水 溜り ボンド 学歴。 水溜りボンドのBond(絆)を動画から感じ取ってみた 仲が良すぎるカンタとトミー

水溜りボンド・カンタの高校や大学の学歴まとめ!卒アル画像がハゲてる?

水 溜り ボンド 学歴

人気YouTuber・水溜りボンド(カンタ、トミー)が6月15日、文化放送のラジオ番組『ロンドンブーツ1号2号田村淳のNewsCLUB』に出演した。 本日のゲスト のご出演部分は、下記URLから来週土曜日までタイムフリー機能で聴く事が出来ます! トミーさんのリクエスト曲はGReeeeN『キセキ』 時間の都合でおかけできなかったカンタさんのリクエスト曲は( )来週おかけします! — 文化放送 田村淳のNewsCLUB newsclub1134 水溜りボンドは大学のお笑いサークルで出会ったカンタとトミーによるYouTuberコンビ。 過激な動画に走ることなく、およそ4年間半、コツコツと1日も欠かさず動画を投稿し続けており、クリーンで企画力の高い二人組として、周囲のクリエイターからも一目置かれている存在だ。 田村淳は、そんな水溜りボンドと、2016年8月、テレビ東京の番組『いくぞニッポン!こども経済TV第4弾』で初共演。 今年2月には彼らが特集されたカルチャー誌『Quick Japan』でトミーと対談しており、世代を超えてふたりへのリスペクトを語っていた。 今回の番組では「今週のすごい人」のコーナーに、二人が登場した。 水溜りボンドのチャンネル登録者数は、現在約398万人。 淳は「メディアを持っているのと同じ」として、その数字が、ふたりがYouTubeに動画投稿を始めたときに目標にしていた数字なのか、まったく想像もしていなかったものなのか、と問う。 トミーは「夢見れる範疇になかったと言うか、その先でした」、カンタは「日本にまだいなかったですから。 トップでも200万人くらいで」と語り、想像しようもない状況になっていることを明かした。 淳は「400万人に自分の考えとか、自分が伝えたいことを伝えるメディアを持ったタレントなんて、日本でも限られている。 俺は文化放送さんが『あいついらない』と言ったら、お役御免になるのよ(笑)。 水溜りボンドのふたりは自分たちのメディアを持っているから、より強いよね」「今の若手芸人は、すごい悩んでいて。 今日のラジオ、聞けよマジでって。 水溜りボンドが何をもって、どこに向かって活動しているのかを聞けば、絶対にヒントになるよって」と、あらためて水溜りボンドの活動に関心を示した。 リスナーから、「淳さんも水溜りボンドのふたりも自由で企画力がスゴいので、『企画』について話してほしい」というメッセージが届く。 淳いわく、自分のメディアを持っている水溜りボンドとは、「企画の作り方が違う」という。 続けて、「俺の場合、まず規制を意識しちゃうから。 YouTubeも規制はあるけれど、俺は何個かハンコをもらわないと表現ができない。 ふたりは、『これ面白そうじゃん』とふたりが納得すればすぐロケできるし」と、テレビやラジオの自由度の低さを語っていた。 トミーは「日々の企画は、主にカンタがリサーチして、流行っているものとかを持ってきて、それをふたりでアレンジしてやるんですけど、大きい取り組みのときには、コンビ内でまず話し合って、こうしようと決めたら、僕が先のことを動かしておく」と、役割分担について言及。 淳は「俺はこっちの企画を走らせておくよ、って同時進行ができるんだ。 それをふたりでやれたらいいよな~。 お笑いコンビにはない、役割分担があるよね。 ボケとかツッコミとかじゃなくて。 まあ、ロンドンブーツもボケとかツッコミとか、崩壊してますけど(笑)」と話を整理。 また、カンタは「結局、ふたりでやって楽しいこと。 そのウキウキみたいなものだけですね」、トミーは「放課後に、『おもろいゲームあるからやろうぜー』とカンタの家に誘われている気分」と語り、淳は「その『ウキウキ』を追求できるのがうらやましくて仕方がない」と明かしていた。 もちろん、日々企画を立てていれば、想定通りの面白さにならないときもあるが、逆に想定外に、爆発的な面白さになることもある。 淳は「ふたりは毎日動画を投稿していて、トライ&エラーの数が違う。 それを視聴者は楽しみにしている」と分析。 「テレビもラジオも、トライ&エラーの数で言ったらだいぶ負けてる。 だって、怒られたくないんだから。 スポンサーさんもいるし、ディレクターがやりたいと言っても、上のチーフディレクターのハンコがないと無理だし、チーフディレクターもプロデューサーのハンコがないと無理だし、っていう」として、やはりYouTuberのフットワークの軽さが、動画で大きなバズを起こすことにつながっていると指摘した。 また淳が一貫して語っていたのは、「編集権」のあり方だ。 タレントとしてテレビやラジオに出演していれば、不本意な切り取られ方をすることもある。 淳は「演者と編集を同時にやる、という能力が、これからのタレントに求められるものだと思っていて。 これをやれる人って、実は少ないから」と語り、そこから若手芸人への苦言も。 「『俺もYouTubeやってんすよ』って言うから、『どれくらいのペースで動画を上げてんの?』と聞くと、『週一くらいです』って。 それに比べて、水溜りボンドがどんな思いで動画を作っているか。 あとから来て、なんで水溜りボンドより頑張らないんだよ、というセリフを20人くらいの後輩に話してるのよ」と力を込めていた。

