ホワイト 500 企業 一覧。 ホワイト500とは?健康経営優良法人の認定基準と企業のメリット

【ホワイト企業ランキング】50社の徹底比較&隠れ優良企業20社

ホワイト 500 企業 一覧

経済産業省が2016年に創設した 「健康経営優良法人制度」は、優れた健康経営を実践している企業や団体を大規模法人と中小規模法人の2部門に分けて顕彰する制度ですが、そのうちの 大規模法人部門で認定を受けた法人の上位500社が「ホワイト500」という愛称で呼ばれます。 この顕彰制度の目的は、 健康経営に取り組む優良な法人を認定・公表することによって「見える化」し、経営的な視点で社員の健康管理に積極的に取り組んでいる法人として、社会的に評価を受けることができる環境を整えることにあります。 国としては従業員の健康に配慮する優良企業にインセンティブを与えることによって、健康に働き続けられる企業を増やし、医療費など社会保障費の増大を抑えるという狙いがあります。 「ホワイト500」に先行して2015年に創設された顕彰制度に、 「健康経営銘柄」というものがありますが、これは 東京証券取引所の上場企業を対象に原則1業種につき1社を選定するもので、投資家にとって魅力ある企業として紹介することによって、企業の健康経営への取り組みを推進するという目的があります。 一方、 「ホワイト500」の対象は上場企業に限定されていません。 日本健康会議と共同で、健康保険組合などと連携して優れた健康経営を実践している大規模法人500社を2020年までに選定する制度として2016年に開始されました。 2017年2月には第1回の認定で大規模法人部門235法人、中小規模法人部門95法人が選定され、第2回では、大規模法人部門541法人、中小規模法人部門776法人が認定され、今年、2019年2月21日付けで「健康経営優良法人2019」が発表されました。 3回目となる今回は、大規模法人部門に820法人、中小規模法人部門に2503法人が、日本健康会議より認定されています。 すでに当初の目標を大きく上回る成果を上げています。 健康経営優良法人の認定を対外的にアピールすることで、健康経営に熱心な企業であるという社会的評価を得ることができます。 すでに認定企業への支援として、銀行が所定金利よりさらに低い金利で融資をしたり、自治体建設工事の入札参加資格における等級の格付けで加点評価をするといった動きが出てきています。 関係取引先や顧客が自社に対して抱くイメージも良くなり、従業員の健康のため残業削減に取り組んでいることなどについて一定の理解が得られれば、より良好な関係を築くことにもつながります。 さらに、就職や転職を考えている求職者にとっては、ホワイト500の認定企業であることは働きやすさを判断する指標のひとつとして分かりやすいアイコンとなるため、優秀な人材の獲得も期待できるでしょう。 ここでは、「健康経営優良法人2018」に認定された企業の中から、リコージャパン株式会社の主な取り組みについてみてみましょう。 定期健康診断受診率100% リコージャパンでは、社員の定期健康診断受診率100%を達成、2015年度から毎年継続しています。 また、労働安全法で定められた定期健康診断(法定健康診断)だけでなく、がんの早期発見や生活習慣病の予防を重視した健康診断を実施して社員の健康維持・増進に取り組んでいます。 健康診断後のフォロー 全社員約19,000人の健康診断結果は産業医や保健師などの医療スタッフがチェックし、その上で治療や精密検査が必要な健康リスクの高い社員に対しては、医療スタッフが直接面談・指導を行っています。 しかし中には指導に応じない社員もいるため、会社から本人へ医療機関の受診を勧めるとともに、上司に対しても受診のためのスケジュール調整をするよう促し、社員が重大な病気にかかることを未然に防ぐよう努めています。 社員による健康宣言 会社からの押し付けではなく、社員一人ひとりが健康づくりに興味を持ち、自ら取り組むことが大切であるとの考えから、自分自身で健康の保持・増進について目標を設定しています。 社員一人ひとりが自ら設定した目標を達成するため、主体的に健康保持増進に取り組むようになりました。 長時間労働の防止 ~残業低減・有給休暇取得の促進~ 「ノー残業デー」を週に1回以上実施し、サテライトオフィスや在宅での勤務などテレワークの活用によって残業時間の低減を推進しています。 残業時間が一定時間を超えた社員については本人と上司による健康管理セルフチェックを実施し、必要に応じて産業医による面談を行うことで長時間労働による健康リスクの低減を図っています。 そのほか、有給休暇を取りやすくする目的で「記念日休暇」や「時間年休」の制度を導入しています。 健康経営優良法人の認定を目指すには、さまざまな取り組みを実行しなければなりません。 社内のリソースだけでは環境整備が難しい場合、健康経営支援に的を絞った法人向けサービスを利用するのもひとつの方法です。 例えば、健康経営優良法人の認定基準には、定期検診の受診率向上や受診勧奨、保健指導の実施に関する評価項目などが含まれています。 こうした部分をサポートするサービスのひとつに、NTTテクノクロスが提供している「HM-neo」があります。 これは検診結果など従業員の健康管理に関わるデータを一元管理し、保健指導などにつなげることができるシステムです。 また、「食生活の改善に向けた取り組み」にフィットするサービスとしては、体に良いお惣菜を1品から自由に選べるオフィスおかんの「ぷち社食」などがあります。 社員食堂などを用意することができない小規模事業所などでは有用なサービスといえます。 ヘルスリテラシー向上のための「管理職又は一般社員に対する教育機会の設定」という評価項目については、ドコモ・ヘルスケアの「従業員向け健康コラム」が役立つでしょう。 ヘルスリテラシーとは、医療や健康に関する情報を身につけて適切な意思決定ができるスキルのことをいいます。 「従業員向け健康コラム」は、管理栄養士が監修した信頼性の高い健康情報を、読みやすく分かりやすいコラムとして定期的に配信するサービスです。 社内の実情に応じて、このようなサービスを導入することで、認定要件をクリアすることができるかもしれません。 関連記事:.

