角 煮 レシピ。 簡単&メチャうま!いわしの缶詰レシピ

豚の角煮(豚バラ肉と大根煮)レシピ [家族のお弁当レシピ] All About

角 煮 レシピ

干ししいたけはぬるま湯につけて、四つ切りにする。 れんこんは酢少々を入れた水に約5分つけて水をきる。 ごぼうは皮を一口大のにし、酢少々を入れた水に約5分つけて水をきる。 たけのこは大きめの一口大に切る。 絹さやは軽くゆでる。 とり肉は一口大に切る。 とり肉を加えて、肉に火が通ったらいったん取り出し、とり肉と煮汁に分ける。 しょうゆや砂糖をからめてとり肉にしっかり味つけ。 きれいにした鍋に油大さじ1を熱し、ごぼうとたけのこ、こんにゃくとれんこんとしいたけ、にんじんの順に、そのつど炒める。 だし汁を野菜がひたるくらいまで加え、砂糖大さじ1、しょうゆ大さじ1強、2の煮汁を加える。 煮立ったらオーブン用ペーパーでをして弱めのにし、野菜がやわらかくなるまで約20分煮る。 肉のうまみが出た汁を加えて野菜を煮るとコクが増す。 2のとり肉を加え、上下を返して煮汁をからめる。 火を止め、はちみつを加えてからめる。 器に盛り、絹さやを添える。 はちみつを加えると照りよく仕上がる。 にんじんは皮をむいて7〜8mm厚さの輪切りにし、梅の抜き型で抜く。 中心から花びらと花びらの間に向かって厚みの半分くらいまで切り目を入れる。 花びらのまん中から切れ目に対して斜めに包丁を入れ、そぎ取る。 れんこんは皮つきのまま7〜8mm厚さの輪切りにする。 れんこんの周囲の穴と穴の間の部分を直角に少し切り落とす 抜き型の角の部分を使うとラク。 残ったれんこんの皮を包丁でそぎ取るようにして、円い花びらの形にする。 こんにゃくは4cm長さ、1. 5cm幅、7〜8mm厚さに切る。 まん中に1本、上下を切り離さないように切り目を入れる。 一方の端を切れ目にくぐらせて、引き出す。 切り方 輪切り 横にして小口から厚さをそろえて切れば、輪切りに。 厚さは、料理に合わせて調節を。 いちょう切り(1) 作りたい分量の長さに切り、縦四つ割りにします。 いちょう切り(2) 四つ割りにしたうちの2本を、切り口を下にして置き、端から薄切りにします。 厚さを揃えて切ると、火の通りが均一に。 せん切り(1) 皮をむき、斜め薄切りにします。 せん切り(2) これを少しずつずらして重ね、端から細く切ります。 せん切り(3) 縦薄切りにしてからせん切りにしても。 この場合、4〜5cm長さに切ったら、縦に薄切りにします。 このとき、端を1枚切ったら、その切った面を下にして置くと、安定して切りやすくなります。 せん切り(4) これを少しずつずらして重ね、端から細く切ります。 短冊切り(1) 4〜5cm長さに切ったら、縦に1cm厚さに切ります。 短冊切り(2) 端から薄切りにします。 あられ切り(1) さいの目切り(約1cm角)よりさらに細かく、約5mm角に切る角切り。 4〜5cm長さに切ったら、5mm厚さの薄切りにします。 あられ切り(2) これを5mm角の細切りにしたら、端から5mm幅に切って、立方体にします。 ねじ梅 野菜を花の形に切る「花形切り」の一つで、立体感のある梅の花の形にしたもの。 煮ものなどに。 ねじ梅(1) にんじんは皮をむいてから7〜8mm厚さの輪切りにし、花形の抜き型を使って、抜きます。 