りよくセリフを読まなくても良いですが、なるべくセリフとその他の部分には違いをつけて読む方が聞き手に内容が伝わりやすくなります。 また、小さな魚たちとスイミーが掛け合う所がありますね。 ポジティブなスイミーに対して、小さな魚たちは「だめだよ、食べられてしまうよ」と怖がりで引っ込み思案な印象を受けます。 スイミーと同じ調子にならないよう気をつけて読んでみましょう。

次の

『スイミー』あらすじと感想文|教科書・絵本から学んだこと|レオ=レオニ|ほんのたび。読書感想文とあらすじ

スイミー

絵本のあらすじ 兄弟たちがみんな食べられてしまう 兄弟たちはみんな赤い色をしているのに、一匹だけカラス貝よりも黒い スイミーという魚がいました。 ある日、兄弟たちと泳いでいると大きなマグロが スイミーたちを襲いました。 スイミーは泳ぐのが速かったので逃げることができましたが、兄弟たちはみんな食べられてしまいました。 兄弟を失った スイミーは怖くて寂しくて悲しくなりました。 海には素晴らしいものがいっぱい しかし、海には素晴らしいものがいっぱいありました。 虹色のゼリーのようなクラゲ 水中ブルドーザーみたいなイセエビ 見えない糸で引っ張られている(釣られている)見たこともない魚たち ドロップみたいな岩から生えている昆布やわかめの林 顔を見るころには尻尾を忘れているほど長いウナギ 風に揺れる桃色のやしの木みたいなイソギンチャク 面白いものを見るたびに スイミーはだんだん元気を取り戻していきます。 その時、岩陰に スイミーの兄弟に似た赤い小さな魚たちを見つけます。 スイミーは言います。 「出て来いよ!みんなで遊ぼ!面白いものがいっぱいだよ!」 遊んだら大きな魚に食べられてしまう 「ダメだよ。 大きな魚に食べられてしまうよ。 」と、小さな赤い魚たちは答えます。 「だけど、いつまでもそこにじっとしているわけにはいかないよ。 なんとか考えなくちゃ。 」 スイミーは考えます。 みんなで一緒に泳ぐんだ! 「そうだ!みんなで一緒に泳ぐんだ!」 スイミーは教えます。 決して離れ離れにならないこと。 みんな持ち場を守ること。 そして、大きな魚に見えるように泳ぐ練習をします。 僕が目になろう! 「そうだ!僕が目になろう!」 赤い魚たちの中で スイミーは黒い目になりました。 朝の冷たい水の中を、昼の輝く光の中を、みんなは(大きな魚のふりをして)泳ぎ、大きな魚を追い出しました。 新たなる出会いの場面がたくさんある 多くの人が、この物語を 知恵と勇気を持ち、みんなで力を合わせれば状況は変えることができる。 ということを教えてくれる物語 だと思っております。 まあ、実際はそうなんですが、実は 作者のレオ・レオニが伝えたかった事とは少し違うのかもしれません。 実はこの物語の スイミーは、作者自身であるようです。 深い闇に落ちた作者は、たくさんの場所でいろいろなものを見て、いろいろなものと出会います。 実際にこの絵本の中で、一番ページが割かれているのは 虹色のゼリーのような クラゲ 水中ブルドーザーみたいな イセエビ 見えない糸で引っ張られている(釣られている)見たこともない 魚たち ドロップみたいな岩から生えている 昆布や わかめの林 顔を見るころには尻尾を忘れているほど長い ウナギ 風に揺れる桃色のやしの木みたいな イソギンチャク といった、 「新たなる出会い」なのです。 岩陰に隠れていた仲間を見つけた時も、 出て来いよ!みんなで遊ぼ!面白いものがいっぱいだよ! と、仲間にも新たなる出会いや発見を求めます。 しかし、 大きな魚がいるから無理だという現実があることを再認識します。 たくさんの出会いによって自分を見つめなおし、自分を発見しようとしてきた作者は、仲間に、 知恵と勇気で自分のやりたいことをやり遂げようよ! と呼びかけ、さらに、自分にも何かできるのではないか?と考え、 そうだ!僕が目になろう! と、自己実現を果たし、最終的には仲間と一緒に新たな出会いや発見をする旅に出ることができるのでした。 仲間と未来を切り開くための知識の重要性 この物語は、ただ単に、 仲間と一緒にやればなんでもできるよ!