メルカリ ゆうちょ 支払い。 メルカリの振込手数料完全有料化と送料値上げは改悪!?メルカリの意図はメルペイへの囲い込み

メルカリの振込手数料完全有料化と送料値上げは改悪!?メルカリの意図はメルペイへの囲い込み

メルカリ ゆうちょ 支払い

iPhoneやAndroidなどのスマホ用フリマアプリのメルカリで売上金の振込申請にゆうちょ銀行を指定する方法です。 メルカリでは商品が売れた時の売上金を一時的にメルカリにプールし、振込申請をして自分の銀行口座に振り込んでもらいます。 この時に指定できる口座は三菱東京UFJ銀行やみずほ銀行、ゆうちょ銀行などの主要金融機関や横浜銀行や千葉銀行などの地方銀行、それ以外にも信用金庫や信用組合、農業協同組合や漁業協同組合など国内にある預貯金取扱金融機関のほとんどとなっております。 この中で今回はゆうちょ銀行で売上金を受け取るために、振込申請時にゆうちょ銀行を指定する方法を紹介いたします。 振込用口座番号に変換 ゆうちょ銀行を振込口座として指定する場合、 キャッシュカードや通帳に書いてある番号のままでは使えません。 その番号はゆうちょ銀行同士での振替用番号だからです。 そのためまずはこの ゆうちょ銀行の口座番号を他行から振り込むための番号に変換する必要があります。 それでは具体的な変換の仕方を見ていきましょう。 1.まずの変換用ページに行きます。 キャッシュカードまたは通帳に書かれている記号・番号を入力します。 5桁と8桁または5桁と1桁と8桁の塊になっている番号があるはずです。 間の一桁が無い場合は真ん中のマスは空欄にしておいてください。 入力し終わりましたら「入力内容の確認」を押します。 2.入力内容の確認画面が表示されます。 自分の口座の番号と同じであることを確認して「OK」を押します。 3.振込用の口座番号や店番などの情報表示画面が表示されます。 このページの「銀行名」「店番」「預金種目」「口座番号」を使いますのでメモを取るなどして控えておきましょう。 ここまでで必要な情報を手に入れることができました。 この情報を振込申請の口座情報入力時に入力します。 メルカリで振替申請をする方法 1.メニューを開きます。 「ホーム」「ニュース」「いいね!一覧」「出品した商品」「購入した商品」「設定」「ガイド」「お問い合わせ」「招待してポイントGET」と並んでいるところから「設定」をタップします。 2.設定画面が開きました。 「プロフィール」「住所」「支払い方法」「メール・パスワード」「電話番号の確認」「売上・振込申請」「ポイント」「クーポン」と並んでいるところから「売上・振込申請」をタップします。 3.売上・振込申請のページが表示されました。 「現在の売上金」「売上履歴」「売上金の振込申請期限」「振込申請して現金を受け取る」「振込申請履歴」と並んでいるところから「振込申請して現金を受け取る」をタップします。 4.振込先口座の指定ページが表示されました。 「支店コード」は店番のことですので店番を入力します。 そして「口座名義(セイ)」「口座名義(メイ)」「住所氏名」「生年月日」をすべて入力し「次へ」をタップします。 5.振込先の登録確認のポップアップが出ます。 間違いが無ければ「はい」をタップします。 6.現在の売上金額が表示されていますので、振り込みを受けたい金額を入力して「確認する」をタップします。 手数料は通常振込の場合は200円、お急ぎ振込の場合は400円がかかり、指定した金額からその分を差し引かれた額がゆうちょ銀行に振り込まれます。 (2019年4月23日から手数料が変更となりました) あとは画面の指示に従い手続きを確定させます。 特に問題が無ければ後日メルカリより入金されます。 ゆうちょ銀行の口座に振り込みされる時期 入金日は以下に示すようなルールによって決まります。 振込申請と振込日の関係 ・毎週月曜日が振込申請の締め日 ・振込が行われるのは締め日と同じ週にある金曜日(締め日から4日後) 例として某年の3月の振込スケジュールが以下の通りです。 関連: ゆうちょ銀行で支払うことも出来る 今回のように売上金の振込申請にゆうちょ銀行を指定することも出来ますし、メルカリで購入した商品の代金をゆうちょ銀行で支払うことも出来ます。 メルカリには支払い方法として銀行振り込みがありません。 しかしペイジー Pay-easy とよばれるサービスを使って、ゆうちょ銀行を含む銀行のATMから振込をすることができるのです。 詳しくは「クレジットカード不要!メルカリで銀行ATM支払いする方法」のページで解説していますのでそちらを参照してください。 関連: 当サイトで人気の送り方ランキング 順位 送り方 料金 会社名 370円 日本郵便 810円〜 日本郵便 930円〜 ヤマト運輸 180円〜 日本郵便 198円 日本郵便 送料が安い送り方ランキング 順位 送り方 料金 会社名 63円 日本郵便 84円〜 日本郵便 120円〜 日本郵便 180円 日本郵便 198円 日本郵便 用途別の一番安い送り方 【小型】 【大型】 【追跡】 【着払】 【速達】 【補償】 【複数】 【日時】 近くのコンビニから送る 送り方を探す コンビニや郵便局など宅配便・郵便で送る荷物を差し出せる場所をまとめています。 宅配便・郵便の全サービスの料金を比較出来るように一覧としてまとめています。 本・食べ物・家電など送るものに適した宅配便・郵便の送り方をまとめています。 宅配便・郵便の全サービスの荷物が到着するまでの日数をまとめています。 着払いや速達など宅配便・郵便のサービスごとのオプションをまとめています。 本・雑誌・書類・CD・DVDなど小さい荷物を安く送る方法をまとめています。 大量の衣類や漫画のセットなど大きい荷物を送る方法をまとめています。