次の

【2020年版】ホワイト500とは?健康経営優良法人の認定基準・認定企業一覧を紹介

ホワイト 500 企業 一覧

ホワイト500とは? ホワイト500とは、健康経営に取り組む企業のなかでも「とくに優良」とされる企業のこと。 経済産業省が定める認定制度の一部でもあります。 認定制度には以下の3つがあります。 健康経営優良法人• 健康経営優良法人ホワイト• 健康経営銘柄 もっともポピュラーといわれるのが「健康経営優良法人」です。 健康経営優良法人には「大規模法人部門」と「中小規模法人部門」にわかれており、従業員数に応じて認定条件も異なります。 ホワイト500は「大規模法人部門」に該当し、2020年からは「健康経営度調査結果の上位500法人のみ」がホワイト500として認定される予定です。 500企業だけが認定されるわけではない 「ホワイト500って、500企業しか認定されないの…?」と思うかもしれませんが、そうではありません。 もともとホワイト500は、日本健康会議での「健康経営に取り組む企業を500以上にする」というスローガンをもとに名付けられたため、「500企業だけ」という決まりはないのです。 事実、過去2回(2017年・2018年)ホワイト500の認定企業が公開されており、2018年度には541の法人が認定を受けています。 ホワイト500の対象となる従業員数 ホワイト500の認定を受けるには「従業員数」の条件をクリアする必要があり、以下のように決められています。 製造業:301人以上• 卸売業:101人以上• 小売業:51人以上• 医療法人・サービス業:101人以上 ホワイト500の5つのメリット 健康経営優良法人の認定には、一体どのようなメリットがあるのでしょう。 ここでは、代表的な5つのメリットをご紹介します。 企業ブランドが向上する 1つ目は「企業ブランドの向上」です。 ユーザーが商品・サービスを選ぶ際「ブランドがあるかどうか」は大きな判断材料となります。 世間に広く知られている会社、商品ほど安心感がともない、より購買意欲が増すといえるでしょう。 ホワイト500への認定は、そうしたブランド力の向上にも大いに役立つはず。 また健康経営優良法人(ホワイト500を含む)の認定企業は、経済産業省のホームページに公開される上に、専用の「ロゴマーク」も付与されます。 同時に、企業のイメージも良くなるため、商品の販売促進や人材確保にもつながるでしょう。 ロゴマークはさまざまな場面で使える! 先述したように、健康経営優良法人に認定された企業には「ロゴマーク」が付与されます。 このロゴマークは、会社の名刺や看板、ホームページなど、さまざまな場面で利用可能です。 さらなる成長を目指す中小企業であれば、就活イベントのブースや企業説明会などで大いにアピールできるでしょう。 株価上昇につながる 2つ目に「株価上昇」があげられます。 ホワイト500の認定を受けるためには、さまざまな条件をクリアする必要があります。 他の制度よりも厳しい条件をクリアしているため、「社員に対して強い思いやりがある」ということが社会的に証明できるのです。 そうしたイメージは、世間はもちろん「投資家」からも好印象をもってもらえるでしょう。 投資家からも「成長が見込める企業」「安定している企業」として認められるため、会社の株も買われやすくなるでしょう。 そして株価上昇へもつながるはずです。 離職率が低下する 3つ目は「離職率の低下」です。 少子高齢化にともなって「売り手市場」が続く現代。 かつてのバブル期には「給与・ボーナス」に魅力を感じる社員が多数を占めていました。 しかし現代の若い世代は、報酬だけでなく「労働環境」や「仕事のやりがい」を重要視しています。 そのような状況において、「ホワイト500への認定」は新入社員に安心感を与えるでしょう。 ブラック企業が問題視される時代だからこそ、社員の健康を第一に考える企業は人気を集めるのです。 