ねじ梅(2) 花びらの境目5カ所全部から中心に向かって、包丁の刃元を使って2〜3mm深さの切り込みを入れます。 ねじ梅(3) 花びらの中心から、左側の境目の切れ込みに向かって、包丁の刃元を斜め下向きに進め、薄くそぎ落とします。 これを花びらごとに繰り返します。 切り方 輪切り 穴のあいた独特の形を生かせる切り方。 端から、料理に応じた厚さに切っていきます。 天ぷら、はさみ揚げなどに。 いちょう切り 特に太い部分を食べやすい大きさに切るなら、いちょう切りに。 縦四つ割りにして、端から、料理に応じた厚さに薄切りにします。 乱切り 細いものはそのまま、太いものは半割りか四つ割りにして90度ずつ全体を回しながら、材料に対し斜めに包丁を入れ、形を揃えて切っていきます。 太さに合わせた切り方を 太い部分と細い部分の差が大きいので、切り方を変えて。 輪切りや半月切りのほか、太いものなら写真のように4cmくらいの長さに切ってから棒状にしても。 花れんこん れんこんを花びらの形になるように切る飾り切り。 煮ものやあえものなどに使えば、いつもの料理が華やかになります。 花れんこん(1) 4〜5cm長さに切り、穴と穴の間に2〜3mm深さの切り目を縦に入れ、切れ目に向かって左右から包丁を斜めに入れて、皮ごと三角形に薄くそぐように切り取ります。 花れんこん(2) 同じように、穴と穴の間すべてを切り取っていくと、ほぼ花びらに近い形に。 花れんこん(3) 残った皮をむきます。 このとき、切り口の角張ったところを落とすように丸みをつけてむくと、花形がきれいになります。 花れんこん(4) 使う料理に適した厚さの輪切りにします。 矢羽根(矢ばす) れんこんの穴を切ってできる凹凸を利用した飾り切り。 盛りつけるときは2つ合わせて。 甘酢漬けなどに使われます。 矢羽根(矢ばす)(1) 皮をむき、片側が少し厚くなるようにして、斜め切りにします。 矢羽根(矢ばす)(2) すわりがよくなるよう、両端を少し切り落とします。 矢羽根(矢ばす)(3) まん中で半分に切り、切り口を上に向けて、2つを揃えます。 切り方 細切り 4〜5cm長さに切り、2〜3mm厚さの縦薄切りにしてから、少しずらして数枚重ね、繊維に沿って、2〜3mm幅に切ります。 きんぴらごぼうや、サラダなどに。 乱切り 4〜5cm長さに切り、2〜3mm厚さの縦薄切りにしてから、少しずらして数枚重ね、繊維に沿って、2〜3mm幅に切ります。 きんぴらごぼうや、サラダなどに。 ささがき(1) 縦に長い切り込みを、5mmくらいの間隔で外側全周に入れます。 ささがき(2) まな板の上でごぼうを回しながら、皮むき器で削っていきます。 薄くすんなりとした笹 ささ の葉の形に仕上げるのが理想的です。 斜め薄切り 斜めに包丁を入れて1〜2mm厚さに薄く切ります。 斜めの角度は、仕上げたい形によって調節して。 たたきごぼう 鍋に合わせた長さに切って、3〜10分、ごぼうの太さや、かたさの好みなどで加減してゆで、やわらかくしてからすりこ木などでたたきます。 こうすると繊維が切れて食べやすくなると同時に、味がしみこみやすくなります。 切ったら水につける アクが強く、空気に触れると変色しやすいので、切ったそばから水につけてアクを抜きます。 長くつけすぎると逆にアクが戻ったり、香りが抜けるので、5分ほどつけたらざるに上げます。 