熱海 海鮮 ランチ。 熱海のおすすめグルメランキング20選【ランチ/夜ご飯/海鮮】

伊豆に「海鮮丼」を食べに行こう!あなたはコスパ?それとも山盛り?|IZU HACK

熱海 海鮮 ランチ

「熱海駅」前の商店街に位置する清涼感のある雰囲気のお店。 しらすがたっぷりと乗った「しらす丼」は、大葉の爽やかな風味とともに、熱海近郊で採れたしらすの新鮮さを存分に味わえる一品で、同店の名物メニューとなっています。 「ゆでしらす丼」「生しらす丼」のほかに、ゆでしらすと生しらすが両方乗った「二色丼」、さらに桜エビを加えた「三色丼」もラインナップ。 いずれも繊細な味つけで、何度もお店に通いたくなるおいしさです。 人気メニュー「鯵のまご茶膳」は、そのまま食べるのはもちろん、ダシを入れてお茶漬けに、そして干物を乗せてと、味に深みを加えながら楽しめる3度おいしい逸品です。 このほか、お刺身がどっさり乗った「まるごと伊豆の海丼」や、ご飯やみそ汁に加えて小鉢もついてくる「三種干物定食」など、おすすめメニュー多数! 熱海の海の幸を心ゆくまで堪能できるラインナップです。 熱海ならではの「桜えび&しらすのチーズトースト」などが味わえ、ランチにぴったり! 食後は、1杯ずつ丁寧にハンドドリップされたコーヒーとともに、地元の食材を使ったレアチーズケーキなどの自家製スイーツをいただきましょう。 「CAFE KICHI」の施設情報 店名 CAFE KICHI 住所 静岡県熱海市田原本町5-9 電話番号 0557-86-0282 営業時間 11時00分〜19時00分 定休日 水曜日 URL 第8位:名物餃子がついたセットメニューに注目「壹番」 1946年に開業した老舗の洋食店。 改良を重ねながら作り上げた秘伝のデミグラスソースがかかったハンバーグステーキや、チキンカツ・カニクリームコロッケ・小海老&マカロニのグラタンなど、お店のメニューはどれもおいしそうで、なにを注文しようか悩んでしまいます。 このほか、デザートまでついたコースメニューも。 インスタ映えするかわいらしいお皿も注目ポイントです。 なお、こちらのお店には熱海市に本店(新館)と旧館の2店舗があり、本店でしか食べられないメニューもあるので覚えておきましょう。 「スコット本店」の施設情報 店名 スコット本店(新館) 住所 静岡県熱海市渚町10-13 電話番号 0557-81-9493 営業時間 12時00分〜15時00分、17時00分〜20時30分 定休日 — URL 第10位:こだわりが詰まったそばが絶品「蕎麦処 多賀」 契約農家から仕入れたそばの実を、店舗で低温管理して使用するこだわりのそば! 箸でつまんで口に入れた瞬間、そばの風味がふわっと広がる味わい深い一品です。 麺がシコシコしていてのどごしがよいのも魅力。 「桜海老天重」や「江戸前穴子天重」などもおいしいですが、このお店に来たらまずは自慢のそばをご賞味ください。 「蕎麦処 多賀」の施設情報 店名 蕎麦処 多賀 住所 静岡県熱海市上多賀798 電話番号 0557-68-1012 営業時間 11時00分〜16時00分 定休日 木曜日 URL 熱海温泉ではランチを楽しみたい! 日本を代表する温泉地の一つ「熱海温泉」は温泉街としての歴史があるため、観光客を楽しませるすべをよく知っています。 現在、ラーメン・餃子から海鮮料理にいたるまで、熱海の街は「グルメ」でいっぱいです。 首都圏からなら気軽に行ける熱海温泉で、徳川将軍家に愛されたお湯に入ったあとは、ぜひグルメランチを楽しんでください。 「熱海温泉」に関連するおすすめ記事はこちら.

