コール ボーイ イラスト。 syudou『コールボーイ』歌詞の意味を考察・解釈

有名なシャンパンコールの歌詞は?コール後のコメントや盛り上がるコールまとめ【絶対知るべき】

コール ボーイ イラスト

この著作物の投稿日時と内容に関する証明情報は以下の通りです。 この日時以降に転載が許容されていない著作物が著作者の意図としない他のサイトに投稿されていた場合、無断転載の可能性があります。 ID 499423 DATE June 13, 2019 9:29:18 AM UTC NTP:ntp. nict. jp SHA-256 e420ec1a6aa31a5efdc2d80d4fb00c6de439de9b5abc6b5011b31c5f6bc85289 ID 499423-116641 DATE June 13, 2019 9:29:26 AM UTC NTP:ntp. nict. jp SHA-256 c10b24fb37dfe9ae887d8f48c910a9c131324c6c4585611291fab0b2f9e6e9cd ID 499423-116642 DATE June 13, 2019 9:29:31 AM UTC NTP:ntp. nict. jp SHA-256 ef5e49018ce72ff4a121813a2fd2b0cd7b68d40d7cc215f68f95bac2fb0bcad1 ID 499423-116643 DATE June 13, 2019 9:29:34 AM UTC NTP:ntp. nict. jp SHA-256 d530f4afc9832dfd7227b9b76edc4849804e9f52f849557041d5c48242e0442c.

次の

Lying.

