あおり運転殴打事件。 常磐道あおり、逮捕の男を送検 被害者の運転に不満

動かぬ証拠「ドラレコ」が警察に与えたプレッシャー あおり運転“別格捜査”の裏側

あおり運転殴打事件

ある日突然、自分の名前や顔写真、住所などの個人情報がインターネット上で公表される。 情報が広がるスピードは速く、2時間もあれば数百万人が、自分を犯罪者として叩き始める。 家族まで危険にさらされ、仕事の信用も失う。 そんなこと、自分の身には降りかかるはずがないと思っているのではないだろうか。 しかし、こういったネットでの誹謗中傷事件は10年ほど前から増え続けている。 なぜ、こんなことが起こるのか…。 誹謗中傷書き込みで犯罪者にされた被害者を取材。 彼らもまた、まさか自分にこんなことが…と思っていた。 常磐自動車道で2019年8月10日に発生した「殴打事件」では、宮崎文夫被告が、当時24才の男性にあおり運転を仕掛け、その後無理矢理停止させ、「殺すぞ」などと怒鳴りながら殴打した。 その様子を脇でガラケーを使い撮影する「ガラケー女」も注目された。 1件の投稿がツイッターに上がった。 このツイートは瞬く間に広がり、その女性の顔と名は犯罪者として日本中に知れ渡ることとなった。 【2019年8月17日(土) 午前6時】 彼女が事態に気づいたのは午前6時のことだった。 「あの日は、休日だったにもかかわらず、早朝からたくさんのメールが送られてきたんです。 タイトルには『宮崎の女だろう』などと書かれており、わけがわかりませんでした。 電話も執拗に鳴り続けていたのですが、知らない番号だったので無視していると、友人から連絡が。 慌てて出ると、私を犯罪者とする内容の情報がネットに流れており、実名と顔写真も公開されていると教えられました。 何が起こっているのか状況がわかりませんでしたが、自分が犯罪者扱いされている事実に対し、どう対処すべきなのかを考えました」 当時を振り返り、そう話すのは、茨城県で起きたあおり運転殴打事件の容疑者と間違われ、ネットに個人情報を流されてしまった被害女性Aさんだ。 落ち着いた物腰、冷静な語り口調の彼女だが、当時はパニックを起こしたという。 この事件は、8月10日に起こった。 宮崎文夫被告の車に同乗し、その蔵匿・隠避にかかわった、通称「ガラケー女」と、インスタグラムにアップされたAさんの写真の服装やサングラスがたまたま似ていたことと、宮崎被告がAさんのインスタグラムをフォローしていたことから、Aさんが「ガラケー女」だというデマが流されたのだ。 【2019年8月17日(土) 午前7時44分】 苦情の電話が300件以上鳴り、インスタグラムへの誹謗中傷だけでも1000件以上。 知らない人からのいわれのない悪口や脅迫にさらされ、通常なら、恐怖で思考停止になってもおかしくはない状態だ。 にもかかわらず、彼女の行動は早かった。 「何をしていいのかわからなかったのですが、とにかくなんとかしなきゃと必死でした。 周囲の人に相談しても、誰も経験のないことで、答えが見つからない。 なのに、私への投稿はものすごいスピードで増え続け、一時、インスタグラムが読み込み中のまま開かない状態にまでなりました。 怖くて仕方がなかった。 それでとりあえず、フェイスブックに自分の声明を投稿することにしたんです」(Aさん) それが7時44分のこと。 《起きたら犯罪者扱いされててびっくりですが完全に事実と異なりますので無視してください》 こう投稿するが、これがさらに火に油を注ぐこととなった。 《捕まれBBA(ババア)》《殺人未遂犯した後にのうのうと生きてインスタ更新できないよね。 (中略)精神異常者》をはじめ、文字にすることもはばかられるような誹謗中傷が殺到。 Aさんは、自分では対応しきれないと、朝9時に知人に相談。 