ビター チョコ デコレーション 考察。 ビターチョコデコレーション【アイナナ】

ビターチョコデコレーション【アイナナ】

ビター チョコ デコレーション 考察

人を過度に信じないように 愛さないように期待しないように かと言って角が立たないように 気取らぬように目立たぬように 誰一人傷つけぬように 虐めぬように殺さぬように かと言って偽善がバレないように 威張らないように 軽いジョークやリップサービスも忘れぬように どんな時も笑って愛嬌振りまくように ビターチョコデコレーション 兎角言わずにたんと召し上がれ ビターチョコデコレーション 食わず嫌いはちゃんと直さなきゃ 頭空っぽその後に残る心が本物なら きっと君だって同じ事 「ところで一つ伺いますが 先日何処かで?・・・やっぱいいや」 無駄に自我を晒さぬように 話さぬように分からぬように でも絶対口を閉ざさぬように 笑わすより笑われるように 人をちゃんと敬うように 崇めるように讃えるように でも決して嫌味にならないように ふざけないように 集団参加の終身刑 またへーこらへーこら言っちゃって 「あれっ、前髪ちょーぜつさいきょーじゃん!」 とかどーでもいーのに言っちゃって 毎朝毎晩もう限界 宗教的社会の集団リンチ でも決して発狂しないように ビターチョコデコレーション 時に孤独な愛は君を汚す ビターチョコデコレーション 立つ鳥の後きっと糞のアート 初めはあんな大層な大言壮語を並べたが 嫌よ嫌よも好きの内 「いやはやしかし今日が初めてで こんなとはね 君センスあるよ」 恋する季節にビターチョコデコレーション 恋する気持ちでビターチョコデコレーション F. U ビターチョコデコレーション 皆が望む理想に憧れて ビターチョコデコレーション 個性や情は全部焼き払い ビターチョコデコレーション 欲やエゴは殺して土に埋め ビターチョコデコレーション 僕は大人にやっとなったよママ 明日もきっとこの先も 地獄は続く何処までも 嗚呼 だからどうか今だけは 子供の頃の気持ちのままで 一糸まとわずにやってこうぜ 「ああ思い出した!あんたあの時の 生真面目そうな…やっぱいいや」• ガールズエンドルーズ 歌詞 by ルワンさん• 波に名前をつけること、僕らの呼吸に終わりがあること。 by キタニタツヤ(こんにちは谷田さん)さん• 長針短針タイムマシン by あじたまさん• 灯火 by syudouさん• ボイリング・ナイト歌詞 by みやけさん• ちがう!!! のシーカー 歌詞 by カルロス袴田さん• 身体の分解と再構築、または神話の円環性について by キタニタツヤ(こんにちは谷田さん)さん.

