アベノマスク 旭川。 あさひかわイン

「アベノマスク」ようやく札幌へ 全道配布 時期見通せず:北海道新聞 どうしん電子版

アベノマスク 旭川

株式会社Style 本社:京都府京都市、代表取締役:金山洋明 は2020年6月18日 木 から全国の定楽屋で、アベノマスクとお食事券の交換ができるキャンペーンを開始致します。 政府から全世帯に配布されたアベノマスクですが、マスクの供給も徐々に増え始め、現在必要に迫られている人も少なくなってきました。 そこで、ご不要のアベノマスクを必要な方に寄付できるようにと今回のキャンペーンを実施することに決定致しました。 定楽屋で使えるお食事券について アベノマスクと交換で、定楽屋で使える500円分のお食事券をお渡し致します。 また、今回のお食事券は2020年8月末まで何度でも使用可能。 受取場所は定楽屋の各店舗となり、営業時間であればいつでも交換可能となっております。 お食事券は当日もご利用可能となっており アベノマスクをお持ち頂いた方はその場で500円割引が適応されます。 また、お食事券はご協力頂ける近隣店舗様でもご利用可能となりますので、 詳細に関してはお近くの定楽屋までお問い合わせ下さい。 交換可能な店舗一覧 〔愛知県〕 名古屋市 金山店 〔京都府〕 京都市 三条木屋町店 〔愛媛県〕 松山市 松山二番町店 〔福岡県〕 北九州市 小倉店 福岡市 天神大名店 久留米市 西鉄久留米駅前店 〔大分県〕 大分市 中央町店 〔熊本県〕 熊本市 下通店 定楽屋公式サイト?? アベノマスクの寄付先ついて 今回皆様から寄付頂いたマスクの利用方法については 現在、市や介護施設・児童養護施設などに寄付する予定となっております。 また、寄付先についても募集しておりますので マスクが必要である企業や団体様からの連絡もお待ちしております。 元祖定額制居酒屋「定楽屋」とは 「定楽屋」とは携帯のパケットシステムのように 『どれだけ食べても飲んでも、3000円を超えた料金は頂きません。 3000円以下の場合は食べて飲んだ分だけ』 という新システムの居酒屋である。 2018年1月に愛媛県松山市に1店舗目をオープン後 現在まで約2年で全国に10店舗を展開している。 最近ではwebメディア、テレビ取材等も多く今話題になりつつある居酒屋である。

次の

不要な【アベノマスク】回収ポスト北海道設置!場所はどこ?反応ツイートまとめ

アベノマスク 旭川

北海道・東北• 東海・甲信越• 近畿・北陸• 中国・四国• 九州・沖縄• 政府による布マスクの全戸配布が東京から始まるなか、北海道旭川市の市民グループが、マスクを不要とする人たちから回収し、学校に届けるための準備をしている。 布マスクは17日から東京で配布が始まり、北海道内でも時期は未定だが、1世帯に2枚ずつ配られる予定だ。 このマスクの回収に取り組むのは、旭川市内の主婦や自営業者、会社経営者ら約40人でつくる「旭川 All FOR ONE プロジェクト」。 配られたマスクを不要と思う人がいたら、プロジェクトに賛同する飲食店や美容室などに置く回収ボックスに、未開封のまま入れてもらう。 集まったマスクは、市教育委員会へ届け、必要とする子どもたちに使ってもらう。 協力店舗は現在、約30店舗にのぼるという。 プロジェクトのスタートは4月….

次の

アベノマスク

アベノマスク 旭川

連合北海道のマスク寄付プロジェクトについて• 旭川市のマスク寄付プロジェクトについて• 寄付はどこでできるの? 連合北海道のマスク寄付プロジェクト アベノマスクが必要ないという人がいる一方、「子ども用のマスクがほしい」「マスクが手に入らないので布マスクでもほしい」と、本当に必要としている方もいるんです。 不要な方からマスクを寄付してもらい、本当に必要としている方に配ることができるよう、連合北海道がマスク寄付のプロジェクトを始めました。 現時点で、寄付の受付期間は2020年5月11日(月)〜6月30日(火)ですが、アベノマスクの配布がいつ完了するのか目処が立たないため、この期間を延長する可能性もあるとのこと。 ちなみにこのプロジェクト、アベノマスク以外の市販のガーゼマスクや不織布マスクも寄付の対象となっています。 それぞれの地域については、下記を参照されてください。 【道央】 ほくろうビル 札幌市中央区北4条西12丁目 地下鉄南北線さっぽろ駅 2番出口表示付近・証明写真コーナー横 地下鉄南北線・東西線大通駅 8番出口表示付近・オーロラタウン出口 連合後志地協事務所 小樽市色内2丁目13-5 小樽市民センター内 連合空知地協事務所 岩見沢市6条西10丁目3-10 連合胆振地協事務所 室蘭市東町3丁目26-17 第二山本ビル 連合日高地協事務所 浦河町堺町西1-8 【道南】 連合渡島地協事務所 函館市新川町2-16 江差町役場 江差町中歌町193-1 【道北】 連合上川地協事務所 旭川市4条西6丁目 道北労福センター 連合留萌地協事務所 留萌市開運町2丁目 労働福祉会館 連合宗谷地協事務所 稚内市中央1丁目2-23 稚内市労働会館 【道東】 連合網走地協事務所 北見市桂町4丁目216 連合十勝地協事務所 帯広市東3条南11丁目7 労働者会館 連合釧根地協事務所 釧路市新富町2-24 釧路労働者福祉会館 上記の他にも、さっぽろ地下街にも設置する方針とのことで、今後マスク回収ポストの設置場所が増えていきそうです。 マスク寄付時の注意点は? マスクは衛生用品ですので、かならず清潔が保たれるように寄付するようにしましょう。 寄付できるのは、未使用・未開封のものに限られているので、一度開封してしまったものは寄付できません。 また、アベノマスク以外のマスクも寄付の対象となっていますが、手作りマスクは寄付できません。 旭川のマスク寄付プロジェクト 上記の連合北海道とは別で、旭川市の団体「旭川 All FOR ONE プロジェクト」では、市内の主婦さんや自営業の方、会社経営者の方たちでマスク寄付のプロジェクトを行っています。 このプロジェクトの内容は、飲食店や美容室などに回収ボックスを置いて、市教育委員会へ届けたのち、必要とする子どもたちに使ってもらおうというもの。 どこで寄付できるの? この団体が設置している回収ポストの設置場所は以下の通りです。 旭川 All FOR ONE プロジェクトでは、facebookを使い、マスクの寄付などの情報を発信されています。 もっと多くの情報を知りたい方は、下記からチェックしてみてくださいね。 まとめ 北海道ではマスク寄付のプロジェクトが大きく動いています。 アベノマスクはあまり良い評判を聞きませんが、本当にマスクを必要としている人たちに届けられるよう、こういう活動をしてくださる団体があるというのは良いですね。 他の都府県でも、このように大きな動きがあればいいなぁ〜なんて、アベノマスク要らない派の筆者も思っています! マスクが不要だというみなさんは、マスクが今後有効活用されるよう、ぜひ寄付のプロジェクトに参加してみてくださいね!.

次の