次の

金目鯛の煮付と海鮮料理の店 みやま ランチメニュー

熱海 海鮮 ランチ

JR熱海駅下車、徒歩1分という最強の立地にある「食事処 こばやし」。 「新鮮に勝る旨いもの無し」この拘りこの信念に全くブレない、店頭の生簀に旬の海鮮物を揃え洋食器に描く新和食グルメが味わえます。 「食事処 こばやし」では 駿河湾産の獲れたて海産物を潤沢に盛った「夢ちらし」等の単品グルメや定食、丼物やアラカルトなどはテーブル席で。 また、心和む静謐な内装の3階のお座敷では、お膳料理や懐石料理グルメが楽しめます。 法事や慶事、記念日や接待などの会食などの予約は、お座敷席をがおすすめです。 「食事処 こばやし」の直営店1Fにある「磯也ひもの店」では、旬の干物や板長お手製のいかの塩辛、金目鯛の西京漬を販売しています。 お店の味が気に入れば、直売店で塩干物を買い自宅で熱海グルメを楽しむこともできますよ。 築60年以上の古民家をリノベーションした、どこか懐かしい空気に溢れた店舗内観。 センスが良い洗練されたおしゃれなグルメカフェで、若い女性をメインに評判のランチタイムは行列必須の人気店です。 伊豆や熱海の季節の旬味を使ったシラス丼などご当地グルメ食材を使ったご当地メニューなど、自分のペースでゆっくりと熱海グルメを楽しむ事ができます。 駿河湾で獲れた新鮮な魚を用いる、本場な和食グルメカフェ飯に評価がある熱海観光のグルメランチに最適です。 ちなみにすぐ近くに、その「CAFE KICHI」があります。 このカフェでは、主に静岡県産地消の食材をふんだんに使った、シフォンケーキやスフレチーズケーキなどのグルメスイーツを提供しています。 JR熱海駅から徒歩2分、ほとんど駅前といっても差し支えない立地にある「囲炉茶屋」。 古民家っぽい店内で伊豆近海の旨い魚を熱海名産干物や刺身で楽しめる、海鮮グルメ居酒屋です。 「囲炉茶屋」名物の「金目鯛の煮付け」や「あじのまご茶漬け」が有名人気ご当地メニューであり、特に前者は予約必須の逸品です。 金目鯛やアジ、オニカサゴ、縞ホッケなどの干物も絶品、釜揚げしらすや桜えびなど、熱海海産グルメも楽しめます。 伊豆近海の旨い魚を得意としているので、滅多にお目にかからないレアな鮮魚類が入荷する場合も充分にあります。 グループ旅行で熱海グルメを堪能する?友人知人との旅行でさっくり熱海グルメランチする? 昼・夜、それぞれグルメコースも用意しており、用途に合わせて使い分けがおすすめです。 相模湾眺望という最高のロケーションと新鮮な海鮮類が最大アピールポイントの、海鮮料理専門店「でん助茶屋」。 ホテル• サンミ倶楽部 別館内にテナントしている海鮮料理専門店です。 熱海城を左手に山々が重なり連なる四季時々の風景…そして開放感絶大の大きいサイズの窓からは、初島や大島が見える相模湾が望めます。 夜に進むと街灯りが燈られ、サンビーチライトアップと共にロマンティックな時間に浸れます。 熱海名所のひとつ「お宮の松」へも徒歩5分です。 看板名物グルメは水槽から揚げたアジを直接調理する「活きアジ料理」。 衣がサクサク、アジの肉質ふわふわ食感の名物グルメメニュー「活きアジフライ」は、正に至極の逸品」です! 眼前に展開する海山の景色と旨い熱海海鮮グルメ、熱海海鮮グルメの王道を提供するお店ともいえます。 「テレビ朝日」「テレビ東京」などのメディアや全日空機内のスカイビジョンでも取り上げられたり、「家庭画報」などの紙媒体にも掲載されたグルメな有名店「美旨」。 「熱海訪問してよかった」と思い出話になる味造りを念頭に置き、本物の素材に拘り店主が旨いと認定した食材だけを提供しています。 地元在住のグルメな方々留まらず 「熱海」という立地上、別荘族や観光客にも支持されているグルメな高級鮨店です。 