コール ボーイ イラスト

カテゴリ• syudou『コールボーイ』の概要 『コールボーイ』とは2019年4月13日にネット上で公開された楽曲です。 syudouさん45作目となる新ナンバーであり「お酒」をテーマにしています。 映像はヤスタツさんが担当されており、前作大人気となったビターチョコ デコレーションでも高い技術でファンを魅了してきました。 syudouさんご自身も動画コメント欄にて 「お酒はほどほどにって曲です。 」と軽めのタッチで今作について語っていますね。 確かに歌詞ではお酒を呑み過ぎて中毒になるとどうなるかがリアルに描かれています。 リアル過ぎて考察の途中で背筋がゾワゾワする部分もあります。 『コールボーイ』は、お酒が好きな人もお酒を全然呑まない人にも教訓的な楽曲です。 そして現在、お酒を飲み過ぎているまたはやめられないというあなた! 今すぐこのMVを見てお酒の呑み方を調整してみて下さい(笑) それではさっそく歌詞の意味を考察していくことにいたしましょう。 『コールボーイ』の意味とは 『コールボーイ』とは英語で「Call Boy」となり意味は「呼び出し係」です。 しかし今回の歌詞全体とマッチする意味としては、 主人公の男性(ボーイ)が マスターを呼ぶ(コール)してお酒を持って来させる様子を指すのだと筆者は考えます。 「おーい!酒だ!」と次から次へとお酒を注文する彼のアルコール中毒っぷりを容易にイメージできると思います。 『コールボーイ』歌詞の意味 アンダーグラウンドに巣食う半端者たち 繁華街地下場末のバーは ボンクラ酔いどれ自称非凡人 使い捨てしたいクズと されたい輩にて大繁盛 混ぜ物多めの安価なバーボン 半端なアンタが良く似合う 酔ったら同じ事 なんてのがお決まりなんだけど 繁華街地下にあるバーには酒好きの男女が入り乱れていました。 彼らは 「ボンクラ酔いどれ」と称されており、どうしようもない程お酒を飲む連中でした。 「自称非凡人」とは「俺は昔凄かったんだ」と言って 凡人には留まらない存在であるとアピールする人たちを表現しています。 「使い捨てにする人とされる人」については、 一夜限りの交際で満足する男女の関係に言及しているようです。 飽きたら別の人という思考が含まれています。 彼らが浴びるように飲んでいる酒は混ぜ物のない純粋なお酒ではないようです。 「混ぜ物多めの安価なバーボン」で満足してい点から 質より量という考えなのでしょう。 酔うことを目的としている人たちですから、綺麗に呑むとか雰囲気を重視する客はいないようです。 何かを忘れたい人が多いようにも感じます。 確かに言えることは歌詞にもあるように、繁華街アンダーグラウンドのバーに巣食う客の大半が「一人では生きて行けない」半端者ばかりであるという点です。 そしてそのうちの一人が「コールボーイ」の主人公です。 酒と女で麻痺させる孤独 人は孤独を殺すため 虚しいをもどすため酒を飲むんだ 金も時間も肝臓も なぁ何でもやるからさ 二人でいよう? 主人公曰く、お酒を呑む理由は 自分の中の孤独を麻痺させて虚しい気持ちを元に戻すためだと述べています。 そのためなら 「金も時間も肝臓も」差し出すと歌詞は綴っています。 安価であっても大量に飲めば大金を叩くことになります。 数時間はその場に留まらなければなりません。 さらにアルコールの多量摂取は肝臓の働きを阻害します。 それでも孤独を麻痺させるためなら主人公を含め酒呑みはそうしたものを喜んで犠牲にしてしまうのでした。 彼は「二人でいよう?」と声をかけています。 それは一緒に呑む時の呑み友達なのかもしれませんし、バーでたまたま出会った人なのかもしれません。 余談ですが、筆者も初めてバーに友達と行ったときにカウンターの男性に話しかけられました。 30分くらい話しかけられ名刺も渡されました。 話を聞いているとそこそこ偉い方のようで会話の半分は自慢でした。 良くも悪くもバーは出会いの場所と言えるんだと実感しました。 友達から「あれが良かったこれが悪かった」という話を聞いても一切覚えていません。 後日、友達には色々な点について弁解する必要が生じたのでしょう。 「記憶のないあなたを運ぶのは大変だった」と言われれば「一人で歩けた」と弁解したかもしれません。 呑み過ぎは明日に影響するという考えも、彼にとっては呑まなきゃ明日に影響するという考えに変換されてしまうのでしょう。 そしてまた後日、呑み過ぎた点を友達に指摘されても 「記憶にございません」と政治家の決まり文句のように切り抜けるのでした。 自分の好みを偉そうに声高に語る人も結局、酔ったら誰でもいいんだと皮肉めいたことを発します。 そして段々と自分が一人で人生を孤独に歩んでいること、自分以外には人生を共にする誰かがいることに苛立ちを感じます。 荒ぶる彼は暴言を店中に響かせます。 曲の中で彼は3回 「クソが!」という汚い罵声をあげています。 大人として大変マナーが悪く汚い呑み方の一つだと言えるでしょう。 意味も無く呑み続けるお酒にもはや味など感じなかったことでしょう。 彼が味わっているものがあるとすれば孤独だけです。 その友達はきっと彼の身を案じてお酒の量を減らすように勧めたことでしょう。 しかし彼はそうした助言に耳を貸そうとはしません。 むしろ嫌気を感じて苛立ったことでしょう。 そしてお酒の力を借りないでそれなりにやっていられるのは 「社会に飲まれている」からだと皮肉を述べています。 つまり彼はお酒に 「主導」権を奪われているのです。 この 「主導」が作り手の syudouさんとかかっているのに違いないと筆者は考えました。 syudouさんの言葉遊びのセンスに酔いしれます。 繁華街地下バーには今日も色々な声が飛び交います。 そんな中、一番声を大にして叫んでいるのは主人公でしょう。 アルコールのアンコールを叫び続けているのです。 彼が叫ぶのをやめるのは、店が閉店するか彼の意識が飛ぶか、また孤独が完全に消え去る時なのでしょう。 筆者は彼が酒処ではなく、孤独を完全に埋めてくれる人を避け所として欲しいと願うのでした。 まとめ アルコール中毒の男の悲しい性を垣間見てしまいましたね。 お酒を綺麗に呑むか汚く呑むかは重要だと思います。 愚痴を言うのは良しとしても他者に迷惑がかかる一切の行為は大人のマナーに反していますね。 また記憶を失って常習的に誰かのお世話になるのも避けたいところです。 筆者はせっかく友達と呑みにきているのですから会話が成立する程度で酒をやめておくのが良いと思います。 ちなみに一杯酒を呑んだら水を一杯飲むを繰り返すと、悪酔いを避けられると感じています(人によります 笑) 是非、間違っても酒に自分の主導権を奪われないように注意していきたいと思います。 自分は絶対大丈夫と自分に酔わないようにも気をつけたいものです。 syudouさんの教訓的な歌詞と曲に感謝します。 次回作と今後の活動に期待し注目していきたいと思います。

次の

Lying.