基本の扱い方 下ごしらえ(1) 火の通りをよくし、皮をむきやすくするために、たけのこは洗ってから、穂先を斜めに切り落とし、縦に浅く切り込みを入れます。 下ごしらえ(3) 煮立ったら弱火にして、たけのこが浮き上がらないように落としぶたをして30〜40分から1時間(大きさや質、鮮度による)ゆでます。 湯が少なくなったら、途中で水をたします。 下ごしらえ(4) たけのこの根元に竹串を刺してみて、スーッと通るようになったら、ゆで上がり。 火を止めて、ゆで汁の中で人肌になるまで冷まします。 下ごしらえ(5) 冷めたら、切れ込みから皮をむき、水で洗います。 穂先の部分は、かたくて茶色い皮だけをむきます。 表面のささくれた部分を、割り箸でこそげ落とすと、きれいに仕上がります。 内側のやわらかい皮は姫皮といって、おいしいので、捨てずにあえものなどに。 下ごしらえ(6) 皮をむいたらすぐに使えますが、すぐに食べない場合は、保存容器で水につけたまま保存します。 冷蔵庫で、毎日水を替えて3〜4日保存可能です。 切り方 部位ごとに切り分ける(1) 上部のやわらかい円すい形の部分と、中ほどの部分、かたい下部に切り分けます。 部位ごとに切り分ける(2) 姫皮や穂先のやわらかい部分は、汁の実や、あえものにしたり、形を生かした切り方で、煮ものにしても。 まん中の部分は、煮ものや焼きもの、炊き込みご飯などに。 根元のかたい部分も薄切りにすれば、炒めものや煮もの、焼きものと、どんな料理にも使えます。 すりおろして使ってもよいでしょう。 上部を厚みのあるくし形切りにする 上部を縦に半分に切り、さらに中心に向かって包丁を入れて、3〜4等分にします。 形をいかした煮ものに。 上部を薄切りにする 上部を縦に半分に切り、それぞれを端から縦に薄く切ります。 汁もの、炊き込みご飯などに。 下部を細切りにする(1) 下部を縦に半分に切り、切り口を下にして横に置き、半月形に薄く切ります。 下部を細切りにする(2) 薄切りにしたものを少しずつずらして重ね、端から細く切ります。 炒めもの、炊き込みご飯などに。 下部をさいの目にする(1) 下部を縦に置いて、端から1cm幅に切り分けます。 下部をさいの目にする(2) 平らに置き、端から料理に応じた幅に切り分け拍子木切りにします。 下部をさいの目にする(3) 向きを横にして、端から同じ幅に切ります。 煮もの、あえものなどに。 基本の扱い方 筋を取る さやの両側についた筋は食べるときに口に残るので、取り除いてから調理します。 さやの先端からへたに向かってそっと引くように筋を取り除き、そのままへたを小さく折り、続けて反対側の筋を引いて取り除きます。 絹さやをゆでる 絹さやは、塩を加えた熱湯でさっとゆで、すぐに冷水にとって冷やし、冷えたらすぐ水を切ります。 下ゆでせずにじかに炒める場合は、水にさらすとよいでしょう。 炒める前に水にさらしてシャキッとさせ、よく水をきってから炒めます。 スナップえんどうをゆでる スナップえんどうは、塩ゆでするとき、塩と同量の砂糖を湯に加えると、独特の青臭さをやわらげることができます。 湯3〜4カップに対して塩、砂糖各小さじ1程度を目安に。 スナップえんどうは、加熱しすぎると歯切れのよい食感が損なわれます。 ゆで時間は、緑色が鮮やかになる1分〜1分30秒くらいを目安に。 ざるに上げたら冷水にとり、色止めをします。 より味わいを大切にする場合は、冷水にとらず、ざるに広げて、急激にさましても。