「美旨」は、ランチや夜ご飯とも完全予約制であり、扱っているメニューも3種の「おまかせ料理」と「にぎり」のみ。 「おまかせ料理」とは鮨だけではなく、前菜から刺身などの一品、酒の肴が提供されるコース仕立てとなっています。 このお店入店目的のためだけで熱海来訪するグルメな人も多いので、事前準備や問い合せ必須でありもちろん事前に予約が必須です。 特別の人とのグルメな食事にも最適です。 熱海市にあるフランスレストラン…というより「フランス食堂」が似合う雰囲気がある「カフェ・ド・シュマン」。 リーズナブルで気軽に、本格的で本物のグルメなフランス料理が食べられます。 1979年の開店時、外部からのアプローチが小路 chemin:フランス語でシュマン みたいだったことから、現在の店名に至ります。 フランスの田舎料理とはいえ、厳選新鮮海鮮食材や肉類の旨味を出し切った創作性溢れるグルメな一皿に纏め上げています。 特におすすめグルメメニューは「海の幸コロッケ」「金目鯛のムニエル」などがあり、どこか親しみやすさがあるグルメな一皿が多いのも特徴的です。 熱海観光にてプチ贅沢でグルメな高級ランチしたい時に、おすすめできる名店です。 熱海市銀座町に所在の、1947年創業の老舗洋食グルメ専門店「カレーレストラン 熱海 宝亭」。 「熱海銀座商店街」の一角にあり、いわゆる古き良き昭和の大衆グルメ食堂という表現が似合う「洋食屋さん」です。 「ハヤシライス」「海老フライ」「クリームコロッケ」「豚肉のショウガ」など、いわゆる昔からなじみ深い洋食グルメを提供する中、名物グルメメニューは「カレーライス」であり、屋号の「カレーレストラン」の所以でもあります。 特に名物の「特製カツカレー」は有名で、大きめのトンカツに白米が隠れてしまう量のルーがかけられており、「大食いさんいらっしゃい」的なボリュームが圧巻です。 老舗洋食グルメ店がによるグルメなお家カレーを実食したい人は足を運んではいかがでしょう。 JR来宮駅からタクシーで約5分、熱海市内中心部の繁華街内にある「オステリア テゴラ」。 雑居ビル内にテナントしているイタリアンレストランです。 熱海市内中心部繁華街美一角にある雑居ビル内のお店であり、「来店者はほとんど地元の人」とのこと。 一般観光客(一見客)が、いきなり見つけるのは困難といわれており、入念な調査が必要かもしれません。 この店の特徴は、カジュアリティな雰囲気でリーズナブルに本格イタリアングルメを味わえます。 ランチグルメの「日替わりパスタ」がなんとワンコインで堪能できます。 「スカンピのトマトクリームソース フェットチーネ」を始めとした、季節の旬な海鮮グルメや野菜に拘りのパスタが人気です。 また旬を活かした自家製アラカルトグルメメニューが豊富にそろっています。 ランチはもとより夜ご飯も「コスパが良いグルメなイタリアン」と評価されています。 かなり穴場ともいえる熱海グルメスポットなので、穴場グルメを探している人などにもおすすめです。 JR熱海駅ビル「ラスカ熱海」3Fに所在する回転寿司店「伊豆太郎ラスカ熱海店」。 現在熱海市内で全3店舗展開する「伊豆太郎」グループ店のひとつです。 産地直送の仲買人業者直営による「伊豆の海鮮料理」や「地酒」「寿司」「丼」等を主に提供しています。 伊豆に点在する個々の漁港から、仲買人が仕事した新鮮な鮮魚類を中心に据え、静岡や伊豆の地酒と日本全国の日本酒や焼酎を取り揃え、正に熱海の「旨い海鮮グルメと旨い酒」を提案し続けています。 グルメなランチはもちろん、夜の宴会にも対応可能です。 伊東での魚市場で「セリ権・入札権」所持しているので、 地金目鯛を筆頭に地元のみで食べられているレアな海鮮まで、水揚げ内容によって店頭に並ぶ場合もあります。 おひとり様のランチ使いはもちろん、熱海観光の際の食事やテーブル席もあるので家族連れやグループの食事など、駅ビルという立地上様々な使い方ができます。 