恋柱 甘露寺蜜璃 イラスト。 【鬼滅の刃】恋柱に注目するなら乳だけでなく下半身も見ろ

【鬼滅の刃】甘露寺蜜璃の呼吸&必殺技について詳しくまとめてみた!|まんが人気考究

恋柱 甘露寺蜜璃 イラスト

甘露寺蜜璃のプロフィール 甘露寺蜜璃は167㎝、56㎏、19歳の 女性剣士です。 全体的に桃色で毛先だけ緑の髪の毛が特徴的です。 顔は目がぱっちりとしたかわいらしい顔です。 スタイル抜群で隊服からは肌を露出させており、多くの男性を虜にします。 性格は明るく天真爛漫で周囲の人まで明るい気持ちにさせます。 また男の人にときめきやすく、何かあるとすぐに素敵と感じ、常に恋をしています。 かわいいルックスと性格で鬼滅の刃に登場する男性陣を虜にしています。 唯一無二!恋の呼吸を使う恋柱 甘露寺蜜璃は他の鬼殺隊隊員が使うことのないオリジナルの「 恋の呼吸」を使います。 炎の呼吸の派生であり、煉獄杏寿郎の継子でした。 しかし甘露寺蜜璃は炎の呼吸を独自にアレンジした「 恋の呼吸」を会得します。 甘露寺蜜璃の柔らかく強靭な身体があってこその戦闘スタイルです。 甘露寺蜜璃の刀は非常に薄いです。 恋の呼吸では新体操のリボンを操るように、 薄い刀を変幻自在にしならせて敵を攻撃します。 普通の太刀筋では無く、予測ができません。 甘露寺蜜璃は変幻自在の攻撃で鬼を滅していきます。 独創的な戦い方でついには柱になるほどに強くなりました。 普通の人より怪力!甘露寺蜜璃の特殊能力 甘露寺蜜璃には特殊能力が備わっています。 それは普通の人の筋肉より密度が 8倍あることです。 背格好は普通の女性ですが、男性よりも怪力で音柱・宇随よりも素早く動きます。 戦闘においてはこの能力は大いに活かされます。 しかし女性としては欠点で、この能力のせいで 婚期を逃します。 さらに多くの筋肉を維持するために、食事も多くなります。 お相撲さんの倍以上も食べるため、甘露寺蜜璃は男性から敬遠されてしまいます。 かわいらしいルックスからは考えられない豪快な能力に驚きます。 鬼殺隊に入ったのは結婚相手を探すため? 甘露寺蜜璃の鬼殺隊入隊のきっかけは特殊です。 それは甘露寺蜜璃が17歳の時までさかのぼります。 大正時代はまだ古い考えが残っています。 甘露寺蜜璃の変わった髪の色、怪力、大食いは男性から敬遠され、 お見合いが破談になりました。 この出来事がショックで、蜜璃は髪を染め、怪力や大食いを隠して生活しました。 そうすると多くの男性が蜜璃に興味を抱きます。 しかし本当の自分を隠して生活することに嫌気がさします。 ありのままの自分でいられる場所を探し、それが 鬼殺隊でした。 産屋敷は蜜璃の能力を「 誇りなさい」と言い、蜜璃は初めて受け入れてもらえたと涙します。 かくして蜜璃は鬼殺隊員となりました。 鬼に関りがなく鬼殺隊に入った数少ないメンバーです。 激闘!上弦の肆・半天狗 甘露寺蜜璃の初戦闘は 刀鍛冶の里です。 上弦の肆・半天狗と戦います。 半天狗の血気術による分身体は強力でした。 甘露寺蜜璃は一人で相手をするが、追い込まれます。 絶体絶命のピンチでしたが、炭治郎たち鬼殺隊のメンバーが勝つ見込みのある蜜璃を全力で守りました。 その姿に心を動かされ、鬼殺隊を守る強い決意をします。 すると甘露寺蜜璃に 痣が現れます。 痣が現れたことで強さが飛躍的に向上して半天狗を抑えこみます。 炭治郎が半天狗本体を倒すまで 蜜璃は一人で戦い抜きました。 甘露寺蜜璃のお茶目な一面 甘露寺蜜璃は時々お茶目な一面を見せます。 甘露寺蜜璃は 熱中すると周りが見えなくなります。 痣の発言について柱会議が行われた時に、痣の出し方について皆に聞かれます。 しかし蜜璃は感覚派であったため、「ギュイーン」「ゴゴゴゴ」など熱くなって 擬音で説明しました。 皆のポカンとした顔に気づき、自分の発言の恥ずかしさから 顔を赤らめます。 無限城での鳴女との戦いでは、敵の能力も分からないのに突っ込み、攻撃を跳ね返されます。 蛇柱・伊黒に注意され、恥ずかしさから顔を赤らめました。 さらに鳴女に攻撃するが血鬼術で攻撃が当たらないため、 怒って頬を膨らますなど、お茶目な一面が多くみられる魅力的なキャラクターです。 鬼舞辻無惨との戦い 鬼舞辻無惨との戦いで善戦しますが、他の柱と同様に致命傷を負います。 致命傷を負って動けなくなったため、ほとんど無惨との戦いで見せ場がありません。 しかし伊黒と炭治郎が無惨に反撃を食らいそうになった際に、蜜璃は 怪力で無惨の手をちぎります。 素手で傷つけられたことに無惨も驚きます。 炭治郎を助けて、無惨を追い詰める重要な攻撃でした。 伊黒との恋 蜜璃は蛇柱の伊黒と 恋に落ちます。 無惨を倒した後、二人は死に際に想いを伝えます。 生まれ変わったらまた一緒になることを誓います。 死ぬ間際に結ばれる切なく、悲しい最後でした。 まとめ 甘露寺蜜璃について紹介しました。 作中トップクラスの かわいらしさで人気のキャラクターです。 最期は伊黒と結ばれて嬉しい反面、死んでしまう悲しいものでした。 伊黒と結ばれる過程は深く描かれていないため、今後の続編に期待です。