そこからさらに弁護士の小沢一仁さんを紹介してもらった。 ここで、ネット炎上に詳しい小沢さんと巡り合えたのは幸運だったといえる。 【2019年8月17日(土) 午前9時〜午前中】 「私はまず、Aさんに警察へ相談に行くこと、そしてデマを否定する声明文を出すことを提案しました。 間違った情報が流れて騒ぎになった場合、なるべく早く、当事者からデマを否定する正式な文書を出した方がいいからです」(小沢さん) とはいえ、Aさんも午前7時の段階でデマを否定する投稿を上げたが、余計に炎上した。 早く弁明することは重要だが、タイミングと文章の内容が大切で、これらは専門家に任せた方がいいと小沢さんは注意を促す。 その後、Aさんは小沢さんの言う通り、警察の生活安全課に相談に行く。 ところが…。 「警察に説明しても信じてもらえませんでした。 相談に来たという記録だけ残すと約束してもらい、帰りました」(Aさん) こういった件で、すぐに警察が動くことはまれだそうだが、後々、脅迫やストーカー行為など、別の刑事事件に発展することも考え、相談の履歴は残すべきだという。 【2019年8月17日(土) 午後〜深夜】 Aさんが警察に行き、ネット環境から少し離れている間に、情勢は変わっていた。 それまでは罵詈雑言一色だったのだが、朝7時台に出したAさんの声明などを受け、「人違いだったら大変ですよ」などといった冷静なツイートが増えたのだ。 そして夕方には「デマだ」という声が大きくなっていった。 「Aさんがガラケー女であるという根拠が、サングラスや着ている服が似ているということだけ。 あまりに理由がお粗末なことに気づいた人が増えていったんです」(小沢さん) デマだという声が増えつつある今こそ、あらためて正式な声明文を出すタイミングだと小沢さんは考え、早急に文書を作成。 日付が変わった18日深夜に、Aさんが代表を務める会社のホームページ上に、デマを否定する声明文を公表した。 【2019年8月18日(日) 夕方以降〜現在】 声明文のおかげで事態は落ち着いたが、さらにAさんの無実を決定づける出来事が、18日夕方に報道された。 これで完全に解決したように思われたが、実はこの件に関する被害が、事件から半年たった今でも続いている。 「容疑者の逮捕で、私への疑いは晴れましたが、会社関係者や取引先への説明を兼ねて記者会見を開きました。 これですべてが明らかとなり、嫌がらせも収まると思ったのですが…。 一度ネットで炎上すると、思いがけない方向へ飛び火してしまうのだ。 「Aさんは、あくまでも被害者です。 ですから、誹謗中傷の中でも内容が悪質だった人やリツイートして拡散した人などに対して訴訟を起こすべく動いています。 これは当然のことです。 今回の件は、犯罪者を懲らしめたいという思いで多くの人が誹謗中傷の投稿を流したのだと思います。 しかし、たとえ正義感に基づく行動でも、無関係の人を傷つければ、違法行為になるんだということを知ってほしいですね」(小沢さん) 人を貶めるような情報は信じない、拡散しないようにするべきだと小沢さんは続ける。 そしてAさんは、今回のことは誰にでも起こり得ることだと警鐘を鳴らす。 「私に起きた一件が、SNSやインターネットを利用するすべての人の意識を変えるきっかけになってくれればと思っています。 それは被害者になり得るんだ、ということだけでなく、リツイートボタンひとつで簡単に加害者にもなり得て、逆に訴えられる可能性もあるんだということも含めてです」(Aさん) ネットに意見を投稿する際は、一度立ち止まって、情報の真偽を見直す癖をつけるべきだと、Aさんと小沢さんは口をそろえる。 自分の素性をさらした状態で言えないせりふは決して吐くべきではないのだ。