ズバリ、時間が無い時にサクッと熱海グルメしたい時に最適です。 JR熱海駅から徒歩1分以内という立地条件の「レストランフルヤ」。 店内から駅がはっきりと見える、 地元に密着したカジュアリティな洋食屋として、今も親しまれている老舗グルメ店です。 入店すると2Fまでの吹き抜けになっており、天井も高くシャンデリアが飾られています。 その2Fフロアには、なんと螺旋階段を使い移動します。 アンティークなコカコーラスットカーや、すでに希少アイテムとなっている卓上おみくじなど昭和レトロ満載な店内。 それが造られた「昭和レトロ風」ではなく、リアルな「昭和レトロ」なのがポイントです。 また洋食屋なので拘り抜いたデミグラスソースやジンジャーソースを用いた昔ながらの洋食グルメ料理、 例えば「ナポリタン」や「オムライス」など、あの頃のグルメスタイルの「THE洋食グルメ」が堪能できます。 駅の真正面に位置しているので、カフェ使いや電車などの時間調整にも使えるお店です。 まさかの「豚しゃぶ」で有名店もJR熱海駅周辺に立地しています。 「和豚もちぶた」を用いたグルメしゃぶしゃぶを名物としている「食事処ふくや」という店名のしゃぶしゃぶレストランです。 肉質が柔らかく臭みを感じない「和豚もちぶた」を用いたしゃぶしゃぶを始めとした豚肉料理を是非ご賞味を! 豚肉料理が堪能できる、熱海のおすすめランチグルメスポットです。 「おひとり様しゃぶしゃぶ定食」や、肉が何重にも折り重なったジューシーで柔らかい「ミルフィーユカツ」や「クリームコロッケ」などのグルメメニューが人気を集めています。 もちろん、その他一品料理も豊富に揃っています。 しゃぶしゃぶの他にも、「豚月見丼」をはじめとする丼物や定食などのグルメメニューも揃っています。 また「ロースカツ」単品に追加料金を払うだけで定食にすることもできます。 体質などの理由で海鮮物を苦手とする人にも、おすすめできるおグルメ名店です。 ちなみに全席お座敷なので、ゆっくり熱海グルメが楽しめますよ。 「行列必須のワンタン屋」として、熱海で話題のわんたんや。 熱海で有名なラーメン店は他にもありますが、このお店を推す人も多い大人気グルメ店です。 熱海市内の繁華街から少し外れた路地裏に、 赤いのれんが目印の一見コンパクトに見える「わんたんや」は、文字通りワンタンメンをウリとするラーメン店です。 ワンタンのみの単品や、夏季限定で「冷やし中華ワンタンメン」も提供しています。 人気断トツでトップを誇るグルメメニュー「チャーシューワンタンメン」は、昔からの鳥ガラ醤油スープベースでもあり全部飲み干したいと思える飽きない味としてグルメ通でも支持されています。 そして何といっても、トロトロでツルツルな食感のワンタンは癖になり、しっとり食感のチャーシューの味は意外にも至って上品で、期待を裏切ることはまず有り得ません。 またスープの色もキレイで過度な油も浮いておらず、しかも優しく懐かしいと思える味です。 熱海に立ち寄る度に食べたくなる一杯としておすすめしたいご当地グルメです。 JR熱海駅徒歩約3分というJR熱海駅前といっても過言ではない「磯丸 熱海平和通り店」。 「熱海平和通り店」とあるように、熱海市に2店舗展開している寿司専門店です。 しかも「磯丸」は「回らない寿司」なのです。 また先に紹介した「伊豆太郎」と被りそうですが、気軽に入店できる雰囲気の「磯丸 」はより家族連れや子供連れに適した、ある意味寿司の「ファミレス」のような海鮮寿司店なのです。 沼津港から直送の鮮魚や海鮮グルメがリーズナブルに楽しめます。 1貫85円〜225円という価格設定で約70種もの各種グルメなお寿司を取り揃えています。 にぎり鮨3貫セットから豊富な丼物までのセットグルメメニューも有り、テイクアウトもできます。 