次の

チキンのクリーム煮【9~11ヶ月ごろの離乳食レシピ】| たまひよ

角 煮 レシピ

干ししいたけはぬるま湯につけて、四つ切りにする。 れんこんは酢少々を入れた水に約5分つけて水をきる。 ごぼうは皮を一口大のにし、酢少々を入れた水に約5分つけて水をきる。 たけのこは大きめの一口大に切る。 絹さやは軽くゆでる。 とり肉は一口大に切る。 とり肉を加えて、肉に火が通ったらいったん取り出し、とり肉と煮汁に分ける。 しょうゆや砂糖をからめてとり肉にしっかり味つけ。 きれいにした鍋に油大さじ1を熱し、ごぼうとたけのこ、こんにゃくとれんこんとしいたけ、にんじんの順に、そのつど炒める。 だし汁を野菜がひたるくらいまで加え、砂糖大さじ1、しょうゆ大さじ1強、2の煮汁を加える。 煮立ったらオーブン用ペーパーでをして弱めのにし、野菜がやわらかくなるまで約20分煮る。 肉のうまみが出た汁を加えて野菜を煮るとコクが増す。 2のとり肉を加え、上下を返して煮汁をからめる。 火を止め、はちみつを加えてからめる。 器に盛り、絹さやを添える。 はちみつを加えると照りよく仕上がる。 にんじんは皮をむいて7〜8mm厚さの輪切りにし、梅の抜き型で抜く。 中心から花びらと花びらの間に向かって厚みの半分くらいまで切り目を入れる。 花びらのまん中から切れ目に対して斜めに包丁を入れ、そぎ取る。 れんこんは皮つきのまま7〜8mm厚さの輪切りにする。 れんこんの周囲の穴と穴の間の部分を直角に少し切り落とす 抜き型の角の部分を使うとラク。 残ったれんこんの皮を包丁でそぎ取るようにして、円い花びらの形にする。 こんにゃくは4cm長さ、1. 5cm幅、7〜8mm厚さに切る。 まん中に1本、上下を切り離さないように切り目を入れる。 一方の端を切れ目にくぐらせて、引き出す。 切り方 輪切り 横にして小口から厚さをそろえて切れば、輪切りに。 厚さは、料理に合わせて調節を。 いちょう切り(1) 作りたい分量の長さに切り、縦四つ割りにします。 いちょう切り(2) 四つ割りにしたうちの2本を、切り口を下にして置き、端から薄切りにします。 厚さを揃えて切ると、火の通りが均一に。 せん切り(1) 皮をむき、斜め薄切りにします。 せん切り(2) これを少しずつずらして重ね、端から細く切ります。 せん切り(3) 縦薄切りにしてからせん切りにしても。 この場合、4〜5cm長さに切ったら、縦に薄切りにします。 このとき、端を1枚切ったら、その切った面を下にして置くと、安定して切りやすくなります。 せん切り(4) これを少しずつずらして重ね、端から細く切ります。 短冊切り(1) 4〜5cm長さに切ったら、縦に1cm厚さに切ります。 短冊切り(2) 端から薄切りにします。 あられ切り(1) さいの目切り(約1cm角)よりさらに細かく、約5mm角に切る角切り。 4〜5cm長さに切ったら、5mm厚さの薄切りにします。 あられ切り(2) これを5mm角の細切りにしたら、端から5mm幅に切って、立方体にします。 ねじ梅 野菜を花の形に切る「花形切り」の一つで、立体感のある梅の花の形にしたもの。 煮ものなどに。 ねじ梅(1) にんじんは皮をむいてから7〜8mm厚さの輪切りにし、花形の抜き型を使って、抜きます。 ねじ梅(2) 花びらの境目5カ所全部から中心に向かって、包丁の刃元を使って2〜3mm深さの切り込みを入れます。 ねじ梅(3) 花びらの中心から、左側の境目の切れ込みに向かって、包丁の刃元を斜め下向きに進め、薄くそぎ落とします。 これを花びらごとに繰り返します。 切り方 輪切り 穴のあいた独特の形を生かせる切り方。 端から、料理に応じた厚さに切っていきます。 天ぷら、はさみ揚げなどに。 