次の

メルカリのスマホ決済「メルペイ」 タッチ決済「iD」、メルカリ売上支払いに対応

メルカリ ゆうちょ 支払い

都市銀行• 三菱UFJ銀行• みずほ銀行• 三井住友銀行• りそな銀行• 埼玉りそな銀行 あ行• イオン銀行• 愛知銀行• 青森銀行• 秋田銀行• 足利銀行• 阿波銀行• 池田泉州銀行• 伊予銀行• 岩手銀行• SBJ銀行• 愛媛銀行• 大垣共立銀行• 沖縄銀行 か行• 香川銀行• 神奈川銀行• 北九州銀行• 北日本銀行• きらやか銀行• 紀陽銀行• 熊本銀行• 京都銀行• 群馬銀行• 京葉銀行• 高知銀行 さ行• 滋賀銀行• 佐賀銀行• 七十七銀行• 四国銀行• 静岡銀行• 清水銀行• 十六銀行• じぶん銀行• ジャパンネット銀行• 常陽銀行• 親和銀行• スルガ銀行• 仙台銀行• 荘内銀行 た行• 大光銀行• 第三銀行• 第四銀行• 大東銀行• 筑邦銀行• 千葉銀行• 千葉興業銀行• 中京銀行• 中国銀行• 筑波銀行• 東邦銀行• 東和銀行• 徳島銀行• 栃木銀行• 東北銀行• 鳥取銀行• トマト銀行• 富山銀行 な行• 長野銀行• 南都銀行• 西日本シティ銀行 は行• 八十二銀行• 百十四銀行• 広島銀行• 福岡銀行• 福井銀行• 福島銀行• 福邦銀行• 北陸銀行• 北都銀行• 北洋銀行• 北海道銀行 ま行• 三重銀行• みちのく銀行• 武蔵野銀行• もみじ銀行 や行• 山口銀行• 山形銀行• 山梨中央銀行• ゆうちょ銀行• 横浜銀行 ら行• 楽天銀行• なお、メルペイに支払い用の銀行口座を登録すれば、メルカリで得た売上金の振込申請期限 180日間 がなくなり、売上金をポイントに交換する必要も無くなるといったメリットがあります。 メルペイは「振込先口座」でもゆうちょ銀行に登録できる なお、 ゆうちょ銀行はメルペイの残高を出金する為の「振込先指定口座」でも登録可能です。 そもそもメルペイでは、「振込申請」を行えば自身の登録した「振込先口座」へ出金可能ですが、その振込先口座ならゆうちょ銀行も登録できます。 なお、残高を登録先の銀行口座へ出金する場合、 申請金額に関わらず一律で200円の出金手数料がかかるので、注意しておきましょう。 主要なコンビニに設置されているコンビニATMでも、 3万円以上なら手数料が完全無料。 今まで「コンビニのATMだと手数料がかかる…。 」と、わざわざ地方銀行のATMまで駆けつけていた人も、ならある程度まとまった入出金をすれば コンビニのATMで24時間手数料無料で使えます! メルペイ以外の主要なスマホ決済サービスにも登録できる なお、はメルペイ以外にもPayPayやLINE Pay、などのチャージにも使えるので、 複数のスマホ決済サービスへのチャージを一つの銀行口座で管理できるメリットがあります。 特に最近は、各キャンペーン毎にスマホ決済サービスを使い分ける方も増えたかと思いますが、それぞれ違った銀行でチャージをしてると お金の管理がしにくいですよね。 例えば、PayPayはA銀行、LINE PayはB銀行、メルペイはC銀行といったような管理の仕方をしてると、 結局現金で支払うよりもなんだか面倒で不便となってしまいます。 しかし、はPayPay、メルペイ、LINE Payといった主要所に全て対応しているので、 「複数のスマホ決済のチャージを一元管理したい!」