次の

甘露寺蜜璃 (かんろじみつり)とは【ピクシブ百科事典】

恋柱 甘露寺蜜璃 イラスト

人気漫画『鬼滅の刃』が、少女漫画誌『りぼん』(集英社)とコラボレーションすることが決定し、2日発売の同誌6月号で4つのコラボ企画が実施されることが発表された。 8人の『りぼん』連載作家による豪華コラボイラストや、鬼殺隊の柱9人との相性診断ができる『甘露寺蜜璃の恋柱診断』などを含めた、カラー8ページに及ぶボリュームで特集される。 コラボ企画の1つ目は、人気イラストレーター・カナヘイ氏が描き下ろした大小14枚の「ゆるっと鬼滅の刃」シールの付録。 2つ目は、カナヘイ氏が描き下ろした漫画『ゆるっと鬼滅の刃』。 カナヘイ氏が描く『鬼滅の刃』キャラクターは初公開で、ジャンプコミックス『鬼滅の刃』5巻・第27話「嘴平伊之助」から第28話「緊急の呼び出し」で、炭治郎たちが滞在した藤の花の家紋の家でのエピソードが描かれる。 また、原作には登場しない愛らしい伊之助の姿が見どころで、原作者・氏お墨付きのゆるっとかわいい炭治郎たちを楽しむことができる。 3つ目は、「甘露寺蜜璃の恋柱診断」で、少女漫画のヒロインのようにいつもキュンキュンが止まらない恋柱・甘露寺蜜璃がおくる鬼殺隊の柱9人との相性診断となっている。 読者と柱たちとのお見合いは成功するのか、音柱・宇髄天元の4人目の嫁になれるのか…『週刊少年ジャンプ』編集部監修の『鬼滅の刃』キャラクターの診断チャートが初登場している。 4つ目は、『りぼん』作家による描きおろしコラボイラスト両面ポスター。 8人の『りぼん』連載作家がコラボイラストを描き下ろしており。 本誌サイズ(B5版)のイラストは、切り取り線が入っている仕様でポスターとして使用できる。 オモテ面には、『ハニーレモンソーダ』の村田真優氏が炭治郎、禰豆子、善逸、伊之助の日常の一コマをかわいらしく描写。 ウラ面では、7名の連載作家陣がスーツ姿の柱をそれぞれ描いたスぺシャル集合イラストを掲載している。 中川は過去に『週刊少年ジャンプ』編集部に作品を持ち込んだこともあり、その時の担当編集者が、元『鬼滅の刃』担当という縁で、この企画が実現した。 今回コラボイラストに参加した連載作家は全員『鬼滅の刃』の大ファンで、快く企画に参加するなど、こだわりの詰まった唯一無二のイラストになっている。

次の

鬼滅の刃 恋柱「甘露寺蜜璃」誕生祭2020のお祝いイラストまとめ!!