また、熱海や静岡産の海産物を筆頭とした様々な商品も店頭で購入できます。 子供連れや家族連れで気軽に熱海グルメしたい時や、おひとり様で「回らない寿司」グルメしたい時に最適なお店です。 定食屋や居酒屋が建ち並ぶ熱海市中央町10丁目の一角にある「まつい」。 割烹懐石・小料理とはあるものの、大衆割烹の雰囲気に近い割烹懐石・小料理店です。 店頭看板に「釜めし」「昼定食」「夕定食」と記載されていたり、屋号が「食事処まつい」であったりと、地元に愛されている大衆グルメ店であるのがわかります。 一番の特徴はやはり「昼定食」でしょう。 常時10種以上のメニューがあり、価格云々というよりはコスパが良いことでも、特に地元に知られており、観光客よりは出張族に支持されています。 「あこう鯛かす漬」定食に至っては、熱海ならではのご当地グルメメニューです。 地元の雰囲気にてランチグルメしたい人にもおすすめできるグルメスポットです。 JR熱海駅から徒歩2分、駅前といっても過言ではない熱海第1ビルB1Fに所在する創業14年の「熱海まぐろや」。 株式会社宇田水産直営の、屋号の如くまぐろを得意とする海鮮グルメ料理専門店です。 「まぐろ、かます、たい、アジ、イカ」等の海鮮具材が使われている「熱海の海鮮丼」が有名で、10食限定ではありますがワンコインで名物グルメが楽しめる逸品。 ボリュームは小ぶりですが、それを踏まえても、熱海グルメでこの料金はかなり驚異的です。 ランチの場合は11:00開店ですが、この「熱海の海鮮丼」を求め30分前から並ぶ光景も珍しくありません。 また「まぐろ丼」「まぐろづけ丼」「まぐろすきみ丼」などのまぐろシリーズや「三色丼」「あじたたき丼」「刺身定食」など、リースなブルで熱海海鮮グルメをランチなどでさっくり食べたい時に最適です。 またサザエの刺身や釜揚げシラスなど単品が300円で海鮮グルメが楽しめるのも魅力的です。 行列必須のお店ですが、予約は不可なので時間的な余裕を持って訪問することをおすすめします。 熱海銀座からロマンス座通りを少々入った場所に所在する、創業60年越え(1952年創業)の「ボンネット」。 熱海でも十二分に老舗でもあり、レトロおしゃれなカフェというよりは紛れもなく「喫茶店」です。 名物は文豪「三島由紀夫」氏が愛したとされるハンバーガーであり、この熱海グルメ目的で遠方から訪れる人も多い逸品。 レタスなどの野菜と分けてプレートで提供されるので、ある意味好きなスタイルで楽しめます。 スパゲティナポリタンや各種サンドイッチなどの軽食や、「ミックスジュース」「ミルクセーキ」「レモンスカッシュ」…最近ではほとんど見なくなったメニューも提供しています。 この店名の「ボンネット」ですが、提供するグルメメニューや店内内装イメージから「車のボンネット」と解釈されがちですが、意外にも「帽子のボンネット(頭巾状の帽子)」を意味してiいるとのこと。 「時がゆったり心地よく流れている感覚」が味わえる熱海グルメの名店、レトロな雰囲気と熱海レトログルメに浸りたい人はおすすめです。 花ひろば(熱海御用邸後公園)の交差点を海方面に進んだ左手に立地する「とっくり」。 熱海においては都会的雰囲気を漂わせる、数少ない海鮮グルメ居酒屋です。 観光地熱海市中央区にあり、地元民や土日の観光客や、別荘やリゾートマンション利用者など多くの人に支持されています。 名物は魚介類を中心にした炭火焼グルメですが煮魚も提供しており、ボリューム満点の刺身定食もイチオシです。 またお客さんのリクエストに沿った、メニュー記載がない海鮮グルメ料理も作ることがあります。 昼も営業しており、ランチメニューとして定食を中心にサービス提供しています。 ランチタイムでも「昼食定」「おまかせ膳」など予算に応じての対応も可能です。 「イカわた煮」はご当地グルメといっても過言ではない、本当に絶品ですよ。 