という方にぴったりでしょう。 新規口座開設で現金500円がプレゼントされる 現在では、新規口座開設で現金500円がプレゼントされるキャンペーンを開催しています。 500円をもらうまでのステップは簡単で、まずお申し込みをして本人確認をし、その後は初期設定を行えば完了です。 もちろんゲットした500円はメルペイですぐ使えるので是非試してみてください! Visaデビットを3回以上利用すれば1,000円がキャッシュバックされる それだけではありません! 今ならのVisaデビット機能を3回以上使えば、 もれなく1,000円がキャッシュバックされるキャンペーンも開催中です! はVisaブランドの付いたデビットカードとしても機能するので、メルペイが使えないお店では直接デビットカードでキャッシュレス払いするのも良いでしょう。 とにかくはメルペイに登録して使うメリットが盛りだくさんなので、あなたも是非この機会にを使ってみてください! もちろん発行手数料は無料で、 最短5日でカードが届きます!• PayPay• LINE Pay• ゆうちょPay• Origami Pay PayPay ペイペイ スマホ決済サービスの代表格として圧倒的知名度を誇るPayPayですが、 PayPayはゆうちょ銀行を使ってチャージ可能です。 出典: PayPayは支払い方法を「PayPay残高」または「Yahoo! JAPANカード」に設定して決済すれば1. なので、長期的に高いポイント還元を受けながら決済していきたいなら、PayPayを使うのがおすすめです! LINE Pay ラインペイ LINEのアプリを使ってスマホ決済が可能な「LINE Pay」ですが、 LINE Payでもゆうちょ銀行を登録して残高へチャージしていけます。 【マイランク制度とは?】 マイランク制度は過去6ヶ月間のLINEポイント獲得数に応じて「マイランク」が決まり、多くの利用実績がある人ほど還元率が高くなる制度。 なお、マイランクの判定基準は以下の通りです。 ゆうちょPay 出典: ゆうちょ銀行が提供するスマホ決済サービスの「ゆうちょPay」も、 当然ながらゆうちょ銀行に対応しています。 ゆうちょPayは、自身が登録したゆうちょ銀行から支払った利用分が即時引き落としされるメリットがあり、使い過ぎの心配もありません。 ただ、ゆうちょPayは支払い毎に付与されるようなポイント還元がなく、まだまだ使えるお店も少ない点がデメリットだと言えるでしょう。 まとめ:メルペイはゆうちょ銀行に登録してチャージ可能!• メルペイ残高へのチャージにゆうちょ銀行は利用可能• 振込先口座にもゆうちょ銀行が登録できる• ゆうちょ銀行がチャージに使えるスマホ決済は他にも「PayPay」「LINE Pay」「ゆうちょPay」などがある 以上、メルペイ残高へのチャージにゆうちょ銀行は利用可能で、 メルペイは他にも約80種類にも及ぶ銀行口座に対応しています。 なお、あなたが今後継続的にメルペイの残高へチャージして支払いに使っていきたいのであれば、3万円以上の入出金が完全無料となるを使うと良いでしょう。 はメルペイ以外にもPayPayやLINE Payでも使えるスマホ決済に万能なネット銀行なので、各決済サービスの資金管理もまとめられて便利です!.