っていうことを教えてくれるだけじゃなく、 たくさんの新たなる出会いが未来を切り開く原動力になるんだよ! っていうことを教えてくれる物語でもあるのでした。 レオ・レオニさんの作品は自分探しのお話が多く、それがどれも素晴らしいです。 ぜひ、実際の絵本で、子供たちに読み聞かせてあげてくださいね。 小嶺 幸弘 さん: 村中璃子について一言。 私は子宮頸がんワクチン問題で、何人もの神経内科教授が副作用説を担ぐ中で、ほとんど唯一の神経内科医として、彼女には無理な科学的解説ブログを書いてきました。 彼女はWHO経歴を生かして新型コロナウイルス解説に乗り出していますが、できないことを実現する研究者でではなく、文献を読んで判断するだけです。 今回、通説に従って「多くが軽症」「若者にはたいしたことない」「PCR検査で医療崩壊」と言って来ました。 しかし、彼女が利用する本庶先生がPCR検査増を言い出して、ヒステリックに「PCR検査増」論議する番組に不買運動をするようになっています。 通説で誤ったことは非難しませんが、そこで思考停止して4月末からの自己保身図る言動は、科学者でも言論人でもありません。 小嶺 幸弘 さん: Mooさんに返信。 内容が詳しく、質問にも丁寧なiina-Kobeさんに代わって、「安心して油断させる」について、臨床医としてお答えします。 陰性の結果を伝えるときに「(良かったですね)検査には見逃しもあるので、今後も体調に注意し、感染対策はしましょうね」と指導しています。 これで問題ないです。 検査しないで見逃された陽性者が不安のまま自己隔離続けるということは実証されていません。 「検査は陽性者を」について、間違いではありませんが、前項と対立するものではありません。 iina-Kobeブログを知るまえから、私もブログで科学的解説をしています。 blog. fc2. html 「PCR検査増医療崩壊」空念仏医師たちに具体的数字を上げて崩壊像を示すように言っていますが、誰ひとりとしてできていません。 まな さん: 平易なことばで図示も多く、とても勉強になります。 ありがとうございます。 貴方の書き込みは科学的根拠に基づかないものですので、スパムだと申しております。 すでに論文で、どの時期にどの部位にどれくらいのウイルス量があるのかは出ておりますのでそれをふまえてやれば問題ないです。 それは貴方にそのままお返しします。 すでに、この論文では、鼻腔からの検体によるRTPCR検査の陽性割合が発症日で94. 39%となっております。 もう少し精度と検査による検出率の違いについても勉強されたほうが良いかと。 ここにもあなたの陥っている勘違いについて書いております。 hun さん: 反論に対してスパム扱いするのは、仮にも科学に携わるものとして恥ずべきことではないでしょうか。 「新型コロナウイルスのRTPCR検査の感度と特異度と精度の違いを簡単に説明してみた」を読んでみました。 研究室におけるPCR検査のやり方にはお詳しいようですが、やはり「臨床検体」を用いた検査について知識が不足しておられるようです。 検体採取を行う医師や検体を扱う技師の熟練度については言及しておられますが、そもそも検体採取を行う部位のウイルス量が少なければ、たとえ本当の感染者に対して熟練の医師が検体採取を行ったとしても、偽陰性は免れません。 素人の方は、感染者の感染部位には常に多量のウイルスがいて容易に採取できると誤解されていることが多いですが、臨床においては理屈通りにいかないことが多々あります。 もう少し医療現場や臨床医学についての理解を深められてはいかがでしょうか。 また、上で挙げられた感染研の資料について解説しますと、これは「検体内に一定量のウイルスが含まれているか否か判明している検体(陽性検体と陰性検体)」を対象として、複数の検査キットでPCR検査を行い、その陽性・陰性一致率(正答率といった方が分かりやすいでしょうか)を比較したものです。 つまり、これは「検査キットの感度・特異度」を調べたものであって、「検体採取~cDNA増幅」という検査全体の感度・特異度を調べたものではありません。

次の