海鮮の印象が強すぎる熱海グルメですが、やはり旨い肉を食べさせてくれる肉グルメなお店もちゃんとあります。 熱海市内の三島信用銀行三島支店向かいに立地する「ステーキハウスはまだ 」がそのお店のひとつです。 1982年に創業以来、四半世紀越えの老舗ステーキハウスとして、長年地元に親しまれている肉グルメの名店。 首都圏からの別荘族や、数多の著名人にもグルメなご贔屓を受けています。 拘り抜いた黒毛和種A5ランクのみを用いており、サーロインやテンダロインは元より、薄切りリブロースを大葉と長ネギで巻きサクッと焼いた薄焼きステーキも大人気です。 また新鮮な地の海鮮物も豊富に扱います。 例えば、地産のアワビやアオリイカや車海老、またはホタテ貝柱や地産のハマグリ、ウニなどもグルメ鉄板焼きとして提供。 冬季は白子(雲子)なども人気があります。 目の前で厳選素材を専属シェフにライブキッチンしてもらう贅沢という、至福の熱海高級グルメランチもいかがでしょうか? ハワイでの人気NO. 1ともされる、芸能人の御用達で一気に有名になったハワイアンブランド「88Tees」。 そのブランドアイテムが手に入るブティックカフェ「88tees CAFE 」が、熱海市内にあります。 リゾート気分てんこ盛りの 「88 Tees」のTシャツや雑貨のハワイ直輸入物が購入できます。 カフェでもあるので、ハワイで定番の「ガーリックシュリンプ」や「アサイーボウル」「シェイブアイス」「パンケーキ」などの本格的で本場ハワイアングルメが楽しめます。 また「淡路島の玉ねぎ」をそのまま丸1個使用の拘りカレーなど、88tees CAFEでしか実食できない豊富なグルメメニュー数も自慢です。 またあの岡山県ローザンヌのハチミツはちみつロールケーキも扱っており、気軽におしゃれカフェ使いにも最適です。 熱海サンビーチが眼前にあるハワイアンカフェなので、夏季の海水浴シーズンや行楽シーズンなどのランチグルメ使いにもおすすめです。 熱海市には海鮮物以外にもグルメなお店が多いのは前述の通りです。 しかもその「海鮮物以外のグルメ」の幅がかなり広く、本場ドイツ製法のハムやソーセージの専門店も存在しています。 そのグルメなお店の名前は「Imbiss熱海」です。 ドイツ製法の旨いハムやソーセージを屋台感覚で食べてもらえるようにの想いから、店名に「Imbiss」に。 ちなみに「Imbiss」と書いて「インビス」と読み、ドイツ語で「ソーセージ屋台さん」を意味します。 天気がいい日など、ここでサンドイッチとビールをテイクアウトして、熱海サンビーチなどでグルメランチも良いかもしれませんね。 豊富な海鮮食材だけではない、洋食や肉料理も揃う熱海グルメを味わおう! お気に入りの熱海グルメや、グルメなお店が見つかったでしょうか? また紹介したグルメスポット以外にも、実に様々なメニューを提供するグルメ店がまだまだ点在しています。 圧倒的に海鮮物が豊富な熱海なので、海鮮グルメ料理ばかりと思われがちです。 海鮮料理が多いのは正論ですが、それを持ってしても想像以上にグルメのジャンル幅が広いことが再認識させられました。 これだけカテゴリーが多ければ、グルメ目的でも熱海観光が充分満足できるでしょう。 今度時間を見つけて、静岡県熱海市にて熱海グルメ食べ歩きツアーの企画を立てるのもアリですね。 以上「 熱海のおすすめグルメランキング20選」についての記事でした。

次の

熱海で海鮮ランチ 老舗旅館生まれの「まご茶亭」

熱海 海鮮 ランチ

ホテル タイプ別• ホテル クラス別• ホテル・ブランド• 人気の設備・サービス• 人気の周辺施設• 熱海市の人気カテゴリ• 観光スポット周辺• 熱海市の人気レストラン• 人気の料理• 人気のレストラン カテゴリー• ホテル周辺• 観光スポット周辺•

次の