次の

水溜りボンドカンタの病気とは?彼女は?トミーが嫌い?宝探し

水 溜り ボンド 学歴

水溜りボンド カンタに彼女がいる? 若者を中心に人気のYouTuber 水溜りボンドのカンタ()最近では金髪にして大きな反響がありましたよね。 まぁカンタも24歳の大人ということで彼女がいてもおかしな話ではないですが、カンタファンにとっては発狂もののようです。 今更すぎるけど、カンタくん彼女説出たのこれがきっかけだよね? それに対して 「秘密でーす」と答えたことから、ファンの間でカンタに彼女がいるのではないかと囁かれているわけです。 まぁ彼女がいると決定的ではないものの、ファンとしては「彼女いないよ」と断言して欲しかったのでしょうw さらにこの彼女疑惑に乗じて(?)、 カンタが女性とマックにいるところを目撃したと写真付きでツイートする人物が現れるまでに。 そもそも勝手に人の写真を撮っている時点で、違法性があります。 そもそも若い視聴者が多そうなマックに、しかも女性を複数連れて、でかい声で下ネタを話すなんてことカンタの人生で考えられないものでしょう笑 今回のカンタ彼女いる説を受けて、ネットではこのような声が挙がっています。 カンタ彼女疑惑... 確かに水溜りボンド(特にカンタ)はプロ意識がかなり高いので、彼女を作らず仕事に100注いでそう・・。 当分の間、カンタの彼女はトミーが担当していくのでしょうね。 めでたし。