恋柱 甘露寺蜜璃 イラスト

甘露寺蜜璃のプロフィール 甘露寺蜜璃は167㎝、56㎏、19歳の 女性剣士です。 全体的に桃色で毛先だけ緑の髪の毛が特徴的です。 顔は目がぱっちりとしたかわいらしい顔です。 スタイル抜群で隊服からは肌を露出させており、多くの男性を虜にします。 性格は明るく天真爛漫で周囲の人まで明るい気持ちにさせます。 また男の人にときめきやすく、何かあるとすぐに素敵と感じ、常に恋をしています。 かわいいルックスと性格で鬼滅の刃に登場する男性陣を虜にしています。 唯一無二!恋の呼吸を使う恋柱 甘露寺蜜璃は他の鬼殺隊隊員が使うことのないオリジナルの「 恋の呼吸」を使います。 炎の呼吸の派生であり、煉獄杏寿郎の継子でした。 しかし甘露寺蜜璃は炎の呼吸を独自にアレンジした「 恋の呼吸」を会得します。 甘露寺蜜璃の柔らかく強靭な身体があってこその戦闘スタイルです。 甘露寺蜜璃の刀は非常に薄いです。 恋の呼吸では新体操のリボンを操るように、 薄い刀を変幻自在にしならせて敵を攻撃します。 普通の太刀筋では無く、予測ができません。 甘露寺蜜璃は変幻自在の攻撃で鬼を滅していきます。 独創的な戦い方でついには柱になるほどに強くなりました。 普通の人より怪力!甘露寺蜜璃の特殊能力 甘露寺蜜璃には特殊能力が備わっています。 それは普通の人の筋肉より密度が 8倍あることです。 背格好は普通の女性ですが、男性よりも怪力で音柱・宇随よりも素早く動きます。 戦闘においてはこの能力は大いに活かされます。 しかし女性としては欠点で、この能力のせいで 婚期を逃します。 さらに多くの筋肉を維持するために、食事も多くなります。 お相撲さんの倍以上も食べるため、甘露寺蜜璃は男性から敬遠されてしまいます。 かわいらしいルックスからは考えられない豪快な能力に驚きます。 鬼殺隊に入ったのは結婚相手を探すため? 甘露寺蜜璃の鬼殺隊入隊のきっかけは特殊です。 それは甘露寺蜜璃が17歳の時までさかのぼります。 大正時代はまだ古い考えが残っています。 甘露寺蜜璃の変わった髪の色、怪力、大食いは男性から敬遠され、 お見合いが破談になりました。 この出来事がショックで、蜜璃は髪を染め、怪力や大食いを隠して生活しました。 そうすると多くの男性が蜜璃に興味を抱きます。 しかし本当の自分を隠して生活することに嫌気がさします。 ありのままの自分でいられる場所を探し、それが 鬼殺隊でした。 産屋敷は蜜璃の能力を「 誇りなさい」と言い、蜜璃は初めて受け入れてもらえたと涙します。 かくして蜜璃は鬼殺隊員となりました。 鬼に関りがなく鬼殺隊に入った数少ないメンバーです。 激闘!上弦の肆・半天狗 甘露寺蜜璃の初戦闘は 刀鍛冶の里です。 上弦の肆・半天狗と戦います。 半天狗の血気術による分身体は強力でした。 甘露寺蜜璃は一人で相手をするが、追い込まれます。 絶体絶命のピンチでしたが、炭治郎たち鬼殺隊のメンバーが勝つ見込みのある蜜璃を全力で守りました。 その姿に心を動かされ、鬼殺隊を守る強い決意をします。 すると甘露寺蜜璃に 痣が現れます。 痣が現れたことで強さが飛躍的に向上して半天狗を抑えこみます。 炭治郎が半天狗本体を倒すまで 蜜璃は一人で戦い抜きました。 甘露寺蜜璃のお茶目な一面 甘露寺蜜璃は時々お茶目な一面を見せます。 甘露寺蜜璃は 熱中すると周りが見えなくなります。 痣の発言について柱会議が行われた時に、痣の出し方について皆に聞かれます。 しかし蜜璃は感覚派であったため、「ギュイーン」「ゴゴゴゴ」など熱くなって 擬音で説明しました。 皆のポカンとした顔に気づき、自分の発言の恥ずかしさから 顔を赤らめます。 無限城での鳴女との戦いでは、敵の能力も分からないのに突っ込み、攻撃を跳ね返されます。 蛇柱・伊黒に注意され、恥ずかしさから顔を赤らめました。 さらに鳴女に攻撃するが血鬼術で攻撃が当たらないため、 怒って頬を膨らますなど、お茶目な一面が多くみられる魅力的なキャラクターです。 鬼舞辻無惨との戦い 鬼舞辻無惨との戦いで善戦しますが、他の柱と同様に致命傷を負います。 致命傷を負って動けなくなったため、ほとんど無惨との戦いで見せ場がありません。 しかし伊黒と炭治郎が無惨に反撃を食らいそうになった際に、蜜璃は 怪力で無惨の手をちぎります。 素手で傷つけられたことに無惨も驚きます。 炭治郎を助けて、無惨を追い詰める重要な攻撃でした。 伊黒との恋 蜜璃は蛇柱の伊黒と 恋に落ちます。 無惨を倒した後、二人は死に際に想いを伝えます。 生まれ変わったらまた一緒になることを誓います。 死ぬ間際に結ばれる切なく、悲しい最後でした。 まとめ 甘露寺蜜璃について紹介しました。 作中トップクラスの かわいらしさで人気のキャラクターです。 最期は伊黒と結ばれて嬉しい反面、死んでしまう悲しいものでした。 伊黒と結ばれる過程は深く描かれていないため、今後の続編に期待です。

次の