会社の労働環境が整っていると「この会社に居続けたい」「会社にもっと貢献したい」と考える社員が増え、離職率も下がります。 社員のモチベーション向上につながる 4つ目が「社員のモチベーション向上」です。 ホワイト500に認定されているということは「社員への思いやりがある会社」とも言い換えられます。 社員も「この会社なら安心して働ける」と思うため、モチベーションも上がります。 さらに、「もっと良い商品・サービスを提供しよう」と考える社員が増え、生産性も向上するわけです。 「社員のメンタル」がパフォーマンスを左右する 経済産業省が公表しているデータによると、社員のパフォーマンスにもっとも影響を与えるのが「メンタル」となっています。 以下の図をご覧ください。 【引用】 上記の図を見ると、社員の「メンタル」による損失額がもっとも大きくなっています。 それに続いて「睡眠」「頭や首の痛み」が並びます。 このことから、会社の労働環境が社員のパフォーマンスに大きく影響を与えているといえるでしょう。 社員一人ひとりのパフォーマンスを上げ、企業を成長させるためにも、ホワイト500の認定を受けることは重要といえるでしょう。 会社の業績につながる ホワイト500への認定は、最終的には「会社の業績アップ」にもつながります。 会社にとっての利益を生み出してくれるのは「社員」です。 社員こそが会社にとってもっとも重要な財産といえるでしょう。 健康経営によって、一人ひとりの社員を大切にしている会社は労働環境にも優れており、社員のモチベーション・生産性が高くなります。 社員が心身ともに満たされパフォーマンスの高い状態が続くと、会社全体の生産性もアップするわけです。 そういった好循環によって、最終的には、会社の利益向上にもつながります。 ホワイト500の2つの認定基準 続いて、ホワイト500の認定基準について見ていきましょう。 ホワイト500には、大きくわけて「2つの認定基準」があります。 基準1. 健康経営優良法人認定制度に定められた一定の基準を満たす まず、前提として「健康経営優良法人認定制度」に定められた基準を満たす必要があります。 具体的には以下のとおりです。 定期健診の受診率(100%)• 受診の推奨• ストレスチェックの実施• 健康増進・過重労働防止の計画• 管理職・一般社員に対する教育機関の設置• 適切なワークライフバランス実現への取り組み• コミュニケーション促進への取り組み• 保健指導の実施• 食生活改善への取り組み• 運動機会の増進への取り組み• 受動喫煙への対策• 感染症予防への取り組み• 長時間労働者への対応に関する取り組み• メンタルヘルス不調者への対応に関する取り組み 詳しくは、をご覧ください。 基準2. 健康経営度調査の上位50%に入る ホワイト500の認定を受けるためには、健康経営度調査で上位50%に入ることが求められます。 健康経営度調査とは、法人の健康経営に関する取り組み状況をはかる調査のことです。 経済産業省が管轄しており、前述した「健康経営優良法人」「健康経営銘柄」の認定時にも使用されています。 上位50%に入る、つまり平均レベル以上が求められます。 調査の結果、回答企業の平均レベルをクリアしていれば、ホワイト500の申請用紙が送られてくる仕組みです。 まとめ 本記事では、ホワイト500について、以下のメリットを中心にお伝えしてきました。 社員のモチベーションが上がる• 離職率が低下する• 企業ブランドが向上する• 株価上昇につながる• 会社の業績がアップする 以上のように、ホワイト500にはたくさんのメリットが存在します。 会社の原動力となる社員のモチベーション向上をはじめ、離職率の低下、企業ブランドの向上、さらには株価上昇の可能性など、会社にとってプラスになることばかりです。 「さらに売上を出し、会社を成長させたい」とお考えの経営者・人事の方は、今回の内容を参考に、ホワイト500への認定を目指してみてはいかがでしょう。 引き続き、本メディアでは社内エンゲージメント向上に役立つ情報をお届けしていきます。