次の

水溜りボンド トミーの彼女はデブ!? 浪人&卒アル時代がヤバイ【年齢,身長,髪型,本名 読み方,服,嫌い,電話番号,誕生日などのプロフィール】

水 溜り ボンド 学歴

人気YouTuber・水溜りボンド(カンタ、トミー)が6月15日、文化放送のラジオ番組『ロンドンブーツ1号2号田村淳のNewsCLUB』に出演した。 本日のゲスト のご出演部分は、下記URLから来週土曜日までタイムフリー機能で聴く事が出来ます! トミーさんのリクエスト曲はGReeeeN『キセキ』 時間の都合でおかけできなかったカンタさんのリクエスト曲は( )来週おかけします! — 文化放送 田村淳のNewsCLUB newsclub1134 水溜りボンドは大学のお笑いサークルで出会ったカンタとトミーによるYouTuberコンビ。 過激な動画に走ることなく、およそ4年間半、コツコツと1日も欠かさず動画を投稿し続けており、クリーンで企画力の高い二人組として、周囲のクリエイターからも一目置かれている存在だ。 田村淳は、そんな水溜りボンドと、2016年8月、テレビ東京の番組『いくぞニッポン!こども経済TV第4弾』で初共演。 今年2月には彼らが特集されたカルチャー誌『Quick Japan』でトミーと対談しており、世代を超えてふたりへのリスペクトを語っていた。 今回の番組では「今週のすごい人」のコーナーに、二人が登場した。 水溜りボンドのチャンネル登録者数は、現在約398万人。 淳は「メディアを持っているのと同じ」として、その数字が、ふたりがYouTubeに動画投稿を始めたときに目標にしていた数字なのか、まったく想像もしていなかったものなのか、と問う。 トミーは「夢見れる範疇になかったと言うか、その先でした」、カンタは「日本にまだいなかったですから。 トップでも200万人くらいで」と語り、想像しようもない状況になっていることを明かした。 淳は「400万人に自分の考えとか、自分が伝えたいことを伝えるメディアを持ったタレントなんて、日本でも限られている。 俺は文化放送さんが『あいついらない』と言ったら、お役御免になるのよ(笑)。 水溜りボンドのふたりは自分たちのメディアを持っているから、より強いよね」「今の若手芸人は、すごい悩んでいて。 今日のラジオ、聞けよマジでって。 水溜りボンドが何をもって、どこに向かって活動しているのかを聞けば、絶対にヒントになるよって」と、あらためて水溜りボンドの活動に関心を示した。 リスナーから、「淳さんも水溜りボンドのふたりも自由で企画力がスゴいので、『企画』について話してほしい」というメッセージが届く。 淳いわく、自分のメディアを持っている水溜りボンドとは、「企画の作り方が違う」という。 続けて、「俺の場合、まず規制を意識しちゃうから。 YouTubeも規制はあるけれど、俺は何個かハンコをもらわないと表現ができない。 ふたりは、『これ面白そうじゃん』とふたりが納得すればすぐロケできるし」と、テレビやラジオの自由度の低さを語っていた。 トミーは「日々の企画は、主にカンタがリサーチして、流行っているものとかを持ってきて、それをふたりでアレンジしてやるんですけど、大きい取り組みのときには、コンビ内でまず話し合って、こうしようと決めたら、僕が先のことを動かしておく」と、役割分担について言及。 淳は「俺はこっちの企画を走らせておくよ、って同時進行ができるんだ。 それをふたりでやれたらいいよな~。 お笑いコンビにはない、役割分担があるよね。 ボケとかツッコミとかじゃなくて。 まあ、ロンドンブーツもボケとかツッコミとか、崩壊してますけど(笑)」と話を整理。 また、カンタは「結局、ふたりでやって楽しいこと。 そのウキウキみたいなものだけですね」、トミーは「放課後に、『おもろいゲームあるからやろうぜー』とカンタの家に誘われている気分」と語り、淳は「その『ウキウキ』を追求できるのがうらやましくて仕方がない」と明かしていた。 もちろん、日々企画を立てていれば、想定通りの面白さにならないときもあるが、逆に想定外に、爆発的な面白さになることもある。 淳は「ふたりは毎日動画を投稿していて、トライ&エラーの数が違う。 それを視聴者は楽しみにしている」と分析。 「テレビもラジオも、トライ&エラーの数で言ったらだいぶ負けてる。 だって、怒られたくないんだから。 スポンサーさんもいるし、ディレクターがやりたいと言っても、上のチーフディレクターのハンコがないと無理だし、チーフディレクターもプロデューサーのハンコがないと無理だし、っていう」として、やはりYouTuberのフットワークの軽さが、動画で大きなバズを起こすことにつながっていると指摘した。 また淳が一貫して語っていたのは、「編集権」のあり方だ。 タレントとしてテレビやラジオに出演していれば、不本意な切り取られ方をすることもある。 淳は「演者と編集を同時にやる、という能力が、これからのタレントに求められるものだと思っていて。 これをやれる人って、実は少ないから」と語り、そこから若手芸人への苦言も。 「『俺もYouTubeやってんすよ』って言うから、『どれくらいのペースで動画を上げてんの?』と聞くと、『週一くらいです』って。 それに比べて、水溜りボンドがどんな思いで動画を作っているか。 あとから来て、なんで水溜りボンドより頑張らないんだよ、というセリフを20人くらいの後輩に話してるのよ」と力を込めていた。

次の