次の

【注意】05031551046はメルカリ!無視すると弁護士介入!

メルカリ ゆうちょ 支払い

メルカリ後払いの支払い方法は? メルカリ後払いの 支払い期間は、メルペイを利用した翌月の1日~末日までで、クレジットカードのように分割払いすることはできません。 例えば、読みたい本をメルペイあと払いで購入して、読んだ後すぐにメルカリで売ったら、その売上金の分をあと払いに充てることができますね。 しかも、通常メルペイあと払いは手数料として300円かかりますが、 メルペイ残高で支払った時のみ手数料が無料となります。 ATMでの支払いは、ゆうちょ銀行などPay-easy(ペイジー)対応の銀行ならどこでも大丈夫です。 セブンイレブンで実際にやってみましたので、画像つきで説明していきますね! 1.まず、メルペイ画面の『あと払い履歴』をタップします。 2.メルペイ後払いの画面がでてきますので、『支払い方法』をタップして選択します。 4.メルペイ後払いの支払いをしたいコンビニか銀行ATMを選び、『お客さま番号を発行する』をタップします。 使用できるポイントがあれば、この画面で選択します。 清算手数料は1ヶ月で300円です(この時は、手数料無料キャンペーンだったため0円になっています。 5.払込票番号と払込票がでてきますので、『払込票』をタップして表示します。 6.バーコードがでてきますので、セブンイレブンの場合はレジで見せるだけで清算完了です。 ローソンとファミリーマートを選択すると、この時QRコードが出てきますので、それぞれLoppiとファミポートにかざして、出てきた紙をレジにもっていけばOKです。 ちなみに、セブンイレブンでメルペイ後払いをする時には、 nanaco(ナナコ)カードで支払いすることができます。 バーコードやQRコードを出したけど支払いをしなかった場合には、有効期限が切れるので、また同じ手順で 『お客様番号の再発行』をすれば大丈夫ですよ。 メルペイ後払いは 手数料として月に300円かかりますので、利用しないのであれば、支払い方法を『メルペイ払い』に戻しておきましょう。 口座引落 メルペイ後払いを口座振替する場合、メルペイを利用した月の 翌月10日が振替申請締日で27日(27日が土日祝の場合は、翌営業日)口座引落となります。 ですので、翌月9日までに口座振替の設定が必要となります。 口座振替の設定は以下の通りです。 1.メルペイ画面の『あと払い履歴』をタップします。 2.『支払い方法』をタップして『口座振替』を選択します。 3.名前や口座情報を入力して『登録』をタップします。 4.銀行のぺージで必要な情報を入力して、口座振替の認証を行います。 5.銀行のページで認証確認後、『メルペイ後払いのページに戻る』を選択します。 この銀行口座の登録はを一度しておくと、次回から登録する必要はありません。 メルペイ後払いはポイントや売上金で支払える? メルペイあと払いではメルカリの 売上金や売上金で購入したポイント、メルペイ残高を利用する事ができないので注意が必要です。 つまり、メルカリで商品を売った売上金(メルペイ)は使うことができないってことなんですよね。 メルカリの機能が使えなくなったり、延滞金がついたりと、さまざまなペナルティがつきますので、すぐにメルカリ事務局に問い合わせをしましょう。 さいごに いかがだったでしょうか? メルペイあと払いは、メルカリで購入した都度コンビニATM払いを利用している方にとってはとても便利な支払い方法ですよね。 支払いの時期になると『やることリスト』にもでてきますが、忘れないように支払いするようにしましょう。 個人的にはメルペイ後払いをするなら、コンビニの中でもセブンイレブンが一番簡単だと感じました。

次の