次の

常磐道あおり殴打の容疑者、新東名で事故 暴行容疑視野:朝日新聞デジタル

あおり運転殴打事件

宮崎容疑者のSNSより 宮崎容疑者は約10年前にも事件を起こしていた。 『女性を監禁した』と後で警察官から聞きました。 連行されるとき、宮崎はワーワーとずっと騒いでいて、なかなか警察車両に乗ろうとせず、さらに応援で警察官が何人かやってきて、なんとか後部座席に乗せるような有り様だった。 警察から戻ってきてからは、かえって夜に出歩くことが多くなったようでした。 昨年は京都でタクシー運転手を監禁したという話も聞きました」(同前) その後も懲りずに警察沙汰を繰り返していたという宮崎容疑者。 だが、ここ数年は自身の会社を経営し、神奈川、愛知など、拠点を移していた。 宮崎容疑者の贅沢な暮らしぶりを証言する関係者も少なくない。 「親族が亡くなり、多額の遺産が入ったようです。 実業家だと名乗り、同窓会にも顔を出すようになりました。 初対面の人にも積極的に話しかけるようになって、SNSで『友達申請』を繰り返し、人脈を広げていると聞きました」(宮崎容疑者の同級生) 既報の通り、最近の宮崎容疑者は、高級外国車を乗り回し、SNS上で派手な生活を披瀝していた。 サングラスに帽子という出で立ちが多く、同じような恰好をした女性と一緒にいるところも目撃されている。