コール ボーイ イラスト

ホストクラブでは、来店してくれたお客さんを楽しませるために数々の余興が用意されています。 その中のひとつに「シャンパンコール」というものがあり、これのお陰で店内が最高に盛り上がると言っても過言ではないでしょう。 せっかくのシャンパンコールですから「一緒に歌ってみたい! 」「覚えたい! 」という人も多いのでは? 合わせて『 』を詳しく書いた記事をありますのでよかったら読んでみてください! 有名なシャンパンコールの歌詞は? 有名なシャンパンコールというのは確かに存在します。 しかし、有名なシャンパンコールが今のホストクラブで使われているかというと、実はあまり使われていないことがほとんど。 使われていたとしても、一部がアレンジがされていたり、まったくの別物に生まれ変わっていたりするので、いくら最新の歌詞を覚えても少し時間が経つとまた新しく変わってしまうと言った感じです。 お店によってオリジナルのコールもあり種類は様々 定番どころのシャンパンコールを覚えたとしても、お店によっては定番ではない完全オリジナルのコールだったり、先ほどもお伝えしたようにアレンジされています。 それらを全て覚えてホストクラブに出向くというのも大変ですよね。 ましてや、日本中には何百とホストクラブがあります。 それらの店舗に対応出来る程のコールを覚えるとなると想像するだけで、億劫になってしまいます。 シャンパンコールはなにを言っているのかわかりにくい… 正直言って、シャンパンコールって「なにを言ってるのかわからない」というものがとても多いですよね。 シャンパンコールの熱気から楽しさは伝わってくるものの、肝心の歌詞がチンプンカンプンだと少し複雑な感想を抱くかもしれませんね。 有名なシャンパンコールは歌詞が載っていることもあるけど… ネット上で検索すると、いくつか有名なシャンパンコールの歌詞を見つけることができます。 ネットでシャンパンコールの歌詞を探すくらいなら、もっとおすすめの方法が実はあるんです。 動画で何度も聞いて覚えよう その方法というのが、youtubeにアップロードされている実在するホストクラブのシャンパンコールの動画を視聴することです。 「どうしても最新のシャンパンコールを追いかけたい! 」という人は動画を視聴して覚えてみる事をオススメします。 ホストのシャンパンコールはどうしたら歌ってもらえるの? まだ一度も、ホストクラブに訪れたことがない人は、「どうやったらシャンパンコールを歌ってくれるの? 」と、歌ってもらえる条件についてご存知ない方もいるかも知れません。 そこで、続いて解説していきたいのは、「シャンパンコールはどうしたら歌ってもらえるのか?」です。 その条件というのが以下になります。 つまり、シャンパンコールはお願いしても歌ってくれるわけではなく、特定のシャンパンを注文して始めてコールが聞けるんです。 言ってしまえば、有料の余興ですね。 高いシャンパンを入れてくれたお客さんへの感謝の行為なので「ホストクラブに行けば誰で歌ってもらえる」というわけでは無いんですよね。 ホストクラブはシャンパンの種類が豊富で、お値段も1万円〜数十万円とかなりバラつきがあります。 一概に金額は言えませんが、目安としては3万円〜5万円だと思っておきましょう。 3万円くらいなら割りと注文しやすいのではないでしょうか。 シャンパンコールを聞きたいなら要確認! シャンパンを注文すればシャンパンコールが聞ける、そう思っていた人は多いかと思います。 コールがお目当ての人は事前にメニューを確認するか、ホストにコール付きのシャンパンはどれなのか確認しておきましょう。 始めてホストクラブに訪れ、期待感を膨らませながらシャンパンを注文したけど肝心のコールを聞くことができなかった…とならないように気をつけましょう。 シャンパンコールをするときの流れは? まだ、シャンパンコールを聞いた事の無い方は、どう言った流れなのか分からず緊張してしまうかと思います。 