いちょう切り 特に太い部分を食べやすい大きさに切るなら、いちょう切りに。 縦四つ割りにして、端から、料理に応じた厚さに薄切りにします。 乱切り 細いものはそのまま、太いものは半割りか四つ割りにして90度ずつ全体を回しながら、材料に対し斜めに包丁を入れ、形を揃えて切っていきます。 太さに合わせた切り方を 太い部分と細い部分の差が大きいので、切り方を変えて。 輪切りや半月切りのほか、太いものなら写真のように4cmくらいの長さに切ってから棒状にしても。 花れんこん れんこんを花びらの形になるように切る飾り切り。 煮ものやあえものなどに使えば、いつもの料理が華やかになります。 花れんこん(1) 4〜5cm長さに切り、穴と穴の間に2〜3mm深さの切り目を縦に入れ、切れ目に向かって左右から包丁を斜めに入れて、皮ごと三角形に薄くそぐように切り取ります。 花れんこん(2) 同じように、穴と穴の間すべてを切り取っていくと、ほぼ花びらに近い形に。 花れんこん(3) 残った皮をむきます。 このとき、切り口の角張ったところを落とすように丸みをつけてむくと、花形がきれいになります。 花れんこん(4) 使う料理に適した厚さの輪切りにします。 矢羽根(矢ばす) れんこんの穴を切ってできる凹凸を利用した飾り切り。 盛りつけるときは2つ合わせて。 甘酢漬けなどに使われます。 矢羽根(矢ばす)(1) 皮をむき、片側が少し厚くなるようにして、斜め切りにします。 矢羽根(矢ばす)(2) すわりがよくなるよう、両端を少し切り落とします。 矢羽根(矢ばす)(3) まん中で半分に切り、切り口を上に向けて、2つを揃えます。 切り方 細切り 4〜5cm長さに切り、2〜3mm厚さの縦薄切りにしてから、少しずらして数枚重ね、繊維に沿って、2〜3mm幅に切ります。 きんぴらごぼうや、サラダなどに。 乱切り 4〜5cm長さに切り、2〜3mm厚さの縦薄切りにしてから、少しずらして数枚重ね、繊維に沿って、2〜3mm幅に切ります。 きんぴらごぼうや、サラダなどに。 ささがき(1) 縦に長い切り込みを、5mmくらいの間隔で外側全周に入れます。 ささがき(2) まな板の上でごぼうを回しながら、皮むき器で削っていきます。 薄くすんなりとした笹 ささ の葉の形に仕上げるのが理想的です。 斜め薄切り 斜めに包丁を入れて1〜2mm厚さに薄く切ります。 斜めの角度は、仕上げたい形によって調節して。 たたきごぼう 鍋に合わせた長さに切って、3〜10分、ごぼうの太さや、かたさの好みなどで加減してゆで、やわらかくしてからすりこ木などでたたきます。 こうすると繊維が切れて食べやすくなると同時に、味がしみこみやすくなります。 切ったら水につける アクが強く、空気に触れると変色しやすいので、切ったそばから水につけてアクを抜きます。 長くつけすぎると逆にアクが戻ったり、香りが抜けるので、5分ほどつけたらざるに上げます。 基本の扱い方 下ごしらえ(1) 火の通りをよくし、皮をむきやすくするために、たけのこは洗ってから、穂先を斜めに切り落とし、縦に浅く切り込みを入れます。 下ごしらえ(3) 煮立ったら弱火にして、たけのこが浮き上がらないように落としぶたをして30〜40分から1時間(大きさや質、鮮度による)ゆでます。 湯が少なくなったら、途中で水をたします。 下ごしらえ(4) たけのこの根元に竹串を刺してみて、スーッと通るようになったら、ゆで上がり。 火を止めて、ゆで汁の中で人肌になるまで冷まします。 下ごしらえ(5) 冷めたら、切れ込みから皮をむき、水で洗います。 穂先の部分は、かたくて茶色い皮だけをむきます。 表面のささくれた部分を、割り箸でこそげ落とすと、きれいに仕上がります。 内側のやわらかい皮は姫皮といって、おいしいので、捨てずにあえものなどに。 