次の

“あの一場面”を描いたのは中学2年の男子生徒!「あおり運転絶対ダメ」ポスターが話題に

あおり運転殴打事件

宮崎文夫容疑者が常磐道であおり運転の末に男性を殴打して逃走した事件。 同乗者女性の喜本奈津子容疑者にはどんな罪が成立するのでしょうか? ネット上でおかしな主張をみかけたのでそちらの検証もします。 同乗者女性、喜本奈津子容疑者に成立する罪の種類 喜本奈津子容疑者に成立する罪は大きく分けると「彼女が正犯となる罪」と「宮崎文夫の従犯=幇助犯となる罪」に分けられます。 宮崎文夫に成立する罪 宮崎文夫に成立し得る罪は• 各種道路交通法違反• あおり運転による暴行罪• 被害男性を殴打したことによる傷害罪• レンタカーの無断延滞利用による横領罪• レンタカーによる(の)器物損壊罪 喜本奈津子容疑者はこれらの幇助犯になる可能性があります。 宮崎文夫に関する詳細は以下で書いています。 喜本奈津子容疑者の犯人蔵匿罪 茨城県のあおり運転殴打事件で宮崎文夫容疑者(43)を自宅マンションにかくまったとして、茨城県警は18日、 犯人隠避容疑などで、交際相手で大阪市の会社員、喜本奈津子容疑者(51)を逮捕した。 喜本容疑者は、宮崎容疑者が男性会社員に暴行した際、現場にいたことは認めているという。 容疑は犯人「隠避」ですが、自宅に匿ったとあるので、「 蔵匿」罪が成立します。 刑法(犯人蔵匿等) 第百三条 罰金以上の刑に当たる罪を犯した者又は拘禁中に逃走した者を 蔵匿し、又は隠避させた者は、三年以下の懲役又は三十万円以下の罰金に処する。 喜本奈津子容疑者は現場助勢罪? この記事などで「 現場助勢罪」が成立すると言っている者が居ますが、 無理です。 現場助勢罪の条文 刑法(現場助勢) 第二百六条 前二条の犯罪が行われるに当たり、現場において勢いを助けた者は、自ら人を傷害しなくても、一年以下の懲役又は十万円以下の罰金若しくは科料に処する。 「前2条」とは傷害罪(204条)と傷害致死罪(205条)を指します。 一見すると今回の場合に適用されそうな雰囲気がしますが、実務上は有りえません。 現場助勢罪の趣旨と判例• 本罪を傷害行為の現場における一種の幇助的行為を、野次馬の群集心理に基づく行為であるとの理由で特別に軽減した類型であるとする説• 傷害の幇助行為ならば、傷害の従犯として処罰されるべきものであり、とくにこれを軽くする理由はないとの理由から、傷害の幇助にあたらない行為で、現場で喧嘩闘争をあおる行為を処罰するものと解す説 学説としては大別して上記の2つがありますが、 判例(大審院大正2年3月28日)は、 現場助勢罪は単なる助勢行為を処罰するもので、特定の正犯を幇助した場合は傷害幇助として処罰するとしています。 いずれにしても、 複数人が闘争をしていると言える場面においての話です。 その上で、実務上は、闘争そのものを煽る行為が現場助勢罪であり、 特定の人物(片一方の相手)に対する応援などをした場合には幇助犯であるという扱いになっているということです。 常磐道のあおり運転の末の殴打では「闘争」「群集心理」など存在しない このように、現場助勢罪の判例・学説の考え方と常磐道のあおり運転の末の殴打行為は、事案においてまったく異なる状況になっているのが分かります。 あおり運転事件では 「闘争」ではなく一方的に宮崎容疑者が加害行為をしている上に、現場助勢罪は減軽類型だとする立場が前提にする 「群集心理」も存在しません。 したがって、今回の事案において現場助勢罪が成立するという見解は、 上記の いかなる学説においても有りえない話なのです。 刑法の体系を考えても、幇助行為に満たない軽微な行為にまで独立の条文でもって捕捉することに構造的なチグハグさを感じてしまいます。 「幇助」よりも程度の低い行為態様として「助勢」が用意されているというのも変な用語法でしょう。 本件では現場助勢罪を適用する意味が無い 小川氏は「現場助勢罪として逮捕される可能性もある。 現場助勢罪とは、傷害罪の行われる現場において『勢いを助けた者』に成立する犯罪です。 傷害の現場で、けしかけたり、はやし立てたりする罪になる。 あおり運転やその同乗者に対しても、こうして法律を積極的に解釈し、 厳罰を求めていくことも必要になる」 そして、本件では現場助勢罪を適用する意義が無いということも言えます。 傷害罪の幇助犯なら15年以下の懲役を減軽することになりますが(本件は軽い傷害なのでどんなに頑張ってもせいぜい懲役数年相当だろうが)、 現場助勢罪の正犯は最大でも懲役1年です。 日本の刑は、複数の犯罪があればその刑を単純にプラスするのではありません。 確定判決を経ていない2個以上の罪は併合罪(45条)であり、「併合罪のうちの二個以上の罪について有期の懲役又は禁錮に処するときは、その最も重い罪について定めた刑の長期にその二分の一を加えたものを長期とする。 ただし、それぞれの罪について定めた刑の長期の合計を超えることはできない」(47条)というルールがあります。 最も重い刑が何になるかは未だ不確定ですが、上記の罪が全て成立すると仮定すると刑の長期は15年の1.5倍の22.5年であり、それは15+5+3+2の合計以内に収まっています。 現場助勢罪を適用しても刑の長期の最大値は変わりません。 傷害の幇助も横領の幇助も成立しないという場合でも、犯人蔵匿+暴行罪の幇助で最大4.5年の懲役です。 その枠内での量刑評価には影響するかもしれませんが、本件において殊更に現場助勢罪を適用すること取り上げて「厳罰」と言うのはかなり疑問です。 「元神奈川県警刑事で犯罪ジャーナリスト」らしいですが、やはりこういうのは法律専門家に聞くべきでしょう。 まとめ• 喜本奈津子容疑者には宮崎文夫容疑者に適用される罪の幇助犯と犯人蔵匿罪が成立する• 現場助勢罪が本件で適用されることは有りえない 繰り返しTVで放送された常磐道でのあおり運転を中心に見た場合のものですが、宮崎容疑者はどうやら他の地域でもあおり運転をしていたようです。 そちらの事件も合わせて考えた場合にどうなるかはよくわかりません。

次の