次の

【IT業界】SEのホワイトIT企業体験談!見分け方と特徴も

ホワイト 500 企業 一覧

ホワイト500や健康経営優良法人に取り組む中で従業員満足度が向上したり、認定を受けたあとは採用活動にも効果があったりとメリットが大きいものです。 今回はホワイト500の認定基準や実際に申請の手続きを行う際の手順を紹介します。 ホワイト500とは ホワイト500とは、経済産業省が認める「健康経営優良法人」の中でも規模の大きい企業や団体を対象とした大規模法人部門の愛称です。 2016年に経済産業省は、認定制度「健康経営優良法人」を創設し、健康経営に取り組む優良な企業を認定・表彰をしており、「2020年までに500社以上の企業を健康経営に取り組むようにしたい」という思いから、ホワイト500という名前が付けられています。 ホワイト500の認定企業は全企業の名前が公開されており、2018年度の認定の時点で500社以上が認定を受けています。 健康経営優良法人認定制度とは 経済産業省が健康経営に取り組む優良な法人を「見える化」するためにするために、地域の健康課題に即した取り組みや日本健康会議が進める健康増進の取り組みを元に、特に優良な健康経営を実践している大企業や中小企業等の法人を顕彰し、認定を行う制度です。 「健康経営優良法人認定制度」には中小規模法人部門もある 「健康経営優良法人認定制度」の大企業法人部門を「ホワイト500」と呼びますが、この認定制度は中小規模法人向けの部門もあります。 従業員数が1人以上となっているため、中小規模法人部門では多くの企業が対象となっています。 ホワイト500に認定されるメリット ホワイト500に認定されることは、従業員・会社双方にメリットがあります。 ホワイト500を取得することによる、従業員のメリット ホワイト500の取得を目指す中で、個々人の健康意識が高まり、健康行動が誘発されることが考えられます。 この行動により、従業員の疾患リスクが下がること、そして医療費の抑制に繋がることが考えられます。 ホワイト500を取得することによる、企業側のメリット ホワイト500を取得することにより、健康経営の施策で福利厚生が充実することをきっかけに従業員満足度が向上し、離職率が低減すること。 また、ホワイト500の表彰や認定を受けて会社のイメージ向上に繋がり、採用応募数の増加やイメージアップによる顧客満足度の向上などのメリットが考えられます。 ホワイト500の対象となる企業の条件 ホワイト500の対象となるか否かは、業種ごとの従業員数で区切られています。 卸売業:101人以上• 小売業:51人以上• サービス業:101人以上• 製造業その他:301人以上• 地方自治体:301人以上 上記人数に満たない事業者や団体は、中小規模法人部門が対象となります。 ホワイト500の認定基準 2021年版の基準については、7月頃公開予定とされておりますので、2020年のものを紹介します。 出典: ホワイト500の認定企業一覧 ホワイト500の認定を取得している企業や中小規模法人部門で認定を受けている企業は、下記URLにて一覧で公開されています。 ホワイト500の申請時期や手続き方法 ホワイト500の申請方法と申請時期を時系列順で紹介します。 ただ、年によって変わる可能性がございますので、詳しくは経済産業省のページをご覧ください。 参考までに、昨年の申請の時期と手続きの流れは以下の画像のようになっています。 出典: 1. この際、認定基準に適合している場合は「申請書及び誓約書等」が同封されています。 健康経営優良法人(中小規模法人部門) 下記画像の赤枠がハイジを使って定量的に可視化できる領域です。 上記のように、日頃よりハイジのアンケートで課題を可視化し、解決の取り組みを行うことで、ホワイト500・健康経営優良法人の認定に近づきます。 ハイジは、無料でアンケートの実施や回答の収集・分析を行っていただけますので、ぜひ、ホワイト500・健康経営優良法人の認定を目指す取り組みにご活用ください。 ハイジの無料申し込みはこちら:.

次の