下ごしらえ(6) 皮をむいたらすぐに使えますが、すぐに食べない場合は、保存容器で水につけたまま保存します。 冷蔵庫で、毎日水を替えて3〜4日保存可能です。 切り方 部位ごとに切り分ける(1) 上部のやわらかい円すい形の部分と、中ほどの部分、かたい下部に切り分けます。 部位ごとに切り分ける(2) 姫皮や穂先のやわらかい部分は、汁の実や、あえものにしたり、形を生かした切り方で、煮ものにしても。 まん中の部分は、煮ものや焼きもの、炊き込みご飯などに。 根元のかたい部分も薄切りにすれば、炒めものや煮もの、焼きものと、どんな料理にも使えます。 すりおろして使ってもよいでしょう。 上部を厚みのあるくし形切りにする 上部を縦に半分に切り、さらに中心に向かって包丁を入れて、3〜4等分にします。 形をいかした煮ものに。 上部を薄切りにする 上部を縦に半分に切り、それぞれを端から縦に薄く切ります。 汁もの、炊き込みご飯などに。 下部を細切りにする(1) 下部を縦に半分に切り、切り口を下にして横に置き、半月形に薄く切ります。 下部を細切りにする(2) 薄切りにしたものを少しずつずらして重ね、端から細く切ります。 炒めもの、炊き込みご飯などに。 下部をさいの目にする(1) 下部を縦に置いて、端から1cm幅に切り分けます。 下部をさいの目にする(2) 平らに置き、端から料理に応じた幅に切り分け拍子木切りにします。 下部をさいの目にする(3) 向きを横にして、端から同じ幅に切ります。 煮もの、あえものなどに。 基本の扱い方 筋を取る さやの両側についた筋は食べるときに口に残るので、取り除いてから調理します。 さやの先端からへたに向かってそっと引くように筋を取り除き、そのままへたを小さく折り、続けて反対側の筋を引いて取り除きます。 絹さやをゆでる 絹さやは、塩を加えた熱湯でさっとゆで、すぐに冷水にとって冷やし、冷えたらすぐ水を切ります。 下ゆでせずにじかに炒める場合は、水にさらすとよいでしょう。 炒める前に水にさらしてシャキッとさせ、よく水をきってから炒めます。 スナップえんどうをゆでる スナップえんどうは、塩ゆでするとき、塩と同量の砂糖を湯に加えると、独特の青臭さをやわらげることができます。 湯3〜4カップに対して塩、砂糖各小さじ1程度を目安に。 スナップえんどうは、加熱しすぎると歯切れのよい食感が損なわれます。 ゆで時間は、緑色が鮮やかになる1分〜1分30秒くらいを目安に。 ざるに上げたら冷水にとり、色止めをします。 より味わいを大切にする場合は、冷水にとらず、ざるに広げて、急激にさましても。

次の

金曜キッチン 鯖のしぐれ煮をストック!ちらし寿司 2020年01月16日(木)のレシピ

角 煮 レシピ

煮物用こんにゃくの下処理 こんにゃくは表面がつるっとして味がのりにくい食材なので、煮物に使うときは スプーンでひと口大にちぎるとよいです。 下の写真のように、こんにゃくの角からひと口大になるようにスプーンでちぎります。 包丁で切るよりも表面にザラツキができるので味がのりやすくなります。 鍋にお湯を沸かして、 こんにゃくを入れて3分ほど下ゆでをして臭みを抜きます。 ざるに上げた後は水につけず、水気を切るだけにしておきます。 一般的な下ごしらえの方法はも参考に。 鍋の中でバチバチと大きな音を立てるので、 こんにゃくを転がしながら1分ほど乾煎りします(こんにゃくの水分や臭みをここでさらに飛ばします)。 こんにゃくには味がつきにくいので しっかり煮汁を煮詰めて、こんにゃくに味を絡ませることが大切です。 汁気が少なくなってきたら火を少し弱め、 鍋底に少しだけ煮汁が残る状態になれば、かつお節を加えます。 その煮汁を吸わせつつ、かつお節を全体にからめれば出来上がりです。

次の