そこで、シャンパンコールを始めて聞く人のために、注文からシャンパンコールまでの流れについて簡単にご説明していきます。 ぜひチェックして、初のシャンパンコールに向けて万全な体制を整えていきましょう。 マイクパフォーマンスと共にシャンパンを持ってくる まず、コール付きのシャンパンを注文します。 この時点でかなり期待感がこみ上げてくるはず。 曲に合わせてパフォーマンス シャンパンがテーブルに届くと、コルク栓を抜く音を合図に店内にBGMが掛かります。 BGMもコール同様に店舗によって異なります。 その曲と共に、ホスト達がシャンパンを入れてくれたお客さんのためだけにパフォーマンス(シャンパンコール)を披露してくれます。 これだけのために、高価なシャンパンをおろす人もいる程見応えのあるパフォーマンスになっています。 思う存分ホストたちの熱いコールに耳を傾けてみてください。 最後にお客さんがコメント パフォーマンスをしながらシャンパンを飲み、最後の締めくくりにシャンパンを入れてくれた、お客さんがコメントをするというルールになっています。 ざっくり説明するとこのような流れですね。 時間に換算すると約10分ほどでしょうか。 また、お店によってはシャンパンコール専門の人たちを用意していることもあるので、それらの準備も合わせるともっと時間が掛かることもあります。 コメントはなんでもいい はじめてシャンパンコールをしてもらった人の中には、最後のコメントで「なにを喋っていいかわからなかった」という方が多いです。 確かに急にコメントを求められても戸惑いますよね。 実際どんなコメントをすればいいのかというと、とくに「コレが正解」というのはなく本当になんでもいいんです。 例えば「いただきます」でもいいですし、「ありがとう〜」など、シンプルなコメントを一言添えるだけでOKです。 担当への愛を叫んでもOK お客さんの中には最後のコメントで担当への愛を叫んでいる人も多いですね。 爆弾発言には気をつけて! コメントは基本的になんでもいいですが、注意しておきたいのがマナー違反な発言。 目立つのが苦手ならシャンパンコールを断るのもあり 店内には、ホストやその他のお客さんが大勢いますから、その中でシャンパンコールが入れば全体から注目の的になります。 それが恥ずかしくてもう二度とシャンパンコールを入れない、という人も多いので、シャンパンは入れてもコールはなし、や最後のコメントはなし、といったお願いをしても大丈夫です。 目立つのが苦手な人は、事前にコールやコメントを控えたいことを伝えておくといいでしょう。 シャンパンがなくても大丈夫! ホストクラブで使える一気コール ホストクラブではシャンパンコール以外のコールも存在します。 お酒を交えながら行うコールはより一層お酒の力で高揚し、楽しい空間を味わうことができますよ。 そんな一気コール、以下の有名どころだけは覚えておいて損はありません。 グイグイよし来いコール 「グイ! グイ! グイグイよし来い! グイ! グイ! グイグイよし来い! 」 このコールはホストクラブでもっとも使われる有名なものです。 Youtubeにも動画がありますのでぜひチェックしておきましょう。 地方や人によって後半違ったりしますが、「胃腸に関して自信があるある!」まで言えれば大丈夫だったりします。 こちらもYoutubeにありますのでチェックしておきましょう。 飲んでから言えコール 「飲んでかーら言え 飲んでかーら言え言え 飲んでかーら言え マジ黙れ!」このコールは咄嗟のタイミングで使える必須級のコールです。 まとめ いかがでしたか? シャンパンコールはホストクラブでしか味わえない特別な余興ですが、コールの歌詞は正直聞き取れないことも多いで覚えるのは大変です。 コールを覚えたとしてもすぐに新しいコールに切り替わったりアレンジが加えられたりするので、コールをすべて覚えるのは難しいかと思われます。 シャンパンコールを覚えるくらいだったら、その他の一気コールを覚えておいたほうがなにかと役立つ場面も多いので、この機会に覚えてみてはいかがでしょう。

次の