次の

#ビターチョコデコレーション #小説 【解釈】ビターチョコデコレーション

ビター チョコ デコレーション 考察

人を過度に信じないように 愛さないように期待しないように かと言って角が立たないように 気取らぬように目立たぬように 誰一人傷つけぬように 虐めぬように殺さぬように かと言って偽善がバレないように 威張らないように 軽いジョークやリップサービスも忘れぬように どんな時も笑って愛嬌振りまくように ビターチョコデコレーション 兎角言わずにたんと召し上がれ ビターチョコデコレーション 食わず嫌いはちゃんと直さなきゃ 頭空っぽその後に残る心が本物なら きっと君だって同じ事 「ところで一つ伺いますが 先日何処かで?・・・やっぱいいや」 無駄に自我を晒さぬように 話さぬように分からぬように でも絶対口を閉ざさぬように 笑わすより笑われるように 人をちゃんと敬うように 崇めるように讃えるように でも決して嫌味にならないように ふざけないように 集団参加の終身刑 またへーこらへーこら言っちゃって 「あれっ、前髪ちょーぜつさいきょーじゃん!」 とかどーでもいーのに言っちゃって 毎朝毎晩もう限界 宗教的社会の集団リンチ でも決して発狂しないように ビターチョコデコレーション 時に孤独な愛は君を汚す ビターチョコデコレーション 立つ鳥の後きっと糞のアート 初めはあんな大層な大言壮語を並べたが 嫌よ嫌よも好きの内 「いやはやしかし今日が初めてで こんなとはね 君センスあるよ」 恋する季節にビターチョコデコレーション 恋する気持ちでビターチョコデコレーション F. U ビターチョコデコレーション 皆が望む理想に憧れて ビターチョコデコレーション 個性や情は全部焼き払い ビターチョコデコレーション 欲やエゴは殺して土に埋め ビターチョコデコレーション 僕は大人にやっとなったよママ 明日もきっとこの先も 地獄は続く何処までも 嗚呼 だからどうか今だけは 子供の頃の気持ちのままで 一糸まとわずにやってこうぜ 「ああ思い出した!あんたあの時の 生真面目そうな…やっぱいいや」• ガールズエンドルーズ 歌詞 by ルワンさん• 波に名前をつけること、僕らの呼吸に終わりがあること。 by キタニタツヤ(こんにちは谷田さん)さん• 長針短針タイムマシン by あじたまさん• 灯火 by syudouさん• ボイリング・ナイト歌詞 by みやけさん• ちがう!!! のシーカー 歌詞 by カルロス袴田さん• 身体の分解と再構築、または神話の円環性について by キタニタツヤ(こんにちは谷田さん)さん.

