クルーウェル 小説。 深井 龍之介

ガンダムSEED 天(そら)の英雄

クルーウェル 小説

これが流れると、グラウンドや本舎以外で部活をしている生徒を除いて、一般生徒たちは寮へと帰らなければならない。 結局、200文字記述書けなかったな。 そう思いながら私はカバンに魔法史を仕舞い込む。 帰る身支度をしている間にも、クルーウェル先生は窓を閉め、カーテンを開けるのを全部一人でしてくれていたのだった。 『クルーウェル先生、すみません。 ありがとうございます!』 ブレザーを急いで着た私は残りの窓を閉め、カーテンを開ける。 「まあ、これで見回りをしなくても良くなるからな。 」 カーテンをわざわざ開けて帰るのは、戸締まり確認に来た先生たちが、わざわざ教室に入らずとも窓から見るだけで鍵はしまっているかなどを確認できるからだと聞いたことがある。 『今日はクルーウェル先生が鍵当番の日だったんですか?』 「Well done! そのとおりだ。 」 そう言いながらクルーウェル先生は最後のカーテンを開ける終わる。 私は机に置いたカバンを持ち、ポケットにスマホを入れてクルーウェル先生と一緒に教室を出た。 「ではな。 気をつけて帰るんだぞ。 」 『はい。 クルーウェル先生、今日はありがとうございました。 』 そう言って、私はペコリとお辞儀をする。 その時、階段を降りてくる何人かの生徒とバッチリ目があってしまったが、「仔犬ども、さっさと寮へ帰れ。 」というクルーウェル先生の言葉に、虫の居所が悪そうにして、去っていってしまったのだった。 なるほどなぁ、とクルーウェル先生が距離を取ると言ってきたことが腑に落ちる。 仕方がない。 あと数週間の我慢だろう。 そう思いながら、私はひとりコツコツと学校の階段を降っていくのだった。

次の

深井 龍之介

クルーウェル 小説

受注生産品につきご注文後の変更、キャンセルはお受けできかねます。 到着後 お客様のご都合による返品・交換対応できかねます。 不良品のみと交換させていただきます 、原則として 返品を受付できかねます。 写真画像は光の加減やお客様のモニター環境により若干異なって見える場合があります。 神経質な方や完璧を求める方はご遠慮ください。 商品は専門プロの手作りなので、若干甘いところあります。 受注製作となっておりますので、製作の間、生地市場状況により、レース、生地模様、ボタン、小物、印刷等細部パーツは多少の仕様変更がございますので予めご了承下さい。 手作業にて作業しておりますので多少の染みなどある場合がございます。 常識の範囲内の些細な汚れ、ほつれ等はご容赦ください。 何卒ご了承くださいますようお願いいたします。 既成サイズ表(cm。 受注生産品につきご注文後の変更、キャンセルはお受けできかねます。 到着後 お客様のご都合による返品・交換対応できかねます。 不良品のみと交換させていただきます 、原則として 返品を受付できかねます。 写真画像は光の加減やお客様のモニター環境により若干異なって見える場合があります。 神経質な方や完璧を求める方はご遠慮ください。 商品は専門プロの手作りなので、若干甘いところあります。 受注製作となっておりますので、製作の間、生地市場状況により、レース、生地模様、ボタン、小物、印刷等細部パーツは多少の仕様変更がございますので予めご了承下さい。 手作業にて作業しておりますので多少の染みなどある場合がございます。 常識の範囲内の些細な汚れ、ほつれ等はご容赦ください。 何卒ご了承くださいますようお願いいたします。 既成サイズ表(cm。 営業日:月曜日~土曜日 日曜定休 出品者の他の商品.

次の

貴方の仔犬になりたい【ツイステ】 [完結]

クルーウェル 小説

『 ユウさん、大丈夫ですか?』 『す、すみません・・・体力なくて・・。 今まで山を登る機会がなかったので』 ユウは丸太の上で腰を下ろし、ジェイドが用意してくれていた、水筒に入ったアイスティーをごくごくと喉を慣らしながら飲む。 過ごしやすい気候とはいえ、山中を歩き回れば体温も上がる。 慣れない足場にグリムがいなくて良かったかもしれない思った。 『グリムさん、来られなくて残念でしたね』 『あ、ははは・・・』 眉を下げながら笑うジェイドが本気で言っているのか疑わしい。 その為放課後はクルーウェル先生と付きっきりであり、その延長で今日も来られなくなったのだ。 出発前に置いていかないで~と泣き付かれたグリムの顔を思い出し、可哀想と思いながらも心を鬼にした。 『 ユウさんが一緒に付いてきてくれて嬉しいです。 いつも僕1人なので・・・。 こう見えて寂しがり屋なんですよ?』 『ジェイド先輩の対価がまさか・・・きのこ狩りに一緒に付いて来て欲しいっていうのは驚きましたよ』 『おや?そうですか・・・?マドルの請求よりはマシでしょう?』 『あ、うん・・・そうなんですけどね』 体で返せばいいと言われた時はドキッとしたが、あの後次の休みに山に行くから付いて来て欲しいと言われた時は少し安心した。 1人芝居を続けていた自分が恥ずかしくなる思いで、 ユウは飲み終わった水筒のコップをジェイドに返す。 『もしかして・・・体で返すとは別のことを考えてましたか?』 『そ、そんなことなですって!!もう~ジェイド先輩も冗談言うんですねー!!はいっ!休憩終わりです!私、先行きますねー!!』 恥ずかしさで沸騰した顔が見せられず、明後日の方向を見ながら ユウは両手足同時に出しながら歩き出す。 『あんなに赤くなって・・・ほんとに・・・ ユウさんは可愛い人ですね』 クスクスと笑いながらジェイドは水筒の蓋をきっちり閉じると、僕も行きましょうかね・・・とカチコチに歩いている ユウの後を追った。 ****** 『わっ・・・すごい・・・!!きれいっ!!』 ユウはその美しさに手を叩いて感嘆の声をあげる。 日差しの隙間から輝くきのこが黄金色から褐色のグラデーションになっていた。 眩しい彩色を放っている空間は異世界そのもの。 『ね?山は素晴らしいでしょう?』 谷を超え、傾斜に足を滑らせながら進んだ先の絶景。 空気が澄んでいて、近くに滝や川があるのかマイナスイオンのシャワーで身が清められるよう。 倒木を埋め尽くすように生えたきのこが2人をこの場に招き入れた。 『ツイステッドワンダーランドってすごい・・・。 こんな風景・・・見たことない』 『自然から溢れる力は魔法よりも素晴らしいときがあります。 自然体な貴女が魔法を使えなくても魅力的であるのと同じです』 『そ、そんなこんな大自然に比べたら私なんて全然敵いません・・・』 『ふふっ、ご謙遜されなくても宜しいのに。 さ、 ユウさん!風景を楽しむのも良いですがきのこ狩りをしましょう!たくさん山の恵をいただきましょうね』.

次の