次の

syudou 「ビターチョコデコレーション」 가사 번역

ビター チョコ デコレーション 考察

ビターチョコデコレーションは syudouさんの 33作目となるオリジナル曲です。 機械のような不協和音と初音ミクの落ち着いた声が不思議な世界観を醸し出しています。 そんな本曲は 2019年 1月に公開されてから、すでに約 280万回以上も再生されています。 歌詞や MVに表現されているのは、生きづらさのような感情です。 曲名を暗い意味で直訳すると 「楽しいけど苦しい作りものの人生」 このような印象や意味がタイトルに込められていると考察できます。 甘くて苦い殻に主人公は閉じこもっているのでしょうか.. ? 意味深なMV 少年が来てるのは囚人服 MVの少年はオレンジ色のツナギを着て首にはリングをはめています。 その姿がアメリカの刑務所で使われる囚人服にそっくりなんです。 アメリカの 囚人服がオレンジ色になっているのにはいくつかの理由があります。 中世ヨーロッパの貴族社会では、色によって階級を決定していました。 そこで 黄色はユダの衣の色と言われていて、犯罪者には黄色やオレンジの服を着せていたそうです。 少年を取り巻く社会における階級や状況が良くないということを示唆しているのでしょうか? それとも何かしらの罪を背負っているのでしょうか? 違和感のある女性 MVでは、少年の横にずっと立っているメイドのような女性がいますよね。 この女性の服装は、 中世ヨーロッパの喪服にとてもそっくりなんです。 異質な空間に感じますよね。 なんで囚人服を着た少年の横に喪服を着た女性が立っているのでしょうか? 主人公は罪を償って亡くなっていて、母親がその死を悲しんでいるとも考えられます。 それでは歌詞解釈からビターチョコレートデコレーションをみていきます。 ビターチョコデコレーション歌詞解釈 目立たないように過ごしたい理由は? 最初の歌詞で出てくるワードには2つに意味に分けられます。 最初のキーワードは「不信感」です。 ・人を過度に信じない ・愛さない ・期待しない この3つは他人に対しての "不信感 "が前面に出る言葉です。 この言葉は「~しない」と注意するような表現をしています。 それは自分自身が、信じてしまうから、愛してしまうから、期待してしまうから注意しているのではないでしょうか? 少年は過去に裏切られた経験があるからこう言っているのではないかと推測できます。 主人公を裏切った誰かはラストの歌詞で登場する人物だとも考えられます。 主人公はイジメられている ・角を立てない ・気取らない 2つ目のキーワードの意味は「目立たない」ということです。 裏切られた経験について色々な推測ができますが、 「虐めない」「集団参加の終身刑」 と後の方の歌詞の中で出てきます。 この言葉から主人公はイジメられたことがあると解釈できます。 そして罪をなすりつけられたとも考えられます。 だから、威張ったり目立たないように息を潜める必要があるのです。 うまい人付き合いの完成 【歌詞の意味】 ・軽いジョーク:冗談 ・リップサービス:口先だけの世辞 「どんな時も笑って愛嬌振りまくように」 歌詞からも、主人公はイジメられないように周りの顔を伺っている様子がわかります。 目立たなさすぎても 目立ちすぎても 誰かの目に止まってイジメが始まる可能性があります。 だから、溶け込むために好かれるために冗談や世辞も忘れずにします。 これでうまい人付き合いの完成です。 完全に自分の心を考えずに人付き合いの合理性だけを優先しているように感じます。 主人公の心はどこにあるのでしょうか? 命の終わりを意味している? MVの中で、少年の服の色は一瞬オレンジから青色に変わります。 中世ヨーロッパでの青色は、死や地獄と結び付けられた喪の印として使われていたそうです。 上記に加え、少年の横には喪服を着た女性が立っています。 これは少年の命の終わりについての示唆だとも解釈できます。 主人公は死刑囚なのでしょうか? 外界との遮断 ・自我を晒さない ・話さない ・分からせない ・絶対口を閉ざさない ・笑わすより笑われる 1番の歌詞では、愛さない・信じないなど他人への期待をやめるように自分に言い聞かせていました。 ですが、 2番になって急激に心を閉ざしていることが歌詞からわかります。 他人に媚を売ることもやめている状況が想像できます。 何かそのきっかけがあったのでしょうか? 自分の中の本音を隠して、自分と外界との接触を完全に遮断している様子がわかります。 宗教的社会の隔絶 ・集団参加の終身刑 ・毎朝毎晩もう限界 ・宗教的社会の集団リンチ 上記の歌詞のフレーズをみても、毎日悲痛なくらい嫌な思いをしている光景が浮かびます。 「前髪ちょーさいこう」のような歌詞もありますが、これもイジメの一部だと考えられます。 宗教的社会というのは、学校の異質な空間を意味しています。 社会と隔絶した独自のルールやカーストが存在する閉鎖的学校。 イジメも見て見ぬする教師や上の者に従って、へらへらする。 そんなカオスな状況を宗教と揶揄しているのではないでしょうか? 望んだのは復讐? 「いやはやしかし今日が初めてで、こんなとはね 君センスあるよ」 意味深な誰かの言葉が歌詞に出てきます。 何を初めてしたのは何でしょうか? 悲痛な生活を送っていて、それをずっと我慢し続けた主人公。 初めてしたのは "復讐 "だとも考えられます。 復讐の結末 「立つ鳥の後きっと糞のアート」 これは「立つ鳥跡を濁さず」ということわざで、引き際は美しくあるべきという意味です。 立った鳥は、主人公を虐めていた誰かに復讐を果たして、空へ飛んで行ったとも考えられます。 復讐をしても気持ちが晴れない様子が歌詞の"糞のアート"で表現されていると解釈できます。 意味深な言葉たち 「ところで一つ伺いますが先日何処かで?・・・やっぱいいや」 「いやはやしかし今日が初めてでこんなとはね 君センスあるよ」 「ああ思い出した!あんたあの時の生真面目そうな …やっぱいいや 最期と言葉でだれかが登場します。 少年と同じ色をしていることから、少年の別人格?とも考えられます。 だから、昔は真面目だった自分を振り返っているのではないでしょうか? また、 syudouさんの過去曲「馬鹿」の人物にも似ているようにも思えます。 最後に ビターチョコデコレーションは 辛い ビター 人生の中で、少年は本音を隠してうまく着飾って デコレーション 溶け込む チョコレート だと解釈できます。 最後まで読んでいただきありがとうございます。 関連記事.

次の